機内食 NRT-LAX@AA('11年3月)

110328b三連休を利用してロサンゼルス在住の大妹家族を訪ねることができたのは、アメリカン航空が格安の航空券を出していたから。
何しろ連休がらみなのに燃油サーチャージ込みで1人9万円でお釣りがくるのですから買わないわけにいきません。
ということで初めて利用するアメリカン航空、ドキドキしつつ乗ってみました。

機内食はJALよりはマシだろうと思っていたのでしたが、果たしてJALよりマシでした。
夕食となる1回目の機内食は魚が早々と品切れ。
ブロガーの端くれとしては悔しさいっぱいで臨んだ牛肉でした。
見た目は結構賑やかで味も意外においしかった。
アメリカ系の航空会社なのであまりに貧相だったら客離れしてしまうかも…と思うのは考えすぎでしょうか?

110328c2回目は朝食。
ルッコラとトマトのピザでした。
箱を開けると熱々で、それだけでごちそうです。
果物も缶詰と新鮮なものを組み合わせてあって気がきいています。
ピザはさすがアメリカ系と言うか、侮れない味でした。

飲み物はアメリカから積んできたらしく、ちょっと変わったものがあって楽しめました。
お手洗いの脇には飲み物やスナックが満載されたカートが置いてあって自由に取れるようになっていました。
合理的でいいアイデアだと思います。

110328a初めてのアメリカン航空の機内食は物珍しさも手伝って私は結構おいしいと思いました。
Hamは「評価が甘くなるなぁ」と苦笑いしていましたが、こういうことに関しては閾値が低い方が幸せなのです。
でも、はからずも普段なじみのあるJALやキャセイ航空の機内食のレベルを再確認することになってしまって、これはちょっとした誤算でした。【Kei】

|

シャンパンのプロモーション@CX

110302キャセイ航空で客室乗務員をしている後輩から「必ずシャンパンを飲んでくださいね!」と言われていたので、どんなのが出てくるかと思っていたら、きれいなサーモンピンクのシャンパンが出てきました。
折しも"BILLECART-SALMON"というシャンパンのプロモーション中。
我が家はお酒に弱いのですが、せっかくの機会ですからHamと1杯ずついただきました。
旅行先でこういうきれいな色のシャンパンが出てくると気分が上がる…と言っても帰りの機内ですから盛り上がりもいまひとつ。

今日はナントカ記念日なんですが、シャンパンでもワインでもなくてジュースで乾杯する下戸な我が家でしたwine【Kei】

|

間食 LAX-NRT@JL('10年8月)

110204bプレミアムエコノミークラスに乗るとオヤツをもらえますhappy01
映画をひとしきり見終わって手持ちぶさたになる頃合いを見計らうようにして配られました。
この配るタイミングといい声のかけ方といい、そういう配慮は日系航空会社と思わせるもの。

配られたパウンドケーキとアイスクリームはどうということはないけれど、食欲だけで突っ走っている我が家としては来るものは拒まず。
ごちそうさまでしたdelicious【Kei】

|

機内食 HKG-NGO@CX('10年11月)

 110128a 110128b

 110128c 110128d
前回(11月)の香港旅行の、香港-名古屋の機内食ですrestaurant
香港-名古屋は、またまた「國泰中華美食篇(BEST CHINESE FOOD IN THE AIR)」というキャンペーン中でした。
今回の機内食を監修したのは、陳啓德シェフ。
「ルシャス・デリシャス(Luscious Delicious)」の料理教室ではおなじみのシェフです。
いつぞやは我が家も擔擔麵を教えていただきました。
メニューに載っていた写真が実物の陳シェフと随分ちがうのに大ウケしましたが、それはさておき、どんな機内食なのかちょっと楽しみheart02

メインディッシュは、「白身魚と湯葉の柚子味噌風味、ご飯、野菜各種」「牛テンダーロインのグリル、マッシュポテト、サンドライトマト、ズッキーニ、人参、アスパラガス」「チキンの蒸し煮、ピリ辛餅粉、小芋、さつま芋、ジャスミンライス、野菜各種」 の3種類。
私はもちろんアイコンのついた鶏肉を、Hamは牛肉を選択しました。

Hamの牛肉はどうってことなかったけれど、私の鶏肉はおいしかった。
今回の香港旅行の機内食は往復とも鶏肉が当たりだったと思いますgood

110128eメインディッシュを食べた後はHamはチーズの盛り合わせに挑戦していましたが、私はそんな余力もなく、果物とアイスクリームも当然省略。
でも後から配っていたパッションフルーツのマカロンはいただきました。

香港-名古屋の飛行時間は約3時間。
こんな短い飛行時間で、とりわけビジネスクラスはサービスする側もサービスされる側も忙しい。
おかげで機内では居眠りができず、中部空港から名古屋に向かう電車の中で爆睡する我が家でしたsleepy【Kei】

|

機内食 NGO-HKG@CX('11年1月)

 110126a  110126b
今日も連続更新。
でも1日2回が限界だわ。
1日3回の更新ってできるんだろうか…?

さて、名古屋-香港の機内食です。
メインディッシュは鶏肉と牛肉。
鶏肉はゴマ風味の味噌焼きっぽいもの。
味噌が鶏肉独特の臭みを消していて意外にイケましたok
添えてあったセリの煮びたしがおいしかった。
牛肉は八角の香りのする中国風の煮込み。
八角の香りが強すぎたのと牛肉がパサパサでイケてませんでしたng
が、添えてあった野菜とチャーハンに救われました。

全体的には見た目も味もまぁまぁでしたが、動物性たんぱく質と野菜だけを完食しておしまいdash
機内食は腹五分目ぐらいにしておいて「香港で何を食べようかな?」とワクワクするのが楽しいのですheart04【Kei】

|

機内食 LAX-NRT@JL('10年8月) 後編

110119aロサンゼルス-成田の2回目の機内食はやっぱり昼食?いや夕食?
到着する約2時間前に出ます。

メインディッシュは「ホウレンソウとチーズのラヴィオリコーンクリームソース」です。
アメリカ発の飛行機って、機内食がコッテリしているものでしょうか?
我が家としてはこのソースは必要ないなぁcatface

そういえば今日はJALが経営破綻してちょうど1年だそうですよ。
今年は何回JALの飛行機に乗れるでしょうか?【Kei】

|

機内食 LAX-NRT@JL('10年8月) 前編

 110118a  110118b
今年もアメリカに行くぞー!
…と意気込んでいますが、去年の8月のアメリカ旅行のネタが残っているのでした。
次回のアメリカ旅行はまだまだ先ですが、とにかくネタの在庫整理をしなくてはなりませぬthink

ロサンゼルス-成田の1回目の機内食は昼食。
メインディッシュは「シーフードカレーライス」と「若鶏プロヴァンス風」。
経営再建中のJALの、しかもエコノミークラスの機内食ですから、味については多くを語りますまいsweat01

鶏肉の方は「いかにもアメリカ」なコッテリした匂いがして一口で降参。
鶏肉が苦手なHamに押しつけたら、律儀にも皮をよけて完食していました。もちろんカレーも完食してました。
な~んだ、やればできるじゃん。
ちょっとだけオットを見直したツマでしたbleah【Kei】

|

機内食 NGO-HKG@CX('10年11月)

 101202a  101202b

 101202c  101202d
名古屋-香港のビジネスクラスの機内食です。
いままでナプキンに小さなクリップがついていたのに姿を消しました…あら残念。
メインディッシュは、「チキンのスイートオニオンソース焼き、サフランフェットチーネ、ホウレンソウ、椎茸、人参、ラディッシュ」と「四川風海老炒め、玉子炒飯、野菜ソテー」を選択。
もう一つのメインディッシュは和風だったのでやめました。
消去法かつ鶏肉がHamの苦手な食材ということを考慮すると、私が鶏肉を、Hamがエビを選択するのは当然のこと。
でも正直な話、私も機内食で出てくる鶏肉が苦手。
とはいえ、一応ブロガーの端くれとしては別々のメインディッシュを選択せねばなりますまいthink

で、食べたかったエビは期待したほどおいしくなくて辛くなかったし期待していなかった鶏肉が意外においしくて、珍しくHamに半分以上を持っていかれてしまったのでした。
付け合わせの野菜もおいしかったです。
特に「ラディッシュ」もとい、大根。
一方、エビ料理の付け合わせの野菜は全体的に固くてイケてませんでしたng

復活していたチーズの盛り合わせはもちろん、デザートの果物、アイスクリーム、チョコレートも全て省略しようと思ったけど、珍しく和菓子に手を出してしまいました。
香港に着いたら思いっきり食べる気マンマンなので、余計なものに手を出してはいけないというのにねぇ…。

というわけで、機内食はほぼ完食delicious
香港に着いたら思いっきり食べられるかどうか不安になったのでした。
ああ、庶民には罪作りなビジネスクラス。
やっぱり名古屋=香港はエコノミークラスに限ります(きっぱり)。【Kei】

|

オリジナルドリンク@CX

 101124a 101124b 101124c
今回の香港旅行は諸般の事情により飛行機はビジネスクラスairplane
そしてビジネスクラスのオリジナルドリンク(CX Signature Drinks)を今回やっと全種類制覇することができましたgood
オリジナルドリンクは4種類で、期間ごとに2種類の組み合わせで出されます。
✤キャセイディライト(Cathay Delight)&パシフィックサンライズ(Pacific Sunrise)
✤オリエンタルブリーズ(Oriental Breeze)&クラウドナイン(Cloud Nine)

ビジネスクラスなんて滅多に乗らないのに、いままでキャセイディライトとパシフィックサンライズの組み合わせばかりに当たっていたのが残念だったんですが、今回初めてオリエンタルブリーズとクラウドナインの組み合わせに当たって嬉しい我が家でしたbar【Kei】

|

機内食 NGO=HNL@JO('10年10月)

101013ジャルウェイズ(JALWAYS)の名古屋=ホノルルの機内食です。

まずは名古屋-ホノルル。
ホノルル線に乗るのは1年1ヵ月ぶりですが、レベルは低いままなりに保たれていていました…が!このカレーが、もうビックリするぐらいおいしくない!
カレーをまずく作るのってかなり難しいと思うんですけど、それを軽々とやってのけちゃうなんて、ある意味立派。
ちなみにサラダは普通の味でしたcoldsweats01

そしてホノルル-名古屋。
 101013plus_a 101013plus_b 101013plus_c
いったい何回目の「キーマカレー」と「鶏肉のオイスターソース煮込み」でしょうか?
私の記憶が間違いなければ、3回は同じメニューに当たっています。
我が家はだいたい1年に1回ハワイに行くので、メニューは3年は変わっていない…なんてことはないと信じたい。
実際同じメニューでも少しだけ変えているところもあって全く同じとは言えませんが、もういい加減にやめてほしいwobbly

着陸前の軽食も、少しはマシなサンドイッチからイケてない冷やし中華に戻っていました。
もう悲しすぎsad
こんなこともあろうかとサンドイッチを持ち込んでおいて大正解でした。
くだんのサンドイッチをバッグから取り出したら、すかさず「お飲み物をお持ちしましょうか?」と聞いてきたところはさすがは日系航空会社。
機内食は絶望的ですが、サービスはまだまだ希望があるようです。【Kei】

|

より以前の記事一覧