« 志蓮浄苑×奇華の迷你薑汁純白蓮蓉月 | トップページ | La Maison du Chocolatの中秋節限定チョコレート('12年) »

嘉麟樓の奶黄酥皮月餅('12年)

120930
今年の香港の月餅についての香港最大のニュースは、やはり嘉麟樓の月餅についてのニュースではないでしょうか?
『香港ポスト』によれば、
「ペニンシュラホテルが販売する月餅のギフト券におよそ400人が殺到、行列に並んでいた客のほとんどが買えないという事態になり一時混乱が起きた。8月17日付香港各紙によると、月餅は同ホテルの嘉麟楼の8個入り258ドルのもので、販売数は3万9000セット。発売当日は早朝からの行列が400人近くにまで増えたが、結局ギフト券を手にできたのは先頭の数十人のみだったという。当初、先頭の数人の客が数百~数千枚単位と大量に購入したためホテル側では急きょ1人あたりの購入枚数に上限を設定するなどしたが、朝10時の販売開始からわずか数十分で販売終了となった。長時間行列に並んだにもかかわらずギフト券を1枚も購入できないことに腹を立て、行列客が職員に詰め寄るなどで混乱。ホテル側では販売方法に不十分な点があったと非を認め客に謝罪、500ドル相当のアフタヌーンティーのギフト券を配布し騒ぎを収めた。一方、購入客には転売目的の客も多くいたようで、すでにネットオークションでは原価258ドルに対し400ドルの値をつけて売り出されている」。

私自身はHamとユニット結成する前から親しみ、ユニット結成後も毎年入手する機会に恵まれ、思い入れもそれなりにある嘉麟樓の奶黄酥皮月餅(カスタード月餅)。
ここ数年は入手失敗の危機に直面してきましたが、あんな話とかこんな話とか16年目の今年は知人の勘違いという新手の危機に直面し、今度こそは記録更新ならずと一時は覚悟を決めました。
でも、結果的には1箱だけ入手に成功してめでたく連続記録更新となりました。

正直言って新鮮味は感じませんが、危機を乗り越えて手元に来た月餅の味は格別です。
文華餅店(Mandarin Cake Shop)の迷你奶黄月餅は文句ないおいしさですが、長年親しんだ味への愛着というものをしみじみ感じました。
無傷で持ち帰ってくださったJさん、ありがとうございました。

来年は絶対に自分でちゃんと予約しよう。
蛇足ですが、Hamの発見については私はHamの気のせいだと思っています。【Kei】
▶2011年はコチラ
▶2010年は
コチラ
▶2009年はコチラ
▶2008年はコチラ
▶2007年はコチラ
▶2006年はコチラ
▶2005年はコチラ

嘉麟樓:九龍尖沙咀半島酒店

|

« 志蓮浄苑×奇華の迷你薑汁純白蓮蓉月 | トップページ | La Maison du Chocolatの中秋節限定チョコレート('12年) »

コメント

貴重な月餅を一緒に味わうことが出来まして感謝です。
来年も頑張ってね(笑)

投稿: 太太 | 2012年9月30日 17時04分

太太さん
こんばんは。
1箱しか手に入らなかったので半分ずつしかお出しできず申し訳ありませんでした。
来年は自力で手に入れられるように頑張りマース!

投稿: Kei | 2012年9月30日 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 志蓮浄苑×奇華の迷你薑汁純白蓮蓉月 | トップページ | La Maison du Chocolatの中秋節限定チョコレート('12年) »