« 新生 新翠華@北角 | トップページ | アクセスカウンター 200万達成 »

機内食 NRT-LAX@AA('11年3月)

110328b三連休を利用してロサンゼルス在住の大妹家族を訪ねることができたのは、アメリカン航空が格安の航空券を出していたから。
何しろ連休がらみなのに燃油サーチャージ込みで1人9万円でお釣りがくるのですから買わないわけにいきません。
ということで初めて利用するアメリカン航空、ドキドキしつつ乗ってみました。

機内食はJALよりはマシだろうと思っていたのでしたが、果たしてJALよりマシでした。
夕食となる1回目の機内食は魚が早々と品切れ。
ブロガーの端くれとしては悔しさいっぱいで臨んだ牛肉でした。
見た目は結構賑やかで味も意外においしかった。
アメリカ系の航空会社なのであまりに貧相だったら客離れしてしまうかも…と思うのは考えすぎでしょうか?

110328c2回目は朝食。
ルッコラとトマトのピザでした。
箱を開けると熱々で、それだけでごちそうです。
果物も缶詰と新鮮なものを組み合わせてあって気がきいています。
ピザはさすがアメリカ系と言うか、侮れない味でした。

飲み物はアメリカから積んできたらしく、ちょっと変わったものがあって楽しめました。
お手洗いの脇には飲み物やスナックが満載されたカートが置いてあって自由に取れるようになっていました。
合理的でいいアイデアだと思います。

110328a初めてのアメリカン航空の機内食は物珍しさも手伝って私は結構おいしいと思いました。
Hamは「評価が甘くなるなぁ」と苦笑いしていましたが、こういうことに関しては閾値が低い方が幸せなのです。
でも、はからずも普段なじみのあるJALやキャセイ航空の機内食のレベルを再確認することになってしまって、これはちょっとした誤算でした。【Kei】

|

« 新生 新翠華@北角 | トップページ | アクセスカウンター 200万達成 »