« 『米芝蓮指南香港澳門2012』偏見的速報 | トップページ | 再び Hello Kittyなクリスマス@旺角 »

ソニーのα65

111205香港で買ったα550を使い始めて2年経ちました。
何が不満というわけでもありませんが、やはり日進月歩のカメラのことですから、やはり新しいものに比べたら見劣りするのはやむをえません。

ミノルタ時代からのソニーのユーザーとしては、10月に発売開始となったα77は心待ちにしていた機種です。
しかし、単体の本体で653gというのが気になるところ。
性能的にはやや劣るものの、α77の兄弟機種であるα65は543gと110gも軽い。
このわずかな差は、旅先で疲れが溜まってくると意外に大きく出てきます。
だったらいっそミラーレスにすればよいとも思うのですが、ミラーレスを主力機に据えるのは何となく面白くない。
ソニーショップで展示品を触ってみたところ、全く違和感がないというのも好印象でした。

ところが、11月には発売されることになっていたα65が、タイの洪水のためにソニーの工場で生産できなくなり、日本では発売未定となってしまいました。

すっかり気落ちして新機種のことは諦めていたのですが、乗り換えと称して香港に立ち寄った際に旺角の百老滙(Broadway)で尋ねてみたらアッサリと在庫があるとのこと。
しかも、国内での予約価格よりずっと安い。

即決でした。
理由がわからないのですが、ソニーは何となく香港を優遇しているような気がします。

例によって日本語表示にできないのが玉にキズですが、早くこのカメラの特性を掴んで、おいしそうな写真を撮ることができたらいいなぁと思っています。【Ham】

|

« 『米芝蓮指南香港澳門2012』偏見的速報 | トップページ | 再び Hello Kittyなクリスマス@旺角 »