« 嘉麟樓の奶黄酥皮月餅('11年) | トップページ | La Maison du Chocolatの中秋節限定チョコレート('11年) »

愛護動物協會×奇華餅家の月餅('11年)

110913b十六夜の月餅ネタ続きは、犬たちの世話で毎日お忙しい某香港マダムからのいただきものです。
中身は奇華(Kee Wah Bakery)の迷你蛋黄純白蓮蓉月(アヒルの塩漬け卵の黄身入り蓮の実あん月餅)ですが、箱が愛護動物協會のものとなっていて、「尊重生命」「愛護動物」という文字とともに、子供と犬と猫が巨大な月餅を囲んでいるかわいらしいイラストが描かれています。
この箱は見事Keiの心を瞬時にわしづかみに。
本のようにして立てておけるので永久保存と相成りました。去年のはコチラ

猫はともかく犬は甘いものが好きですから、月餅を与えたらペロリと食べてしまいそう。
でも小さな文字で「月餅不建議給動物食用(Not suitable for animals)」と書いてありますから、与えない方がよいのでしょうね。
特に蓮蓉は粘りが強いので、喉につかえてしまったら大変です。いや、そーいう意味じゃなくて…。

ちなみにKeiの実家にいた亡き犬は嘉麟樓だけでなく、こういうオーソドックスな月餅も大好きでした。
かわいらしいイラストの箱に入った月餅を見ると、もう5年も前に死んでしまったのに亡き愛犬を思い出して切なくなります。【Ham】

奇華餅家:http://www.kee-wah.com.hk/

|

« 嘉麟樓の奶黄酥皮月餅('11年) | トップページ | La Maison du Chocolatの中秋節限定チョコレート('11年) »