« 「食」メモ Etta's Seafood@シアトル | トップページ | ロッジの窓から見える人工物@フェアバンクス郊外 »

Fred Meyerのシーフード@フェアバンクス

シアトルで期待外れ気味だったシーフード。
アラスカの「籠城」生活中に食べたシーフードの味が刷り込まれてしまって、無意識的に比較してしまう気がする。
「じゃあどんなのを食べてたんだ?」ということで、2015年と2016年の滞在で買ったもののまとめ。
自炊用に持参したのは、塩・コショウ・オリーブオイル・醤油。
小麦粉やバターはロッジで少し分けてもらった。

170322a
2015年2月の滞在で買った鮭は、"Salmon Sockeye Fillet Wild Caught Previously Frozen"。
US$11.99×1.32lb=US$15.83。
薄く小麦粉をつけてムニエルにしたり、野菜と一緒にホイル蒸しにしたり。
身はふっくら、ほどよく脂がのっていて、とってもおいしい鮭だった。
味つけをシンプルにした方が旨味が引き立つ。こんなのを食べたからEtta'sで「ふーん」程度にしか感動しなかったのだ、きっと。

170322b
2016年2月の滞在ではタラを買った。
"Fresh Pacific Cod Fillet"、値札のラベルが切れてて単価は不明。
このサイズでUS$4.94。
これも鮭と同様ムニエルやホイル蒸しに。
このタラがビックリするほどおいしくて、「いままで食べたタラはいったい何だったんだ!」と二人して叫んでしまったほど。
それ以来タラに対する我が家の閾値が上がり、ちょっと「パンドラの箱」状態。こんなのを食べたから…(以下省略)

170322e
アラスカに来たからには蟹は絶対に食べる。
2015年2月の滞在で記念すべき初購入は、"Red King Crab Legs"。
US$10.99×2.23lb=US$24.51。
ナンチャッテSurf & Turfを作ったら、一食で終わってしまって寂しくなった。

170322d
追加購入。
セール品で、US$12.99×1.91lb=US$24.81がUS$14.86。
再び幸せになれた。

170322c
2016年2月の滞在では「蟹をたくさん食べるのだ!」と行く前から気合十分。
買ったのは、前年よりも気合の入った"Colossal King Crab Legs Previously Frozen"。
US$19.99×4.17lb=US$83.36。
驚きの大きさだが、味も驚き。
しかし、さすがに3日目になると味が落ちてきたので、レモンとバターでソテーしたら見事復活。

値段に無頓着で買ったのだが、蟹は日本で買うより安かったと思う。
一つだけ言えることは、数日間の「籠城」生活はとても幸せで大満足だったということ。【Kei】

|

« 「食」メモ Etta's Seafood@シアトル | トップページ | ロッジの窓から見える人工物@フェアバンクス郊外 »

食・観・買・泊@アメリカ」カテゴリの記事