« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

粤江春の翡翠臘味炒飯

110228早いもので2月も今日で終わり。
本格的な春を前に、冬の名残りにコチラをご紹介。

香港旅行の最終日の昼食に行くところがなくて、ホテルから近いという理由だけで選んだのが朗豪坊の粤江春。
そしてたまたまシメに選んだのが翡翠臘味炒飯。
選んだ理由は、冬の味覚の「臘味(腊味)」が入ってたから。
臘味は腸詰めや干した肉のことですが、たいていは中国サラミとか中国ソーセージとか言われる「臘腸(腊腸)」であることが多く、このチャーハンにも細かく切った臘腸が入っていました。
嬉しかったのが、「翡翠」が豆苗(エンドウの若芽)だったこと。
これも秋から冬にかけての味覚です。
たいていチャーハンに入っている青野菜は菜心(サイシン)とか芥蘭(ガイラン)だったりするので、いい意味で期待を裏切られましたdelicious
二つの冬の味覚の組み合わせもさることながら、「不落味精(化学調味料不使用)」のおかげで香港旅行の最後の食事の大トリにふさわしい一品になりました。
いや~おいしかった!
4年ぶりの粤江春、見直しました。
気をよくして美心集團の他のレストランも試してみようと思っていますhappy01【Kei】

粤江春:九龍旺角朗豪坊3樓

|

小巴 香港で一番スリルのある乗り物

110227香港にはいろいろな特色ある乗り物があって、乗り物に興味のある人にとっては香港内をまわるだけできっと楽しいのではないかと思います。
そんな中で手に汗握るスリルを最も味わうことのできる乗り物が小巴(ミニバス)ですbus

小巴にも2種類あって、路線バスのように運行するのが緑色、スタートとゴール以外は適当なところで乗降できる「乗合ジャンボタクシー」とも言うべきのが赤色のものです。
楽しいのは、小さい路線バスに過ぎない緑の方ではなく、赤い方。

何しろ停留所がないし必ずしもどこを走っていくのか知っているわけではないので、降りる場所は周りの景色から自分で判断して、「有落!唔該!(降ります)」と大声で運転手に声をかけなければならず、乗っている間じゅう緊張しまくり。
行き過ぎたり考えていたのと少しちがう場所へ行ってしまったり、という憂き目にしばしば遭いますcoldsweats02

おまけに、ものすごい勢いで加速していったかと思うと、急にハンドルを切って追い越しをかけるだの曲がるだのと、小巴に比べたらずっと小型で機動力の高そうなタクシーさえ軽くぶっちぎっていくというものです。

写真は小巴の中に表示されている速度計。
夜なので暗くてひどくブレてしまいましたが、一般道の少し直線があっただけでこのスピードです。
強引な割り込みも得意技。
たいていの車はシブシブ小巴に道を譲っているような気がします。

ある香港人は赤い小巴だけは怖くて乗れないと言ったとか言わないとか…。
私たちはと言えば、最近は九龍城へ出かけるのに往復とも小巴を使っているという状況です。

慣れると便利なんですが、慣れなくても手に汗握るスリルを味わえるという点で、ある意味楽しい乗り物ですhappy01【Ham】

|

コスコのロティサリーチキン

110224コスコ(COSTCO)で見て買いたいと思いつつも、観光客という立場とその大きさゆえ買うのを諦めていた念願のロティサリーチキンhappy01
大妹家族の家に厄介になっていた時、大妹家族という強力な助っ人のおかげでやっと買うことができました。
コスコのハウスブランド、"KIRKLAND"のもの。
ラベルには"Seasoned Rotisserie Chicken"と書いてありました。
丸鶏の質は普通ですが、味付けが濃すぎず薄すぎず、シンプルな味が好みでしたdelicious

しかし、大人4人と子供1人の力をもってしてもやはり一度で完食するのは無理でした。
翌日、骨を外してチキンカレーに化けましたが、シンプルな味が幸いして違和感なくおいしく仕上がりました。
楽しい思い出の詰まったロティサリーチキン、願わくばまた買う機会がありますようにheart02【Kei】

COSTCO:http://www.costco.com/

|

正しいマッサージを求めて@香港各所

香港における間違った日本語表記の代表格がマッサージ屋の看板ですcoldsweats02

110223a「マツサーヅセソター」
この「ジ」→「ヅ」、「ン」→「ソ」というのは、非常に多く見かける間違いの例です。

110223b 「マッサーッソ」
少し変形した例ですが、どう発音したらよいのでしょう?

110223c 「ポデイーマシサーヅ」
可愛らしい響きですhappy01

110223d 「つぼマサージ」「シボマシサーシ」
同一の看板でありながら、少しずつ変形させるという高度な技です。

110223e 「つばマッサージ」
惜しい!
「ッ」の位置が変ですが、「マッサージ」としては正しい。

110223f 「マッサージ」
とうとう正確な表記を見つけました。
しかしね~どこを揉みほぐしてくれるのでしょうか?

ちなみに私は香港でマッサージには行きません、念のためwink【Ham】

|

マックカフェの橘子朱古力林明頓

110222ラミントン(Lamington、中国語表記は「林明頓」)が大好きなので、今回(1月)の香港旅行でもマックカフェ(Mc Café)を覗いてみました。
そしたら新製品がありましたhappy01
橘子朱古力林明頓蛋糕(オレンジチョコレートラミントン)です。
早速食べてみましたが、う~ん、あまりに人工的な味despair
これはあんまり好きじゃないなぁ。
次回の香港旅行を期待しましょうthink【Kei】

麥當勞:http://www.mcdonalds.com.hk/

|

洗濯屋の犬@銅鑼灣

  110221a
夜の銅鑼灣を歩いていたら洗濯屋さんに犬がいましたdog
洗濯屋さんの犬なのに黒というところがイイ。
でも夜に黒い犬って顔がよくわかりません。

  110221b
ズイッと近づいてみたらうまく撮れました。
でも耳が下がってるよ…もしかして怯えてるかもcoldsweats01【Kei】

|

癒しを求める猫@尖沙咀

110220a夜の尖沙咀を歩いていると、歩道の上の庇に猫がいましたcat
マッサージの看板を見ながら、「いいなぁ。私もやってほしいなぁ」なんて思っているみたい。

110220bよく見たらなかなかの美猫でした。
一日中働いて、この猫も癒しがほしいのかもしれませんwink【Ham】

|

ドアマン@半島酒店

  110219
このホテルは我が家とは相性が悪いので、何事につけイジワルな見方をしてしまうのですが、この風景だけは文句なしに素敵だと思いますshine

そういえば香港のホテルのドアは手動のところが大部分。
改めて考えるとちょっと不思議な気がします。【Kei】

|

満福樓の星州炒米

110218a ピリ辛が大好きなKeiの後輩Tさんの好きな麺類と言えば、星州炒米(シンガポール風ビーフン)です。
カレー味のこのビーフンが果たしてシンガポールにあったのかどうか怪しいのですが、この庶民的な料理を楽しむのならば、やはり下町のレストランでしょうconfident

でも下町のレストランでは値段が安いことと引き換えに、材料の質がいまひとつだったり調理も雑だったりすることがあります。

私たちがお気に入りの満福樓は、ホテルレストランのくせに(?)高級な料理ではなく普通の料理が得意なと思うレストランです。
試しに星州炒米を注文してみたら、これがベラボーに旨い。
それほど星州炒米を食べ歩いたわけではありませんが、こんなに旨いと思ったことはなかったと思います。
ホテルレストランならではの材料と丁寧な調理に庶民的な力強さが両立した満福樓ならではの出来栄えでしたdelicious

110218b その興奮を再びとばかりに、翌日には某レストランガイドで三つ星に輝く某店でも星州炒米を注文。
迂闊にも気づいた時には分配された後で、皿に盛られた状態がどうであったのかはわかりません。
そして、味の方は上品を通り越してほとんどカレーの味がしないという代物でしたdespair
材料は満福樓以上に選りすぐったものを使っているのはわかるのですが、やはりこの店にはこんな庶民的な料理は合わないようです。

また一つ勉強になりましたthink【Ham】

滿福樓:香港灣仔萬麗海景酒店

|

旧正月百景@香港各所('11年)

今日は元宵節。
旧正月も今日で終わりなので、慌てて旧正月のネタを放出します。
まずはキャセイ航空のサイト。
旧正月前から今日までこんなデザインでしたpc
110217o

今回の宿泊先も朗豪酒店。
朗豪坊の飾りつけはとても可愛かった。
でもあまりの人混みに営業時間内での撮影を断念し、早朝を狙って出直したのでした。
  110217a

 110217e  110217f

 110217d 110217b 110217c

海港城はこんなふう。
クリスマスに比べると人出もいまひとつcatface
  110217j

どこを見てもどこを歩いても旧正月らしい雰囲気満載。
何だかワクワクしてきますheart02heart02heart02
 110217n  110217g

 110217h 110217i 110217k

 110217q 110217u 110217r

 110217l 110217p 110217m

 110217y 110217t 110217z

 110217v  110217x

今回一番素敵だったのは置地廣場と歴山大廈で見た飾りつけlovely
生花をふんだんに使ったウサギ、とーっても可愛かった。
ニンジンも本物。
  110217s

  110217w

空港は去年と変わらないような感じでした。
  110217aa

香港はいつ行っても楽しいけれど、やっぱり旧正月前が一番楽しいと実感する我が家でしたhappy01
来年の旧正月は1月23日。
オーケストラの練習日に当たりませんように。
ついでに指揮者の来団日にも当たりませんように。【Kei】

|

旧正月電飾散歩@尖東('11年)

「クリスマスとあまり変わっていないだろうなぁ」と思いつつ、また性懲りもなく、尖東の旧正月の電飾を見てきましたcamera

110215a新文華中心のリサイクル率は60%。
メインのウサギ2匹は完全にクリスマスのままで、クリスマスツリーを正月飾りに変えただけ。

110215b東海商業中心のリサイクル率は高くて70%。
サンタクロースが少し着替えをして財神(富の神様)になっただけ。
それにしても、プレゼントがお金に化けたのがどうしてもUFOに見えてしまうのは目の錯覚でしょうか?
Keiが横で「これって『元寶』のつもりじゃないのかい?」と呆れていましたgawk

110215c南洋中心のリサイクル率も70%。
エコロジーですね。
もちろんサンタクロースは着替えているはずなのですが、そのちがいが実にわずかでしかない。
"Merry Christmas"の中国語訳が「恭賀新禧」なのかと一瞬勘違いしてしまいそうです。

110215d富豪九龍酒店は割り切っていて変更なし。
リサイクル率100%。
このデザインなら365日電飾をやっても大丈夫ですねok

110215f帝苑酒店は一部分しか見ていないのですが、サンタクロースがウサギに変更という大幅な修正です。
リサイクル率10%。

110215e帝國中心はトナカイがウサギに変身。
リサイクル率60%。

110215g尖沙咀中心のトナカイはウサギに変身してソリは船に変身したようです。
財神になったサンタクロースは帽子を変えただけで、相変わらず手袋をしているしプレゼントを運んでいます。
リサイクル率70%。

110215h好時中心は"Merry Christmas"が「年年有餘」となり、トナカイがコイに変わりました。
リサイクル率50%。

110215i永安廣場はサンタクロースがウサギの財神に変身。
リサイクル率70%。

例年クリスマスの電飾からわずかな修正に留めている尖東の電飾ですが、エコロジーがキーワードなのでしょうか?
最近はさらにリサイクル率が高くなったような気がします。
予想していたとおりと言えばそのとおりですが…。

そんな中で大幅な変更を行った帝苑酒店に拍手shine
シンプルなデザインとともに好感度ナンバーワンです。【Ham】

|

奇華餅家の亞嫲糖年糕

110215plus奇華餅家の年糕はいろいろな種類がありましたが、今回買ったのは亞嫲糖年糕。
「亞嫲糖」とはきび砂糖みたいなものでしょうか?
とにかくココナツやショウガなどが入っていなくて、いわゆる砂糖の甘さだけ。
蒸してみたら案の定単調な味だったのでフライパンで焼いてみたらOKでしたok
奇華にはいろいろな種類の年糕があったので、もしまた機会があったら他の年糕を試してみたいと思います。【Kei】

奇華餅家:www.kee-wah.com.hk/

|

旧正月仕様のモルティーザーズ

110214a普段見慣れたお菓子も旧正月には旧正月仕様のパッケージで売っていて楽しい。
以前はm&m'sに感激しましたが、このモルティーザーズ(Maltesers、中国語表記は「麥提沙朱古力」)は一つだけウサギの形のが入っているのですlovely
しかも「兔年笑口常開」なんて書いてあるし。
パッケージに惹かれて買うのはこれで今回の香港旅行中で何回目でしょうか?

それにしてもビックリしたのは、大きな箱の中に小袋入りのものが8個と"Chocolate Bunny"というウサギの形のが1個だけしか入ってなかったこと。
思わず箱の中にもっと入ってるんじゃないか調べてしまいましたが、案の定空っぽ。
いやはや、ラ・メゾン・ドゥ・ショコラどころではない過剰包装でしたcoldsweats01
香港でもエコロジーが浸透してきましたが、旧正月のお菓子の過剰包装はエコロジーとは関係ないようですねcatface

今日はバレンタインデー。
ウサギの形のチョコレートをHamに渡して終わりなワタクシです。
だって希少価値があるもんねbleah【Kei】

|

東海堂の玉兔迎春年糕

110212可愛い形に惹かれて見た目で買ってしまいましたlovely
ココナツ味の年糕ということですが、ココナツの風味はいまひとつ。
縁起モノかつ季節モノってことで納得です。
ちなみに年糕はフライパンで焼いて食べることが多いのですが、こちらは蒸して食べました。
食べながら卯年らしくウサギにちなんだ言葉を考えてみましたが、真っ先に思いついたのが「我が家はウサギ小屋」sign03
そう言ったらHamに苦笑いされました。でも否定しない。【Kei】

東海堂:http://www.mangocake.com

|

龍島の十二生肖賀年禮盒

  110210
龍島(Lucullus)で見つけた干支のチョコレートです。
限定品に弱いので、値段を見ないことにして購入。

入っている14個それぞれフレーバーがちがいます。
✤Dragon-Milk Truffle(外側はダークチョコレート)
✤Snake-Dark Truffle(外側はダークチョコレート)
✤Horse-Dark Almond Praline
✤Sheep-Pumpkin Seed Green Tea Chocolate
✤Monkey-Milk Truffle(外側はホワイトチョコレート)
✤Rooster-Milk Oat Crispy Chocolate
✤Dog-Dark Truffle(外側はストロベリーチョコレート)
✤Pig-Strawberry Chocolate
✤Rat-Dark Raisin Hazelnut Chocolate
✤Ox-White Truffle
✤Tiger-Milk Rice Crispy Chocolate
✤Rabbit-Cranberry Yogurt ChocolateとDark Hazelnut Praline
✤Kun Hei Fat Choi-Dark Chocolate

味はフツーにおいしいんですが、オーケストラで親しくしている仲間内で配ったら大好評。
ワイワイ楽しめるという付加価値を考えれば、シビれるお値段も納得ですok【Kei】

龍島:http://www.lucullus.com.hk/index.asp 

|

福臨門魚翅海鮮酒家の鮮茄扒油浸星斑

110209b石斑魚(ハタ)つながりでもう一つ。

瓜子斑のもう一方の選択肢、我が家がナントカの一つ覚えのように食べている「東星斑」というハタを使った鮮茄扒油浸星斑。
恐る恐る値段を聞いてみたらば、6人で食べるのにちょうどいい大きさでHK$1090。
値段を聞いてビビりました。
でも、福臨門で時価の料理を注文する時には相当の覚悟をしなくちゃいけませんよねthink

俗っぽい言い方になりますが、「魚の甘酢あんかけ」みたいな感じ。
丸揚げにしてトマトを入れた甘酸っぱいあんをからめていますが、ほのかな梅の香りがするところがミソ。
目先を変えて、たまには(もちろん値段的にも)こういう食べ方も面白いかもしれません。

改めて伝票を見たら「跟涼瓜轉蕃茄」と書いてありましたので、どうやら本来は涼瓜(ニガウリ)を使う料理らしい。
夏にでもデフォルトの涼瓜扒油浸星斑を注文してみたいもの。
だって、最後まで注文に消極的だった誰かさん、お皿が来た途端に先頭切ってゴッソリ身を取っていっちゃった。
もう一度しっかり食べてみないと気がすまない心の狭い私ですcoldsweats01【Kei】

福臨門魚翅海鮮酒家:九龍尖沙咀金巴利道53-59號

|

清蒸石斑の新しい選択肢 瓜子斑

110209a11月の香港旅行の時にアメリカ人のTさん、Church Ladyさん、penjieさんぶさん、キャセイ航空で客室乗務員をしている後輩と総勢7人で夕食に出かけた時のこと。
誰ともなしに清蒸石斑(ハタの姿蒸し)を注文するという話になり、店の人に適当に選んでもらったのが、この「瓜子斑」。
いつぞや黒っぽい色の石斑魚(ハタ)を食べたらあんまりおいしくなくて、以来、清蒸石斑を注文する時はナントカの一つ覚えのように「東星斑」ばかりを注文している我が家としては目からウロコの新しい発見でした。

正確な値段を失念しましたが、地元の人向けの小汚い店なので、それほど高くないはず。
清蒸石斑を注文する時は、今後は瓜子斑も選択肢の一つにしようと思います。

ちなみにこの清蒸石斑、白いご飯とともに身はもちろんのこと、皮を愛するpenjieさんとネギを愛するぶさんによって最後には骨だけになり、魚冥利に尽きるとハタに嬉し泣きしてもらえそうなほどキレイに食べてしまったのでしたfish【Kei】

祥正飯店:香港灣仔寶靈頓道永德大廈地舖

|

嘉頓の利是糖&脆皮椰子糖

110208b旧正月が近づくと、スーパーでは赤や金など派手なパッケージのキャンディやチョコレートがいっぱい並んでいて目がチカチカしてしまいます。
この季節の限定品と思われる利是糖と脆皮椰子糖。
旧正月以外に目にしたことがありません。

利是糖は「利是(お年玉)」と大きく書いてあるので、ご愛敬に渡すのに使うのかしら?
味は○チゴミルク味。
中心が超固いので要注意です。
脆皮椰子糖は表面が割合パリッとしたキャンディで、やはり中心が超固いので要注意。
味は文字通りココナツ味です。

利是糖はともかく、せめて脆皮椰子糖だけでも普段でも手に入らないかと探してみたのですが、ついぞ見つけられず。
そのくせ1袋ずつしか買わなかったので、私ときたら本当に間が抜けていますcoldsweats01【Kei】

|

ラ・メゾン・デュ・ショコラの旧正月限定チョコレート

110208aラ・メゾン・デュ・ショコラ(La Maison du Chocolat)は中秋節に素敵なチョコレートを出していたので期待していたら、旧正月も出していました!
"Chinese New Year Koi Fish Limited Edition"というチョコレートですshine

リボンを取ってしまったら「コイ」というより「フナ」と言った方がいいようなおとなしさ。
すっごい過剰包装です。
しかもチョコレートの中身は空洞だしgawk

でもさすがはラ・メゾン・デュ・ショコラ、味はやはりおいしゅうございましたdelicious
限定モノに弱い我が家の心をくすぐってくれるラ・メゾン・デュ・ショコラ、限定品が出たら両目をつぶって買うと思いますmoneybag【Kei】

La Maison du Chocolat:http://www.lamaisonduchocolat.com/

|

小さな用心棒たちの仁義なき戦い?@旺角

110207e金魚街を歩きながら、売られているいろいろな金魚や熱帯魚を見ていました。
とある金魚屋さんの店の中で、猫と犬が睨み合っているのに出くわしました。
どちらもこの店の用心棒としての役割を自認していて、お互いに牽制しあっているみたい。
もちろん、無用なケンカをして店を追い出されるようなヘマはしません。

もしかしたら、優劣は給料ならぬ餌の質で評価されるのかもしれません。
だって犬の視線が猫の餌に向いているような気がするからですeye【Ham】

|

B777-300ファーストクラスの座席@JL

 110207a  110207b

 110207c  110207d
ちょうど半年前の今日、大妹家族を訪ねてHamとロサンゼルスに出かけたのでした。
…なんて思いながらまだまだ続く、アメリカ旅行のネタ。

ロサンゼルスからの乗り換えで成田-名古屋で乗った座席がコチラairplane
国際線のファーストクラスの座席を割り当てられました。
スイート(JAL SUITE)という最新の座席ですね。
でも飲み物のサービスだけだったということもあるし、実際にJALのファーストクラスに乗れる可能性はゼロってことで現実感もないし、ちっとも嬉しくない。Hamと喋りにくいし。
確かに広いしあれこれ機能もついてるし豪華さも感じられて、それなりに設備投資をしてるんでしょうが、キャセイ航空のB777-300ERの座席に感動した身としては「ビジネスクラス以上ファーストクラス未満」という気がしました。
というか、ワタクシ的にはあのビジネスクラスに乗れるんだったらキャセイ航空の方が断然いい。
Hamも「ビンボー人にはファーストクラスは広すぎて落ち着かん!だいたいファーストクラスなんて縁がない!」…全くそのとおり。

一応JMBの会員ってこともあってJALを応援する我が家ですが、万が一じゃなくて百万が一、ファーストクラスに乗る機会があったとしてもJALは選ばないだろうなぁ。
まぁそういう結論を導き出すに至る経験をさせていただいたと思うことにしよっとcatface【Kei】

|

香港仔魚蛋粉の招牌魚蛋粉

110206夕食を食べてお茶を飲んだ後、キャセイ航空で客室乗務員をしているKeiの後輩のTさん、おなじみのJさんとHさんと5人で旺角に戻って街をフラフラとさまよい、「デザートにしようか?それとも夜食にしようか?」と、なかなか行き先がまとまりません。
結局、「小腹が空いた」ということで、目についた店へ入りました。

「香港仔魚蛋粉」という看板で、開店なのか改装してからそんなにたっていないという感じの新しい店で、結構賑わっていました。
実にいろいろな麺がある中で、選んだのは招牌魚蛋粉(魚のすり身団子のせ平打ちのライスヌードル)。
メニューの一番上にある、言うなら看板料理です。
まぁこんなものどこで食べても似たり寄ったり…と思っていたのですが、どうも味付けが何とも言えず摩訶不思議。
正直なKeiが「マズいのかおいしいのかよーわからん」と口を滑らせてJさんが爆笑していました。
「マズいのかおいしいのかハッキリさせねばならぬsweat01」と思ううちに全部食べてしまいましたが、この疑問は払拭できず。

慣れればOKなのかもしれませんが、積極的に行きたいかどうかは…(以下省略)。
ただ、24時間営業でしょうか?使い勝手だけはよさそうですcoldsweats01【Kei】

香港仔魚蛋粉:旺角花園街19號花園廣場地下

|

利是封の謎@九龍城

 110205a  110205b
今年は卯年。
香港のあちらこちらで干支にちなんだものを見ることができました。
夜に九龍城を歩いていた時のこと、雑貨屋の店頭に利是封(お年玉袋)に目が釘付けになってしまいましたeye
何と!ブタの絵中華圏ではイノシシではなくてブタなのでとともに「2007」という数字!
今から4年も前のものが、どうして堂々と販売されているのかsign02
ぶさん曰く「『2007』さえなければ、また使えるのに…」
Hさん曰く「これ面白いぞ!ブログのネタになるがや。文章は『九龍城でこんなお年玉袋を見つけました。絵だけだったらリサイクルできるのに』でどうだ?」
しかし、仮にそうであったとしても8年先のことを考えてこんなものを購入する人がいるとは思えません。
しかも、売られていたのはブタ年の利是封だけです。

何年の前の利是封がいまだに商品として売ってしまう謎。
香港にはわからないことがいっぱいですcoldsweats02【Ham】

|

間食 LAX-NRT@JL('10年8月)

110204bプレミアムエコノミークラスに乗るとオヤツをもらえますhappy01
映画をひとしきり見終わって手持ちぶさたになる頃合いを見計らうようにして配られました。
この配るタイミングといい声のかけ方といい、そういう配慮は日系航空会社と思わせるもの。

配られたパウンドケーキとアイスクリームはどうということはないけれど、食欲だけで突っ走っている我が家としては来るものは拒まず。
ごちそうさまでしたdelicious【Kei】

|

ペニンシュラブティックの薑汁柚子年糕

110204a半島酒店のペニンシュラブティック(Peninsula Boutique)で買ったのは薑汁柚子年糕。
"Ginger Flavoured with Grapefruit"というコチラ、ショウガの香りのする生地の中にところどころグレープフルーツならぬユズの皮のシロップ漬けが入っています。

買う時に「これは"Chinese New Year Pudding"ですが大丈夫ですか?」と店員さんに確認されました。
確かに年糕を知らずに"pudding"という英語を見て買うと、後で「?」ということになりかねませんね。

さて、年初一(旧暦の元旦)の昨日、せっかくですので食べてみました。
プラスチックの容器にガッチリ入ってて、しかも固いので容器から出すのに一苦労。
苦労して取り出したら、切るのにかなりの力がいりました。
固さは切り餅と同じぐらい。
こんなに固い年糕初めてsad
店員さんによれば、焼いても蒸してもどちらでもいいそうなので、とりあえずフライパンで油をひかずに焼いてみたらば、ちゃんと柔らかくなりました。

個人的な好みとしては、ショウガの香りがもう少し主張してもいいような気がしましたが、全体的に上品な味。

他にも杞子(クコの実)入りや龍眼(リュウガン)入りの2種類の年糕があったので、もしまた機会があったら試してみたいと思いますdelicious【Kei】

The Peninsula Boutique:http://www.peninsulaboutique.com/

|

東海堂の十勝紅豆金栗年糕

110203a恭喜發財!

改めて、あけましておめでとうございます。
今日は「年初一」、旧暦の元旦でもあり節分でもあります。
時期を狙ったかのように寒さが和らぎ、名古屋の最高気温も久々に10℃を超えて春のような陽気になりましたhappy02

さて、年初一の今日はやはり旧正月ネタを書かねば。
今回の香港旅行では年糕(もち米で作られたお正月のお菓子)を4種類も購入coldsweats01
3年前はこんなことを言ってたのに、我ながら全くいい加減なもんですgawk
で、その最初を飾るのは、「切ってそのまま食べられますよ」という店員さんの言葉を信じて「こりゃ目先も変わってるし手軽でいいねぇ」と買った東海堂の十勝紅豆金栗年糕。
「十勝紅豆」とありますが、「十勝産の小豆を使っている」のではなくて、「十勝産の小豆も使っている」というもの。
栗の含有量ですが、小さい粒状になったのがチラホラと入っててちょっと寂しい。

店員さんの言うとおり、切ってそのまま食べてみたら食感はモッサリ、味はボケボケ、正直言っておいしくない。
端から1cmぐらい切ったところでイヤになり、「ゴミ箱行きか…」と落胆したのですが、ふと思い直して蒸してみたら、劇的においしくなりました。
モッサリしていた食感がモチモチになり、甘味もほどよく増して、まるで別物です。
Ham曰く「食べる栗入りぜんざい」。
ゴミ箱行きどころか数日で完食してしまいました。
「来年も売ってたらまた買いたいねdelicious」と二人で意見が一致するほどのお気に入りになったのでした。

始まりはマイナスでも終わりはプラスに。
この年糕にちなんでそんな年にしたいものですshine

ともかくも身體健康!心想事成!
新旧両方の暦で新しい年を迎え、2011年が皆様にとって素晴らしい年になりますように改めてお祈り申し上げます。【Kei】

東海堂:http://www.mangocake.com

|

カプセルトイNo.9@旺角

  110202a
今回の香港旅行でやったガチャガチャの第2弾です。
希少価値の「ウサギ点心厨房」シリーズとは反対に、供給過多というか、あちこちで見かけたのが、こちらの「中国の新年を祝う食品」シリーズ。
去年も同じ名前のシリーズが出ていてpenjieさんから全種類いただいたのですが、その時は全部で6種類でした。

110202b今年は数が増えて全部で12種類になっていました。
でも「糕」の文字のついた直方体のものが6種類増えただけなので、絵的な面白さは「?」。
自力でガチャガチャして直方体が一つも出てこなかったのはこれまた快挙と言えましょう…じゃなかった、「年年有餘」はぶさんが出してくれたもの。
旺角のセブンイレブンの店先で、ぶさんが「年年有餘~」「年年有餘~」「年年有餘~」と気合いを入れてガチャガチャしたらば…。

出たーっ!年年有餘っ!!!!!!!!

「やったー!!」「すごい!!」と雑踏の中で大喜びする日本女子二名でありましたshine
「念ずれば通ず」を証明してくれたぶさん、お見事でしたhappy01惚れ直したわ。【Kei】

|

アウトドア派@旺角

  110201a
ナントカと煙は高いところに登りたがると言いますが、ホテルの窓から景色を眺めるのは好きです。
いつものようにボンヤリ外を見ていると、近くのビルの屋上で何かをしている人たちを発見。
何をしているのかと望遠で撮ってみたら…。

110201b
3人でマージャンをやっていましたcoldsweats01
アウトドアでのマージャンは健康的かも?【Ham】

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »