« ジェニーベーカリーのパイナップルロール | トップページ | 再興燒臘飯店の叉雞飯 »

牛下開飯@牛頭角

090513a2月だったか3月だったか、OpenRiceを眺めていたら牛頭角の茶餐廳が人気を集めている様子にちょっとビックリしました。
「なぜに牛頭角の茶餐廳?」といぶかっていたら、ほどなくして理由が判明。
りえさんきたきつねさんのブログで知ったのですが、「牛下開飯(NTKOpenRice)」なるイベントをやっていてくだんの茶餐廳が人気を集めているとか。詳細はコチラコチラ
これは行かねばなりますまい。
期間は3月1日から「光榮結業」までと終了日が定かではありませんが、ダメ元で出かけてみることにしたのでした。

090513b果たして牛頭角下邨はちゃんとありました。
牛下開飯の開催中とはいえ、別段大がかりなイベントをやってる感じでもなく、敷地内では普段の生活が普段どおりに営まれているという印象でした(団地の1階は空き家になっている店舗も一部ありました)。
その何気なさにあまりに気後れした我が家、敷地内をあちこち歩き回るのが申し訳ないような気がして、そっと写真を撮らせていただいてそっとゴハンを食べて帰ってきました。「写真撮っていいですか?」の広東語だけやたらと上手になったような気が…camera

 090513c 090513d 090513e
収穫をいくつか。
おもちゃ屋さんでネットに詰めて売られていた小さなアヒルの集団(30個入り)を購入。
Hamに「コレ欲しい!」とねだられ、「買ってどうするんだ?」と思いつつ、オットには"No."と言わない私です。
帰国して荷物を片付けている時に、「あと2袋ぐらい買ってこればよかったねぇ」とHamに言われた時はさすがに唖然としましたが。
喉が渇いて買った飲得豆腐花(飲める豆腐花)。
飲み物は楊枝甘露だけじゃなかったんだねー」言いつつ飲んでみたら、豆腐花の甘味と涼粉の苦味と滑らかな食感がいい具合。
他にも芒果(マンゴー)、紅豆(小豆)などがありましたが、「涼粉はイケるよ!」という店のおねえさんの言うとおりでした。
これ、また飲みたい。
そして、ステッカー。
牛頭角下邨で撮影した写真をステッカーにしたもので、住好啲(G.O.D.)で売っていても違和感ないんじゃないかと思うほど。
売上金はこのイベントの主催者、文化葫蘆(HULU)の活動資金に充てられるとか(by りえさん)。
実は出かけた日には売っている場所を見つけられなくてスゴスゴ帰ったのですが、後で敷地内の興記茶餐廳で売っていることがわかり、わざわざ出直して買いました。
2枚1組でHK$20で、とりあえず3組購入(キャッシャーに置いてありました)。

 090513i 090513j 090513k
牛頭角下邨では2回食事をしました。
1回目は昼食。
「三餸飯堂食加凍熱飲」というセットメニューです。
ご飯に3種類のおかずと飲み物でHK$20。
路地に出した台におかずがズラリと並べてあって、見るだけでワクワクします。
味もなかなかよろし。
2回目は朝食。
帰国日の朝、ステッカーを買うために興記茶餐廳に出かけたついでに食べてきました。
味は特筆するほどのものではありませんでしたが、店のおにいさんがとても親切だったし、雰囲気も面白かった。

 090513f 090513g 090513h
香港の古い建造物や人々の生活とか、そういうのが好きなわりにアンテナの張り方が下手というか感度が鈍いというか、見落としていることが往々にしてあります。
特にここ数年は、かつて当たり前に目にしていたものがどんどん姿を消しているような気がします。
その時にその時にしっかり見ておくこともできたのに、後で気づいて後悔することしきり。

今後も「いつの間になくなっちゃったの?」とか「なくなっちゃうんだ~残念~」と思う場面に行き当たる機会は増えるでしょう。
再開発の是非や古い建造物の取り壊しについてとやかく言う立場にないし、後ろ向きな懐古趣味に走る気もありませんが、香港を好きな観光客として来し方行く末を見守る機会が1回でも多く与えられることを心から願っています。
また自分でもしっかりアンテナを張る努力をしなくてはなりませんねconfident
ともあれ、牛下開飯に2回も行けたことに心から感謝。【Kei】

牛下開飯:http://www.hkhulu.com.hk/NTKopenRice/

|

« ジェニーベーカリーのパイナップルロール | トップページ | 再興燒臘飯店の叉雞飯 »

コメント

keiさん
初めて、以前Hamさんに香港の豚インフルエンザについて色々教えていただいた者です。先週から香港に旅行で行ってまして、さっき帰国しました。香港ではインフルエンザに注意しながらも皆さんいつも通りに生活をしていて、何度行ってもパワフルな街だなぁと改めて思いました。
今回は知り合いの香港人に離島の長州に連れていってもらい現地で長く住んでいて手巻き寿司や今川焼をメインにした『故郷茶寮』と言う軽食屋を経営している吉野さんと会う機会がありました。のんびりした港町で西貢や鯉魚門よりも安く美味しいお料理も食べられました。
ところで話しは飛びますが・・・・今回の旅行で一番驚いたのは、中環の『蓮香樓』が改装をしていて、しかも上環に『蓮香居』と言う支店まで出していた事です。実は本店の『蓮香樓』には一度も行ったことがなく毎回今度こそ行こうと思っていたのですが何と5月11日で一旦休業してしまいました、80年続いたと言うあの雰囲気が二度と味わえないのかと想うと残念です、ちなみに『蓮香居』は器から内装から何もかもが新しく従業員の方達も慣れない様子でした。客席が2つのフロアーに分かれていてやはり満席でした、昔からの常連さん達が早速色々と意見などを言ったりしていましたね。点心も昔ながらの香港の味で美味しかったですね。
時代の流れでしょうか、あの『唯一麺家』も、場所を代えて営業していました。
伝統を残すことの難しさを少し垣間見たような気がしました。

投稿: ちんさん | 2009/05/14 00:15

keiさん、おはようございます。
私も似たようなアヒル、買いましたhappy02
クマHに置いてある小さいのですよね♪ 
私もこういうのが結構、好きなんですが、
大人なんだからと自分に言い聞かせ、なるべく我慢してます(笑)

ところで、こういうイベント、良いですね。
老朽化した建物は確かに危ない面もあるでしょうし、
狭い香港では効率の良い使い方も考えたいでしょうしね・・・。
でもそこにあった空気や雰囲気、大事に覚えておきたいものです。

投稿: うき | 2009/05/14 07:48

ちんさん
こんにちは。
香港旅行を楽しまれたようでよかったです。

蓮香樓が改装ですか。
あの雰囲気がどんなふうに変わってしまうのでしょうね。
興味があります。
店舗の移転が日常茶飯事の香港ですから、閉店でないだけラッキーですね。
唯一麺家も行こうと思いつつなかなか行けないでいる店の一つです。
伝統を今の世の中でどのように共存させるかは難しいところです。
ただ歴史を感じられるモノが一つでも多く残ることを心から願っています。

投稿: Kei | 2009/05/14 12:52

うきさん
こんにちは。
このアヒル軍団はクマホテルに置いてあるもののチビッコです。
わらわらと30個、Hamの言うとおりあと30個増えても面白かったかも?
…と、我慢できずに買っちゃうコドモ夫婦です。

牛下開飯は行ってよかったと思います。
狭い香港ですから効率化は宿命みたいなところもありますが、
「でもそこにあった空気や雰囲気、大事に覚えておきたいものです」
に激同意です!
香港に行くたびにそこにある「香港の今」をしっかり感じようという思いを新たにしました。

投稿: Kei | 2009/05/14 12:55

年末年始の訪港の際、牛下の団地下の食堂で夕食を取りました。
再開発を知ったのは帰国後だったのでゴハンしか撮ってこなかったことを後悔しています(しかもピンボケだらけsweat02)でも色んなシーンが目に焼きついています。

投稿: kitto | 2009/05/14 19:59

kittoさん
こんばんは。
すごい!勇気ありますね!
どんなお店に行かれたのですか?

我が家は2回も行ったのに気後れして写真があまりありません。
それはそれで残念でしたcamera

投稿: Kei | 2009/05/14 20:30

一瞬、イギリスから南下してきたのを捕獲したのかと思いました(笑)
"Plastic duck armada is heading for Britain after 15-year global voyage"
ttp://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article1996553.ece

投稿: Token | 2009/05/14 21:08

Tokenさん
こんばんは。
わ~ロマンがあっていいですね。
こちらは牛頭角下邨にて捕獲いたしました。
そのうちプレミアがつくかも?

投稿: Kei | 2009/05/14 21:21

こんばんは。
ご紹介くださって、ありがとうございました。
レポート、待ってました!
あそこでご飯が食べられたのですね。
おかずが並んでいるのを見ただけで、食べなかったのでした。
残念です。
牛頭角下邨は改築がどんどん延びているようなので、
いつまで続くかわからないのですが、
古いものが見直されているらしい香港、
この街のような雰囲気が永く残ることを祈るばかりです。
ところで、アヒル、かわいいですね!お風呂にぎっしり浮かべたい。

投稿: きたきつね | 2009/05/14 23:29

きたきつねさん
こんにちは。
その節はいろいろと参考にさせていただきました。
こちらこそありがとうございました。

あそこの路地でご飯が食べられましたよ。
よく探すと魅力的なお店が牛頭角下邨にはいっぱいありますね。
ゆっくりじっくり見てこなかったのが悔やまれます。

中環のスターフェリーピアや利東街などの再開発を通して
香港では古いものが見直されつつありますね。
我が家も古さと新しさの共存をそっと見守りたいと思っています。

アヒル、お風呂に浮かべる計画もあったのですが、
Hamが「バランスが悪いから浮かばない!」の一点張り。
果たして家で試したらちゃんと浮かびました。
理系なのにどこか抜けています、彼は。
いつか香港に里帰りさせて素敵ホテルのバスタブに浮かべたいです!

投稿: Kei | 2009/05/15 12:31

実は香港在住の知人のオススメ店ということで
お願いして同行の友人たちと一緒に連れて行っていただきましたcoldsweats01
土鍋料理が美味しかったです(もちろんボー仔飯もheart02
でもコチラのお店も移転先が決まったようで
もうあの雰囲気は味わえないのかな~と思うとやはり残念です。

投稿: kitto | 2009/05/15 23:19

kittoさん
こんばんは。
なるほど、何だか羨ましいお話です。
お店が移転しても素敵なままだといいですね。

投稿: Kei | 2009/05/16 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91041/44977621

この記事へのトラックバック一覧です: 牛下開飯@牛頭角:

« ジェニーベーカリーのパイナップルロール | トップページ | 再興燒臘飯店の叉雞飯 »