« リプトンの茗閒情シリーズNo.1 | トップページ | 魚の納品?@旺角 »

南記粉麵の鴛鴦河

121022 
雨降りの朝、「天気が悪いからひょっとして人が少ないかも?」と淡い期待を抱いて德成號を目指したものの、淡い期待は見事に打ち砕かれてしまいました。
そのまま退散するのもシャクなので、近くの南記で朝食第2弾。
 
私の選んだ鴛鴦河は、魚蛋(魚のすり身団子)、牛丸(牛挽肉団子)、そしてここの名物(?)、招牌春巻(揚げ春巻)がのった平打ちのライスヌードル。
「招牌」と言っても、湯葉か何かの皮でちょっとした具を巻いて揚げたような春巻で、悪くはないけど病みつきになるほどでもありません。
全体的に味はフツー、というか、このテの麺類ではお決まりのボンヤリした味なので、テーブルの上の調味料で味を調節します。
朝だったので定価HK$21が「特價粉麵套餐(特價河)」ということでHK$16、豆漿(豆乳)も特価でHK$2。
今時HK$20でお釣りがくる朝食は滅多にありませんから、これなら上等ではないでしょうか?
ちなみに特價粉麵套餐の時間帯は、午前7時半から11時、午後2時半から5時半になっていました。
一方、Hamは自分好みの具を組み合わせて注文したのでHK$27、これに豆漿をつけてHK$29とそこそこの値段になりました。

支店が何軒かあるし(香港島側だけですが)、朝から麺類を食べたい時には便利ですね。【Kei】

南記粉麵:http://www.namkeenoodle.com.hk/

|

« リプトンの茗閒情シリーズNo.1 | トップページ | 魚の納品?@旺角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リプトンの茗閒情シリーズNo.1 | トップページ | 魚の納品?@旺角 »