Tsui Wah Eatery@HKG

110124b香港國際機場の制限区域内のフードコートには、今まで我が家にとって魅力的な店がなかったのですが、とうとう待望の(?)Tsui Wah Eateryが昨年9月に出店しました。
店名が翠華餐廳ではない理由は定かではありませんが、メニューの種類が少ないしテーブルに座って注文を取ってもらえないのが理由かも?フードコートだし。

値段も少々高いようですが、空港の制限区域内という場所柄そんなことはたいした問題ではありません。
最後に香港らしいものをもう一度食べられる機会を与えてくれることが何よりも嬉しいhappy01

110124a写真は瑞士汁牛肉炒烏冬(牛肉入り焼きうどん)と香檳奶茶(アイスミルクティー)。
麺は日本のうどんとちょっとちがうようですが、この食感が結構面白かったりします。
黒っぽい見た目ほど味は濃くなくて、むしろアッサリしています。
翠華餐廳と同様とは言わないまでも、かなりおいしい。
香檳奶茶は普通の奶茶より心もち爽やかな味わい。
ペットボトルのデザインが「ひょうたんつぎ」みたいで面白くて、そのまま持ち帰ってしまいました。
もちろん制限区域内で購入したものですから、機内に持ち込むことができますok

非制限区域の翡翠拉麵小籠包もいいとはいえかなり混雑しているのが難点でしたが、このTsui Wah Eateryがあるなら帰国日の昼食を早々とすませてサッサと空港へ向かうのもアリかなぁ?
「I❤翠華」な我が家ですheart01【Ham】

|

JLラウンジ@HNL

110115plusタンソニャット国際空港のベトナム航空のラウンジに続いて、ホノルル国際空港のJALのラウンジのネタです。

ホノルル国際空港のサクララウンジはショボいです。
飲み物と軽くつまめるものが少し置いてあるだけ。
そもそも利用客の大部分がレジャー客なので、まぁそんなものでしょう。
しかもいつも満席気味で騒がしいwobbly

飲み物はオレンジジュースとパイナップルジュースとアイスティーを混ぜた自作のプランテーションアイスティー。
おともはマカダミアナッツチョコレート。
甘いものと甘いものの組み合わせはいかがなものかと思いつつ、ハワイ旅行の名残りにそれらしいものを。

このところ出発時刻の2時間前にチェックイン、ではなく、レンタカーを返却、という横着者になってしまっている我が家としては、ここは素通りしてもいい場所になってしまいましたdash【Kei】

|

VNラウンジ@SGN

 110115b  110115a
その日は、ニューラン(Nhu Lan)でタラフク豪華な朝食をとるつもりだったのが、月餅売り場と化したこの店ではバゲットのサンドイッチを辛うじて手に入れることができただけ。
そんな状態でホーチミンシティからの帰路、ベトナム航空のラウンジを利用することができたのは大助かりでしたrestaurant

香港のキャセイ航空のラウンジも食べ物が充実していますが、こちらも負けていません。
セルフサービスとは言うものの、数種類の麺類とご飯ものがあり、揚げ春巻などのちょっとつまめるものも多い。
ただし器の中にインスタントラーメンがポンと入っているだけのものは、ここにそのままスープを入れたらよいのかどうかよくわからなかったので、安全をみてフォーを選びました。
こちらはちゃんとゆでたフォーの上に牛肉がのっているというもので、好みに応じてネギや唐辛子、野菜をのせて、あとはスープをかけるだけ。
これが恐ろしくおいしかったdelicious

全く期待していなかったのと、少し空腹気味であったことを差し引いてもおいしいと思いました。
牛肉がまるでハムか何かのように四角に切られていたのは庶民の食べ物としてはどうかと思いますが、これならホーチミンシティ市内の食堂で食べるよりずっといいでしょう。

調子に乗って食べた揚げ春巻は普通のレベル、サンドイッチはニューランのバケットサンドをその朝に食べていたのと比較したら少々酷ですが、あえて食べる必要はない普通のサンドイッチでした。
少なくともここのフォーを食べるためにホーチミンシティ最後の朝食を抑え気味にしたとしても、恐らく後悔することはないでしょう。

機会があれば次にはご飯ものに挑戦してみたいですwink【Ham】

|

再びCXラウンジ@HKG

 110102g  110102e

 110102d  110102a

 110102c 110102f 110102b
11月の香港旅行では香港國際機場でキャセイ航空の最新のラウンジ、ザ・キャビン(The Cabin、中国語表記は「爾雅堂」)を利用しましたbar
今回は香港旅行歴20年にして初めて香港発のフライトの遅延を経験したのですが、おかげでゆっくり過ごすことができました。

窓が大きく取ってあって全体的に明るい雰囲気。
メニューは、サラダやホットサンドイッチなどを出してくれるTHE DELIとジュースやスムージーなどを出してくれるTHE HEALTHY BARが特徴的で、洋モノ中心の構成。
ちなみに麺類を出してくれるNOODLE BARはありません。

ところで、キャセイ航空は早々と「先どり早得60」なる運賃を発表して、9月までの予約ができるようになっていますairplane
試しに大型連休の香港行きの運賃を調べてみましたら、高すぎて手が出ない。
不思議なのは、香港を最終目的地にするよりも、香港以外の都市を最終目的地にして香港でストップオーバーする方が運賃が安いこと。
今年の干支にちなめば「脱兎のごとく」手配するところなんでしょうが…ううむcatface【Kei】

THE CABIN:http://www.cathaypacific.com/cpa/ja_JP/atairport/hklounge_cabin

|

オリジナルドリンク@JL

101125昨日はキャセイ航空のオリジナルドリンク(CX Signature Drinks)をご紹介しましたが、そういえば成田空港のサクララウンジには「JALオリジナルマティーニSAKURA」というのがありましたcherryblossom
桜の花の塩漬けが入った日本酒のカクテルで、我が家のバカ舌ではそれほどおいしいとは思わなかったけれど、見た目がベタな日本風なのが魅力ではないかと思います。
名前に何のひねりもないのはJALらしい気もしますが、その一方で少し残念な気もしますcatface【Kei】

|

香港國際機場訪港常客證の更新@HKG

2006年に香港國際機場訪港常客證(HKIA Frequent Visitor Card)を取り、2008年には經常訪港旅客e-道(Frequent Visitor e-Channel)を取って、ここ4年ほど待ち時間ゼロで入国審査と出国審査を通過させていただいています。
一介の観光客にすぎないのに本当にありがたいご配慮ですm(__)m

さて、今年の9月に再び香港國際機場訪港常客證の更新時期を迎え、Hamには有効期限を待たずして新しいカードが届きました(有効期限はカードに書かれている月の翌月末まで有効らしいです)。
しかし私のカードが届かない。
待てど暮らせど届かない。
先日痺れを切らして請求のメールを送り、今日晴れて新しい香港國際機場訪港常客證が届きました。
以下、請求から受け取りまでの流れですmail

✤10月15日 請求のメールを送る
✤10月20日 更新に必要な書類に関するメールが届く
✤10月21日 更新に必要な書類をPDFファイルで送る
✤10月26日 更新に必要な書類が受理された旨のメールが届く
✤11月1日 新しい香港國際機場訪港常客證が届く

ここで更新に必要な書類というのは、メールを引用すると、"The copies of 6 arrival stamps (BLACK+rectangle shape endorsement by Immigration Department of Hong Kong)/e-channel landing slips in the preceding 24 months"。
ということは、「出国までこの紙片を保管しておくように」と裏に書いてあったあのレシートも必要だったってこと!?
6月の香港旅行の時も9月の香港旅行の時も香港旅行の記念にと軽い気持ちでパスポートに糊で貼っておいたのですが、結果的には思わぬところで役に立ちました。
済んでのところで香港國際機場訪港常客證の更新が危ぶまれるところだったよcoldsweats02

そしてタイミングよく(?)今日、香港國際機場訪港常客通道(HKIA Frequent Visitor Channel)からメールがあり、「更新のためにあのレシートを取っておくように」とのお達しがありました。
「出国までこの紙片を保管しておくように」じゃなくて、本当は「カードの更新まで保管しておくように」ってことだったらしいですcoldsweats01

今回新しい香港國際機場訪港常客證を請求して思ったのですが、これからはいっそ經常訪港旅客e-道をやめて、普通に訪港常客通道を通ってスタンプをもらってもいいかもしれません。
実際、訪港常客通道を利用しているHamには自動的に新しいカードが届いているし、入国審査にかかる時間だって經常訪港旅客e-道と比べてもそれほど差があるわけじゃないし。

次回の香港旅行の時にどうするかなぁ?
しばらく考えてみようと思いますthink【Kei】

|

JLラウンジのビーフカレー@NRT

101001以前から評判を聞いておりましたサクララウンジのビーフカレーを初めて食べました。
大ぶりの牛肉がゴロゴロ入っていて、カレールーの味もおいしい。
なるほど、評判どおりの味でしたrestaurant

思うに、このカレーっていろいろな意味でサクララウンジの中心的存在なのかもね?【Kei】

|

ひこ~きういろう@NGO

100826a中部空港が今年で開港5周年ということで、それにちなんだ行事とか商品とかいろいろあるようです。

2月に中部空港に行った時のこと。
電車のプリペイドカードの金額を積み増ししたら、5周年記念のデザインのカードが出てきました。
だけど、6月に中部空港で積み増しした時は普通のデザインのカードが出て来てちょっとガッカリ。
これも一つの限定品だったってことですね。

100826bさて、中部空港開港5周年の記念商品の一つが、このひこ~きういろう。
中部空港のみの限定品だそうです。
これを教えてくれたのは、例によってキャセイ航空で客室乗務員をしている後輩です。
地元名古屋をこよなく愛する彼女は、「名古屋人だもんで、やっぱりういろうでしょー。香港の家で食べようと思って買ったがや」と言って、6月の香港旅行の時に見せてくれたのでした。
これをブロガーの端くれとしては見過ごすわけにはいきません。
先日のアメリカ旅行の時に買って大妹に見せびらかしたまではよかったんですが、大妹がいたく気に入ってしまってそのまま置いてきてしまいました。
よって現時点では未食なのです。
やっぱりブロガーの端くれとしては味見しなくてはなりますまい。
次回中部空港へ行く時には買うつもりですmoneybag【Kei】

中部国際空港:http://www.centrair.jp/index.html

|

セントレアフレンズの店@NGO

100628セントレアフレンズの店がユニクロの隣に移転していました。
ダサさで鳴らす名古屋ですが、このキャラクター商品に関しては結構イイ線いっていると思います。
覗いてみたら、コッテコテに「いかにも名古屋」なデザインの商品がいっぱい。
中でもこのタオル地のハンカチに目が釘付けです。
引っ越しをきっかけに余分な物は買わないと固く誓ったばかりなのに、2枚も買ってしまいました。
私の誓いって豆腐並みの柔らかさだわね。
でもこれ、キャセイ航空で客室乗務員をしている後輩に見せたら「うわーカワイイlovely」。
おかげで、めでたく彼女のものとなりました。
私も結果的に誓いを守れてめでたしめでたし。【Kei】

セントレアフレンズ:http://www.centrair.jp/restaurant/shop-list/067/index.asp

|

再び經常訪港旅客e-道@HKG

1006112年ほど前に經常訪港旅客e-道(Frequent Visitor e-Channel)を申請して以来、長い列に並ばずに入国させていただいています。
いままではペロ~ンと吐き出されたステッカーをパスポートの空きページに貼っていたのですが、そのステッカーが今回はレシートみたいなものに変わっていました。
む…経費節減?
裏には「出国までこの紙片を保管しておくように」みたいなことが書いてあるのですが、こんな小さな紙、簡単になくしちゃうよbearing

結果的には出国の時にこの紙は必要なかったのですが、この紙がないと香港に入国した履歴がパスポートに残らなくなります。
履歴がパスポートに残っていなくても香港國際機場訪港常客證(HKIA Frequent Visitor Card)は更新されるのかしら?
でも履歴がパスポートに残らないのは気分的にイヤ。
ということで、家に帰ってから糊で貼ることにしました。
何と不便な…gawk

こうなったら次回の香港旅行から糊持参か?
それとも出入国カードを書いて香港國際機場訪港常客證を使って入国するか?
外国人の立場でありながら厚かましいとは思いますが、ステッカーの復活を切に希望します。【Kei】

香港入境事務處:http://www.immd.gov.hk

|