« 旧正月百景@香港各所('11年) | トップページ | ドアマン@半島酒店 »

満福樓の星州炒米

110218a ピリ辛が大好きなKeiの後輩Tさんの好きな麺類と言えば、星州炒米(シンガポール風ビーフン)です。
カレー味のこのビーフンが果たしてシンガポールにあったのかどうか怪しいのですが、この庶民的な料理を楽しむのならば、やはり下町のレストランでしょうconfident

でも下町のレストランでは値段が安いことと引き換えに、材料の質がいまひとつだったり調理も雑だったりすることがあります。

私たちがお気に入りの満福樓は、ホテルレストランのくせに(?)高級な料理ではなく普通の料理が得意なと思うレストランです。
試しに星州炒米を注文してみたら、これがベラボーに旨い。
それほど星州炒米を食べ歩いたわけではありませんが、こんなに旨いと思ったことはなかったと思います。
ホテルレストランならではの材料と丁寧な調理に庶民的な力強さが両立した満福樓ならではの出来栄えでしたdelicious

110218b その興奮を再びとばかりに、翌日には某レストランガイドで三つ星に輝く某店でも星州炒米を注文。
迂闊にも気づいた時には分配された後で、皿に盛られた状態がどうであったのかはわかりません。
そして、味の方は上品を通り越してほとんどカレーの味がしないという代物でしたdespair
材料は満福樓以上に選りすぐったものを使っているのはわかるのですが、やはりこの店にはこんな庶民的な料理は合わないようです。

また一つ勉強になりましたthink【Ham】

滿福樓:香港灣仔萬麗海景酒店

|

« 旧正月百景@香港各所('11年) | トップページ | ドアマン@半島酒店 »