« 2012年を振り返って | トップページ | 卓上カレンダー@CX »

2013年の「香港美食探訪」

130101
2013年になりました。
一時期冷めかけていた香港熱ですが、去年はめでたく完全に復活しました。
なるべく多く、なるべく長く、今年も香港へ行きたいと思っています。

そして今年はA級グルメにも力を入れてみたいと思います。
B級グルメやC級グルメは値段が手頃でローカル気分も味わえるので、ついつい目をひかれがち。
でも、「裏を語るにはまず表を」ということで、高級店はもちろん、いままで足が遠のいてきた中級店も含めて「食」の引き出しを増やしたいと思っています。
特に気になるのが、このレストランと福臨門。
ここは建物の構造のためか足元まで海が広がっていて、まるで海の上にいるような気分になります。

四捨五入したら二人とも立派に50歳の我が家ですが、今年も身体を張って香港の「食」を堪能する気マンマンです。【Kei】

|

« 2012年を振り返って | トップページ | 卓上カレンダー@CX »

コメント

新年快楽!
あけましておめでとうございます。
そして香港熱復活おめでとう(?)ございます。
すてきな香港情報がこれでまたまたたっくさんいただけます。
ただ、ここ最近、わたくしの香港熱がちょっと下降気味で、
Ham&Keiさんの情報で奮い立たせねば。
このお写真のレストラン素敵ですね。どちらなんだろう。
「それなりにお金を出せば日本でもおいしもんは食べられるわい」と
B級やC級を追ってしまいますが、
実際には日本でも香港でもほとんど体験せず、いや、できずかな。
我が家も「そろそろいいお店で」なんていっつも掛け声ばかり。
そんなA級クラスもこれから参考にさせていただきますね。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿: ころた | 2013年1月 2日 06時47分

ころたさん
おはようございます。
長く香港と付き合っていると熱が上がる時もあれば下がる時もありますね。
我が家も2年ほど熱が冷めてしまった時は他のブロガーさんの記事を見て我が身を奮い立たせておりました。
我が家のブログがころたさんの香港熱復活のお手伝いができるように今年も頑張ります。
確かにB級やC級グルメは楽しいのですが、そればかりではやっぱり十分ではないなぁと最近思うようになりました。
表を知れば裏の良さもよくわかると思い、今年はA級とB級を両立できるようにしたいと思います。
この写真のレストランについては追ってブログで紹介したいと思いますので気長にお待ちくださいませ。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: Kei | 2013年1月 2日 08時20分

明けましておめでとうございます。
今年は、更に奥深く香港の食を探求されるとの事、とっても楽しみにしております!
ham&keiさんにとって、より良き一年となります様、心より祈っております。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ぴよ | 2013年1月 2日 13時33分

ぴよさん
こんばんは。
年々歳々無理がきかなくなっていますが、可能な限り香港へ行って香港の「食」を堪能したいという思いを強くしています。
ぴよさんにとりましても2013年が幸せに満ちた一年になりますように心よりお祈りしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Kei | 2013年1月 2日 17時09分

新年おめでとうございます!
今年もHam&Keiさんにとってキラキラ☆の年となりますように。。
そして、いつかHKでお目にかかれますように☆

投稿: みんみん | 2013年1月 3日 23時46分

みんみんさん
こんばんは。
みんみんさんにとって2013年がよい年でありますように。
我が家は今年が去年よりちょっといい年になることを願っています。
今年こそは香港で是非ともお目にかかりたいですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Kei | 2013年1月 4日 22時41分

新年快楽!本年も時々ブログにお邪魔させていただきます♪宜しくお願いします。ここ数日、香港の街はクリスマスからがらりと旧正月の飾りに衣替えしました。12月始めに香港的なグリーティングカードを街中捜し歩きましたが
中々巡り合えませんでしたが、今はあちこちで赤のグリーティングカードが店頭に沢山並んでいます。ということで全てが旧正月基準だったんだと理解しました。四字熟語の貼紙も面白いので買ってみました。香港は今からが師走ですね。

ここの所、洋食、和食が多かったので久々に紅磡のWing Lai Yuenに行きました。最近は日本語ガイドさん付きで日本人旅行者の方がよく来られています。

毎回、坦坦麺を頼んでましたが、もっと冒険しようと今まで食べたこと無い料理に挑戦しました。取あえず名前で適当に選んだのですが、うーん、雲腿津白はハムの臭いにクセがあって殆ど食べられませんでした。もう一品、巴蜀香辣鶏(雛?)は鶏の唐上げと鷹の爪が皿一杯にどっさりで周りのお客さんがジロジロ見てました。(ただ見た目ほど全然、辛く無かったです。以前、シカゴで食べたときは殺人的に辛かったですが…)その他、素菜包、炒飯、油爆蝦等を注文。夫は我慢できずに最後に坦坦麺を注文してました。なんか偏った注文になってしまい反省。

今回の注文の結果、やっぱり、もう少し勉強しようとメニューの書いてある注文用紙を持って帰りました。次回の為に。。。今年はもっと沢山美味しいものに出会いたいですね。また参考にさせて頂きます♪

投稿: 歩手 | 2013年1月13日 02時05分

歩手さん
こんばんは。
香港はそろそろ旧正月に向けて準備が始まっているようですね。

詠藜園は長らくご無沙汰していますが、お味はいかがでしたか?

メニュー選びは結構難しいものですね。
我が家も反省や失敗の連続です。
2泊3日の日程で香港へ行くことが多いので、限られた食事の回数で失敗するとかなり悔しいです。

我が家も今年1年、おいしいものへの情熱やおいしく食べるための努力を継続していたいと思います。
拙いブログですが本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Kei | 2013年1月13日 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年を振り返って | トップページ | 卓上カレンダー@CX »