« アチラ系の雑誌@尖東 | トップページ | 「食」メモNo.15 東來順 »

福臨門魚翅海鮮酒家の蒜子唐生菜炆斑翅

130626
福臨門では旧正月に「年年有餘」という名前でメニューに載っていましたが、恐らく年中通して注文できるのではないかと思います。
ハタの切り身をサッと揚げて豚肉とシイタケの細切りと揚げニンニクとで醤油煮込みにしたもの。
下に唐生菜(中国レタス)がしいてあります。
見た目は地味でお惣菜っぽい印象ですが、福臨門の手にかかると洗練された一品になるところがさすが。
ちなみにニンニクはほとんど匂いません(ニンニクが苦手な私でも大丈夫でしたので)。
そのままでも、もちろんおいしいのですが、白飯(白いご飯)を注文して煮汁と一緒に食べるとまた格別のおいしさ。あ~ヨダレが…。

値段はHK$640。
ハタの切り身とはいえそれなりのお値段ですが、ハタ1匹の値段を考えると(福臨門ならHK$1000は下らない)これでもずっと格安と言えます。【Kei】

|

« アチラ系の雑誌@尖東 | トップページ | 「食」メモNo.15 東來順 »

コメント

おはようございます。ご無沙汰してます。
このお料理、高かったけど、すごーく美味しかったですね!!今すぐにでも食べたいくらいです。
縁起の良いネーミングも幸先が良くて、お正月にぴったりでしたね。
久しぶりの福臨門を堪能しました。
今度は、食べ損なったあれをお願いしたいです。

投稿: Church Lady | 2013年6月27日 07時54分

Church Ladyさん
おはようございます。
いかがお過ごしでいらっしゃいましたか?

>このお料理、高かったけど
メニューで見て気になっていたんですがChurch Ladyさんの鶴の一声で無事に食べることができました。
本当にとってもおいしかったですねっ!!
思い出すだけでヨダレが出ます。
今年はこのお料理で「年年有餘」を目指します。

>今度は、食べ損なったあれをお願いしたいです。
そうですね!
食べ損ねて悔しい思いをしましたから次回はテーブルと一緒に予約しちゃいましょう。

投稿: Kei | 2013年6月27日 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アチラ系の雑誌@尖東 | トップページ | 「食」メモNo.15 東來順 »