« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

セールの収穫@ロサンゼルス

100930今回のアメリカ旅行では洋服をあれこれ買い込みました。
アウトレットモールや"R"の通販やデパートのセールやディスカウントストアなど、我ながら見事な弾けっぷり。
折からの円高の恩恵にあずかることができましたdollar

あれこれ買い込んだので、嬉しい収穫もいくつか。
そのうちの一つが、このダンガリーのシャツです。
"R"の通販サイトで見て一目惚れしたのですが、何しろ値段が値段だけにブックマークをつけては何度も見ては思い切れず、の繰り返し。
やがてセールになったのですが、依然として高嶺の花。高値の花。

そうこうするうちにアメリカへ出発し、ある日義弟の運転で連れて行ってもらった某ショッピングモールの中にある某デパートに見物のつもりで入った私、折しもnature's callによってお手洗いを探していたら、たまたま通りかかった"R"の売り場。
セール品の片隅にあのシャツを発見した時は目を疑いました。
タグを確認したら、信じられないことに私のサイズ。
しかも、定価の6割引という値段は通販サイトでのセール価格よりもずーっと安い。
本当に「よくぞ残っててくれました!ありがとう!」という感じ。
お手洗いに出かけたはずの私が紙袋を手に提げて戻ってきたので、一同ビックリ。
私は私でnature's callにひたすら感謝したのでありましたtoilet【Kei】

|

機内食 SGN-HKG@CX('10年9月)

100929ホーチミンシティ-香港は久しぶりです。
香港での接続に余裕のあるもう少し早いベトナム航空の飛行機もありましたが、やはり安心できるキャセイ航空にしておきました。

少し改善されてきた兆しのあるキャセイ航空の機内食。
こちらでも少し期待がもてます。
メニューは白身魚のピカタとビーフンにタピオカのクリームとグレープゼリー、そして果物(ドラゴンフルーツ・パパイヤ・スイカ)。

このメインディッシュの魚が臭みもなく、とてもおいしい。
ニョクマムで味付けられたビーフンとの相性もよく、抑えておこうと思ったのに完食してしまいました。
デザートのタピオカのクリームもOK。
せいぜい果物のドラゴンフルーツが甘くなかったのが残念だったくらいでしたok

簡素ですが、エコノミークラスの機内食としては十分に満足できるものでした。
名古屋=香港でもこういうのを出してくれないでしょうか?【Ham】

|

龍門客棧の鱔糊炒粗麵

100928空港に隣接する富豪機場酒店では、広東料理の紅軒の陰に隠れて目立たない存在の龍門客棧。
「空港職員割引があるんですよ」とのキャセイ航空で客室乗務員をしているKeiの後輩のお誘いで、香港到着とともに昼食のために出かけました。

この店は上海料理で、上海料理と言えば私の場合には何と言っても鱔糊(田ウナギの煮込み)が大好物なのです。
この店にはその鱔糊を粗麵(太麺)とを炒め合わせた「ウナギ麺」があるというので、思わず歓喜の声を上げてしまいました。

うどんのような太さの粗麵と同じように細切りにした田ウナギは、麺を食べているのか田ウナギを食べているのか判別できないまま、コッテリとした醤油味にほのかな甘さがあいまって次から次へと箸が動くおいしさdelicious
鱔糊の正しい食べ方は白飯にのせることだと信じて疑わなかった私の凝り固まった頭をガツンと一発やってくれました。

しかし、これならこの麺ごと白飯の上にのせてもおいしいのでは…?
いかんいかん、それじゃ炭水化物ばかりです!

…でもきっとおいしいのでしょうねlovely【Ham】

龍門客棧:http://www.regalhotel.com/Regal-Airport-Hotel/main/restaurants-bars.aspx

|

某月某日の機内での過ごし方@CX(NGO-HKG)

100927a 今回の香港旅行の名古屋-香港の機材はB777-300ER。
エコノミークラスでも映画や音楽の選択肢が多くて嬉しい。
機内映画を滅多に見ない私ですが、珍しく『のだめカンタービレ』を見ました。
水川あさみのバイオリンの弾き真似のうまさに唸り、玉木宏の指揮の上達ぶりに感動しました。
原作が何となく物足りない終わり方だったのが残念でしたが、映画は映画でそれなりに楽しめましたmovie

100927b映画を見終えて本を読んでいたら、アンケートの協力依頼がありました。
前回(6月)に続いてのアンケートです。
協力のお礼にと出されたのは機内販売の割引券でした。
ボールペンはいっぱいあるからこれ以上いらないんだけど、これだって私には必要ないなぁ。
それにしても、キャセイ航空のアンケートは日本語訳になってから随分と答えやすくなりました。

100927cアンケートを記入してしばらくしたら、そっとチョコレートが我が家のテーブルの上に置かれました。
我が家の担当になった香港人女性の客室乗務員は満面の笑顔ってわけではありませんが、感じがよくてテキパキとよく働く人でした。
二言三言お喋りしたのが気に入られたのかしら?
それともアンケートに対する再びのお礼かしら?
理由はよくわかりませんが、ありがたくいただきました。

やがて飛行機は香港國際機場に到着です。
到着予定時間は13時25分でしたが、この日の到着時間は12時48分。
メチャクチャ早くてビックリ!
もちろん最高記録です。
おかげでその日が休日だったキャセイ航空で客室乗務員をしている我が後輩は、バスで空港に向かうのを断念し、タクシーを飛ばして迎えに来てくれたのでした。

早く着いたのをこれ幸いと、3人で目指すは富豪機場酒店。
もちろん昼食を食べるためですよbleah【Kei】

|

THE ORIENTAL SCARVESのマフラー@バンコク

100926名古屋は秋分の日に降った雨を境に一気に気温が下がり、秋の風情になりました。
今年の季節ときたら、突然暑くなったり寒くなったり、中庸という言葉を知らんのかね、まったくgawk

肌寒い季節になると、途端に活躍するのがストールやショールの類。
これは去年の10月、サイアムパラゴン(Siam Paragon)で買った"THE ORIENTAL SCARVES"というブランドのマフラーです。
タイシルク100%の手織りです。
見た目はザックリした感じですが、肌触りが柔らかく、ほどよく暖かい。
1枚THB1250とタイにしてはなかなかのお値段だけに、1枚か2枚を選びに選んで買うつもりが、「5枚買ったら1枚オマケしますよ」と言う店員さんの言葉に、「買うわっ!」と即行で6枚つかんでしまった私。
私の色彩感覚を理解してくれる母と大妹にそれぞれ1枚ずつお土産にしましたwink

サイアムパラゴンの4階にはタイの工芸品や衣料品などのお店がたくさん入っていて、センスのいい製品をまとめて見ることができるので、個人的にはとても気に入っています。
でも場所柄からか、閑古鳥が鳴いているのがとても残念。
頻繁に行ける身ではありませんが、経営が成り立っているのか心配です。

本格的な秋の到来で、そろそろこのマフラーの出番となりましたmaple【Kei】

Siam Paragon:http://www.siamparagon.co.th

|

ベラージオに泊まるの巻

  100925a
大妹家族にロサンゼルス国際空港まで迎えに来てもらった後、昼食をすませて家で簡単にパッキングを解いたら、すぐに義弟の運転でラスベガスへ向かいましたrvcar
途中休憩を入れながら約5時間でラスベガスに到着。
宿泊先はベラージオ(Bellagio)です。「ベラッジオ」という呼び方もされているようですが、ホテルの日本語サイトの呼び方を使わせてもらいました。
夜のロビーは通勤時のラッシュを彷彿とさせる大変な人混み。写真は深夜に撮ったので空いてます。
100925hチェックインをすませたら、自分で荷物を持って部屋に向かいます。
さすがは3933室ある巨大ホテル、目指す部屋のある建物まで遠いこと遠いこと。
やっと辿り着いたエレベーターは"Casino""Pool"の表示しかなくてビックリ。
これじゃロビーがどこにあるのかわかりません。
最初のうちはかなり戸惑いました。

部屋は茶色とベージュでまとめてあって落ち着いた雰囲気です。
広さもそこそこあります。
でも内装とか家具とか備品の質感はいまひとつ。
アメニティも必要最低限。
水とスリッパを持ってきてよかったwink
知名度頼みの一昔前の高級ホテルという印象が否めません。
 100925b 100925c 100925d
 
予約した部屋のカテゴリーは"Lakeview Deluxe Room"。
有名な噴水のショーが見たかったのでフンパツしました。
でも、そのショーが行われる「湖」は部屋から斜め左の方向。
駐車場の建物が一番に目に入ったので「むっ!?Carparkview Roomか!?」とウッカリ勘違いしちゃったcoldsweats01
  100925g

そんなこんなで2泊3日滞在したのでありましたhotel【Kei】

Bellagio:http://www.bellagio.com/

|

ベトナム月餅事情

100924a去年ハワイに行った時にベトナム製の月餅があることを知ったわけですが、その時には「華僑が多いから?」ぐらいにしか思っていなかったわけです。
ところが実際にこの季節にベトナムへ行ってみると、空港の売店だけでなくあちこちに臨時の特設会場のようなものが出来上がっていて月餅を売っていました。
取引先のニャチャン事務所の入口にも月餅の入った袋が並べられていて、尋ねてみると、この季節に贈る習慣だとか。
中国の習慣である月餅はベトナムでもしっかりと根付いているようでした。

100924b帰路に立ち寄ったホーチミンシティでの朝食は、ホテルの朝食を食べないでニューラン(Nhu Lan)へ。
この店は香港の茶餐廰のようなもので、ホーチミンシティで最もお気に入り(?)の店です。
お目当てはもちろんフォーとバゲットのサンドイッチ。

「両方食べると食べすぎかなぁ?」と考えていたら、何と、この店も特設会場と化していて驚かされました。
飛ぶように月餅が売られていて、大量に買っていく人からアオザイのおねえさんまでさまざま。
残念なことに、店内は月餅と箱で埋め尽くされていて飲食もできないありさまで、辛うじてバゲットのサンドイッチを持ち帰りで手に入れることができました。

100924cついでに買ったのがこの店で最も小さいサイズの月餅。
人工着色料を使っていると思われる美しい薄緑色というのが気になるところですが、小さいものはこれだけで、他は大きいものばかりでした。
大きなものは二人で食べると持て余してしまうと考え、あえて小さいものを選んだというわけです。

この月餅は"DEO DAU XANH CHAY"と書かれているので、どうやら緑豆と蓮の実の月餅のようですが、食べてみるとなぜか微かにドリアンの香りがするような気がします。
もしかしたら、ドリアンの月餅と同じところで作っていて香りが移ったのかもしれません。

100924d皮は冰皮月餅の皮のように見えますが、常温で保存というのが大きなちがい。
紛れもなくお米の餅です。
形が少し変わっていて、蓮の花をイメージしたものなのでしょうか?
中央に"Nhu Lan"の略号と思われる"NL"の文字が誇らしげにあります。

ニューランには焼いた月餅もたくさん売っていましたが、こちらは中国のものとちがっている形のものもあって興味深い。
機会があったら、焼いた方も食べてみたいです。【Ham】

|

再び美心の冰皮月餅('10年)

100923c中秋節が終わりましたが、我が家にはまだ月餅が残っていましたsweat01
美心集團の「抹茶芝士(抹茶チーズ)」と宇治金時です。
見た目はどちらも緑色でほとんど区別ができませんが、中に入っているのがチーズと小豆というのが大きなちがいです。

抹茶芝士の方が抹茶の味が濃いというちがいもありますが、その分チーズの味が消されてしまっているのが残念。
もう少しチーズが存在感を主張してほしいところです。

宇治金時は緑豆のあんに小豆と栗あん入り。
完全に和菓子と言ってもいいくらいのもので、私たち日本人の味覚になじみやすい。
逆に「どうしてこれが月餅なの?」という疑問がわいてきます。
ちなみにこれは前の週の香港旅行の時は売り切れでした。
香港人にも人気なのかもしれません。

この2種類の冰皮月餅はベトナム出張の帰りに買ってきたのですが、香港旅行で買い集めた月餅で溢れかえっている我が家に追い討ちをかけたようで、Keiから大顰蹙を買ってしまいましたcoldsweats01【Ham】

▶最初の購入分はコチラ

美心冰皮月餅:http://www.maxims-snowy.hk/index.php

|

ラ・メゾン・デュ・ショコラの中秋節限定チョコレート('10)

100922今日は中秋節。
延々と続けてきました月餅のご紹介ですが、とりあえず今日で終わり。
大トリを務めまするは、ラ・メゾン・デュ・ショコラ(La Maison du Chocolat)のチョコレートムーンケーキ(CHOCOLATE MOONCAKE)。
ブログ開始以来の超豪華品です。
しかも、ぶさんからのプレゼントpresent

フレーバーは4種類。
✤Boheme-Whipped milk chocolate ganache
✤Rocher Noir-Dark chocolate praline with roasted almonds and hazelnuts
✤Akosombo-Plain dark ganache with notes of roasted coffee and spices
✤Cristal-Milk praline slightly salted with maldon salt

まずは一口。

ウマーッ!

さすがはラ・メゾン・デュ・ショコラ、味と香りが別物です!
まさに至福のおいしさ。

Hamと夢中で食べて寂しくなっちゃったところに、今度は1泊3日の香港弾丸旅行から帰国したJさんからも同じものをいただいちゃいました。
思いがけず再び至福のひとときを過ごすことができて本当に幸せ。
ぶさん、Jさん、ありがとうございましたheart02heart02heart02

名古屋は夕方から曇り始めてさっき雨が降りましたが、今は晴れてきれいなお月様が見えますよ。
皆様、素敵な中秋節と明日の休日をお過ごしくださいfullmoon【Kei】

La Maison du Chocolat:http://www.lamaisonduchocolat.com/

|

嘉麟樓の奶黄酥皮月餅('10年)

100921毎度毎度おなじみの嘉麟樓の奶黄酥皮月餅です。
今年もウッカリ予約を忘れていたのですが、一昨年の月餅騒動の時に対応してくれて以来顔なじみになったスタッフが気を利かせて1箱だけ取り置きしてくれていたのでした。
聞けば、今年は8月10日から受け付けが始まって8月17日に予約分が全て売り切れたんだそうです。
その頃はちょうどアメリカ旅行中だった我が家、月餅はおろか香港さえ完全に忘却の彼方。
彼の機転にひたすら感謝したのでした。

代わり映えしない毎度毎度おなじみの奶黄酥皮月餅ですが、毎度毎度おなじみだからこそ、1回でも欠かすと落ち着かない。
来年こそはちゃんと予約しなくちゃ。
そして、できれば来年も香港に出かけて受け取れますようにshine【Kei】

▶2009年はコチラ
▶2008年は
コチラ
▶2007年はコチラ
▶2006年はコチラ
▶2005年はコチラ

嘉麟樓:九龍尖沙咀半島酒店

|

愛護動物協會×奇華餅家の月餅('10年)

100920b連続更新の二つめは、penjieさんからいただいた愛護動物協會(SPCA)の月餅。
中身は奇華の迷你蛋黄純白蓮蓉月(アヒルの塩漬け卵の黄身入り蓮の実あん月餅)です。
イラストがとても可愛い。
特に犬の笑顔がたまりませんdog
缶の横には「貓貓、狗狗、家家、齊賀中秋!」、"Have a Joyous Mooncake Festival"と書かれていました。"Mooncake Festival"って…?
さすがに動物愛護団体だけに、「月餅不建議給動物食用(Not suitable for animals)」という言葉もちゃんと書いてありました。
そういえば、亡き愛犬は卵が大・大・大好きで、月餅をすごく食べたがって困らせてくれたものでした。
健康を考えると絶対に食べさせるべきではありませんが、月餅の意味を思うと無下にもできず…で、小さ~く小さ~く切ったのを食べさせていましたっけ…。

月餅の味はさすがは奇華というか、ペニンシュラブティックの迷你双輝月よりずっとおいしかった。
イラストが可愛い缶は、小物入れとして早速活躍中ですwink【Kei】

奇華餅家:http://www.kee-wah.com.hk/

|

奇華餅家の四星奶皇月('10年)

100920a休日の今日も連続で更新します。

一つめは毎度おなじみの奇華の四星奶皇月です。
今年は、
✤迷你蛋黄奶皇月(カスタード)
✤迷你綠茶奶皇月(緑茶)
✤迷你黒芝麻奶皇月(黒ゴマ)
✤迷你芒果味奶皇月(マンゴー)
朱古力(チョコレート)が消えて、蛋黄(カスタード)が代わりに入りました。

定番路線に戻ってしまったのは少々拍子抜けですが、全く変更のなかった一昨年から去年に比べたら、変更があっただけでも良しとしましょう。
残る3種類は全く同じ。

新顔の蛋黄はペニンシュラブティックの迷你奶黄月餅に比べたら、卵独特の味は弱め。
割合抵抗ないと思います。
綠茶(緑茶)はともまく、やや安っぽい味の芒果(マンゴー)もスーパーやコンビニのマンゴープリンにすっかり慣れてしまっているので、「まぁこんなものね」と受け入れてしまう私です。
一押しはやはり黒芝麻(黒ゴマ)で、おいしいし身体にいいのではないかと何となく感じてしまいます。
全体的に甘さもスッキリしていていずれも日本人好みの味で値段も手頃ということで、我が家としてはおすすめな月餅です。

どうでもいいことですが、月餅のポスターのエリック・ツァン(曽志偉)が大口でなくなってしまったのは残念でしたcatface【Ham】

奇華餅家:http://www.kee-wah.com.hk/

おまけ*************************************************************
今年の奇華の月餅の広告です。
ここ数年、MTR金鐘駅で必ず見ることができるので嬉しい。
今年は知らないおねえさんも登場していました。
 100920plus2  100920plus1

|

ペニンシュラブティックの迷你双輝月

100919b連続更新の二つめです。

毎年中秋節近くになると、香港國際機場の制限区域内にあるペニンシュラブティック(Peninsula Boutique)で迷いに迷って買わずじまいだった迷你双輝月。
今回ついに満を持して買いました。
迷你双輝月は迷你奶黄月餅(カスタード月餅)と迷你蛋黄金黄蓮蓉月餅(アヒルの塩漬け卵の黄身入り蓮の実あん月餅)が4個ずつ、個別に包装されて入ったものです。

迷你奶黄月餅はいつぞや食べたあの月餅を思い出す味ですが、こちらの方が少し卵独特の味が強い気がしました。
鹹蛋黄(アヒルの塩漬け卵の黄身)の風味に敏感で苦手な人はちょっと気になるかもしれません。
迷你蛋黄金黄蓮蓉月餅は伝統的な月餅。
鹹蛋黄は1個入っていました。
味は、とにかく甘ーい!
蓮の実あんの独特の風味が影を潜めるほど、ひたすら甘かった。
濃い目のコーヒーをいれておいたのは正解でした。

これでHK$238。
月餅の相場は総じて高いという理屈はさておき、我が家の好みから言えば1回買えば十分でしたthink【Kei】

The Peninsula Boutique:http://www.peninsulaboutique.com/

|

源吉兆庵の日式月餅

100919a中秋節が迫っているのに、1日1回の更新では月餅ネタを紹介しきれない!
というわけで、今日は連続で更新します。

まずは一つめ。
源吉兆庵は香港のみならず、先月ロサンゼルスのスーパーでも見かけましたので、どうやら海外進出に力を入れているようです。
崇光百貨公司の地下にある支店で、「日式月餅(日本式月餅)」と銘打って売ってたのを「目先が変わってて面白いかも?」と買ってみました。
「栗子(栗)」と「水果(フルーツ)」と、パイ生地に抹茶あんにクルミの入ったものの3種類です。

味は、ごくごくフツーの和菓子屋さんのお菓子という感じ。
栗あんを月に見たてるアイデアはいいかもしれませんが、発想がフツーなのがつまらない。
やっぱり月餅はブログのネタにもなるし香港製の方が面白いと思いますcoldsweats01【Kei】

源吉兆庵:http://www.kitchoan.com

|

カプセルトイNo.7@香港各所

  100918
食べられない月餅なのに、とても心の和む月餅は全部カプセルトイ。
例によってpenjieさんからのいただきものですheart02
これをいただいたのが去年の11月。
1年遅れで晴れて見せびらかし…もとい、ご紹介と相成りました。

penjieさんにはいままでいろいろなシリーズのカプセルトイをいただいていますが、今回の香港旅行でも3つのシリーズのカプセルトイをいただいてしまいました。いずれも全種類揃っています。
早速ご紹介したいところですが、それは後日改めて。

というのは、中秋節まであと5日しかないのに我が家には食べられる月餅があと6種類もあることに気づいてしまったから。
中秋節までに何が何でも全部ご紹介せねばなりませぬ。

というわけで、月餅ネタ、続けます。【Kei】

|

美心の冰皮月餅('10年)

100917美心集團(Maxim's Group)の冰皮月餅です。
去年と同じく今年も3種類を購入しました。

今年の「新口味(新しいフレーバー)」は魔鬼脆脆DEVILと天使白朱古力脆脆ANGEL。
いずれもチョコレートのフレーバーで、DEVILがブラックチョコレート、ANGELの方がホワイトチョコレートで、中に
チョコレートでコートされた米菓子の「脆脆」なる小さな粒が入っています。
ネーミングにはちょっと無理があるとは思いますが、普通においしく食べられます。
魔鬼脆脆は想像したとおりのおいしさでしたが、意外においしかったのが天使白朱古力脆脆。
ミルクっぽい風味と緑豆のあんを上手に融合させているという印象でした。

「新口味」かどうかわかりませんが、感心したのは港式奶茶(香港式ミルクティー)です。
香りがよく、この冰皮との相性もいい。
要冷蔵というハードルはありますが、万人受けしそうな気がします。

大班と食べ比べてみて、皮のモチモチ感は大班の方が上で好みの分かれるところ。
Keiは美心、私は大班の皮の方が好きです。

それにしても大班と競っているのでしょうが、毎年いろいろなフレーバーを出してくれるので、来年も楽しみですheart04【Ham】

▶追加購入分はコチラ

美心冰皮月餅:http://www.maxims-snowy.hk/index.php

|

龍島の紫月銀光朱古力月餅禮盒

100916中秋節限定の龍島(Lucullus)のチョコレートです。
去年は目新しさが感じられなかったので買わなかったのですが、今年もさほど目新しさを感じなかったのに買ってしまいましたmoneybag

買ったのは紫月銀光朱古力月餅禮盒。
いろいろな風味のチョコレートの詰め合わせです。
ブラックカラント・コーヒー・マンゴーなど11種類のフレーバーだそうですが、別に特色があるフレーバーというわけでもありません。
見た目としては、月餅ウサギの形のチョコレートが入っているのがこの季節ならでは。

これでHK$218といいお値段。
12個入りなので1個約HK$18.2。
茶餐廳の早餐(朝食セット)が何回食べられるんだか…と考えるのは野暮というものですねthink【Kei】

龍島:http://www.lucullus.com.hk/index.asp

|

スタバの鴛鴦忌廉星冰樂&奶茶忌廉星冰樂

100914香港で、スタバ(STARBUCKS COFFEE)のコーヒーをあえて飲む必要はさらさらありませんが、香港とマカオのスタバ限定の鴛鴦茶(コーヒーと紅茶をミックスした飲み物)や奶茶(ミルクティー)となると話は別。
それも夏向きに鴛鴦忌廉星冰樂(Yuen Yeung Frappuccino Blended Cream)と奶茶忌廉星冰樂(Milk Tea Frappuccino Blended Cream)です。

今回は朗豪酒店に宿泊したので、最寄りのスタバは朗豪坊の中。
ところがさすがは人の集まる旺角、いつも混んでいて到底席を確保できるような状況ではありません。
ふと思い立って午前中に出かけてみると、まだ客は誰もいなくて、これならゆっくりできます。

茶餐廰で出てくるのと比べたら、ベースはいかにも洋風(?)の鴛鴦茶と奶茶。
鴛鴦茶は"Milk Tea with a shot of Starbucks espresso"だそうな。
香港ならではのスタバの味もまた格別というものgood

ところで、何やらポスターの写真にはない黒いものがコップの底にありました。
Keiが言うには「ゼリーを入れておきますか?」と尋ねられたので「お願いします」と答えたとのこと。
それは柔らかいコーヒーゼリーしかも無料でしたが、後から考えてみると、どこにもそんなサービスをするなんて書かれていません。
あれは何だったのでしょうか?
よくわからないけど、ゼリーの食感も楽しめるのでこれはおすすめです。

なお、「供應期有限(Limited Time Offer)」となっていましたが、具体的にいつまでなのかは不明です。
ポスターの"ESCAPE THIS SUMMER"を信じるならば、夏季限定。
果たして香港の夏はいつまでなのか?
まだ暑い日本と比較して、思わず考え込んでしまいました。【Ham】

STARBUCKS COFFEE:http://www.coffeeconcepts.com.hk

|

ニャチャンへの出張

1009132004年から2005年にかけて、わずか数時間の滞在を含めて何度かベトナムへ行きましたが、ニャチャンは憧れの土地でした。
何もない鄙びた漁村にできた静かなリゾート地。
まぁ要するにドタバタが好きな我が家とは縁のない場所のはずでした。

ところがこの静かなはずのニャチャンが、2008年のミスユニバースの世界大会をきっかけにリゾート開発が進み、ホテルがニョキニョキと建設されているという有様です。
おかげでどういうわけか、そのニャチャンにも取引先の事務所ができてしまい、このたびとうとう出かけることになってしまいました。
およそ仕事とは無縁のリゾート地への出張というのは、2006年のサントリーニ島以来のこと。
今回は短い滞在なだけにのんびりできないというのが残念です。
たいして観光するような場所もないし、買い物を楽しむ場所もない。
急速に開発が進んではいるものの、いまだのんびり過ごすための場所でした。

雨期の始まりということで到着した日の翌日の夕方は雨でしたが、全般的に天気は良好で酷暑の日本よりはずっと過ごしやすい。
ちなみに日本人は帰りのホーチミンシティ行きの飛行機で若い夫婦が一緒だったのを除いて、ついぞ見かけることはありませんでした。
何もない場所でのんびり過ごすというのは、日本人にはまだあまりなじんでいないような気がしました。【Ham】

|

機内食 HKG-SGN@VN('10年9月)

100912私の乗ったCX1763というのは、ベトナム航空とのコードシェア便で、香港での乗り継ぎ時間が短いというのが長所と言うか、逆にゆっくりできないという意味においては短所と言えるかもしれません。
機材は古く、例によってオンボロシート。
エコノミークラスでもちゃんとしたメニューを配ってくれたので、機内食だけはキャセイ航空とは少しちがうだろうと期待していました。

メインディッシュの選択肢は2種類で、"Roast fish with Korean hot spicy sauce以下長すぎるので省略"と"Spaghetti bolognise, tomato sauce, granted fresh Parmesan cheese"。
辛いソースの焼き魚とボローニャ風スパゲティです。
「ボローニャ風」というのは本当は"Bolognaise"のこと?
これはいわゆるトマト味のミートソースで味の想像はつきます。
リスクを少なくするとしたら間違いなくこちらでしょう。
しかし、皆様の期待に応えるためにもリスクの大きい魚の方を選択しました。

"Korean hot spicy sauce"というのは、確かに辛いけれど果たしてこれが韓国のコチュジャンを元にしたものかは不明。
残念ながら私の味覚では魚に合うソースとは思えませんでした。
魚はタラですが、やや臭みがあるというのは問題です。

サラダについていたドレッシングはバルサミコ酢とオリーブオイルを合わせたもので、これは本当においしかった。
果物もおいしかった。

食後のコーヒーはコーヒーの産地であるベトナムだけに期待していましたが、明らかなインスタント。
ちょっとガッカリした機内食でしたdespair
ちなみにメニューは後で回収されましたcoldsweats01【Ham】

|

大班麵包西餅の迷你孖装冰皮月餅

 100909a  100909b
時系列からいくとアメリカ旅行のネタを先に書くべきですが、旬のネタを古くさせてもいけないので、まずはこちらからpencil

「冰皮月餅=大班」と言われるくらい香港では有名だと我が家が勝手に思い込んでいる大班麵包西餅の冰皮月餅です。
今年は、冰皮迷你嚒嚒喳喳綠荳蓉(マレーシア風お汁粉)、冰皮迷你芝士荳蓉月餅(チーズ)、冰皮迷你焦糖咖啡綠荳蓉月餅(カラメルコーヒー)の3種類を買いました。
馬來咖喱(マレーシア風カレー)にも激しく惹かれましたが、自称保守的な我が家は断念。
一番抵抗のなさそうな抹茶紅荳(抹茶小豆)は早々と売り切れというから驚きです。

冰皮月餅は緑豆のねりきりとフレーバーの組み合わせが成功しているかどうかが評価の分かれ目だと思うのですが、何年も食べていると最初こそ多少の違和感を覚えたものの、最近は何の抵抗もなくなってしまって、我が家の味覚も随分といい加減なものだと実感します。
これらの3種類の冰皮月餅も「ふ~む、悪くないね」で終わりでした…あ~あcoldsweats01
強いて言えば、ココナツ・小豆・タロイモの風味が効いていた嚒嚒喳喳がよかったかなぁ。
アイデアが一人歩きすることなく、味もちゃんとついていってたと思います。

毎年いろいろなフレーバーを考え出す企業努力には感心することしきり。
「冰皮月餅全港銷量No.1」のプライドを賭けて、来年はどんなフレーバーが出てくるのか楽しみです。【Kei】

大班麵包西餅:http://220.241.149.244/ct/

|

機内食 NGO-HKG@CX('10年9月)

100908「9月からデザートが復活するらしいですよ」というキャセイ航空で客室乗務員をしている後輩から情報を得ていましたear

で、乗ってみたらこんな感じでした。
メインディッシュの魚はいつぞやの機内食とソックリというか、正直言って同じですが、付け合わせが切り干し大根の煮物にニンジンとインゲンと蓮根の煮物と、一段と豪華になっていました。
いつぞやの機内食なんかニンジンとインゲンを文字通り放り込んだだけだったのに、いや、前回の機内食と比較しても、ちがいは一目瞭然です。
蕎麦ならぬ素麺が復活しているし、後輩の言ったとおりデザートも復活していました。
デザートはとても安っぽい味のマンゴープリンでしたが、考え方によってはあるだけマシというもの。
全体的に失礼ながら「エサ」に限りなく近かった機内食から「食事」に近い機内食に変わったという印象を受けました。

本当は鶏肉もあったんですが、早々と在庫切れ。
ブロガーの端くれとしては両方のメインディッシュを試したかったのに残念無念。

…ということで、今日から香港経由でベトナムへ出張に出かけたHamに、機内食は鶏肉料理を選ぶように厳命しておきましたbleah
もう一方のメインディッシュについては後日ご紹介しますrestaurant【Kei】

追加情報***********************************************************
100912plusなぜか1週間も経たないうちに先週の香港旅行の時と同じキャセイ航空533便に乗っていました。
機内食のメインディッシュはKeiの厳命でイヤイヤながら鶏肉を選択しました。

鶏肉を醤油味で甘辛く味付けしたものですが、ちゃんと皮がついていて私の苦手なものでした。
付け合わせのブロッコリーとパプリカは、機内食だけに当然フニャフニャになっていて、食感はダメですが味はマシ。
鶏肉に抵抗のない人なら、エコノミークラスの機内食としては合格水準の内容ではないかと思いますok【Ham】

|

月餅買い出し 任務終了

  100906
今年もまた月餅を仕入れてきました。
買いたいと思っていて手に入らなかったものがあった一方で、想定外のいただきものがあったおかげで、ちゃんと数えていませんが、多分9種類の月餅が集まりました。
penjieさんぶさん、素敵な月餅をありがとうございました。

食べ歩きの方は、2泊3日の短い滞在でしたが、新規開拓の店を含めてそれなりに収穫がありました。
胃袋を貸してくださったpenjieさん、ぶさん、のぶさん、キャセイ航空で客室乗務員をしているKeiの後輩のTさん、Hさん、どうもありがとうございました。

今回の旅行で仕入れた月餅は、先月のアメリカ旅行のネタと並行しつつ追々ご紹介していきたいと思います。
よろしくお付き合いください。【Ham】

|

毎年恒例時期限定買い出し旅行

  100904
中部空港の出発フロアで見かけたドアラの看板に見送られて、毎年のこの時期恒例となりました買い出しに行ってきます。
Hさん、待っててちょーairplane【Kei】

|

アウトレットモールでの収穫No.6@ラスベガス

100903ラスベガスでも行ってきました、アウトレットモール。
今回の収穫は割合おとなしめ?

Hamのポロシャツは2枚ともちょっと派手な色になってしまいました。
「ボクは可憐だから薄い色が似合うのに~」とゴネていましたが一切無視です。
実はこういう色って旅行先だととっても便利。
人混みの中でもすぐに見つけやすいんですよね。

というわけで、とりあえず明日実験してみますwink【Kei】

CHELSEA PREMIUM OUTLETS:http://www.premiumoutlets.com/

|

アメリカにおける地名のつけ方?

ロサンゼルスからラスベガスへ向かう車の中、窓から見える見慣れない景色に長いフライトの疲れも忘れて飽かずに眺めていましたeye

100902aふと道路標識を見ると、Main StreetにGrand Boulevard。

100902b何という安直な地名だと思っていたら、今度はGhost Town Road。
う~ん、ちょっとふざけすぎ?

100902cお次はField Road。
どうやらやる気がなくなってきたらしい。

  100902d
トドメはZzyzx Road。
何を考えているのだろうか?
誰か読み方を教えて~wobbly【Ham】

|

機内食 NRT-LAX@JL('10年8月) 後編

100901成田-ロサンゼルスの2回目の機内食は朝食。
到着する約2時間前に出ます。
味は推して知るべしcatface
経営再建中のJALの、しかもエコノミークラスの機内食ですから期待する方が間違っていますが、もう少し工夫のしどころがあると思うのですが…。

到着したら間もなく昼食。
大妹家族と何を食べようかと思いをめぐらせながら、「これもブログのネタなのよ」と気分が下がる朝食をつついてみるのでありました。【Kei】

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »