« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

制限速度アリ?@西環

120331a 
西環から乗った「新路」経由、大丸行きの小巴(ミニバス)。
海沿いの道に入った途端、水を得た魚のように運転手さんはガンガン飛ばし始めます。
やがて速度計は時速80kmを超え、ピーピーとアラームが鳴り始めました。
一応速度制限があるのかな?
しかしコワイよ。
運転手さんも他のお客さんも全く気にしているように見えませんでしたが、思わずシートベルトを締めました。
結局、銅鑼灣まで13分で到着、速っ!
ある香港人の友人によると「あんな危ない乗り物にはボクは乗らない」だそうです。【Kei】

|

凱施餅店の蛋撻

120331凱施餅店で富士巻と一緒に買いました。
卵独特の生臭さもなく、甘さ控えめ、パイ生地も食感がいい。
しかも良心的な値段。
試しとはいえ、意外においしかったのはちょっとした驚きでした。
他の店もそうなのかはわかりませんが、ここは店の奥にオーブンがあって、この蛋撻も温かかった。
これもポイント高し。【Kei】

凱施餅店:九龍旺角彌敦道636號銀行中心地下

|

香港洲際酒店の時尚中式下午茶

香港洲際酒店(Intercontinental Hong Kong)では以前中国っぽい感じのアフタヌーンティーが出ていましたが、最近ちがうものが出たようなので行ってみました。

「時尚中式下午茶(Our Contemporary Chinese Tea Set)」は"The Red Box"という名前だそうで、中身は「特色鹹點、精緻甜點、中式雞蛋糕、特級中國茗茶(Selection of savoury regional specialities, Chinese pastries and sweets. Basket of goji berry madeleines. A choice of premium Chinese tea)」。
120330a

どれも香港の中国料理とかデザートではおなじみの食材を使っているので、それらしい味。
でも、とにかく量が多い。
全部平らげたら夕食が食べられないと思い、いくつか持ち帰ろうと最初は考えたのですが、連れ歩くだけ連れ歩いて食べなかったらもったいないので、頑張って完食。
そしたら追加の栗子蓉焗布甸(栗のペースト入り焼きプリン)が…うわ~。
頑張って完食したら満腹で動けなくなりました。
120330b  

中国らしさを感じられるアフタヌーンティーセットを考え出した創造性だけは高く評価したい。
我が家は一回だけで十二分に楽しませていただきました。【Kei】

香港洲際酒店:http://www.hongkong-ic.intercontinental.com/

|

格安化粧品店の理由?

120329
旅行に出かける時も普段使っている基礎化粧品を使いたい。
だけど、旅行の準備で何が一番面倒と言って、そういう化粧品を小さな容器に詰め替える作業。
考えるだけでウンザリです。
今回の香港旅行の前日も詰め替えを試みたものの、うまくいかず断念。
元の大瓶をそのまま持って行ってしまいました。

莎莎(Sasa)とか卓悦(Bonjour)を覗いた時、くだんの基礎化粧品のミニチュアサイズが売ってるのを見かけました。
よく見たら、どれもしっかり"Not for Sale"と書いてある。
これらは恐らく試供品でしょう。
もともと無料の試供品を売るなんて、うまい商売を考えたもの。
しかも見ている端からどんどん売れている。
これで儲けを出した分、プロパーの化粧品を値下げするという仕組みではないかというのが我が家の推測です。

それにしても、繁華街のテナントに空きが出れば次に入るのは化粧品店か貴金属店という印象が否めず。
尖沙咀なんか莎莎と卓悦が供給過剰にあるし。
時代の変化を感じます。【Kei】

|

中國會の土曜日限定ビュッフェランチ

チャイナクラブ(中國會/China Club)で毎週土曜日の昼に中国料理のビュッフェを出していることを"OpenRice"で知りました。
う~ん、行ってみたい。
というわけで善は急げ、前回(1月)の香港旅行の時に総勢7人で行きました。
ちょうど旧正月直後の土曜日だったので、満員御礼状態。
この時はお喋りが楽しくて食べる方がちょっと留守がちになってしまいました。

今回はひたすら食べることに専念すべく、ある方に予約していただいてHamと二人で出かけました。
120328a

注文して作ってくれるお粥と麺のブース。
120328b      

前菜は別のテーブルに。
120328c 

料理はいろいろ。
点心、肉料理、海鮮料理、その他いろいろ、ありとあらゆる種類の料理が並んでいて目移りします。
北京填鴨(ペキンダック)とか煲仔飯(土鍋炊き込みご飯)もありました。
清蒸魚(魚の姿蒸し)とか蒜蓉蒸元貝(ホタテのニンニク蒸し)などもあるところが太っ腹。
でも料理は基本的に「一期一会」で、一旦お皿が空になると同じものが再び出るとは限らない。
高そうな海鮮料理が出てくると、皆さんワッと群がって瞬く間にお皿は空っぽに。
しかも仲間の分もゴッソリ持って行って、ビュッフェの原則なんか思いっきり無視(怒)。
香港人や中国人と生存競争になったら絶対に負けると確信する我が家でした。
120328f 120328g 120328h 
120328i 120328j 120328k
120328l 120328m 120328n
120328o 120328p 120328q
120328r 120328s 120328t

デザートもいっぱい。
120328d    

横の大きな器の中には例湯(日替わりスープ)と豆腐花(おぼろ豆腐のシロップがけ)。
120328e 

中国料理だけのビュッフェとしては私の知る限り香港で一番レベルが高いと思います。
ビュッフェ台もよく手入れされてるし生存競争を除けば雰囲気もいい。
まぁそれなりの値段ですので当然と言えば当然ですけどね。
機会があれば、忘れた頃にまた行きたいと思っています。【Kei】

|

凱施餅店の富士巻

120327aHamがプチ食あたりで朝ゴハンを食べに行けなくなったので、「じゃあパンでも買って部屋で食べよう!」とウキウキしてホテルを飛び出しました。
旺角駅の出入口すぐのところに凱施餅店(Hoixe Cake Shop)を発見。
凱施餅店はあちこちで見かけますが、買ったことはありません。
せっかくの機会ですから試しに買ってみることにしました。

このパンはレタス・エビ・ハム・マヨネーズを巻いたもの。
エビがいっぱい入っているのに日本では考えられない値段。
味だってイイ線をいってます。

ここに行く前に美心西餅(Maxim's Cakes)も覗いたんですが、こちらの方が生ものを使ったサンドイッチなどのパンが充実しているようです。
朝ゴハンを外に食べに行くのもいいけれど、たまにはこういうのも楽しい。
ブログのネタの新境地を開いたりしてね?【Kei】

凱施餅店:九龍旺角彌敦道636號銀行中心地下

|

超高級な靴磨き@中環

120327 
前回(1月)の香港旅行の時に香港文華東方酒店(Mandarin Oriental Hong Kong)のロビーで見かけた靴磨き。
これについてホテルのサイトに書いてありました。
以下抜粋です。
"Mandarin Oriental, Hong Kong is delighted to have partnered with John Lobb, the renowned manufacturer of men's shoes and accessories, to offer guests and visitors a very special shoe-shine service, from a dedicated John Lobb Shoe-Shine chair. The bespoke chair, which will be situated in the hotel's East Lobby from the end of January 2012, is one of only four in the world, and is the only one in Hong Kong.
Four specially trained Shoe-Shine Butlers have all undertaken extensive training by Paul Brogden who has worked with John Lobb for over 21 years, and travelled to Hong Kong to teach them how to perfect this art. Only the finest John Lobb materials will be used including wax, polish, brushes and cloths all of which will be housed within a dedicated shoe-shine box.
Guests can enjoy a John Lobb shoe-shine, by a dedicated Shoe-Shine Butler, whilst 'polishing' up on the day's news with the latest national and international newspapers and magazines and a cup of coffee or chilled drink. Priced at HKD150, the 15 minute service will be offered between 8 a.m.- 9 a.m., 12 noon - 2 p.m. and 6 p.m. - 8 p.m. Monday to Friday, and is available to both hotel guests and visitors."

予行みたいな感じで作業しておられたのですが、写真をお願いしたら快く応じてくださいました。
こんな超高級な靴磨きでお手入れされるのはどんな靴でしょうか?【Kei】

香港文華東方酒店:http://www.mandarinoriental.com

|

機内食 HKG-NGO@CX('12年3月)

空港でチェックインする時にHamがハライタだからカウンターのおねえさんに「先頭の列が空いていたらお願いしたいのですが…」と控えめに言ったら、渡されたのはビジネスクラスの搭乗券でした。
ひゃ~アップグレードされちゃったよ。
お礼を言ったらニッコリ「よいご旅行を」ですって。
最近の香港の人って随分と変わったなぁ。

120326a
食器が変わってからビジネスクラスの機内食は初めて。
真っ白のナプキンと食器は清潔感があるけど、以前の方が個性が感じられて好きだったな。
 

120326b
私の選んだメインディッシュは「白身魚の甘酢炒め」。
見た目は非常にイケてないけど、意外においしくてビックリ。

120326c
Hamが選んだのは「サフランとリコッタのトルティーニ」。
「おいしかったよ」ですって。いいのか?ハライタなのに。
 

120326d
果物は割合いろいろな種類が揃ってました。
 

120326e
Hamは変わったアイスクリームをちゃっかり選んでました。いいのか?ハライタなのに。
 

120326f
シメはエスプレッソ。
 

う~ん、食器のせいか気のせいかわからないけれど、内容がちょっと悪くなったような気がします。
だけど、以前と比べて明らかにわかるほど見劣りがするわけじゃないし、だいたい我が家はビジネスクラスにはたまにしか乗らないし、まぁいいか。【Kei】

|

香港旅行('12年3月)メモ

120326  
前回の香港旅行で香港熱復活の兆しを感じた我が家、兆しを本物にするために一度行っておくことにしました。
とはいえ、この時期の香港はイベント続き。
飛行機もホテルも混雑していて予約がなかなかうまくいかなかったのですが、幸いにも兆しは維持したまま。
帰ってきた今は本格的に香港熱復活です。

で、主に「食べた」店。一部割愛。

✤1日目
九龍廳
Lobby Lounge@香港洲際酒店
満福樓
橋底辣蟹
許留山

✤2日目
祥香園茶餐廳
中國會
海天堂
珠江酒家

✤3日目
凱施餅店
香宮
許留山
Tsui Wah Eatery

主に「買った」店。
欲しい物があって予約したのは3軒。
✣泰記
✣公主
✣新派曲奇

行きたかった店が多かったわりに、実際に行った店はそれほど多くないもんですね。
年齢的にも体力的にも限界を感じることも何回かあったし。
それに、行く前は私が胃もたれに苦しみ、滞在中後半からはHamがプチ食あたりに苦しみ、結果的に二人とも大事に至らなかったとはいえ、こういうことをたびたび自覚したり経験したりするということは、「そろそろ暴食を慎め」という天の声なのかもしれません。
せっかく香港熱が復活したのにねぇ。

そんな我が家の力不足を補うべく、今回も胃袋貸し出しボランティアをしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
是非ともまたどうぞよろしくお願いします。【Kei】

|

機内食 NGO-HKG@CX('12年3月)

120321b 120323a
名古屋-香港のエコノミークラスの機内食。
蓋を開けた途端、「わ~」と思わず声が出てしまいました。
既視感のある魚と、とても残念な鶏肉。
鶏肉なんて野菜が見当たらない。
とにかく一昨日は胃の調子が悪くて一日中ほぼ絶食状態だったし、「これなら大丈夫かも?」と魔が差して(?)珍しく素麺に手をつけてみたら、余計に具合が悪くなりそうになったのでやめときました。
結果的にやめといて正解でした。【Kei】

|

『飲食男女』の「我們的星星星餐廳2012」

120322a
『飲食男女』の特集号をpenjieさんが送ってくださいました。
「我們的星星星餐廳」という特集で、去年の年末に「尊貴版」、今年の年始に「庶民版」が発売されたようです。
「見たいなぁ」と思っていたところを狙ったように送ってくださって、思わず狂喜乱舞!
そして実際に特集号だけあって見応え十分。
選ばれた店も興味深い。
ということで、せっかく送ってくださったことですし、ここには載ってなくても行ってみたい店もあることですし、明日から2泊3日で行くことにしました。

ところが、昨日の午後から胃の調子が悪く、今日は朝からほとんど絶食状態。
食欲の権化のこの私としたことが…こんな調子で香港へ行っていいものかどうか悩むところではありますが、今回はボランティアの方々にガッチリ活躍していただいて、何とか乗り切りたいところ。
無事に帰還できたら自分で自分を褒めてやろうと思います。【Kei】

|

天気予報のアイコン

香港天文台の天気予報のアイコンはよくわからない。画像は香港天文台のサイトからお借りしました。
晴れなのか曇りなのか?
気温が下がることはすなわち曇りということかしら?
それとも、気温が下がることが最大の関心事で天気はどうでもいいということかしら?
120321d 120321e 

これも天気がイマイチわからないけど、香港の街が描かれててかわいい。
120321c 

MTRの駅で見かける天気予報。
これもかわいいので気に入ってる。撮るタイミングを狙うのに苦労したよ(Hamが)。【Kei】
120321f 

|

機内販売品購入記No.9@JL

120320 
これはいたただきもの。
Church Ladyさんが香港へ向かう飛行機の中で見つけてきてくださったものです。
"JAL"の文字とB787の図柄に半島酒店(Peninsula Hotel)のアイコンを描いたチョコレートの詰め合わせ。
さすがは限定モノに弱い我が家のことをよ~くわかっていらっしゃる。
嬉しいわ。

香港でいただいたので、大事に持ち帰って大事にいただきました。
Church Ladyさん、ありがとうございました。【Kei】

|

McCafeの黒芝麻芝士蛋糕

120319ちょっと一休みしたい時に便利なので、マックカフェ(McCafé)が気に入っています。
行ったら、なるべく香港っぽい感じのケーキを選びます。
今回選んだのは黒芝麻芝士蛋糕。
黒ゴマのチーズケーキです。

上の部分は黒ゴマとクッキーの砕いたのを混ぜたものだったような気がするんですが、バカ舌なので忘却の彼方。
ですが、チーズと黒ゴマって意外に相性がいいし、甘さも控えめで、持て余すどころか楽勝でした。
カロリーは高そうだけど健康によさそうな黒ゴマを使ってて、罪悪感を薄くしてくれるところがこのケーキの最大の魅力…かな?【Kei】

麥當勞:http://www.mcdonalds.com.hk/

|

意味不明@旺角

 
120318g
これの解読を巡ってHamと口論に発展してしまった。
全くもってバカバカしいわ(怒)。【Kei】 

|

文華餅店のTaste of the Legend Tea

120316香港文華東方酒店(Mandarin Oriental Hong Kong)のカフェコゼット(Café Causette)で必ず注文するお茶が、この"Taste of the Legend Tea"。
オリジナルっぽいものをついつい探してしまうワタクシです。
入ってるのは、"Oolong Tea Leaves, Green Tea Leaves, Jasmine Flowers, Orange Peel, Sugar, Vanilla, Lavender, Natural Flavouring"となっています。
東洋風のお茶の香りと柑橘系の華やかな香りがツボ。

いままではずっと飲み物で注文していたんですが、今回は満を持してだって高いんだもん文華餅店(Mandarin Cake Shop)で缶入りの茶葉を買いました。
120316gこれで家でも素敵な香りを楽しめます…というか、缶の蓋を開けて香りをスーハースーハー吸い込んでウットリしてたら、Hamに「オマエ、ちょっと危なくないかい?」と怪訝な目で見られちゃいました、ははは。【Kei】

香港文華東方酒店:http://www.mandarinoriental.com

|

「食」メモNo.10 來佬餐館

以前、店の前を歩いていて、ご一緒していたpenjieさんから「この店、結構人気があるみたいですよ~」と教えていただいた時は「へ~そーなんですか~」と全く気に留めなかったのですが、帰国してから「あの時どーして行かなかったんだー!バカー!」と激しく後悔した我が家。
なので今回の香港旅行では初日に行きました、麥奀で雲吞麵(ワンタン麺)食べた後に。
一緒に出かけていた後輩の「雲呑麵はおいしかったけど今は牛肉とライスヌードルを炒めたのが気分ですねぇ」という言葉に背中を押されて「ではオヤツ第2弾じゃ!」と出かけたのでした。

店内は昔の洋食屋さんっぽい餐廳(レストラン)の雰囲気を演出してる感じ。
スタッフは黒いジャケットを着ていますが、メニューの構成も値段も至って庶民的でした(10%サービス料が加算されます)。
茶餐廳にあるようなご飯や麺の他、点心やデザートまでいろいろ揃ってて、この幅広さは特筆モノだと思います。
味は翠華と大差ないかなぁ?ダメ元で注文したデザートは予想どおりハズレでしたけど。
24時間営業ではありませんが、朝から真夜中まで営業してるし、ハシゴ食べのしにくい中環にあって翠華以外に使えそうな店になりそうな予感です。
夜9時半以降は「宵夜點心」アリってことで夜の飲茶ができるみたい。
120316a 120316b 
120316c 120316d    
120316e 120316f

結構食べたつもりなのに、これに飽き足らず、「オヤツ第3弾じゃ!」と香港文華東方酒店へ。
大好きなカフェコゼット(Café Causette)で後輩は海南雞飯を、Hamと私はそれぞれデザートを食べて、延々と続いたオヤツの食べ歩きを締めくくったのでした。【Kei】

來佬餐館:香港中環威靈頓街66號

|

機内販売品購入記No.8@CX

120315今年も買ってしまいました、"Godiva Chinese New Year Gift Box (15 pieces)"。
辰年にちなんで竜の形のチョコレート4個を含む12種類のチョコレートの詰め合わせです。
もちろん「限定版(Limited Edition)」。
相変わらず立派な値段でというか一昨年より値上がりしてるし買うべきか買わざるべきか迷ったんですが、竜の形のチョコレートって単体で売ってないんですよね。
ま、縁起物だし味は確かだからいいの。
しかし、この竜の顔コワイよ。【Kei】

|

「泊」メモ 香港文華東方酒店('12年1月)

旧正月明けを狙った香港旅行は、ちょうどHamの誕生日に当たることだし、ちょっとフンパツして香港文華東方酒店(Mandarin Oriental Hong Kong)に泊まることにしました。
実は改装後に泊まるのは初めて。
いったい何年ぶりじゃ?

120314a
チェックインの時にご厚意で部屋をアップグレードしてくれました。
我が家が予約したのは一番低いカテゴリーの"Study Room"でしたが、3段階上の"Harbour Room"へ。
しかし、眺めは旧天星碼頭(Star Ferry Pier)の埋め立て工事現場…む、残念。
 

120314b
バスルームはガラスで仕切られてます。
   

120314c
ベッドのあるエリアと机のあるエリアはカーテンで仕切られています。
昔はここがバルコニーだったんでしょう。
改装してバルコニーがなくなってしまったのは残念。
Church Ladyさん曰く、「何だか旅館みたい。あっち(ベッドのあるエリア)が畳でこっち(机のあるエリア)は絨毯で籐のテーブルと椅子が置いてあるみたいな感じ?」…ホントだ。        
 

120314d
座り心地がいい籐の椅子…じゃなくて、カウチ。
 

120314e
バスルームは狭いスペースを有効に生かしたデザイン。
洗面台は向かい合って使うこともできます。
蛇口やシャワーヘッドのデザインが素敵です。

120314f
アメニティも十分。
シャンプー・コンディショナー・シャワージェルは"H"の「ナントカの庭」とかいう香り。
 
120314g 120314h 120314i   
120314j 120314k 120314l
一見してすぐわかるような派手さや豪華さはないのですが、細かいところまで行き届いているところはさすが文華酒店。
 
120314m
誕生日の夜にはケーキが届いていました。

部屋の広さや快適さは香港麗思卡爾頓酒店(The Ritz-Carlton Hong Kong)の方が新しさの分、勝っていると思います。
でもここは何と言っても地の利がいいし雰囲気もいい。
もちろんスタッフも親切で丁寧。
毎回は無理ですが、機会があったらまた泊まりたいです。【Kei】

香港文華東方酒店:http://www.mandarinoriental.com/hongkong/

|

大喧嘩?@九龍城

120313 
これを見たHam、

オオゲンカ?(^0^)

とな。
なるほど、「大喧嘩」か。
読めなくもないですね。【Kei】

|

KAラウンジ@HKG

120309
キャセイパシフィック航空のラウンジが満員だったのでドラゴン航空のラウンジへ案内された。
キャセイパシフィック航空のラウンジよりカジュアルな雰囲気。
星州炒米(シンガポール風ビーフン)を発見したのでキョーフの機内食に備えて少しお腹に入れる。
結果的には正解デシタ。【Kei】

|

機内食 HKG=NGO@CX('12年1月)

✣名古屋-香港
120309a 120309b 
エコノミークラスの機内食。
多くを語りますまい。
とにかく、食べられれば文句を言いません。
そういや鶏肉のメインディッシュにセリが添えられてて嬉しかった。

✣香港-名古屋
120309c 120309d 
当然エコノミークラスの機内食。
毎度のことながら、あんまりな味。
どちらも食材に対して失礼極まりない。
これについては文句を言いたい。【Kei】

|

役者魂 曽志偉@尖沙咀

120307
奇華餅家(Kee Wah Bakery)の宣伝はこの方をおいて他にはいないというエリック・ツァン(曽志偉)さん。
以前には月餅を大きな口で食べようとしているポスターがありましたが、今回は雞蛋巻(エッグロール)で頑張っています。
「そのまま手を使わずに全部食べてしまったのでは?」と思ったり、「自分ならできるかも?」と思ったり、とにかく楽しいポスターでした。【Ham】

|

橋いろいろ@新界

香港では空港との往復は機場快綫(AEL)を使うことが多いのですが、今回はタクシーを使いました。
機場快綫は早くて快適ですが、車窓からの景色という点ではタクシーやバスの方がずっと素晴らしい。
本州四国連絡橋の尾道・今治ルートほどではありませんが、空港までの高速道路にはいろいろな橋があって面白い。

✣昴船洲大橋(Stonecutter Bridge)
市街から空港へ向かって最初の橋。
昴船洲と青衣を結んでいます。
昴船洲は昔は島でしたが、埋め立てによって陸続きになってしまいました。
120306a 

✣青馬大橋(Tsing Ma Bridge)
青衣と馬灣を結んでいます。
道路鉄道併用橋としては世界一とか。詳しくはコチラ
120306b 

✣汲水門大橋(Kap Shui Mun Bridge)
馬灣と大嶼山を結んでいます。【Ham】
120306c

|

Veroのチョコレート

120305a
定期演奏会が終わりました。
前日の練習4時間、当日のゲネプロ4時間、本番2時間、と集中的に弾きまくり、さすがに今日は左腕が上がりません。
そして貴重な休日にもかかわらず、たくさんの方々が聴きに来てくださってたくさんの差し入れをいただきました。
ありがたいことです。

それにしても、私への差し入れが示し合わせたように全て食べ物だったというのは…ははは。笑うしかない。
その中でもRさんがわざわざ香港の味を届けてくださいました。
Veroのチョコレートです。
苦味の効いた素敵なハートが並んでて、大人のかわいらしさって感じ。
香港にも味も姿もこんなオシャレなものが出回るようになって感慨深いです。【Kei】

Vero:http://www.verochocolates.com/

|

文華餅店のAssorted Metal

120305
金・銀・銅の三色のボルトが箱詰めされているというもの。
多分チョコレートで作られているのでしょう、相手側のナットがセットになっていないのが残念ですが、実によくできている。
しかし、この私ですら食べたいという意欲が沸かないデザイン。
迷った挙句に買うのをやめました。
香港の人たちは買っていくのでしょうねぇ。
何しろ値段がHK$288、「易發發」という縁起のいい金額でもありますし…。【Ham】

香港文華東方酒店:http://www.mandarinoriental.com

|

スタバの「新春龍年系列」マグ&タンブラー('12年)

120302
今年の干支をあしらったスタバ(星巴克咖啡)のタンブラー。
去年の干支のタンブラーに味をしめて、今年も買おうと息巻いていたのですが、我が家が香港へ行く時期では売り切れ必至なので、ぶさんにお願いして買い集めていただきました。ぶさん、ありがとう。
今年は竜という「いかにも」な干支なので、図柄も派手なものが出るのではと思いきや、意外にシンプルでした。
文字の形が凝ってるところが地味派手。
アルミ製のものは実用性が高いので、Hamともども職場に持って行って愛用しています。
左側の柄のマグは干支とは関係ありませんが、旧正月っぽい柄がかわいい。
目下私の一番のお気に入りはコレです。【Kei】

星巴克咖啡:http://www.starbucks.com.hk/

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »