国際線受託手荷物ルールの変更@JL

  110331plus
4月1日からJALの国際線受託手荷物のルールが変更されるそうな。
いままでは路線によって個数制とか重量制とか、頭の中で混乱しつつ切り替えていたのですが、これからは全路線で個数制に統一されて混乱を免れることができるはず。

ということは、香港線では1人20kgまで預けられたのが1人23kgの荷物を2個まで預けられるんですか!?
ということは、いままでの約2倍の重さを預けていいんですか!?!?違います。
ということは、いままでの約2倍の買い物ができるんですか!?!?!?違います。
…なんて興奮していたら、Hamが「とか言って最近は月餅以外ほとんど買い物しないじゃない?関係ないでしょ」と冷静な一言。

一方、ハワイ線やアメリカ線はいままでと変わらない。
荷物が重くなる可能性大のこれらの路線、いままでと同じく荷物を増やさないように心がけねばならないのがつらいところです。【Kei】

|

出発の風景@NRT

  110324
東日本大震災で多くの方々が亡くなったり行方不明になっています。
「いってきます」と出かけたら「ただいま」と無事に帰れることが決して当然ではないと思う今日このごろ。
この飛行機は無事に到着したと思いますが、こんなご時世だけに整備士の人たちが手を振る姿を見て珍しく感傷的になってしまいました。

「いってらっしゃい」とHamを毎朝見送って、「おかえりなさい」とHamを毎晩出迎えることがこんなにありがたく思えるなんて、私としたことが一気に老境に達してしまったような気がします。【Kei】

|

B777-300ファーストクラスの座席@JL

 110207a  110207b

 110207c  110207d
ちょうど半年前の今日、大妹家族を訪ねてHamとロサンゼルスに出かけたのでした。
…なんて思いながらまだまだ続く、アメリカ旅行のネタ。

ロサンゼルスからの乗り換えで成田-名古屋で乗った座席がコチラairplane
国際線のファーストクラスの座席を割り当てられました。
スイート(JAL SUITE)という最新の座席ですね。
でも飲み物のサービスだけだったということもあるし、実際にJALのファーストクラスに乗れる可能性はゼロってことで現実感もないし、ちっとも嬉しくない。Hamと喋りにくいし。
確かに広いしあれこれ機能もついてるし豪華さも感じられて、それなりに設備投資をしてるんでしょうが、キャセイ航空のB777-300ERの座席に感動した身としては「ビジネスクラス以上ファーストクラス未満」という気がしました。
というか、ワタクシ的にはあのビジネスクラスに乗れるんだったらキャセイ航空の方が断然いい。
Hamも「ビンボー人にはファーストクラスは広すぎて落ち着かん!だいたいファーストクラスなんて縁がない!」…全くそのとおり。

一応JMBの会員ってこともあってJALを応援する我が家ですが、万が一じゃなくて百万が一、ファーストクラスに乗る機会があったとしてもJALは選ばないだろうなぁ。
まぁそういう結論を導き出すに至る経験をさせていただいたと思うことにしよっとcatface【Kei】

|

B777-300プレミアムエコノミークラス座席@JL

110126cロサンゼルス-成田は棚ボタのアップグレードでプレミアムエコノミークラスに乗りましたairplane

成田-ロサンゼルスの座席は非常口横の2席を指定できたものの、後ろに座っていたオッサンが背もたれに膝を押しつけてて、ひたすらガマンしていたのでした。
一方、プレミアムエコノミークラスの座席はスカイシェルシート(JAL SKY SHELL SEAT)。
後ろからの干渉を受けないのが嬉しいだけでなく、非常口横の座席でなくても足を伸ばせるし気兼ねなく座席を倒せるしテーブルも広いしスリッパもあるしhappy02
座席が完全に平らにならないならいっそビジネスクラスに乗らない方がマシと思う私などはプレミアムエコノミークラスで十分です。

でも、プレミアムエコノミークラスの航空券って普通のエコノミークラスの航空券よりずっと高い。
快適さを追求するよりも回数を多く出かけたい我が家としては、今後プレミアムエコノミークラスの航空券を買うことはないと思われますthink【Kei】

|

重量超過の危機@LAX

110120aとても楽しかった大妹家族での滞在も終わりに近づき、帰国日の前日は例によってパッキング。
10日間もいれば荷物も増える。
行きは3個のスーツケースが帰りは1個増えて4個になっていました。
アメリカ線は受託手荷物は1人2個までなので大丈夫。
ただ中部空港から我が家まで運ぶのがちょっと大変ですがcatface

一方、重さについては1個23kg以内という規則になっています。
我が家は長年エコノミークラスに乗り続けていたおかげで、持ち上げた感覚でだいたいの重さがわかるようになりましたwink
それで、4個のスーツケースのうち2個は20kg強、1個が20kg弱と、1個は20kg強+αと、持ち上げた感覚で見当をつけていたのですが…。

翌日、ロサンゼルス国際空港のチェックインカウンターでスーツケースを預ける時のこと。
最初の2個は23kg台、と見当どおりでしたが、次は25kg台…げっ!まずいかも?
「○○様、50ドルまたは5000円の超過料金をお支払いいただくことになりますが…」と言いつつ女性係員が最後の1個の重さを計ったら19kg…ひぇ~。
「こちらが軽いので今回はそのままお乗りいただきますが、次回からはお気をつけくださいませ」と無罪放免…ラッキー!

110120bやっぱり噂どおりアメリカ線は重量超過に厳しいのですね。
同じアメリカでもハワイとは全然ちがいました。
次回から気をつけよう。

で、手渡されのはコレticket
プレミアムエコノミークラスの搭乗券です。
「本日はエコノミークラスが満席のためプレミアムエコノミークラスのお席をご用意させていただきました」ですって。
無罪放免の上にアップグレードなんて申し訳ないです。

明日は路線も航空会社もちがう飛行機に乗りますが、ちゃんと重量制限を守ることにいたしましょうdash【Kei】

|

某月某日の機内での過ごし方@JO(NGO-HNL)

ジャルウェイズ(JALWAYS)の名古屋=ホノルルの機材が10月から変更になり、いままでのB747-400からB767-300ERという小さな飛行機になってしまいました。
座席数が約半分になったので、当然二階席もなし。
前後の間隔が心もち狭くなった窮屈な座席でひたすら我慢するフライトになりましたdespair

101104aでも大好きなハワイにJさんとHamと3人で行けるだけで幸せなんですから、文句を言ったらバチが当たるというもの。
まずは例の「ぐっすりキット」が初めて青色をもらえて大喜び!幸福感の閾値は低いが吉。
機内食は残念賞でしたが、珍しく機内映画が面白そうだったので見てしまいましたmovie
"SATC 2"という映画は、ストーリーはさておき、登場人物のファッションが印象的。
話題になった映画を見ることができてラッキーでした。
映画を見終えたら、頑張って眠りますsleepy

101104d日付変更線を越えると、空の色が変わり始めます。
この空の色をカメラに収めるために、行きの飛行機は進行方向左側をなるべく予約する我が家。というかHam。
でも日よけを開けると光が入って他のお客さんに迷惑をかけてしまうので、窓もろともHamを膝かけでガッチリ覆うのが私の役目。
私が腕をフルフルさせているのにお構いなくHamは下手な写真を撮りまくり、これで行きの機内での一大イベントは終了ですcamera
はぁ~腕が疲れること。

101104bすっかり明るくなったら朝食です。
配られたベーグルと水だけでは悲しいので、今回はサンドイッチとヨーグルトをコンビニで調達しておきました。
中部空港の保安検査場でヨーグルトがあやうく没収になるところでしたが、容量が小さかったため無事通過。ちゃんと考えて買ったんですから没収は困ります。
でも全体的に量が多すぎました。
これのせいでいつまでもお腹が空かなくて、後でとんでもない時間に昼食を食べることになったのでしたcoldsweats01

101104cその後Hamが税関申告書を記入。
ふとHamが書いていた手を止めて、「カタツムリは病原体扱いかよ。気の毒になぁ」と呟いておりましたsnail

そうこうするうちにオアフ島の海岸線が見えてきます。
これも進行方向左側の座席ならでは。
今回もこの景色を見られて嬉しい。

そして飛行機は最終着陸態勢へ。
「ただいま!ハワイ!」なんて口幅ったくて言えない我が家、「今日から6日間お世話になります」と半ば願掛けという小心者っぷり。
  101104e

ところで、不思議なことに、窮屈な座席でつらかったわりには飛行時間が意外に短く感じました。
これはひとえにエコノミークラスに親しんでいる日頃の修練の賜物にちがいない。
やっぱり幸福感の閾値は低いが吉ですねconfident【Kei】

|

某月某日の機内での過ごし方@CX(NGO-HKG)

100927a 今回の香港旅行の名古屋-香港の機材はB777-300ER。
エコノミークラスでも映画や音楽の選択肢が多くて嬉しい。
機内映画を滅多に見ない私ですが、珍しく『のだめカンタービレ』を見ました。
水川あさみのバイオリンの弾き真似のうまさに唸り、玉木宏の指揮の上達ぶりに感動しました。
原作が何となく物足りない終わり方だったのが残念でしたが、映画は映画でそれなりに楽しめましたmovie

100927b映画を見終えて本を読んでいたら、アンケートの協力依頼がありました。
前回(6月)に続いてのアンケートです。
協力のお礼にと出されたのは機内販売の割引券でした。
ボールペンはいっぱいあるからこれ以上いらないんだけど、これだって私には必要ないなぁ。
それにしても、キャセイ航空のアンケートは日本語訳になってから随分と答えやすくなりました。

100927cアンケートを記入してしばらくしたら、そっとチョコレートが我が家のテーブルの上に置かれました。
我が家の担当になった香港人女性の客室乗務員は満面の笑顔ってわけではありませんが、感じがよくてテキパキとよく働く人でした。
二言三言お喋りしたのが気に入られたのかしら?
それともアンケートに対する再びのお礼かしら?
理由はよくわかりませんが、ありがたくいただきました。

やがて飛行機は香港國際機場に到着です。
到着予定時間は13時25分でしたが、この日の到着時間は12時48分。
メチャクチャ早くてビックリ!
もちろん最高記録です。
おかげでその日が休日だったキャセイ航空で客室乗務員をしている我が後輩は、バスで空港に向かうのを断念し、タクシーを飛ばして迎えに来てくれたのでした。

早く着いたのをこれ幸いと、3人で目指すは富豪機場酒店。
もちろん昼食を食べるためですよbleah【Kei】

|

機内から富士山を眺めて

  100827
子供の頃、新幹線で初めて東京に行って以来、窓から見える富士山の姿に旅行の験担ぎをするクセがついてしまいました。
今回のアメリカ旅行の時も、名古屋-成田は進行方向左側の座席を取りました。
最初は雲の中に隠れて見えなかったのですが、近づいたら美しい姿を見ることができました。
幸先いい始まりです。

ところがこの富士山は成田空港に着陸する寸前まで見え続けて、有難味があるようなないような…。
関東地方に住んでいる人が羨ましい。
天気がよければ富士山を見られるのですからfuji【Ham】

|

搭乗券に"SSSS"刻印?

100824中部空港でチェックインをして、ロサンゼルス行きの搭乗券を手にした時、搭乗券の端に"SSSS"の刻印があることに気づきました。
以前、新聞か何かで読んだ記憶があるのですが、これってもしかして、例の特別な保安検査を受けるってことかしら?
別に怪しい物を持ち込んでいるとか、後ろ暗いことをしているとか、そういうわけではありませんが、正直言っていい気分ではありません。

それにしても、いつ例の保安検査を受けることになるのでしょうか?
日本を出発する時?
アメリカに到着した時?
とりあえず、乗り換えの成田空港では普通に保安検査を受けただけ。
残るはロサンゼルス国際空港ですが、Hamが税関申告書を提出した時にスーツケースのX線検査を受けるように言われただけで、機内持込手荷物については全くの不問でした。
スーツケースのX線検査もアッサリ終わって無罪放免…あれれ?

この刻印はいったい何だったんでしょう?
空港で下手に尋ねるとヤブヘビになりそうなので黙っていたんですが、疑問は深まる一方ですsign02【Kei】

|

ボールペン@CX

100422先週末に引っ越ししました。
家の中はまさにカオスそのもの。
インターネットもまだつながらないし、家自体に慣れていなくて落ち着かないし、現実感のない生活が続いています。
職場に行くとホッとしたりして、何だか変。

さてその職場。
ボールペンをあまり支給してもらえないので、自前のを使ってます。
自前と言っても、もらったものばかりなんですけれど。
何気なく机の上を見たら、キャセイ航空でもらったボールペンが勢揃いで散らかっていました。
いろんな種類があるものだと我ながら感心。
感心ついでにまとめて写真を撮っておきました。

このボールペンは全てアンケートに答えた時にもらったもの。
20年近く前にもらった懐かしいデザインのものもあります。
まだ何本かは自宅に置いてあるので、どれだけアンケートに答えたかということですね。
でも、いまだに無料航空券には当選していないのがちょっと残念coldsweats01【Kei】

|

より以前の記事一覧