« 大きくて重いコンデジ | トップページ | スーツケースの破損('16年10月)@SIN »

新しいカメラには新しい雲台を

170415
左の雲台:Slik ビデオグランデⅡN、右の雲台:ManfrottoのMVH500AH

釧路のタンチョウ撮影をきっかけに新しいカメラNikon P900を買ったのはいいが、それを載せる雲台については迷ってしまった。
釧路へは若い頃に買った三脚に付属していた古い3Way雲台を持っていった。
ところが50倍ズームのCanon SX50SHですら、扱いにくくて困ってしまったのだ。

焦点距離が長くなると、画面に見えている画角が極めて狭くなり、ほんの少し動かしただけで大きくずれてしまうからだ。
83倍ズームとなるとさらにひどくなるのは自明の理だ。
解決策としては雲台を変えるしかない。

まず考えたのはギア雲台。
望遠鏡と考えれば、ギア式の微動装置の方が扱いやすい。
しかし、動画撮影には適さないし急に方向を変えたい時には扱いにくそうだ。
次に考えたのはオイルフリュード機構のついたビデオ雲台。
ダンパーが効いていて、少しずつ動かすのにはもってこいだ。
しかし、カメラの重心位置が少しずれただけでバランスを崩してしまい、気を許していると勝手にお辞儀したりのけぞったりするのが気に入らない。

そこで、オイルフリュードにカウンターバランスのついたビデオ雲台とした。
実はそのタイプとしてはオーロラ用にManfrottoのMVH500AHを持っているのだが、いかんせん重い。
オーロラ撮影の時には2台のカメラを載せたので、そのくらいでちょうどよかったのだが、1台だけには少々立派すぎる。
ということで、SlikのビデオグランデⅡNを新たに購入した。
カウンターバランスつきの雲台としては、恐らくこれが最軽量だろう。
軽量化のためかコストダウンのためか知らないが、プラスチックを使っているというのは気に入らない。
だが、カメラ1台だけなら剛性不足はないだろう。

この雲台は固定ネジを緩めた状態で水平方向付近に向けてから手を放してもカメラは動かない。
カウンターバランスとオイルフリュードのおかげだ。
これがオイルフリュードだけだときちんとバランス調整をしてやらないとこうはいかない。
問題は上や下に向けた時に、カウンターバランスの方がカメラの重量より優ってしまい、水平方向に戻ろうとすることだ。
カウンターバランスの設定が2kgなのにカメラが1kgしかないのが原因だ。
もっとも月を撮る時以外はほとんどの対象は概ね水平方向と考えられるので、これはあまり問題にはならないだろう。
ハンドルがMVH500AHよりわずかに長いというのは携帯性で劣ることになるのだが、所詮はそれより長い三脚を持っていくのだから大した問題ではない。
むしろ長いことで、扱いやすくなるというメリットの方が大きい。

これでP900を使う環境が整った。【Ham】

|

« 大きくて重いコンデジ | トップページ | スーツケースの破損('16年10月)@SIN »

写真関連」カテゴリの記事