スーツケースの破損('16年10月)@SIN

170416a
チャンギ国際空港のバゲッジクレームで再会したスーツケース、またしてもキャスターが土台からもげて亀裂が入ってた。
約2年半ぶりの破損。"R"のこの型、キャスター部分の構造に難ありすぎ。

それで、例によって海外旅行保険で修理しようとしたのだけど、いつも修理を依頼する広島県の工場に問い合わせをしたら、部品の調達方法が変わったので修理に1ヵ月以上かかると。
何だか面倒になって放置すること数ヵ月、いよいよ修理しないとマズい事態になり、困り果ててネットで検索したら、名古屋にある"R"の直営店併設の工房で修理を受け付けてくれることがわかった。
早速電話で問い合わせたら、キャスター交換は部品があれば30分前後で修理可能と。
「灯台下暗し」とはこのことか?

170416b
というわけで、地下鉄に乗ってゴロゴロ引っ張っていった(Hamが)。
直営店横のカスタマーサービスで見せたら、30分で修理できるとのことで、待ち時間に向かいのデパートで暇つぶしして戻ったら出来上がっていた。
修理費3564円(税込)。
こんなに簡単にできるなんてもっと早く知っていればよかった。
ついでにコーナーパットも1ヵ所亀裂が入っていたので自費で交換してもらった(2160円)。

いろいろ書類を揃えてはいるものの、免責金額が3000円だし、保険金の請求をするかは微妙なところ。【Kei】

|

新しいカメラには新しい雲台を

170415
左の雲台:Slik ビデオグランデⅡN、右の雲台:ManfrottoのMVH500AH

釧路のタンチョウ撮影をきっかけに新しいカメラNikon P900を買ったのはいいが、それを載せる雲台については迷ってしまった。
釧路へは若い頃に買った三脚に付属していた古い3Way雲台を持っていった。
ところが50倍ズームのCanon SX50SHですら、扱いにくくて困ってしまったのだ。

焦点距離が長くなると、画面に見えている画角が極めて狭くなり、ほんの少し動かしただけで大きくずれてしまうからだ。
83倍ズームとなるとさらにひどくなるのは自明の理だ。
解決策としては雲台を変えるしかない。

まず考えたのはギア雲台。
望遠鏡と考えれば、ギア式の微動装置の方が扱いやすい。
しかし、動画撮影には適さないし急に方向を変えたい時には扱いにくそうだ。
次に考えたのはオイルフリュード機構のついたビデオ雲台。
ダンパーが効いていて、少しずつ動かすのにはもってこいだ。
しかし、カメラの重心位置が少しずれただけでバランスを崩してしまい、気を許していると勝手にお辞儀したりのけぞったりするのが気に入らない。

そこで、オイルフリュードにカウンターバランスのついたビデオ雲台とした。
実はそのタイプとしてはオーロラ用にManfrottoのMVH500AHを持っているのだが、いかんせん重い。
オーロラ撮影の時には2台のカメラを載せたので、そのくらいでちょうどよかったのだが、1台だけには少々立派すぎる。
ということで、SlikのビデオグランデⅡNを新たに購入した。
カウンターバランスつきの雲台としては、恐らくこれが最軽量だろう。
軽量化のためかコストダウンのためか知らないが、プラスチックを使っているというのは気に入らない。
だが、カメラ1台だけなら剛性不足はないだろう。

この雲台は固定ネジを緩めた状態で水平方向付近に向けてから手を放してもカメラは動かない。
カウンターバランスとオイルフリュードのおかげだ。
これがオイルフリュードだけだときちんとバランス調整をしてやらないとこうはいかない。
問題は上や下に向けた時に、カウンターバランスの方がカメラの重量より優ってしまい、水平方向に戻ろうとすることだ。
カウンターバランスの設定が2kgなのにカメラが1kgしかないのが原因だ。
もっとも月を撮る時以外はほとんどの対象は概ね水平方向と考えられるので、これはあまり問題にはならないだろう。
ハンドルがMVH500AHよりわずかに長いというのは携帯性で劣ることになるのだが、所詮はそれより長い三脚を持っていくのだから大した問題ではない。
むしろ長いことで、扱いやすくなるというメリットの方が大きい。

これでP900を使う環境が整った。【Ham】

|

大きくて重いコンデジ

170411
釧路で初めてタンチョウを撮ったのだが、音羽橋からの姿は肉眼ではほとんど点だった。
それを見越してか、タンチョウを撮りに来ていた人たちの機材は大砲のようなレンズをつけた高級一眼レフばかり。
三脚もカーボン製の頑丈で大きなもの。
総重量6~10kg、総額50~150万円といったところ。
私はコンデジのCANON SX50SHを小さな三脚に載せた。
総重量1.5kg、総額5万円。
しかし、50倍ズームで1200mm相当だから、下手な大砲より大写しができる。
ある意味痛快だ。
画質さえ追求しなければ、コンデジでもタンチョウを楽しめるのだ。

これに味をシメてしまい、さらにズームの大きいNIKON COOLPIX P900を買ってしまった。
約1kg、6万円弱。
83倍ズームで2000mm相当だから、これは望遠レンズではなく望遠鏡の世界。

それにしてもデカい。
コンデジのくせに標準ズームをつけた一眼レフ並みの大きさと重さだ。
しかし、望遠鏡だと思えば恐ろしく小さくて軽いと言うべきだろう。
月や鳥などの自然相手に遊べそうだ。【Ham】

|

「食」メモ Top Pot Doughnuts@シアトル

170409gシアトルっぽい朝食を探していて、ホテルから徒歩圏のこちらへ。
シアトルが本拠地のドーナツショップらしい(歴史は比較的浅いらしいけど)。

「アメリカ人のドーナツへの愛は深い」と思うことがたびたびあったが、こちらはそれの最たるものと思わせる大変立派な店構え。
しかも早起きがちょっと自慢の我が家でも遅れを取るほどホワイトカラーらしき人たちで賑わっている。

170409h
店内は天井が高く、インテリアも落ち着いた感じで、およそドーナツショップと思えないような雰囲気。

170409i
陳列方法にお国柄のちがいを垣間見る感じ。
これに比べて日本の某ドーナツショップはままごとみたい。

170409j
シアトルらしく、"Go Hawks"というドーナツも。
味はどちらもフツーにおいしかった。

こんな朝食、昔だったから食べられたんだなぁ。
今となってはオソロシクてできないわ。【Kei】

Top Pot Doughnuts:http://www.toppotdoughnuts.com/

|

「買」メモ Target@シアトル('15年2月)

観光客にとってばらまき用のお土産を安く調達できる場所の一つがターゲット(Target)ではあるまいか?
ありがたいことにシアトルの中心部にもあるので職場用のお土産を調達。

17408a
ありきたりなチョコレートもイースター仕様だと喜んでもらえるかもしれん。

170408b
ありきたりなチョコレートも3種類のミニサイズ入りだと喜んでもらえるかもしれん。

170408c
ペパリッジファーム(Pepperidge Farm)の季節限定のクッキーは素通りできない。【Kei】

|

Fran's Chocolateのチョコレート@シアトル

170407b
シアトルで有名なチョコレートショップらしい。
お使い物でちょっと高めのお土産を探していてネットで見つけた。
オバマ前大統領のお気に入りらしく、「どれがオバマ大統領のお気に入りなんですか?」と聞いたら試食させてくれたのが、"Gray Salt Caramel"と"Smoked Salt Caramel"。

Gray Salt Caramelは、"Dipped in 70% dark chocolate and finished with sea salt harvested off the coast of Brittany"というもの。
Smoked Salt Caramelは、"Dipped in 39% deep milk chocolate and sprinkled with sea salt smoked over Welsh oak"というもの。
塩で飾ってあるので、口に入れた瞬間は塩味、その次にくるのはチョコレートの味。
パリとかベルギーのチョコレートの味とはまたちがった方向性と言っていいのか、感動の一歩手前という印象。やっぱりバカ舌。
でも、「オバマ大統領のお気に入りのお店らしいですよ」と、渡す時の口上には十分役に立ってくれたと思う。【Kei】

Fran's Chocolate:https://www.franschocolates.com/

|

「買」メモ Bed Bath&Beyond@シアトル('15年2月)

170407
ベッドバス&ビヨンド(Bed Bath & Beyond)って価格帯はちょっと高めだけど、一か所でいろいろ見られるのはありがたい。
クーポンをうまく使えば安くなるし。
丸テーブル用のテーブルクロスの種類が多いのはアメリカならでは。
この時も2枚購入。
ランチョンマット、イロチ買いすればよかったわ。【Kei】

Bed Bath & Beyond:http://www.bedbathandbeyond.com

|

機内販売品購入記No.16@JL

170406aJALの国内線での機内販売の利用価値がよくわからなくて、利用することはないと思っていたのだが、そう簡単に物事を決めつけてはいけないと反省した件の第2弾。

2月の釧路旅行の時に羽田-釧路の機内で見つけたのが、普段愛用している"F"のハンカチ。
JALオリジナルの花文字入りという("JAL"とすぐに読み取れないけど)。画像はJALのサイトから拝借。
十数年選手のハンカチ数枚がいい加減ヘタってきて買い替え時としてもいいタイミングだし。

170406b
実際に広げてみても"JAL"とすぐに読み取れないところがいい。【Kei】

|

機内販売品購入記No.15@JL

170406
JALの国内線での機内販売の利用価値がよくわからなくて(免税品でもないし)利用することはないと思っていたのだが、そう簡単に物事を決めつけてはいけないと反省した件の第1弾。

去年の11月の美瑛旅行の時に名古屋-札幌の機内で見つけたのがコレ。
JALとイギリスのデパート"H"のコラボ商品。
まず絵柄のかわいさ、それから手頃なサイズが気に入って購入(ちょっとした外出にちょうどいい)。
ティーバッグと直営のティールームで紅茶1杯のクーポンつき。
タンブラーはもったいなくて普段にはとても使えず、たま~に使う程度。【Kei】

|

くまモンのキャンディー@JL

170327
中部空港のサクララウンジでもらったくまモンのキャンディー。
かわいくて食べるのが惜しい。【Kei】

|

ロッジの窓から見える人工物@フェアバンクス郊外

170326
ロッジの窓から見える景色は、ずっと遠くに工場らしき建物が見えるぐらいで視界の邪魔になるような人工物は見えない。
…と思っていたら、近くにアラスカらしい人工物があるじゃないの。
3年連続で同じ景色を眺めてて気づかないアホっぷり。
ちなみにHamは3年前から知ってたんだって。【Kei】

|

Fred Meyerのシーフード@フェアバンクス

シアトルで期待外れ気味だったシーフード。
アラスカの「籠城」生活中に食べたシーフードの味が刷り込まれてしまって、無意識的に比較してしまう気がする。
「じゃあどんなのを食べてたんだ?」ということで、2015年と2016年の滞在で買ったもののまとめ。
自炊用に持参したのは、塩・コショウ・オリーブオイル・醤油。
小麦粉やバターはロッジで少し分けてもらった。

170322a
2015年2月の滞在で買った鮭は、"Salmon Sockeye Fillet Wild Caught Previously Frozen"。
US$11.99×1.32lb=US$15.83。
薄く小麦粉をつけてムニエルにしたり、野菜と一緒にホイル蒸しにしたり。
身はふっくら、ほどよく脂がのっていて、とってもおいしい鮭だった。
味つけをシンプルにした方が旨味が引き立つ。こんなのを食べたからEtta'sで「ふーん」程度にしか感動しなかったのだ、きっと。

170322b
2016年2月の滞在ではタラを買った。
"Fresh Pacific Cod Fillet"、値札のラベルが切れてて単価は不明。
このサイズでUS$4.94。
これも鮭と同様ムニエルやホイル蒸しに。
このタラがビックリするほどおいしくて、「いままで食べたタラはいったい何だったんだ!」と二人して叫んでしまったほど。
それ以来タラに対する我が家の閾値が上がり、ちょっと「パンドラの箱」状態。こんなのを食べたから…(以下省略)

170322e
アラスカに来たからには蟹は絶対に食べる。
2015年2月の滞在で記念すべき初購入は、"Red King Crab Legs"。
US$10.99×2.23lb=US$24.51。
ナンチャッテSurf & Turfを作ったら、一食で終わってしまって寂しくなった。

170322d
追加購入。
セール品で、US$12.99×1.91lb=US$24.81がUS$14.86。
再び幸せになれた。

170322c
2016年2月の滞在では「蟹をたくさん食べるのだ!」と行く前から気合十分。
買ったのは、前年よりも気合の入った"Colossal King Crab Legs Previously Frozen"。
US$19.99×4.17lb=US$83.36。
驚きの大きさだが、味も驚き。
しかし、さすがに3日目になると味が落ちてきたので、レモンとバターでソテーしたら見事復活。

値段に無頓着で買ったのだが、蟹は日本で買うより安かったと思う。
一つだけ言えることは、数日間の「籠城」生活はとても幸せで大満足だったということ。【Kei】

|

「食」メモ Etta's Seafood@シアトル

170321a「シアトルと言えばシーフード」と安直に考えていた我が家、二日目の昼食もシーフード。
本当はIvar'sのレストランに行きたかったのだが、どうやら工事中らしく、残念無念。
またもや"Yelp"で調べてホテルから徒歩圏内のこちらに決定。
昼だし期待半分だし、と気合抜け抜けのため、予約なしで出向く。

最初の応対や注文の取り方は悪くない。
注文したのは、
✣Creamy Clam Chowder
✣True Cod Fish and Chips (Kodiak, Alaska)
✣Etta's "Rub with Love" Salmon
✣1/2 Crab Cake

170321b   
170321c
どれも並みのおいしさ。
正直言って、鮭はアラスカの「籠城」生活で食べていた方がおいしかったし、タラのフライも我が家の愛するIvar'sに少々負けてる感じ。
できればもう少し感動したかったなぁ。

これでチップを除いてUS$82.13。
「屋根のあるレストランはやっぱりそれなりのお値段なんだよ」ってことだろう。
ともあれ、ちゃんとしたレストランでシーフードを食べたのは一つの経験になったと思う。【Kei】

|

乗り継ぎドタバタ顛末記@NU&JL

ハワイ旅行に出かける前に搭乗実績をちょっと積んでおこうと欲を出したワタクシ、名古屋-ホノルルの前に名古屋=那覇をくっつけてみた。
スケジュールは、
NU045 NGO14:40-OKA17:00
NU046 OKA18:50-NGO20:55
JL794 NGO22:05-HNL10:35
中部空港での国内線から国際線への乗り継ぎは1時間10分。
JALのサイトで出たスケジュールなので、無理はない(はずだった)。

170320a
搭乗ブリッジから見えたお見送り。
呑気に写真なんか撮っちゃって、数時間後に試練に直面することになろうとは知る由もなかったのだった。

170320b
那覇空港で名古屋行きのフライトを待っていると、遅延のアナウンスが入る。
最初は20分の遅延…まぁいいか。
しばらくしてさらに20分の遅延…えっ?ウソっ!

スーツケースはHamに頼んで持って行ってもらうので、私自身は身一つでチェックインすればいいのだが、それでも間に合いそうにない。
国内線で国際線の相談をするのはいかがなものかと思いつつも、ダメ元で乗り継ぎカウンターへ行って事情を説明する。
そしたらカウンターの係員さんがその場で名古屋-ホノルルの搭乗券を発券してくださった。
次にHamに連絡して、私が現れなくても予定どおり出発して翌日ホノルル国際空港まで迎えに来るように命令。
とりあえず思いつく限りのことは全部やったから、あとは運次第。

ようやく搭乗時間。
なのに、くだんのフライトときたら予定時刻よりさらに10分ほど遅れて出発と泣きっ面にハチ。
フライト中は気が気じゃなくて、飛行機の中で走りたい気分だった。

170320c
飛行機が中部空港に到着したのが21時40分過ぎ。
降りたらすかさず「〇〇様ですね?」と地上係員さんから声をかけられる。
「乗り継ぎのお手伝いをします。申し訳ありませんがお急ぎください」と言って私の荷物を持って走り始める。
そこにさらに数人の係員さんが合流して一緒に走る。
え?もしかして間に合うの?
自慢じゃないが体育の成績は万年「3」の私、走るのが大の苦手かつ大嫌い。
しかし、この時ばかりは真面目に走った。

夜の中部空港は人もまばらで複数の係員さんに先導されていることもあって、気分はバカ殿手荷物検査も出国審査もほぼ「秒」で通過。
聞けば、私と同様にNU046便からJL794便に乗り継ぐ人が4人いたらしい。
その人たちをぶっちぎり、しまいには「もう十分間に合いますので歩いていただいて結構です」と言われる始末。
そして、出発時刻の15分前にめでたくゴール!
一緒に走ってくださった係員さんにお礼を言い、遅れて搭乗したことを客室乗務員さんにお詫びし、機内で待つHamに無事合流。

今回の乗り継ぎについては、JALのグループ会社間の乗り継ぎだったということと、中部空港というこぢんまりとした空港で動線が短かったのが幸いした。
定時到着率世界一を誇るJALでも遅れる時は遅れるということを肝に銘じて、次回のハワイ旅行からは素直に名古屋=ホノルルだけにしよう。
…と反省したのだが、それから1年も経たないうちに今度はHamもろとも新たな試練に直面することになるとはねぇ。【Kei】

|

Link Light Rail@シアトル

シアトル・タコマ国際空港と市街地との行き来に利用したのが、"Link Light Rail"という電車。
飛行機に乗り遅れた行きがかり上、全く予備知識もないまま空港から市街地へ出ようとした我が家でさえも迷うことなく市街地へ出られたぐらいだから、相当便利であることは間違いない。

170319d
ターミナルから駅まで連絡通路を10分ほど歩く。

170319e
空港直結の駅、"SeaTac/Airport"が始発。
日中は6分または10分ごとに出発するので必ず座れる。

170319f
途中、スタバの本社の建物がチラッと見えたり、セーフコフィールド(Safeco Field)も見えたりする。

170319g
市街地に入ると地下へ潜る。
軌道敷はバスと共用。
中心部まで約40分。

170319h
切符を買おうとUS$20札を入れたら、鬼のようにUS$1硬貨が出てきてたまげる。
US$1硬貨ってあんまり見ないから新鮮ね。
…なんて言ってる場合ではない。
財布が一気に重くかさばって閉口した。
お釣りが紙幣で出てくると期待した私が悪かったわ。
ここだけ便利じゃなかったLink、すっかり裏をかかれてしまった。【Kei】

|

KuKuRuZa Gourmet Popcornのポップコーン@シアトル

170319aポップコーンの有名店はギャレット(Garrett Popcorn Shops)だけだと思っていたのは浅学で、有名店は他にもあるらしい。
シアトルにもククルザ(KuKuRuZa Gourmet Popcorn)があると知り、行ってみることにした。
ホテルから徒歩圏内というのはありがたい。
ちなみに、「ククルザ」という小学生でもそのまま読めてしまうような店名は、創業者の妻がロシア系アメリカ人だったからとか。詳しくはコチラ

170319b
まず驚いたのは、フレーバーの多さ。
我が家が行った時で19種類のフレーバーがあった。
"Caramel & Chedder Mix"というギャレットと競合するようなフレーバーもあったが、ここは迷わず"Seattle Style"といかにもチーズのフレーバー好きが選びそうな"White Chedder"を選択。

170319c
Seattle Styleはエスプレッソの風味。
「シアトル=コーヒー」という発想は大変わかりやすい。
肝心な味は値段のわりに感動するほどでもなかった。
日出ずる国からの観光客にはポップコーンについてあまりにも浅学なのかもしれない。
パッケージはしっかりしていてお土産に向いている。

後で調べてみたら、こちらも日本に支店があるらしい。
何でも揃ってしまう日本、お土産選びにますます苦労するじゃないのさ。【Kei】

KuKuRuZa Gourmet Popcorn:http://www.kukuruza.com/

|

スタバの本社@シアトル

せっかくシアトルに来たのでスタバの本社へ行ってみることにした。

170317a
"Link Light Rail"という鉄道のSodo駅から歩いて10分ほどで到着。
正面の入口から入ってエレベーターで売店を目指す。

170317b
売店。
ここでしか買えない物ばかり(多分)。

170317c   
170317d   
170317e
買った物いろいろ。
リバーシブルのバッグとかペンとか。
Hamお気に入りのスマホのケースは最近機種変更して用済みになってしまった。
はかないシアトルの思い出。【Kei】

|

「食」メモ Argo Tea@シカゴ

170310d
アルゴティー(Argo Tea cafe)は、シカゴに本拠地があって、オヘア国際空港も含めてあちこちに支店がある。
お茶をベースにしたいろいろな飲み物があって、「お茶版のスタバ」といった感じ。
結局行きと帰りとで2回立ち寄った。

170310e 170310f
ティーバッグや茶葉の詰め合わせも売っている。
特にティーバッグは個別包装で便利な上に香りも好みで、もっと買ってくればよかったと後悔した。

残念なのは、カフェの展開がアメリカ中西部から東海岸だけということ。【Kei】

argo tea:https://www.argotea.com/

|

Gold Coast DogsのChicago Style Char Dog@ORD

170310aシカゴには名物の食べ物がいろいろあるらしい。
ピザと同じぐらいに気になったのが、"Chicago-style hot dog"というホットドッグ。
「食べずに帰ることになるのか…」と残念に思っていたら、世の中はよくできたもので、オヘア国際空港の制限区域内に1軒あることが判明。
"Yelp"で調べると評判はまぁまぁな感じだったが、この際贅沢は言えない。
飛行機を降りたその足で行ってみた。

170310b
シカゴスタイルのホットドッグの定義(?)は、「牛100%のソーセージをポピーシードのパンに挟み、イエローマスタード、玉ねぎのみじん切り、スイートピクルスのみじん切り、ディル入りピクルスの細切り、輪切りまたはくし切りのトマト、チリペッパーをのせ、セロリーソルトをふりかけて仕上げる」という感じ。詳しくはコチラ
ケチャップは厳禁なんだそうな。
カウンターの注意書きにもちゃんと書いてある。
どちらかと言うとケチャップが苦手な私としてはむしろ嬉しい。

170310c
「ホットドッグ」と言うより「サブマリンサンドイッチ」と言った方がいいかもしれないボリューム感。
もちろん食べにくい。
でも、野菜がタップリだし、ケチャップで味が邪魔されることがないから私は好き。

食べる機会はもうないかもしれないけど、シカゴでまた食べたいものの一つ。
願っていたらいつか食べられる日が来るかもしれない。その時は誰かと一緒がいい。【Kei】

Gold Coast Dog:http://goldcoastdogs.net/

|

名古屋=釧路 航空券の金額@JL

170309a
今回の釧路旅行で予約した航空券の金額は、一番安いカテゴリーで予約して一人43780円也。
これじゃ名古屋=香港の航空券の金額と変わらない。
国内線は高いなぁ。
いや、国際線が安いのか?【Kei】

|

«空港至近のアウトレット@シカゴ郊外