« 卓上カレンダー@CX | トップページ | 海記合桃坊甜品の開心果糊&栗子糊 »

唐閣の金勾翅五蛇羹

130103plus
2013年は巳年なので、新年は干支にちなんでヘビの料理を。
香港で一番手軽にヘビを食べるとしたら蛇羹(ヘビのスープ)が思い浮かびますが、唐閣の金勾翅五蛇羹(ヘビ・フカヒレ・魚の浮き袋・鶏肉のスープ)は超豪華版。

ヘビが入っているからといって特別な味がするというわけでもなく、肝心のヘビは鶏肉と一緒に細く割いてあるので、一目ではわかりません。
高級店らしく、とても上品な仕上がりです。
ヘビという食材のおかげと、スープ自体にとろみがついていることもあって、食べた後は身体が温まります。

ちなみにこちらは値段も超豪華版。
何しろ一人前HK$420ですから注文する時はちょっと気合いが入りましたが、こういう時期ですからフンパツしました。
特に今年の新年を飾るにはふさわしいメニューだと思います。【Kei】

唐閣:http://hongkong.langhamhotels.com/restaurants/tang_court.htm

|

« 卓上カレンダー@CX | トップページ | 海記合桃坊甜品の開心果糊&栗子糊 »

コメント

明けましておめでとうございます。

三蛇、五蛇、そして七蛇と入れられる蛇の種類が多くなるほどお値段が高くなるのが蛇羹ですね。

お約束の菊の花弁も添えられています。

美味しいのはすべて毒蛇らしいですけどご存知ですか?

知らない人には食べ終わったあとも知らせずに、翌日「昨日の蛇は美味しかったね」と説明します。
と云うのも、食べた直後に申し上げたら真っ青になってトイレ行き。そんな気の弱い人も実際に居られますので・・・。

正月早々汚いお話でスミマセン。

投稿: Georges | 2013年1月 4日 10時55分

Georgesさん
本年もよろしくお願いいたします。
私が見たことのある最多は「五」ですが、その上をいく「七」もあるのですね。
是非試してみたいです。
何かの本で毒蛇がおいしいと読んだ記憶があります。
深水埗の蛇屋で売っていた蛇は牙が抜いてありました。

大昔、中國會へご招待くださったバイオリニストの方が「これ、おいしいわよ」と言って黙って出されたのが蛇羹でした。
やはり事情を知らない人には黙って出すのが半ばお約束みたいになっているのでしょうね。
我が家が親しくお付き合いさせていただいている方々はヘビは全く平気なのでありがたいです。

投稿: Kei | 2013年1月 4日 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卓上カレンダー@CX | トップページ | 海記合桃坊甜品の開心果糊&栗子糊 »