« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

ベタな上品 香宮の内装

120530a 120530b 120530c
香宮(Shang Palace)の内装は、外国人がイメージする中国風の内装を思いっきりベタにやってくれているので、そのテの雰囲気を期待する向き我が家とか…には嬉しいレストランではないかと思います。
さすがは高級店だけあって、陳腐の寸前ギリギリの「ベタな上品」と言うべきか…?

120530dテーブルセッティングも素敵。
ティーカップなんか欲しいくらいです。
それから、いまだに深~いスリットの入ったロングスカートのユニフォームが健在なところもワタクシ的には嬉しい。

この際『米芝蓮指南(ミシュランガイド)』で星を取ってる云々は関係ありません。
味よりもサービスよりも目の保養…じゃなくて、上品ベタな雰囲気を味わいに時々は行きたいと思います。【Kei】

香宮:http://www.shangri-la.com/hongkong/kowloonshangrila

|

「食」メモNo.12 珠江酒家

太子は我が家にはあまりなじみのない場所ですが、"OpenRice"で見ておいしそうだったので、penjieさんぶさん、そしてちょうど香港にご滞在中のきたきつねさんをお誘いして行ってきました。

「酒家」と言いつつ間口は食堂並みに小さい。
ぶさんはタクシーの運転手さんに「これが『酒家』?小さいな~」と言われたそうな。
そして古色蒼然としてていい味出しています。
テーブルにトイレットペーパーが置いてあるし。
もちろん洗杯もします。

注文したのは、
✣潮州蠔爽(カキの揚げもの)
✣高茶醤四季豆鮮魷(イカとインゲンの炒めもの)
✣涼拌花甲(アサリの辛味ソースあえ)
✣珊瑚豆腐(豆腐の煮込み)
✣避風塘九肚魚(ミルクフィッシュのチリ・ガーリック揚げ)
✣白飯(ご飯)-2つ
120525a 120525b 120525c  
120525d 120525e 120525f

 
出てきた料理はどれも見事に地味で、こんなに写真映えしない料理ばかりなのも立派。
でもどれも「お惣菜」という感じでおいしかった。
ご飯にも合いました。

これだけ食べてHK$369。
チップを入れても1人HK$80しないんですから、結構安いと思います。
営業時間が夜の6時から2時までなので夜食にも使えそうではありますが、香港の人たちでも治安に不安を覚える場所と聞きましたので、出かける時は気をつけた方がいいかもしれません。【Kei】

珠江酒家:九龍太子荔枝角道138號

|

タバコの吸い方@旺角

120522
タバコは「ひっそりと…」だそうです。
かなりイイ線をいってる日本語ですが、違和感が拭えません。【Kei】

|

凱施餅店の芙蓉蛋糕

120520凱施餅店の芙蓉蛋糕。
雲尼拿(バニラ)と黒芝麻(黒ゴマ)を買ってみました。
意外にも失礼フツーにおいしかった。
富士巻といい蛋撻といいコレといい、どれも結構おいしい。
いままで美心西餅ばかりで買ってたけど、凱施餅店もなかなかではありませんか。
また買いたいです。【Kei】

凱施餅店:九龍旺角彌敦道636號銀行中心地下

|

満福樓の白鷺雲呑浸時蔬

120518
毎度毎度の満福樓で、ぶさんと「何を食べよーかなー?」と悩んでいたら、店の人がすすめてくれたのがコレ。
小指の先ほどの小さなワンタンが入ったスープで「時蔬」という言葉どおり季節の野菜が一緒に煮浸しになっています。
季節の野菜をあーでもないこーでもないと言ってたら、「皇帝菜」という野菜をすすめられました。
皇帝菜って初めて食べます。
春菊に似た香りですが、春菊より柔らかな香り。
春菊が大の苦手なHamでさえ喜んで食べていました。
香港には知らない野菜がまだまだたくさんあることだよ。

それにしても、満福樓って我が家の好みにいちいちピッタリ。
「美食探訪」と言いながら毎度毎度同じ店に行って「探訪」そっちのけの我が家です。【Kei】

滿福樓:香港灣仔萬麗海景酒店

|

「熱狗巴士」の引退

120517a 120517b 120517c
勤務先の香港人スタッフから聞いた話ですが、「熱狗巴士(ホットドッグバス)」と呼ばれるエアコンなしの旧型バスが先日引退したそうな。
早晩引退する気がしていたので、ここ数年は夏以外の季節で運良く(?)遭遇した時には写真を撮ったり実際に乗ってみたりしていました。
特に尖沙咀から旺角に行く時、1番とか1A番とか2番のバスによく乗っていたもんです。

昔々、熱狗巴士がいっぱい走っていた頃、海越えのトンネルの中で充満する排気ガスで気持ち悪くなったり、雨降りの時は蒸し暑い車内に閉口したり…そんな遠い昔を懐かしく思い出しています。

たくさんの思い出をありがとう。【Kei】

|

CXラウンジの生煎牛肉包&流沙奶黄包@HKG

120511b
改装工事の終わったキャセイパシフィック航空のThe Wing(寰宇堂)。
以前はエリアごとに壁で仕切られていたのが、壁が取り払われて広々と明るい雰囲気になりました。
ヌードルバー(The Noodle Bar)も相変わらず健在でした。
今回は麺ではなくて生煎牛肉包(牛肉の焼き肉まん)と流沙奶黄包(カスタードまん)を注文。
ビュフェではなくて注文して作ってもらう(温めてもらう)ようになっています。

生煎牛肉包は可もなく不可もなく。
ですが、流沙奶黄包は「流沙」の字のごとくカスタードがトロリとしていい感じ。
この流沙奶黄包ってハズレが多いのですが、意外においしくてビックリでした。【Kei】

|

鴻福堂の草本手製糖水

120510 
MTRの駅構内にある鴻福堂で見つけたパック入りのお汁粉。
防腐剤と着色料は入ってないらしい。
1パックでだいたい2人分。
「草本手製糖水」ということで、それらしい味や匂いは感じないけど、身体にいい漢方も入ってるのかな?
片や「烏髮潤腸首烏椰皇芝麻糊(黒ゴマのお汁粉)」、片や「益腸養胃椰汁紫米香芋糖水(タロイモ入り紫米とココナツのお汁粉)」。
甘さ控えめでそこそこの素材感もあってコレよりおいしい。

問題なのは液体で箱がないので持ち帰りがちょっと大変なことです。【Kei】

鴻福堂:http://www.hungfooktong.com/tc/

|

不在の事後報告

「別冊」でお知らせしましたが、6日間不在にしていました。
明日からまたどうぞよろしくお願いいたします。【Ham&Kei】

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »