« 再び お汁粉屋の猫@佐敦 | トップページ | 銷售版15週年特別版八達通 »

サラバ、フカヒレ

130110
今朝の『毎日.jp』によれば、
「中国の飲食店や市場で偽フカヒレやフカヒレエキスが大量に流通していることが分かり、当局が調査に乗り出した。飲食店では偽物を高値で提供しており、業界では『公然の秘密』だったという。国営中国中央テレビ(CCTV)が8日報じた。偽物は江蘇省南京市内の結婚式場など各地の飲食店で使われていたほか、北京市内の海鮮市場でも販売されていた。市内の飲食チェーンでは風味を似せるためフカヒレエキスという調味料も使われていた。フカヒレは高級食材だが、偽物は1袋数百円程度。飲食店では、これを1皿数千円で客に提供し利益を上げているという。報道を受けて、北京市当局などが海鮮市場の実態調査に乗り出した。偽物は食用ゼラチンや海藻由来の成分などで作られており、お湯や水で戻して調理される。本物と違って弾力がなく引っ張ると切れるが、一般客では判別がつかないという。専門家が成分を調査したところ、偽フカヒレから有害物質は検出されなかったが、フカヒレエキスからは基準値を超える有害物質が検出されたという。業界では「中国国内で消費されるフカヒレの約4割が偽物」との指摘も出ている」

これぐらいのことは想像していたので、いまさら驚きません。
いっそ有害物質を使わないれっきとした「フカヒレもどき」作りに精を出すとか、レストランも「フカヒレもどき」として適正価格で出すとかすればいいのに…と思うんですけど。

それにしても、最近のフカヒレの高騰ぶりには目を見張ります。
かの福臨門も数ヵ月ごとに値段が上がっているのではないかと思うほど(9月と11月では同じ物がHK$40値上がりしていたそうな)。
世界的にはフカヒレを食べることを禁止している企業とか、フカヒレを出さないレストランが増えつつあることですし、我が家も時流に乗ってそろそろサヨナラしなくては…でも、あと1回だけ食べさせてほしいと思う罪深いワタクシ。
実はフカヒレなら紅燒魚翅(フカヒレの醤油煮込み)が好きなんですが、本命はフカヒレではなくて紅燒のスープの方。
スープが食べられるなら中身はモヤシでもいいんですけどね。【Kei】

|

« 再び お汁粉屋の猫@佐敦 | トップページ | 銷售版15週年特別版八達通 »

コメント

おはようございます。
フカヒレにそんなに思い入れがあるわけではありませんが、ダメと言われるとかえって食べたくなってしまいます(笑)
私も紅燒魚翅が好きですが、昔々に1回だけ食べただけですけど…
なので私は、魚翅灌湯餃で十分満足なんです。あー飲みたい♪

投稿: Church Lady | 2013年1月11日 08時38分

Church Ladyさん
こんばんは。
私も「ダメ」と言われるとかえって食べたくなるんです。
11月に久々に福臨門で紅燒魚翅を食べたらスープのおいしさにウットリしてしまいました。
私はあのスープだけで十分です。
次回香港へ行ったら自責の念にかられながらフカヒレを注文しそうです。
できればご一緒したいですね♪

投稿: Kei | 2013年1月11日 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再び お汁粉屋の猫@佐敦 | トップページ | 銷售版15週年特別版八達通 »