« 機内食 NGO=HEL@AY('09年4月) | トップページ | カップスープ@オランダ »

キューケンホフ公園に出かけるの巻

 090427y  090427c

 090427a  090427b

 090427d  090427e

 090427g  090427f

 090427h  090427i

 090427j 090427l 090427k
 
 090427m 090427t 090427n

 090427o 090427p 090427q

 090427r 090427s 090427u

 090427v 090427w 090427x
今回のヨーロッパ出張は一人で出かけることになり、気楽な一方で8日間で4ヵ国を回るというきつい出張でした。
そんな中で唯一の楽しみは食事…じゃなかった、オランダのキューケンホフ公園(Keukenhof)tuliptuliptulip
日程をうまく調整してアムステルダムで週末を過ごすことができるようにしたのは、こんなきつい出張へ出かける者のせめてもの役得でしょう。

いつものことながら慌しい出張に細かい下調べもせず「スキポール(Schiphol)国際空港から58番のバスに乗る」との情報だけを頼りに日曜日の朝に空港へ出かけました。
ところが空港のバス乗り場へ行っても58番の表示がない。
少し考えてから大勢の人が集まっているところへ行ってみると、予想どおりほどなく58番のバスが到着しました。
要するに臨時バスなので表示がなかったようです。

ところがバスに乗ろうとしたら、運転手から「チケットは空港内で買え。どこで売っているか詳しいことは知らない」と言われて乗ることができず。
改めて空港内に戻って尋ねると、空港案内所の隣の観光案内所で売っているということがわかり、やっと往復のバスと入園料がセットで€20というチケットを購入できました。
実は宿泊していたホテルのツアーデスクにはホテルまでの送迎と入園チケットがセットになったツアーの案内が置いてあって、それが€50でした。
差し引き€30安く上がったと考えると少し嬉しい気がします。

改めてバスに乗って、20分ほどでキューケンホフ公園へ到着です。
途中の車窓からチューリップ畑を見ることができて、いかにもオランダに来たことを感じさせてくれます。
ツアーの観光バスや自動車で来ると駐車場から少し歩かなければなりませんが、このバスは公園入口の近くで降ろしてくれるのでとても便利です。

入口を入ってすぐのところに大きな機械仕掛けのオルゴールのようなものがあって、どういうわけかたまたま演奏していたのが『上を向いて歩こう』でした。
裏へ回ると巨大なパンチカードみたいなものから曲を読み取っているようでした。

園内を回って行くと、チューリップを中心にヒヤシンス、シャクナゲ、水仙、八重桜などの春の花がいっせいに咲き乱れているというか、美しい調和の元に目を楽しませてくれます。
花そのものの美しさだけでなく、その見せ方がとても変化に富んでいて、広大な園内を回っていて全く飽きない。
恐らく朝から晩までいたとしても飽きないような気がします。
そして、大勢の人・人・人…。
実にいろいろな言語が飛び交っていました。

芝生の中に堂々と入って花壇の端に座ってチューリップにウットリしている写真を撮っているのは大方の予想どおり失礼!中国人でしたが、ラテン系と思われる人も平気でやってやっていましたので中国人だけを非難することはできないようです。
まぁ花壇の中にまでは入っていないので良しとしましょう。

園内をグルリと回って約3時間。
きっとパックツアーでは時間に追われての駆け足とショートカットなのでしょうね。
自由行動にしてしまったら行方不明者続出間違いなしではないかと思います。

午後になると日曜日だけに園内はますます混雑してきて、そろそろお腹も空いてきたのでキューケンホフ公園を後にしたのでした。

この間に撮った写真が撮り直しを含めて558枚。
おおむね20秒に1枚という驚異的なペースで撮影していました。
そして、わざわざこのためだけに重い一眼レフを持参しての出張でした。

実を言えばキューケンホフ公園へ行きたがっていたのは私ではなくKei。
一人で先に行ってしまってゴメンね。
ここへ行くためならジャガイモとサンドイッチ攻めを我慢して、もう一度行ってもいいよ。【Ham】

Keukenhof:http://www.keukenhof.nl/

|

« 機内食 NGO=HEL@AY('09年4月) | トップページ | カップスープ@オランダ »

コメント

きゃーーーーーーーーーーーっhappy02heart04
なんという綺麗さなんですかっ!!!
オレンジとエンジのチューリップの合間にムスカリびっしり!のなんて、
そのまま布のプリント柄みたいだし、その隣りのムスカリの川なんて、
モネの絵画みたいに撮れているじゃありませんか。
素敵!
強行軍にカメラ担いで行って下さって、Hamさん、ありがとーっshine
1日と言わず、寝袋抱えて、こっそり数日間、住みつきたい。。。

投稿: ひなぎく | 2009/04/27 23:20

こんな素敵な公園があるのですね!Keiさんが行きたい気持ち分かります。
それにしても、綺麗な写真ばかり・・・一眼レフを持っていった甲斐がありましたね^^
ところで、香港では何秒に一枚でしょうねeye

投稿: 太太 | 2009/04/28 16:12

ひなぎくさん
良かった~。そう言っていただけると嬉しいです。
モネの絵かどうかはわからないけど、チャンスがあったら是非行って見てください。

投稿: Ham | 2009/04/28 21:30

太太さん
香港ではいくらなんでもここまで撮らないですよ。
だって、写真を撮っているより食べている時間の方がずっと長いですからねぇ。(笑)

投稿: Ham | 2009/04/28 21:35

Hamさん、なんと言う贅沢な出張!!
私とはえらい違いです。私は工場の中をあっちこっちうろうろ。
花どころか、華もなし。なぜか男ばっかりで。(なんのこっちゃ、、、)
こんなにすばらしいのならホントぜひKeiさんともう一度行く価値
十分ありですね。
私もオランダは苦い経験だけが残っているので、こんな季節にリベンジしてみたいわ。

投稿: のぶ | 2009/04/28 23:32

のぶさん
もちろんこれを除いたら、いいことなんて皆無の出張でしたよ。
のぶさんも是非どうそ行ってみてください。
私はお昼過ぎに出てきてしまったのですが、午後にはまた光の当たり方が変わるのでしょうから、体力と時間さえあればもう1周したかったです。

投稿: Ham | 2009/04/28 23:41

見事なチューリップ畑ですよねtuliptuliptulip
何といっても写真が素晴らしいですcamera
何十年も前に行ったことがあります・・・
それから日本でチューリップを見ても感激しなくなりましたdown

投稿: ohoshi | 2009/04/29 13:37

ohoshiさん
こんばんは。
何十年前もとはすごいですね。
当時と今を比較してどうなのかは存じませんが、きっとその当時から素晴らしかったのでしょうね。
3時間楽しませてもらって、バス代込みで€20なら本当に安い。
でもおっしゃられるように、日本国内のどこかでチューリップを見たとしても、やはり感動しなくなっているのかも知れませんね。
これはもしかしたら、ある意味不幸なことかも知れません。

投稿: Ham | 2009/04/29 22:09

なつかし~~~!!
13、4年前に行きました。
本当にもう、ただただ、圧倒されましたね。
ムスカリに感激して家でも植えたのに、あんなに大きくならない…
オランダだからムスカリも背が高いのか?
天気が変わりやすいオランダなのに、快晴ですね。
お仕事頑張ったご褒美でしょう。
ま、私の時も天気良かったですけど~(^_-)-☆
私も臨時バスで行ったのですが(ライデン発)、途中の
民家がまた素晴らしかった!
どこの玄関先、庭先も花花花...車窓に張り付いて見て
ましたよ。
臨時バスの経路沿いだから、余計気合を入れるんでしょうね!
オランダ人のホスピタリティは有名ですし…食の面ではあまり
期待できませんがcoldsweats01

投稿: Token | 2009/04/30 20:21

Tokenさん
そうなんですよ。
オランダの仕事での訪問先の担当者氏も「この時期は雨が多い」と言っていました。
この日は午後から少し雲が広がったくらいでした。
そして、おっしゃられるように街中のどこを歩いていても花がいっぱいで、いろいろな花の香りがあちらこちらから漂ってくる。
本当によかったです。
それにしても今回の出張の食料事情は一人で出かけたせいもあって惨憺たるものでした。

投稿: Ham | 2009/05/01 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91041/44814147

この記事へのトラックバック一覧です: キューケンホフ公園に出かけるの巻:

« 機内食 NGO=HEL@AY('09年4月) | トップページ | カップスープ@オランダ »