« 環水平アーク | トップページ | グランドサークル旅行 撮影編:ザイオン国立公園 »

グランドサークル旅行 撮影編:機材

170624
長い旅行はアラスカ旅行以来だ。
冬のアラスカはオーロラが目的。
オーロラを撮影するための機材を山ほど抱えて持って行った。
4台のカメラを3本の三脚に載せた。
Theta Sを加えると5台のカメラと4本の三脚だ。
レンズは広角の明るい単焦点ばかり。
オーロラ撮影に不要なものは極力抑えたが、防寒用品を含めると恐ろしい量の機材だった。
滞在型の旅行だから、それでも何とかなった。

同じ滞在型でも香港やハワイでは街歩きが中心となるので、機材はできる限り最小限にしている。
もちろん三脚など持って行くことはない。
本体と広角ズーム、標準ズームが基本だ。

以前は単焦点の標準レンズも持って行ったが、最近は真面目に料理を撮らなくなったので、持って行かないことが多くなった。
毎日が自動車での移動の連続となるグランドサークルはどうしたものか迷った。
雄大な景色ということで、広角ズームが中心となるだろう。
しかし、本当に広角だけでよいのかは怪しい。

そして問題はアンテロープキャニオン(Antelope Canyon)。
"For Serious Photographers"という普通のツアーより遥かに高額のツアーを申し込んだものの、「三脚を持ってこい」とサイトに書いてある。
そのため、2本の三脚を持って行った。

そんなこんなで多くの機材を持って行くことになった。
カメラは、
α7s     16-35mm
α6000   24-240mm、8mm対角線魚眼、10-24mm
P900

この他にコンパクトデジカメとTheta Sを持って行った。
α7sを持って行ったのは高感度に強いことだ。
アンテロープキャニオンの中はかなり暗いようだし、朝晩の撮影が多いことを想定してのことだ。
メインはα7sに16-3mm5の広角ズーム。
サブとしてα6000に24-240を装着して望遠寄りの撮影に備えた。
α6000はAPS-Cなのでこのレンズは36-360mm相当になり、16-35mmを装着したα7sとの組み合わせで16-360mmの領域を切れ目なくカバーできる。
α6000には状況に応じて交換するように広角と魚眼のレンズを用意した。
P900はさらに超望遠が必要になった時の備えだ。
Theta Sは雄大な景色を360度で撮影するものだ。
自撮り棒の先に取り付けて視点を変えて撮ることにした。
Theta SはモニターがないのでスマートホンからWifiで制御するのが基本だが、今回は有線のリモコンを用意した。
写る範囲が360度なので、モニターで確認する必要はないし、Wifiを接続するのに結構手間取ることが多いからだ。
レンズをつけたα7s、α6000、P900そしてTheta Sをモンベル(Mont-bell)のカメラバッグに入れて持ち歩いた。
このバッグを使うのは久しぶりだ。
街歩きの多い香港などでは身軽な方がいいので、このバッグを使うことはない。
ショルダーバッグ型の大きなカメラバッグを長時間持ち歩くと首や背骨への負担が大きくなる。
それを少しでも軽減するため、ストラップを長めにしてメッセンジャーバッグのようにたすきがけにした。
さらにこのバッグはあたかも巨大なウェストポーチのようにして腰に固定することができる。
バッグが動かないようにできるので山歩きには便利な機能だ。

グランドサークルへはレンズクリーナーの他に普段は使うことのないエアダスターを持参した。
アンテロープキャニオンなどでの砂埃を取り除くためだ。
埃は半端な量ではないのでブロワーでは追いつかないのだ。【Ham】

|

« 環水平アーク | トップページ | グランドサークル旅行 撮影編:ザイオン国立公園 »

写真関連」カテゴリの記事