« 円安進行中 | トップページ | マンゴーの季節到来@尖沙咀 »

漢方医の招き猫@太子

130414a
バスの中から下に見える街を眺めていた時のこと、中醫(漢方医)の店先に猫を発見しました。
こういう時に限ってバスは止まらずに走り抜けていくので、反射神経のみの勝負です。

フレーミングも何も関係なく、とにかくシャッターボタンを押して撮った1枚目には何とか写っていましたが、2枚目は失敗しました。
130414b

しかし、よくその2枚目を見ると、何も置かれていない台が入口の横にあって、ちょうど入口を隔てて猫が座っている台と対をなしているようです。
この台はこの猫がその時の気分でこちらに座ることがあるのか?
はたまた、もう一匹の猫がいて獅子のように対を成しているのか?

いつか、この場所に戻って確かめてみたいです。【Ham】

|

« 円安進行中 | トップページ | マンゴーの季節到来@尖沙咀 »

コメント

囍や双頭の獅子ならぬ、ダブル招き猫だったら、いいですね。
それにしても、さすが、Ham様です。
自分だったらきっと、シャッターチャンスを諦め、かつ、入り口向かって右側の対になっている椅子の存在にも、気付けなかったと思います。。。

投稿: こえだ | 2013年4月15日 18時35分

こえださん
私は料理のように動かないものが専門で、動いているものは専門外です。
カワセミでも撮る練習をしたら(誰かさんのように)もっと上手く撮れるようになるかもしれません。
それにしても、可愛い猫でした。

投稿: Ham | 2013年4月16日 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円安進行中 | トップページ | マンゴーの季節到来@尖沙咀 »