« スタバの「中秋系列」タンブラー('12年) | トップページ | 頤和園の御品醤油 »

昔日の香港啓徳國際機場No.1

Hamが1996年から2005年までフィルムで撮った写真をスキャナで取り込む作業を4月からボツボツと始めました。

昨夜、取り込んだ写真を見ていたら、香港啓徳國際機場(Hong Kong Kai Tak Airport)に進入する飛行機の写真を発見。
懐かしい。
空港が移転すると聞いて、1997年4月に九龍城に写真を撮りに出かけた時の写真です。
頑張って撮ったと思うんですが…

120905b
残念すぎる臨場感!
Hamは当時も写真の腕はイマイチだったらしい。

でも、こんな写真でも撮っている時はすごい轟音でした。
九龍城のレストランで食事をしようものなら、飛行機が通るたびに店中に轟音が響いて、そのたびに耳を塞いでいたのも懐かしい思い出。

120905f 120905g
同じ年の12月の時の写真も発見。
離着陸の直前でも写真を撮ってもよかったらしい。
 
120905h
タクシー乗り場から撮った写真。
素敵な木のおかげでやっぱり臨場感が…(涙)。

120905a
ところで、8月3日にJALのFacebookに載っていた写真はさすがの臨場感。写真はJALのFacebookからお借りしました。
全体的に茶色く煤けた街の雰囲気もたまらない。
当時の香港は本当に本当に魅力的だったなぁ。
…と、昔を懐かしんだついでに重ねた年齢の数も実感した我が家でした。【Kei】
 

|

« スタバの「中秋系列」タンブラー('12年) | トップページ | 頤和園の御品醤油 »

コメント

懐かしいですね~♪
着陸のときの入る方角は色々あるけど、
一度だけ夜に道路の上を道沿いにまっすぐ飛んだことがあって、手を伸ばせばネオンサインに触れそうで素敵でした。

投稿: vivian | 2012年9月 5日 21時47分

今でも機械式カメラは、離着陸時に撮影はOK拉〜!

投稿: | 2012年9月 5日 23時00分

おはようございます。
朝から懐かしい写真を見て、ぼんやりとしていた
頭が冴えて来ました。このところの九龍城のマンション
建設ラッシュをみていると、あと1、2年もすれば、
香港啓徳國際機場の面影なんて、いま以上になくなっちゃうんでしょうね・・・・淋しいデス。

投稿: みんみん | 2012年9月 6日 10時04分

こんばんは。
何度も行っているはずなのに、あんまり覚えていないんです。なんでだろー

投稿: Church Lady | 2012年9月 6日 19時28分

vivianさん
こんばんは。
啓徳空港の時は夜の離着陸がまた格別でしたね。
ネオンの洪水の中を飛ぶ気分は何とも言えませんでした。
啓徳空港は味がありましたね。

投稿: Kei | 2012年9月 6日 21時49分

名無しさん
こんばんは。
そうでした、フィルムのカメラは電子機器じゃなかったんでしたね。
離着陸を撮りたかったら使い捨てカメラを持ち込んでもいいかもしれません。

投稿: Kei | 2012年9月 6日 21時50分

みんみんさん
こんばんは。
昔は低い建物ばかりだった九龍城の界隈も今はぼちぼちと高層マンションが建ち始めましたね。
九龍城の昔の面影が好きだった者としては寂しい限りです。
我が家にとっては啓徳空港がやっぱり「香港の空港」かなぁ?

投稿: Kei | 2012年9月 6日 21時53分

Church Ladyさん
こんばんは。
新しい空港になって14年ですから、我が家も遠い記憶になってしまいました。
黄色に黒字で書かれた表示は覚えていますが、あとはおぼろげです。
もっとちゃんと写真に撮っておけばよかったと後悔しています。

投稿: Kei | 2012年9月 6日 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタバの「中秋系列」タンブラー('12年) | トップページ | 頤和園の御品醤油 »