« 中國會の通粉 | トップページ | 「食」メモNo.7 天龍軒 »

某月某日のメニューNo.8@天龍軒

せっかく香港麗思卡爾頓酒店(The Ritz-Carlton Hong Kong)に泊まったので、Church Ladyさんにご足労いただいて目下世界で一番高い場所で飲茶をしてきました。

注文したのは、
✣天龍魚翅龍蝦湯餃(フカヒレ入りスープギョウザ)
✣摩利雜菌鳳眼餃(モリーユ茸のギョウザ)
✣香菇黒豚肉叉燒滑腸粉(イベリコ豚のチャーシュウ腸粉)
✣香芒汁酥脆帯子(貝柱のフライのマンゴーソース添え)
✣窩貼大蝦多士(エビのせトースト)
✣白玉錦綉上素盒(冬瓜のキノコ詰めスープ蒸し)
✣天龍甜品薈萃(デザート盛り合わせ)
110926c 110926d 110926e
110926f 110926g 110926h
110926i 110926j 110926k

魚翅龍蝦湯餃は「龍蝦」の文字通りイセエビの香りの強いもの。
好き嫌いは別として工夫をしている点は面白い。
他の点心もイベリコ豚とかモリーユ茸とかトリュフとかの高級食材を使って差別化を図っているみたいだけど、我が家のようなバカ舌にはちがいがわかりませんでした。

これでHK$1089でしたから、場所代を考えても決して高くはないと思います。
九龍駅から空港へ向かう前の昼食の場所の候補に挙がるけれど、予約が取れるかどうか自信なし。【Kei】

天龍軒:http://www.ritzcarlton.com/

|

« 中國會の通粉 | トップページ | 「食」メモNo.7 天龍軒 »