« Café Causetteの文華下午茶 | トップページ | 「食」メモNo.14 玉蕾 »

1997年製造の硬貨

130612
毎年春と秋になると、無性に家の中の最適化をしたくなるワタクシ。
4月からぼつぼつ始めていたところ、先日こんなものを発見しました。
片面は「洋紫荊」の花が刻印されていて、片面は本来なら中央に額面の数字だけが刻印されるのですが、数字の代わりに図柄が入っている硬貨が2種類。
どちらも「1997」とありますので、香港が中国に返還された年に製造されたようですね。
HK$5はコウモリ、HK$1はキリンかな?
こんなものを持っていたことさえ忘れていたのですが、いまさら使うっていうのもねぇ…。
でも、香港で路銀が尽きたら使うかもしれません。【Kei】

|

« Café Causetteの文華下午茶 | トップページ | 「食」メモNo.14 玉蕾 »

コメント

そうそう、この97年の限定コインを昔から気にして集めているんです。
こちらに載っている蝙蝠の5ドル硬貨は、まだ手に出来たことがありません。出会ってみたいのですけれども、なかなかチャンスが巡って来なくて。
昔は、オクトパスを一切使わずに、出会える可能性を求めて、いつも小銭をジャラジャラと持ち歩いていたものでした。(笑)

投稿: こえだ | 2013年6月15日 18時24分

こえださん
おはようございます。
97年版の硬貨を集めていらっしゃるんですか。
我が家はたまたま手にしたのを使わずに置いてあったようです。
あまり頓着しないので2種類しかありませんが、真面目に他の種類も探せばよかったような気もしています。
それにしても小銭を持ち歩いても探される情熱は素晴らしいです。
我が家は小銭の重さに耐えられず、サッサとオクトパスに乗り替えてしまいました。

投稿: Kei | 2013年6月16日 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Café Causetteの文華下午茶 | トップページ | 「食」メモNo.14 玉蕾 »