« 機内販売で買うの巻No.2@JO | トップページ | 機内食 NGO=BKK@JO('08年8月) »

半島酒店のスイートに泊まるの巻 後編

 080830b  080830a  080830c
今回の宿泊は直接ホテルのサイトから予約しました。
予約画面の下の方に追加のリクエストを入力する部分があって、そこをクリックすると禁煙室や喫煙室の希望とか滞在の目的とかプルダウンメニューから選ぶようになっています。
それから"Other Requests(We will try our best efforts to meet these non-guaranteed requests)"という部分があって、プルダウンメニューから"Celebrating Birthday"を選択。
"Feel free to type below any other additional comments"で念のためにHamが「妻の誕生日を祝うため」と入力して予約完了です。
ちゃんと細かく聞いてくれるところがさすがは一流ホテルですね。
2年前のHamの誕生日の時に香港四季酒店で素敵なおもてなしを受けたので、半島酒店はどんな対応をしてくれるのか興味がありました。

でも、実際は何もなかった。
思えば、チェックインの時に「お誕生日おめでとうございます」の挨拶もなかったし、アップグレードもなかったし、カード1枚届くわけでもなし。
部屋に運ばれてきたオヤツがそれかと勘違いしたぐらい(クリックすると画像が拡大します)。
サイトに"non-guaranteed request"って書いてあったから何もしてくれなくてもクレームをつける筋合いではないんですが、予約の時に入力できるようになってて何もしてくれないって本当にアリなんですか?
しかも相手は一流ホテルと言われるホテルなのに…。
その夜、ホテル宛に「これって普通のこと?」と質問のメールを送ってみました。

さて、チェックアウトの時。
対応した香港人のスタッフが奥に引っ込んだと思いきや、日本人のスタッフと責任者と思しきスタッフが飛び出してきて二人して平謝り。
聞けば、"non-guaranteed request"って言ったって、やっぱりそれらしいことはするとのこと。
今回はスタッフの連絡ミスだそうです。「サルも木から落ちる」ってヤツ?
「今回の滞在は残念でしたが、これからは同じことが起きないように改善してくださいね」とお伝えしました。
すると、お詫びに空港まで車で送るという申し出が。
でも我が家はHさんとAEL香港駅で待ち合わせていたので丁重にお断りしました。
そうしたら香港駅まで送ると。
別にタクシーがあるから困らないんですが、頑なに断り続けるのもいかがなものか?
せっかくなのでお言葉に甘えることにしたのでした(クリックすると画像が拡大します)。

まぁホテル側としては小さな出費でクレーム処理ができたわけですし、我が家も伝えたいことを伝えて相手も誠意を示してくれた(と信じている)ことだし、このあたりが妥当なところでしょうね。

でも、初日に「何だかなぁ…gawk」、翌日にも「何だかなぁ…gawk」があって、最終日にちょっと挽回したけれど、正直な話、わざわざ半島酒店に泊まった意味がわからなくなってしまいました。
そして半島酒店のホテルとしての格もどうなんでしょうね?
やっぱり値踏みされたのかもしれないし、同じ時期に宿泊していた某国の政府要人ご一行様のお世話で雑魚の我が家には手が回らなかったのかもしれないし、たまたま担当したスタッフが無能だったのかもしれないし…。
「憧れのホテルで誕生日を過ごせて最高!幸せ!」と定石どおりにいかなかったところに人生の妙味を感じる私。
でもね、天下の半島酒店を相手に大枚はたいてクレームをつけるなんて、やりたくたってそうそうできるもんじゃありません。
そういう意味で今年の誕生日はすごく貴重。
貴重な経験ができたって意味ではとても感謝してますbleah【Kei】

半島酒店:http://hongkong.peninsula.com/

|

« 機内販売で買うの巻No.2@JO | トップページ | 機内食 NGO=BKK@JO('08年8月) »

コメント

え、まじっすか!?

keiさん、こんばんは〜。
今まで泊まった香港のホテル、誕生日だとか申告した事はありませんですが、
チェックインの際にパスポートで確認してるのか、お部屋にホールケーキとか
チョコトリュフとか届けてくださいました〜(いずれも妹の・・・ですが catface
天下のば半島酒店でそれはちょっと恥ずかしいミスですねん。

投稿: うき | 2008/08/30 20:43

 我が家も数年前にイマイチのサービスを受けたので、それ以来半島酒店には宿泊していません。今年のお正月にはスプリングムーンにも裏切られ、最近では2階のカシミア屋さんしか立ち寄らなくなってしまいました。それでも、ロビーの雰囲気や正面からの眺めは大好きです。そのうちリベンジを果たすつもりです。また、ロビーから階段を上がったところにある宝石店はすごいですね!ウインドウの中に数億円の宝石がズラーと鎮座されており、ブル○リやカル○ィエが子供のように思えます。一生、縁はないでしょうけど、香港に行くたびに眺めに行くでしょうね。
 香港版のミシュランが12月に出るとのこと、これは東京以上に大騒ぎになるでしょうね!

投稿: kowloon001 | 2008/08/30 21:10

私にとっては半島酒店は最後のお楽しみに取ってあるところ。
バンコクのマンダリン・オリエンタルやシンガポールのラッフルズと共に、私にとっての東南アジア三大憧れホテルです。バンコクでちょうどお誕生日を迎えた時には、主人が花束を頼んでいてくれていて(私はてっきりホテル側からのサービスかと思ったのです、今まであり得なかったので・・・)、部屋でのチェックインのあと、又ピンポンが鳴るので私が出たら、「お誕生日おめでとうございます・・・」と、サービスのケーキと共に、花束を持ってきてくださいました。ラッフルズのほうが、お部屋は広くて、コロニアルな雰囲気ですが、ホスピタリティはオリエンタルが最高だと思います。なんか、ペニンシュラへの憧れがちょっと、消えそう・・・です。

投稿: 太太 | 2008/08/30 22:09

うきさん
こんばんは。
ええ、本当の話です。
まぁね、値踏みされる我が家も我が家ですけどね。
フォーシーズンズでは申し分のないサービスを受けただけにガッカリでした。
一生懸命フォローしようとしてくれたので、とりあえずお受けしましたが
残念な気持ちの残る滞在ではありました。
敗者復活戦ってあるのかな…?

投稿: Kei | 2008/08/30 23:18

>敗者復活戦ってあるのかな…?
がんばってまた宿泊してくださ~い。
今度はどんな部屋か覗きにうかがいますので、、、。

投稿: のぶ | 2008/08/30 23:26

kowloonさん
こんばんは。
kowloonさんもイマイチのサービスを受けられたなんて意外です。
嘉麟樓はいつも満足のいく対応ですけど…。
私もロビーの雰囲気や佇まいは素敵だと思いますよ。
時々見に行きたくなります。
宝石にはご縁がないので宝石店を見たことがなかったのですが
一度ウィンドウを眺めに行ってみようかな?

香港版のミシュランは興味がありますが、
評価する人たちが広東料理を評価するかはわからないですね。

投稿: Kei | 2008/08/30 23:26

太太さん
こんばんは。
憧れに水をさしてしまってごめんなさい。
でもここは正直言ってブランドネームだけが一人歩きしている印象が
ずっと否めません。
オリエンタルバンコクは素晴らしいホテルですね。
でもやっぱり気後れしていつか値踏みされるんじゃないかとドキドキです。
(それでもまた泊まりたいけど…と悩みスパイラル)

シンガポールのラッフルズもいつか泊まってみたいです。

投稿: Kei | 2008/08/30 23:43

のぶさん
こんばんは。
えーっ!そんなんだったら前回の時に見に来ていただいたらよかった。
部屋だけは見ごたえありましたから。
敗者復活戦ができるようにHamにお願いしときます…じゃなくて
「香港居民」のためのプロモーションでお安く泊まってください。
お邪魔させていただきます!

投稿: Kei | 2008/08/30 23:45

顧客への等しいサービスの提供が、できないサービス業はダメだと思います。一方で、上客には、一見とは違うサービスをすることは上等のサービス業には同時に要求されることだとも思いますよ。お誕生日の方へのサービスは前者ですから、ペニンシュラもそんなもんってことでしょ。だいたい、サンダル履きやら日本語オンリーの客以下の人がロビーに跋扈するホテルは上等のサービス業ではないですから、変に期待してはいけないホテルでしょう。
客が店を選ぶように、店も客を選ぶ権利はあるので、好きな店に選ばれる客になるよう努めるというのも、いいお店の客には求められるということです。とりあえず、一定の頻度で通い顔か名前を覚えてもらうことは、基本です。この点では、三ツ星レストランも老舗旅館もキャバクラも一緒です。その心構えがないなら、一期一会で判断するだけのことでしょう。
個人の趣味もありますが、一泊しかしないプレゼントなら、ホテルより旅館だと思いますよ。ホテルの本当の良し悪しって、長くor何度も泊まるか、よほど何か困った時にしか、比較できないですから。部屋の広さや眺めあるいは基本サービスは今やネットで泊まらずして分かることですから。
まぁ、色々な意味でサプライズを誕生プレゼントに託すというのも楽しいのですけどね。

投稿: ひろすけ | 2008/08/31 11:42

アメニティも荼毘じゃね~縁起わるくね?モンダビだかなんだか知らんが。

投稿: 住職 | 2008/08/31 19:55

ひろすけさん
こんばんは。
2泊程度じゃいけませんね。
我が家の乏しい経験でも、たとえ2泊程度しかしなくても
最低限不快でない滞在をさせてもらえるホテルはいくらでもありましたし
それぐらいのことはやって当然ではないかと思います。
半島酒店はそれすらクリアできていないと思わせるところがあるのです。
国内旅行にはご縁がなく、それこそ旅館は敷居が高いので
ちょっと試すのは難しいですが、
いずれ機会があれば…と思っています。
まぁ相性というのもありますが、ここは相性がよくない唯一のホテルかもしれません。

投稿: Kei | 2008/08/31 21:07

住職さん
こんばんは。
モンダヴィって書いてありました。
あ~これこれ、荼毘ってヤツとすぐに思い出しましたよ。
simply peninsulaと言いつつ経費節減と思わせてはダメですね。

投稿: Kei | 2008/08/31 21:09

これは同じペニンシュラグループの「ザ・ペニンシュラ東京」での体験です。

7月の3連休を利用して宿泊した時の事です。家族の一人が誕生日でした。予約の段階でクレームを付けた時にその事を言ったものですから、チェックイン当日に部屋にチョコレートのタワーがメッセージと共に置かれていました。本当は誕生日は翌日でしたが。

投稿: お兄ちゃん | 2008/08/31 22:30

お兄ちゃんさん
こんばんは。
予約の段階でクレームが発生するというのは私としては穏やかじゃないですね。
でも誕生日のおもてなしがあったのはいいですね。

投稿: Kei | 2008/09/01 00:10

後編はどんな素敵な内容になるのかと思ってお邪魔したのですが、
それはほんと残念でしたね。

香港のお友達は
レストランは四季酒店がお勧めだとおっしゃっておりました。
ホテル部門もそうなのかな。

そんなスペシャルな日を
しかも海外から来て
その仕打ちはないだろって
わたくしとしては
もし、そんなことがあったらばぶちきれるかもしれません。
せめて東京ペニンシュラの1泊分ぐらいサービスしろって!

「貴重な経験ができたって」
Keiさん、人間ができてます。

投稿: ころた | 2008/09/03 10:09

ころたさん
こんにちは。
誕生日での対応は四季酒店の方がずっとずっと上でした。
レストランについては好みがありますから何とも言えないのですが
半島酒店、いつまで伝統の上に胡坐をかいていられるか??

激怒したかったけど、旅先で激怒すると消耗しますから
私には珍しく努めて抑えました。
人間できてる…というか、コレ、すごい皮肉をこめて書いたんですよ。
こんなこと客に言わせるな!!ってんの!
一流ホテルのくせに、本当にお粗末で情けないですよ。
大事な時には二度と泊まりません。

投稿: Kei | 2008/09/03 12:37

ご無沙汰しています。
日本人のスタッフと責任者って、「山S ・ 」さんでしたか?

投稿: HISHIDA | 2009/02/03 11:47

HISHIDAさん
こんばんは。
あのHISHIDAさんでいらっしゃいますか?
この時に応対に出てきたのは香港人で黒服の女性スタッフと
日本人の女性スタッフでした。
お名前を失念してしまいましたが、眼鏡をかけた方でした。

投稿: Kei | 2009/02/04 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91041/42305325

この記事へのトラックバック一覧です: 半島酒店のスイートに泊まるの巻 後編:

« 機内販売で買うの巻No.2@JO | トップページ | 機内食 NGO=BKK@JO('08年8月) »