« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

買い物回想録No.9@尖沙咀

100831夏だけの期間限定で登場するこのマニキュアは、尖沙咀の莎莎で特売品の山の中から発掘しました。
アメリカのスーパーやドラッグストアではおなじみの"R"のものです。
考えてみたら、2000年の夏に買ったから今年で実に10年目。
期間限定で登場するだけなので、10年目でもまだ半分残っています。
このままだと15年目には到達するかもしれませんthink

さて、我が家はHamの方針によりマニキュアは固く禁じられております。
ペディキュアは目立たない色のみという条件つきでOKですが、少しでも派手な色を塗ろうものなら、生活指導のセンセイそれはHamコッテリお説教されます。
その点これは塗っても爪がちょっとテカテカする程度の地味色なので、生活指導のセンセイもOKしてくれていますok

今日で8月も終わりとはいえ、厳しい残暑はまだまだ続きそう。
ゆえに素足にサンダルという生活もまだまだ続きそう。
ゆえにこのマニキュアの出番もまだまだ続きそうです。【Kei】

|

機内食 NRT-LAX@JL('10年8月) 前編

 100830a  100830b
成田-ロサンゼルスの1回目の機内食は夕食。
メインディッシュは「たいめいけんのデミソース仕立てのミートボール」と「牛丼」です。
味については多くを語りますまいcatface
こんなこともあろうかと飛行機に乗る前にちゃんと食べておいてよかったよ。
これも一種の危機管理ってヤツかしら?【Kei】

|

GPSというgadget

100829香港旅行の場合は後になって「ここはどこだったっけ?」ということはまずないのですが、たまに出かけた出張なんかで取引先の人に車で連れ回されると、後日「このあたりだったけ?」となることがしばしばあります。
そんなことがあって「GPSロガーが欲しいな~」と思いつつ、何年かが過ぎてしまいました。

GPSロガーというのは、定期的に測位してGPSの位置情報をメモリに残すというもので、後から地図上で動いた軌跡を確認したり、時刻で照合して写真に位置情報を書き込んだりするというものです。

カメラでもGPS搭載のものがあって、以前にはニコンからも販売されていましたが、現在はソニーDSC-HX5VかパナソニックDMC-TZ10が販売されています。
一長一短がありますが、総合的な評価はDSC-HX5Vの方が上のようです。
最近になってDMC-TZ10の価格が下がってきて、GPSロガーと大差なくなってしまったので、思い切って買ってしまいましたcamera

アメリカ旅行まで1週間しかないタイミングで買うという決断ができたのは、やはりパナソニックのデジカメに慣れているからです。
一眼レフはソニーを使っているというものの、こちらはミノルタの流れを汲むものでコンパクトデジカメは全く操作性が異なっています。

GPSの測位が5分ごとなので、移動している時には5分前の位置になってしまうというならまだマシで、電車や地下鉄などGPSの電波を受けにくい状態が続いていると、とんでもない結果になるという欠点はありますが、それさえ理解して使えばかなり便利です。

iPhoneに写真を落とせば面倒な手続きが一切不要で地図上で分類して表示させることができるし、地図上のどの地点かもかなり精度よく確認することができます。
これはかなり楽しい。
動画もDSC-HX5Vのフルハイビジョンには及ばないものの、AVCHD Liteなのでテレビで映し出しても十分に楽しめる。
おかけでアメリカ旅行の写真や動画の量がハンパではなくなってしまったのは言うまでもないことです。

画質では一眼レフやDMC-LX3に及ばないのは当然のこととしても、12倍ズームというコンパクトなわりに望遠が効くという点でも遊べます。
いまやiPhoneとともにどこへ行く時も手放すことができないgadgetになりました。【Ham】

|

機場快綫の新しい切符

100828今回(6月)の香港旅行の時、空港からホテルへはタクシーで向かったので気づかなかったのですが、ホテルから空港へはいつものように機場快綫で向かいました。
九龍駅で2人用の團體套票(グループ用切符)を買ったら、デザインが変わっていました。
察しの悪い私はいつものように切符を改札口の機械に差し込もうとして「切符が入らん!」。
横にいた係員のおねえさんに「かざすだけでいいんですよ」と教えられてもらいました。
切符は機械にかざすだけの方式に変わったんですね。
聞けば「最近変わったんですよ」とのことticket

改札口の機械に切符を差し込んで出てきたのを取るという動作から機械に切符をかざすだけという動作へ。
小さな動作でもちがいは大きい。
荷物を持つ身にはずっと便利になりましたhappy01【Kei】

|

機内から富士山を眺めて

  100827
子供の頃、新幹線で初めて東京に行って以来、窓から見える富士山の姿に旅行の験担ぎをするクセがついてしまいました。
今回のアメリカ旅行の時も、名古屋-成田は進行方向左側の座席を取りました。
最初は雲の中に隠れて見えなかったのですが、近づいたら美しい姿を見ることができました。
幸先いい始まりです。

ところがこの富士山は成田空港に着陸する寸前まで見え続けて、有難味があるようなないような…。
関東地方に住んでいる人が羨ましい。
天気がよければ富士山を見られるのですからfuji【Ham】

|

ひこ~きういろう@NGO

100826a中部空港が今年で開港5周年ということで、それにちなんだ行事とか商品とかいろいろあるようです。

2月に中部空港に行った時のこと。
電車のプリペイドカードの金額を積み増ししたら、5周年記念のデザインのカードが出てきました。
だけど、6月に中部空港で積み増しした時は普通のデザインのカードが出て来てちょっとガッカリ。
これも一つの限定品だったってことですね。

100826bさて、中部空港開港5周年の記念商品の一つが、このひこ~きういろう。
中部空港のみの限定品だそうです。
これを教えてくれたのは、例によってキャセイ航空で客室乗務員をしている後輩です。
地元名古屋をこよなく愛する彼女は、「名古屋人だもんで、やっぱりういろうでしょー。香港の家で食べようと思って買ったがや」と言って、6月の香港旅行の時に見せてくれたのでした。
これをブロガーの端くれとしては見過ごすわけにはいきません。
先日のアメリカ旅行の時に買って大妹に見せびらかしたまではよかったんですが、大妹がいたく気に入ってしまってそのまま置いてきてしまいました。
よって現時点では未食なのです。
やっぱりブロガーの端くれとしては味見しなくてはなりますまい。
次回中部空港へ行く時には買うつもりですmoneybag【Kei】

中部国際空港:http://www.centrair.jp/index.html

|

美味廚の火鍋

100825a以前"OpenRice"で見てからずっと気になっていた美味廚へ「さっき麺食ったばっかだで腹が減っとらんがや」と言うHさんを半ば強引に引っ張って出かけました。
割り勘勝ちできる千載一遇のチャンスときたら、これを逃す手はありませんからねbleahゴメンね、Hさん。
即戦力が約2名なので、おとなしめにまとめてみました。

湯底(具を煮るスープ)は「疏乎厘蟹皇蕃茄忌廉湯」という小洒落たもの。
鍋の表面を覆ったメレンゲの下に蟹とトマトの入ったスープが隠れています。
ここの湯料(具)は趣向を凝らしてあって色合いがキレイという印象。
思うに、広東料理のレストランを兼ねていることもあって、普通の火鍋店と差別化を図っているのかもしれませんね。
特筆すべきは彩虹七色墨魚丸。
野菜で7色に色づけしたイカのすり身団子です。
特式餃子拼盤も具や色合いがキレイなギョウザが10個。
時令蔬菜拼盤(野菜の盛り合わせ)も盛りつけがキレイです。
肝心の味ですが…変わり種の味はまぁフツーでしたdelicious

ここは趣向を凝らした湯料がいろいろあって、珍しいことに昼でも火鍋ができるところが昼に火鍋をするかどうかはともかく素晴らしい
もっとも、こんなふうに小洒落ているせいか、お値段もそこそこではあります。
広東料理のレストランを兼ねていることもあって火鍋店の看板を表に出さないつもりなのか、夜は11時に閉店というのもちょっぴり残念ではあります。【Kei】

美味廚:香港灣仔灣仔道165-171號樂基中心5樓

おまけ*************************************************************
  100825b
今日"OpenRice"を見たら、おなじみのロゴがグレーになっていました。
フィリピンで起きたバスの乗っ取り事件に対して、香港全体が悲しんでいると聞いています。
この事件では多くの香港人観光客の方々が犠牲になりました。
痛ましく、悲しく、悔しい気持ちでいっぱいです。
亡くなられた方々のご冥福と残されたご家族の上に大きな慰めと平安がありますように。
また、身体や心に深い傷を負われた方々が一日も早く回復しますように。
心からお祈りします。

|

搭乗券に"SSSS"刻印?

100824中部空港でチェックインをして、ロサンゼルス行きの搭乗券を手にした時、搭乗券の端に"SSSS"の刻印があることに気づきました。
以前、新聞か何かで読んだ記憶があるのですが、これってもしかして、例の特別な保安検査を受けるってことかしら?
別に怪しい物を持ち込んでいるとか、後ろ暗いことをしているとか、そういうわけではありませんが、正直言っていい気分ではありません。

それにしても、いつ例の保安検査を受けることになるのでしょうか?
日本を出発する時?
アメリカに到着した時?
とりあえず、乗り換えの成田空港では普通に保安検査を受けただけ。
残るはロサンゼルス国際空港ですが、Hamが税関申告書を提出した時にスーツケースのX線検査を受けるように言われただけで、機内持込手荷物については全くの不問でした。
スーツケースのX線検査もアッサリ終わって無罪放免…あれれ?

この刻印はいったい何だったんでしょう?
空港で下手に尋ねるとヤブヘビになりそうなので黙っていたんですが、疑問は深まる一方ですsign02【Kei】

|

機内食 HKG-NGO@CX('10年6月)

 100823a  100823b
行きの機内食はそこそこでしたが、帰りの機内食はやっぱりと言うか、想像どおりと言うか、毎度おなじみの機内食でした。

いつも感じるのですが、ご飯が多すぎ!
このご飯が大きな無駄を生んでいる気がして仕方ないのです。
「ご飯が多すぎるよね!?」と隣の席に向かって同意を求めましたらば、隣の席の人つまりHamは完食してました。
出発する間際までさんざん食べてたのにねぇ…いったいどんだけ食べるのかしら?
我がオットながらアッパレな人coldsweats01【Kei】

|

買い物回想録No.8@旺角

100820これは今回(6月)の香港旅行の時の買い物なので、まだ「回想」にならないのですが、まぁ例外ってことでお許しください。

この靴は、たまたま旺角で見かけて買ったもの。
"C"というイギリスのブランドのものですが、さすがは旧宗主国というか元植民地というか、それまで意識していなかったので全く気づかなかったのですが、この"C"を扱う店って香港のあちこちに掃いて捨てるほどあるのですね。
実際に履いてみてビックリしたのですが、とにかく軽い。
そして柔らかい。
スニーカーと遜色ない履き心地で即決でした。

実際この靴はこの2ヵ月半で大活躍してくれました。
特に先日のアメリカ旅行で2ヵ所の国立公園に行った時も朝から晩まで大活躍。
ヨセミテ(Yosemite National Park)でも2日間履き倒してこんなふうに砂埃まみれです。

この靴のお値段は香港では日本の約半額。
得意技のイロチ買いをしそうな気配で我ながら油断なりませんthink【Kei】

|

「救援物資」輸送部隊帰還

  100818
久しぶりに長く家を留守にしていましたが、昨夜戻ってきました。
今日は休み明けということでいきなり社会復帰なのですが、時差ボケを引きずっての社会復帰ということで、周囲の話題についていくのも大変でした。
とどめを刺されたのは、夕方5時からの会議が延々と3時間。
いきなり初日からフラフラになって帰りましたwobbly

それにしても日本(名古屋)の暑いことといったらありません。
ロサンゼルスの最高気温が名古屋の最低気温で、しかも湿度のことを考えたらあまりにも差がありすぎて、過ごしやすい環境にすっかり甘やかされてしまった身体にはこの暑さがこたえます。
「少しずつ身体を慣らしていけばいいのさ」と、電気代を気にしないことにしてエアコンをガンガン効かせながらパソコンに向かっています。

さて、10日間の滞在中は救援物資輸送の報酬としてはお釣りがありすぎるほどのVIP待遇。
大妹は上げ膳据え膳さながらのもてなしぶり、義弟は我が家の滞在期間に合わせて休暇を取って、2泊3日のラスベガス(Las Vegas)旅行と1泊2日のヨセミテ(Yosemite National Park)旅行に連れて行ってくれました。
いつまでも心に残るいい思い出になりました。

ちなみに「食」の方ですが、年々歳々、特に肉製品と乳製品の組み合わせが苦手になっていく我が家にとって、アメリカでの食べ歩きは不可能ということを思い知りました。
休みが終わったことだし、そろそろ看板どおり香港へ気持ちを移行させていかなくてはなりませんcoldsweats01【Ham&Kei】

|

「救援物資」輸送部隊出動

  100807
今年の2月7日、私が1回目の「救援物資」を運び、2ヵ月後の4月に小妹が、7月には中妹が、それぞれ救援物資を運びました。
そして1回目の救援物資を運んだちょうど半年後の今日、今度はHamと一緒に救援物資を運びます。
今回はお土産や預かり物だけで77cm×53cm×28cmのスーツケース2個と68cm×47cm×24cmのスーツケースの半分が埋まり、都合3個のスーツケースを運ぶことになりました。
中部空港行きの電車の乗り換え駅までタクシーで行きたいと思ったのですが、何しろ我が家は最寄りの地下鉄の駅から至近距離。
案の定、Hamにアッサリ却下されましたcrying

パッキングをしていてふと思い出しました。
遠い遠い昔、徳島から訪ねてきてくれた母方の祖父母は、いつも大きな旅行カバンを提げていました。
そのカバンの中からは徳島の名産品やお菓子などのお土産が次から次へと出てきて、小さな私は目を輝かせて見ていたものでした。
今回こうしてパッキングしていて、長い間忘れていた遠い昔のことを突然思い出してしまい、ちょっと感傷的になってしまいましたweep
大好きだった祖父母がしてくれたように、私もまたHamとこうして大きなスーツケースを運んでいくなんて、不思議な気持ちです。
小さな姪には我が家のスーツケースはどのように映るのでしょうか?

…というわけで、しばらく出かけますairplane【Kei】

|

暑中お見舞い申し上げます

  100803
暑中お見舞い申し上げますsun

7月はブログの更新が滞りがちでした。
Keiが「学芸会」の練習と準備に追いまくられて更新がままならず。
私も毎日のように帰りが遅くて更新がままならず。

8月に入っても、慌しさは相変わらず。
学芸会は終わりましたが、Keiの「牛一」も素通り、そして今週いっぱいは他の野暮用のためにブログの更新は難しい。
落ち着くまでブログの更新は引き続き休みます。

さて、そろそろ夏休みを取られる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
夏は短い。
短い夏をめいっぱい楽しみましょうwink【Ham】

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »