« 『米芝蓮指南香港澳門2011』偏見的速報 | トップページ | 翠華餐廳の雜菜炒公仔麵 »

通記麵食專家の魚角麵

101205亞皆老街から女人街に曲がってすぐのところ、露店の影になっていてちょっとわかりにくいところに目指すお店がありました。
お目当ては魚角麵noodle
魚のすり身を棒状にして揚げて薄切りにしたのが「魚片」で、その両端の切り落とし、つまり端っこが「魚片頭」。
ここではそれを「魚角」と呼んでいます。この呼び方が一般的かどうかは不明です。
そしてその端っこだけを入れたのが魚角麵。
巻寿司やトンカツの端っこが好きな私としては素通りできません。
もともと魚蛋麵(魚のすり身団子のせ麺)など魚のすり身を具にした麺が好きな上に、ワタクシ的に一番おいしい部分だけをのせた麺なんて幸せすぎですlovely

創業は1957年となかなかの老舗。
メニューに「選用豬骨地魚湯底」、「全部自製絶非行貨」とありました。
化学調味料はしっかり使っているようですが、この魚角麵はとても魅力的。
旺角界隈での持ち駒が一つ増えましたgood【Kei】

通記麵食專家:九龍旺角通菜街89號

|

« 『米芝蓮指南香港澳門2011』偏見的速報 | トップページ | 翠華餐廳の雜菜炒公仔麵 »