グランドサークル 撮影編<終わってみて>

170703a

170703b

170703c

170703d

170703e

有名な絶景が見られるグランドサークルだが、有名なだけに写真を撮る人も多い。

スマホで撮っている人から大きな三脚に高級一眼レフを載せた人までさまざまだ。

釧路の音羽橋にくらべたら気合の入り方は可愛いものだが、絶景ポイントは決まっているので、しばしば他の人との場所の取り合いがおこった。

朝日の時間に撮影をしていたので早起きの連続だった。
早く就寝するように心掛ける必要があるのだが、なかなかそうもいかず寝不足気味の毎日であった。

撮影した写真を見返すと、失敗したものも多いが、まあまあの出来だろう。

しかし、どれもどこかで見たような写真ばかり。
要するに絵葉書みたいな写真ばかりなのだ。

確かに絶景なのだが、そこにはワクワクするようなものがない。

グランドサークルで一番楽しみにしていたアンテロープキャニオンも2時間の撮影で疲れただけ。

自分で何かを考えるというのが殆どない。

有名な絶景ポイントを巡るというのも難しい問題だ。

天候や時刻を除いて、自分の独自性を出すとしたら次の三つのやり方がある。

①前景に何かをもってくる
②望遠で広い視野の一部のみを切り取る
③視点を普通とは異なる角度にする

私にとって②の切り札はP900。③はTHETA Sだ。
もちろん普通の写真があるからこそ、それらを撮ることには意味がある。

その意味で多くの機材を持って行ったのは正しい選択だったと思う。

レンタカーでの移動がそれを可能にしたとも言える。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<グランドキャニオン>

170702e

170702f

170702g

以前に来たときは昼だったので、立体感のないつまらない景色だった。
やはり朝か夕方がベストだろう。

ヤバパイポイントに明け前に到着したが、既に多くの人がいた。
ところがその多くが日の出を見たらいなくなってしまった。

日の出ではなくて、朝日に照らされていく景色がいいのにと思う。

レンズは広角ズームか標準ズーム。

露出補正は陰影を強調するためマイナス1。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<アンテロープキャニオン>

170702b

170702c

170702d

ここへは現地ツアーに参加するしかない。
値段の高いシリアスフォトグラファというのに参加したおかげでガイドさんが普通のツアー客が入らないように整理してくれるし、いろいろアドバイスしてくれた。

しかし、2時間引っ張りまわされてグッタリ。

レンズは広角ズーム。三脚はなくても問題はないが、かなり暗いところもあって、ISO感度を下げている時には三脚が必要となる。

結果論だが、三脚の代わりにモノポッドを持って行けばよかったと思う。

露出補正はマイナス1として、暗部を持ち上げるためHDRを用いた。

HDRは3枚の露出を変えた写真を合成するというもので、少しシャッター速度が遅くなるだけで3枚にズレが生じることから三脚が必要となる。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<ホースシューベンド>

170702a

午前に出かけたことで陰影の少ない写真になってしまったが、川が主役と考えればこれも悪くない。

崖のギリギリのところまで行くのは少し怖い。柵がないので自己責任というわけだ。

レンズは広角ズームか魚眼。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<モニュメントバレー>

170628a

170628b

170628c

170628d

国立公園ではないが、グランドサークルの象徴のような場所。

ビュートと呼ばれるテーブル状の岩山が点在する不思議な景観である。

ビュートが赤く染まる夕陽がベスト。ホテルの部屋から眺める朝日のシルエットも悪くない。

昼でも夜でもこの不思議な景観は絵になる。

レンズは広角ズームか標準ズーム、望遠

露出補正は色や陰影を強調するためマイナス1くらい。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<キャニオンランズ>

170627a

170627b

広大な公園の中でメサアーチのみしか見ていないが、ここを訪れるのは朝に限る。
朝焼けにアーチが染まり、その向こうに雄大な景色が広がる。

何しろ小さなアーチが窓になっているところを通して見るのだから場所取り合戦となる。

レンズは広角ズームか標準ズーム

太陽がどれだけ入るのかによって変わるので、露出補正は難しい。ゼロからマイナス1.3
【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<アーチーズ>

170627a

170627b

170627c

岩が崩落してアーチ状に残ったものがいくつもあるというもの。

山道を歩くことが多いので、しっかりした靴を履いていた方がいい。

レンズは広角ズームまたは標準ズーム。

デリケートアーチでは夕暮れ近くまでいたが、特に時刻を問う必要はなかったと思う。

デリケートアーチについては、色を強調するため露出はマイナス補正した。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<ブライスキャニオン>

170626a

170626b

170626c

日本でいうところの土柱だ。ただし規模は大きい。

思いのほか高地にあるので気温が低い。

それに加えての強風で、朝の撮影では危うく凍傷になるところだった。

アラスカでオーロラを何時間も撮っている方がよほど楽だった。

ここでは防寒対策が重要だ。
薄手のダウンジャケットをナイロンジャケットの下に着込んだが、ズボンはそのままだったのは失敗した。

せめてオーバーパンツを持って行くべきだった。

顔も手も凍えてしまった。

レンズは広角ズームか標準ズーム

時刻は朝がベストだが、夕暮れ時にできる土柱の影も面白い。

陰影を強調するため露出はマイナス1とした。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル 撮影編<ザイオン>

170625a

170625b

グランドサークルの中では例外的に水の豊富なところだ。

川に沿ってそびえたつ絶壁を下から見上げる構図となりかなり立体的だ。

レンズは超広角か魚眼レンズ

訪れたのは昼ごろであったが、このザイオンはそれで正解だろう。【Ham】

| | トラックバック (0)

グランドサークル旅行 ドライブ編

✣全体の振り返り
170531a
いわゆる「週末ドライバー」の私は滅多に長距離運転をすることがない。
現在乗っている車で最も遠くに出かけたのが伊勢神宮の1回きり、往復約300km。
それなのに、その倍以上の距離を1週間毎日走るというのだ。

ハワイに行けばレンタカーで走り回るわけだが、所詮はオアフ島の中だけだから距離にしたらたかが知れている。
それが一足飛びにグランドサークルを一周することになった。
しかも、ラスベガスやソルトレイクシティー起点ではなく、ロサンゼルス起点だから余計に距離は長い。
Keiの大妹家族がかつてロサンゼルス近郊に住んでいたこともあって、確かにそのあたりの土地勘はある。
それでロサンゼルス起点としたのだ。

ところが、実際に走ってみると、ロサンゼルスとラスベガスの間については、思っていたより大変であった。
交通量は多いし、周囲は殺気立っているかのようにスピードを出しまくるし、ロサンゼルス近郊ではフリーウェイ網が複雑でわかりにくいし、ロサンゼルス近郊を出てしまうとラスベガスまで途中に何もないし…。
次はないとしても、やはりラスベガス起点の方が楽だったようだ。

✣レンタカー会社の選定
170531b
"All About"はエンタープライズ(Enterprise)をすすめていた。
小さな町でも営業所があるというのがその理由だ。
ハワイでは安さとJALのマイルの貯まりやすさでダラー(Dollar)を使うことが多いが、営業所の少なさは最悪。
悩んだ末にハーツ(Herz)とした。
エンタープライズほどではないが営業所は多いし、最大手なので比較的新しい程度のよい車が多いと思う。

ハワイでは調子がよくないと文句をつけて車を替えてもらったことが2回ほどある。
しかし、今度の旅は滞在型ではないので途中で故障されてしまっては何としても困るのだ。

ロサンゼルス起点としたもう一つの理由は、ラスベガスまでの間に車に何か問題があったらラスベガスで取り替えてもらおうという腹積もりがあった。
ラスベガスなら、替えてもらうにしても選択の余地があるだろう。

✣車の選定
170531c
レンタカーとしてどんな車を借りるのかというのは、乗っている時間が長いだけに非常に重要な問題となる。

二人ならセダンでも何とかなるだろうと思ったのだが、グランドサークル旅行経験者の義弟1号から「荷物が載せられないですよ」と反対された。
セダンの例では、ハワイで乗ったことのある"Chrysler 200"という車種は大きめと少し小さめの二つのスーツケースがトランクにギリギリ入った。
しかし、大きめのスーツケース2個とサブバッグということになると、やはり厳しい。
そこでやむなくSUVを借りることにした。
「この際だから」とフルサイズのSUVを借りようと考えたのだが、Keiの反対を受けてしまった。
あまりの燃費の悪さに驚いたというのもあるが、万が一の時には自分で運転することもあると考えたら大きい車はイヤだったのだろう。
そんな経緯でミットサイズのSUVとしたのだった。
見せかけだけのSUVである前輪駆動ではなく、四輪駆動としたのはせめてものこだわりだった。
実際にハーツで貸し出されたのは日産の"Rogue"という車種。
日本国内では「エクストレイル(X-Trail)」として売られている普通のSUVだ。
案の定、スーツケース2個と大きなサブバッグが余裕で収納できた。
燃費も全体で12.2km/ℓと四輪駆動のSUVにしては良好。
しかし、いかんせん馬力不足で、登り坂や時速70~80マイルでの走行には余裕がなかった。
よく回るが、中速トルクが弱いというエンジン特性のためでもあるだろう。
また車体が軽いことで、強風に煽られたこともしばしばあった。
少々燃費は悪くても、大きいSUVにすれば楽だったと思う。

ちなみに我が家に貸し出されるはずだったのは、同じRogueでもシルバーではなく白だった。
しかし、どういうわけか我が家の目の前で他の客が乗っていってしまったのだ。
フライトでたまにあるようにダブルブッキングだったのだろうか?
いずれにしても代わりに用意された車がシルバーだったのだ。
伝票には白の方のナンバーが記載されていたのだが、そのまま敷地外へ出られてしまった。
ハーツがどうやって車の管理をしているのか謎。

✣荷物対策
170531d
ハワイではセダンを借りることが多い。
荷物は基本的にホテルに置いているので、トランクにスーツケースが入りきらなくて後部座席を占領することになったとしても、空港と宿泊先の往復の時だけなのであまり支障はないからだ。
普段はトランクの中に荷物を入れておけば、盗難の心配はない。
ところが、グランドサークルでは移動ばかりとなり、基本的に荷物を車に載せたままとなる。
SUVでは外から荷物が見えてしまうので、車上狙いに「見てください」と言っているようなものだ。
そこで、ホームセンターで黒い寒冷紗を買い、荷物に被せて目隠しとした。
帰国する時に荷物になるなら捨ててしまおうと思っていたのだが、結局は持ち帰った。
またいつかどこかで使う機会があることを願っている。

✣電子装備
170531e
ハワイでも使っている"Garmin"というGPSを持って行った。
ルーターさえあれば携帯電話でも大丈夫と思うかもしれないが、電波の届かない地域がかなり多くあり、結果的に持って行って正解であった。
立ち寄ることがわかっている場所は、出発前に予め検索しておき、現地では検索履歴から選ぶようにした。
これも義弟1号のアドバイスによる。
何しろ長い距離を走るので、道順は単純なのに目的地を検索するには結構手間がかかるのだ。

それから、今回、海外旅行初めての試みとしてドライビングレコーダーも持参した。
そのため、一つのシガーライターソケットから複数のUSB給電ができるように準備したのだ。
Rogueの場合、USBポートもあったので結果的には不要ではあったが、携帯電話の充電などには役立った。

失敗したのは、ドライビングレコーダーに録画できる日数(時間)を見誤ったことだ。
メモリーカードの容量が64GBあっても、3日くらいで容量がいっぱいになってしまい、上書きされたことで大半の映像が消えてしまったことだ。
メモリーカードを大量に用意して次から次へと交換するか、まめパソコンにコピーしておけばよかった。
単調な景色と言えばそのとおりではあるが、車窓から見えた日本にはない景色やKeiとの何気ない会話は後から見ると面白い。

✣給油
170531g
ガイドブックでは「残り半分を切ったら給油すること」と書かれているが、地図を見ておおよその給油地点の目星をつけていたので、給油はズボラであった。

給油したのは6回。
①モアパ(ラスベガス近郊)
②ブライスキャニオン近く
③モアブ
④ページ
⑤ラスベガス
⑥ロサンゼルス

燃料警告灯がついていない状態での給油は②と④の2回のみ。
ラスベガス近郊から今回最も遠いモアブまで無給油で走ることはできないので、たまたまブライスキャニオンの近くで入れただけのことで、②はどこでもよかった。
町の途切れたところで燃料警告灯が点灯するのは精神衛生上よくないが、町の位置さえ掴んでいれば、給油に関してそれほど心配することはなかった。
困ったのは、日本発行のクレジットカードが使えない機械が多かったということ。
その都度、店員のところで手続きをしなければならないのには閉口した。
⑥は珍しくデビットカードか現金のみで、使うことはないと思っていた虎の子のUS$100札を出すことになった。

少額の支払いでもクレジットカードの使えることが多いことは事実だが、ガソリンを満タンにすると約US$40。
意外に現金もある程度必要だ。

✣全体のまとめ
170531h
今回、約3400kmを一人で走破した。
若い頃にオートバイで北海道などを回った時以来のことだ。
「まだまだいける」と自信を深めた反面、こういうことができるのも今のうちだけだとも思う。
旅行は終わったばかりだが、すでに次の旅行はどうしようかと思案している。
次はどこをどんな車で走ろうか。【Ham】

|

より以前の記事一覧