« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

グランドサークル旅行 撮影編:総括

170703a   
170703b   
170703c   
170703d   
170703e   
有名な絶景が見られるグランドサークルだが、有名なだけに写真を撮る人も多い。
スマホで撮っている人から大きな三脚に高級一眼レフを載せた人までさまざまだ。
釧路の音羽橋に比べたら、気合の入り方は可愛いものだが、絶景ポイントは決まっているので、しばしば他の人との場所の取り合いが起こった。

日の出の時間が美しいので、その撮影のために早起きの連続だった。
早く就寝するように心がける必要があるのだが、なかなかそうもいかず寝不足気味の毎日だった。

撮影した写真を見返すと、失敗したものも多いが、まぁまぁの出来だろう。
しかし、どれもどこかで見たような写真ばかり。
要するに絵葉書みたいな写真ばかりなのだ。
確かに絶景なのだが、そこにはワクワクするようなものがない。
グランドサークル旅行で一番楽しみにしていたアンテロープキャニオンでさえも2時間の撮影で疲れただけ。
「自分で何かを考える」というのがほとんどなかった。

有名な絶景ポイントを巡るというのも難しい問題だ。
天候や時刻を除いて、自分の独自性を出すとしたら次の方法が考えられる。

①前景に何かをもってくる
②望遠で広い視野の一部のみを切り取る
③視点を普通とは異なる角度にする

私にとって②の切り札はP900、③はTHETA Sだ。
もちろん普通の写真があるからこそ、それらを撮ることには意味がある。
その意味で多くの機材を持って行ったのは正しい選択だったと思う。
レンタカーでの移動がそれを可能にしたとも言えるだろう。【Ham】

|

グランドサークル旅行 撮影編:グランドキャニオン国立公園

170702e 
170702f   
170702g   
以前に来たときは昼だったので、立体感のないつまらない景色だった。
やはり朝か夕方がベストだろう。

ヤバパイポイント(Yavapai Point)に日の出前にに到着したが、すでに多くの人がいた。
ところがその大多数が日の出を見たらすぐにいなくなってしまった。
日の出ではなくて、朝日に照らされて次第に峡谷が色彩を帯びていく景色が見どころなのにと思う。

レンズは広角ズームか標準ズーム。
露出補正は陰影を強調するためマイナス1。【Ham】

|

グランドサークル旅行 撮影編:アンテロープキャニオン

170702b   
170702c   
170702d
ここも国立公園ではない。
アンテロープキャニオン(Antelope Canyon)はアッパー(Upper)とロウワー(Lower)の二つがあるが、一般的なのは、アッパーアンテロープキャニオンの見学。
先住民の居住区にあるため、見学するためには現地ツアーに参加するしかない。
値段の高い写真撮影に特化したツアーに参加したおかげで、ガイドさんが普通のツアー客が入らないように交通整理してくれるし、いろいろとアドバイスをしてくれた。
しかし、2時間撮っては歩き撮っては歩きを休みなく繰り返して、最後にはグッタリ。
グランドサークル旅行の中で一番疲れてしまった。

レンズは広角ズーム。
三脚はなくても問題はないが、かなり暗いところもあってISO感度を下げている時には三脚が必要となる。
結果論だが、三脚の代わりにモノポッドを持って行けばよかったと思う。
露出補正はマイナス1として、暗部を持ち上げるためHDRを用いた。

HDRは3枚の露出を変えた写真を合成するというもので、少しシャッター速度が遅くなるだけで3枚にズレが生じることから三脚が必要となる。

170702e
Keiは途中で三脚を放棄し、砂埃が入るからということでカメラもやめてiPhoneだけで撮影。
「クローム」というモードで撮ると、面白い色彩に仕上がる。【Ham】

|

グランドサークル旅行 撮影編:ホースシューベンド

170702a
こちらも国立公園ではないが、グランドサークルの中にあってアンテロープキャニオンと一緒に回ることが多い。
午前に出かけたことで陰影の少ない写真になってしまったが、川が主役と考えればこれも悪くない。

崖のギリギリのところまで行くのは少し怖い。
柵がないので自己責任というわけだ。
普通のカメラのレンズではこの景色は収まりきれないため、レンズは広角ズームか魚眼。【Ham】

|

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »