屈臣氏の燕窩精華養顔淨白面膜+眼膜

110308Church Ladyさんからのいただきものですlovely
美肌を作ることで名高い燕窩(イワツバメの巣)のエッセンスをタップリ含んだフェイシャルマスクのセットです。
封を開けると、顔全体用のマスク1枚と目元用のマスク1組がそれぞれ入っていました。
それぞれのパッケージを開けると驚くほどのとろみをまとったマスクが出てきました。
滴り落ちるエッセンスを顔や首筋に塗り込みつつ待つこと15分ないし20分。
マスクを剥がしてビックリ!
肌の弾力が尋常ではありません!
潤いもすごい!
これならエアコンの効いたオフィスだろうが飛行機の中だろうが怖いものなし。
フェイシャルマスクは韓国製化粧品の独壇場と思っていた私、目からウロコでした。
まさに「韓方」ではなく「漢方」の面目躍如です。
Church Ladyさん、素敵な物を教えてくださってありがとうございましたheart04
次回の香港旅行ではいっぱい買うぞー!

しかし一つ問題がsweat01
マスクをしているとHamが真剣に怖がるのがちょっと…まぁ気にしないようにしてますけどねcoldsweats01【Kei】

|

カプセルトイNo.9@旺角

  110202a
今回の香港旅行でやったガチャガチャの第2弾です。
希少価値の「ウサギ点心厨房」シリーズとは反対に、供給過多というか、あちこちで見かけたのが、こちらの「中国の新年を祝う食品」シリーズ。
去年も同じ名前のシリーズが出ていてpenjieさんから全種類いただいたのですが、その時は全部で6種類でした。

110202b今年は数が増えて全部で12種類になっていました。
でも「糕」の文字のついた直方体のものが6種類増えただけなので、絵的な面白さは「?」。
自力でガチャガチャして直方体が一つも出てこなかったのはこれまた快挙と言えましょう…じゃなかった、「年年有餘」はぶさんが出してくれたもの。
旺角のセブンイレブンの店先で、ぶさんが「年年有餘~」「年年有餘~」「年年有餘~」と気合いを入れてガチャガチャしたらば…。

出たーっ!年年有餘っ!!!!!!!!

「やったー!!」「すごい!!」と雑踏の中で大喜びする日本女子二名でありましたshine
「念ずれば通ず」を証明してくれたぶさん、お見事でしたhappy01惚れ直したわ。【Kei】

|

カプセルトイNo.8@佐敦

  110131plus
今日はHamと分業で連続更新。

今回の香港旅行では自力でガチャガチャやってきましたbleah
まずは卯年にちなんで「ウサギ点心厨房」のシリーズです。
最初、佐敦道と白加士街との角にあるセブンイレブンの店先で見つけたんですが、無情の売り切れ。
でもすぐ近くの詳しい場所失念セブンイレブンの店先で無事に発見しました。
このシリーズは全部で10種類。
✤豆沙包×2種類
✤芋圓燒×2種類
✤糖心蛋
✤麻糟
✤紫米糯
✤緑豆凍
✤蛋塔
✤芸豆捲

7種類が重複せずに集まったのは快挙でした。
でも佐敦以外の場所では見かけなかったなぁ…できればもっとガチャガチャやりたかったよ。

去年の旧正月以来、目ぼしいものがなくてカプセルトイも卒業かと思われましたが、やっぱり卒業は無理らしい。
今回の香港旅行では他にも2種類のシリーズをガチャガチャやってきましたcoldsweats01

…続く。【Kei】  

|

スタバの干支タンブラー('11年)

 110125a  110125b
スタバ(STARBUCKS COFFEE)は職場にもあるのに行ったことがありません。
それほど普段はスタバと無縁ですが、こういう時期ですからあちこちの支店を覗いていたのでした。
そうしたら尖沙咀の支店で見つけました。
今年の干支をあしらったタンブラーですcafe
"Chinese New Year Collection"というそうな。
卯年ということもあって魅力的なデザインがたくさんあったのですが、選びに選んで3種類だけ選びました…が、かさばるタンブラーを3個も増やしちゃって我ながら困るよ、もうっpout誰かウサギ年の人いないかな?【Kei】

|

オーナメントいろいろ@香港各所

101201今日で今年も残り1ヵ月。
まさに「光陰矢の如し」、大変!

最近ドタバタの連続です。
まずは仕事が忙しい。
「忙しい」という言葉は「心を亡くす」と書くし、基本的に仕事は好きなので、極力使わないようにしているんですが、気を抜いたらタブーを破ってしまいそう。
もっとも、休暇はしっかり取ってますので、ドップリ仕事漬けというわけじゃありませんが、例年は落ち着く時期に今年は落ち着かないのが摩訶不思議coldsweats02

それから、自宅の和室と居間を改装しました。
引っ越しして半年余り、デフォルトの間取りで生活してきましたが、居間続きの和室が使いづらくて思い切りました。
和室を居間とつなげて、もともと居間だった一角に壁を立てて洋室を作ってもらったんです。
当初は短い工期だったので気楽に構えていたのですが、諸般の事情で工期が倍に延び、結果的にストレス溜まりまくり。
心身ともにブログどころではありませんでしたが、その我慢も今日で終わり。
やっと工事が終わってホッとしていますhappy01

工事が終わったら飾るつもりでクリスマスツリーを居間の片隅に置いていたのですが、今日から気兼ねなく飾れます。
ボール型のオーナメントは香港旅行中にあちこちで買い集めたもの。
おなじみの日本城もなかなか健闘していましたが、深水埗の例の文房具屋さんは種類が多くて安かった。猫はお留守でしたcat
店のおじさんは一見冷たいけれど実はさりげなく優しい、香港でよく出会うタイプのおじさんでした。

ゴールドのボールは飾った感じもなかなかよくて、値段から考えるとかなりのお買い得でした。
秀逸だったのはシルバーのミラーボール。
箱は埃まみれで一見イマイチな印象でしたが、飾ってみるととっても素敵shine

あと1日あったらもっといろいろとオーナメントを買い集めることもできたのですが…いつもより1日長く滞在できても未練タラタラ。
我ながら全くバチ当たりですcatface【Kei】

|

iPhoneのフィルム@旺角

101029iPhoneに透明のフィルムを貼っていましたが、画面についてしまう指紋が気になって仕方がありませんでした。
Hさんが「指紋のわからんフィルムがあるで貼ってもらったらいいがや名古屋弁」とアドバイスしてくれたので、キャセイ航空で客室乗務員をしているKeiの後輩のTさんとKeiとの3人で行ってきました。

フィルムは「磨沙」「水晶」「鏡面」の3種類がありますが、くだんのフィルムは「磨沙」らしい。
待ち時間は3台で約30分、費用は1台HK$48でした。
3台同時でも特に値引きしてくれなかったのは残念かsign02

完成した画面を見ると、透明のフィルムに比べたらぼやけた感じに見えますが、全くと言っていいほど気になりません。
何より画面を触っても指紋が気にならないのが快適そのもの。

さて、約1ヵ月後のことですが、Tさんと私のフィルムは端が少しめくれてきてしまいました。
多分、カバーと接触している部分との相性もあるのでしょう。
フィルムと手間賃でHK$48なら貼り直しをしてもいいかもしれませんねdash【Ham】

|

カプセルトイNo.7@香港各所

  100918
食べられない月餅なのに、とても心の和む月餅は全部カプセルトイ。
例によってpenjieさんからのいただきものですheart02
これをいただいたのが去年の11月。
1年遅れで晴れて見せびらかし…もとい、ご紹介と相成りました。

penjieさんにはいままでいろいろなシリーズのカプセルトイをいただいていますが、今回の香港旅行でも3つのシリーズのカプセルトイをいただいてしまいました。いずれも全種類揃っています。
早速ご紹介したいところですが、それは後日改めて。

というのは、中秋節まであと5日しかないのに我が家には食べられる月餅があと6種類もあることに気づいてしまったから。
中秋節までに何が何でも全部ご紹介せねばなりませぬ。

というわけで、月餅ネタ、続けます。【Kei】

|

買い物回想録No.9@尖沙咀

100831夏だけの期間限定で登場するこのマニキュアは、尖沙咀の莎莎で特売品の山の中から発掘しました。
アメリカのスーパーやドラッグストアではおなじみの"R"のものです。
考えてみたら、2000年の夏に買ったから今年で実に10年目。
期間限定で登場するだけなので、10年目でもまだ半分残っています。
このままだと15年目には到達するかもしれませんthink

さて、我が家はHamの方針によりマニキュアは固く禁じられております。
ペディキュアは目立たない色のみという条件つきでOKですが、少しでも派手な色を塗ろうものなら、生活指導のセンセイそれはHamコッテリお説教されます。
その点これは塗っても爪がちょっとテカテカする程度の地味色なので、生活指導のセンセイもOKしてくれていますok

今日で8月も終わりとはいえ、厳しい残暑はまだまだ続きそう。
ゆえに素足にサンダルという生活もまだまだ続きそう。
ゆえにこのマニキュアの出番もまだまだ続きそうです。【Kei】

|

買い物回想録No.8@旺角

100820これは今回(6月)の香港旅行の時の買い物なので、まだ「回想」にならないのですが、まぁ例外ってことでお許しください。

この靴は、たまたま旺角で見かけて買ったもの。
"C"というイギリスのブランドのものですが、さすがは旧宗主国というか元植民地というか、それまで意識していなかったので全く気づかなかったのですが、この"C"を扱う店って香港のあちこちに掃いて捨てるほどあるのですね。
実際に履いてみてビックリしたのですが、とにかく軽い。
そして柔らかい。
スニーカーと遜色ない履き心地で即決でした。

実際この靴はこの2ヵ月半で大活躍してくれました。
特に先日のアメリカ旅行で2ヵ所の国立公園に行った時も朝から晩まで大活躍。
ヨセミテ(Yosemite National Park)でも2日間履き倒してこんなふうに砂埃まみれです。

この靴のお値段は香港では日本の約半額。
得意技のイロチ買いをしそうな気配で我ながら油断なりませんthink【Kei】

|

買い物反省録No.11@尖沙咀

100609「反省録」って言ったって、それほど反省することじゃないと思う一方で、イロチ買いでHK$1000以上も使っちゃったのはやっぱりマズかったかな…と思ってみたり。
香港旅行では、このところ食費以外でHK$500以上出費することにちょっとばかり抵抗を感じるようになっているものですから。
もっともHamは何も言いませんけどね。

下世話ですが、備忘録代わりに値段を書いておきます。
このシャツ、アメリカでも定価がUS$75といいお値段(写真は馬のマークのサイトからお借りしました)。
「香港で見つかりゃラッキー」ぐらいの気持ちで、ちょうど尖沙咀にいたこともあって、珍しくDFSギャラリア(DFS GALLERIA)を覗いてみることにしました。
そうしたら、こういう時に限って見つかるんですから嬉しいやら困るやら…。
香港ではくだんのシャツの値段は定価がHK$655。
そして、たまたま嬉しいハプニングがあって15%割引に。
この時のレートがHK$1≒\12ですから、割引後の値段は本家本元より安くなる結果となりました。
勢い余ってついつい青と白を購入。

あ~あ、お買い得とはいえHK$1000以上の出費をしてしまいました。
嬉しいけれどほんのちょっぴり反省しつつ、DFSギャラリアを後にしたのでありました。

蛇足ですが、香港ではぼちぼちセールが始まっていましたよmoneybag【Kei】

|

より以前の記事一覧