« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

大丈夫?@尖沙咀

130729
「食べ放題、日式放題」とある。
和食のビュッフェなのでしょうか?
でも、「本当に大丈夫なの?」と懐疑的になる日本人は少なくないと思う。【Ham】

| | コメント (4)

不在のご連絡

「別冊」でお知らせしていますが、5日間不在にします。
どうぞよろしくお願いいたします。【Ham&Kei】

|

バスの広告@奥運

130724
タクシーに乗ってた時、前を走るバスの広告にちょっとビックリ。
啓発の広告にしてもこういうのをドーンと出しているところに「香港って進んでる~」と思ったりします。【Kei】

| | コメント (2)

貢茶の仙草奶凍&檸檬愛玉

130722
貢茶は台湾式の飲み物のスタンド。
特に旺角にはあちこちに支店があります。
今回は看板メニューの珍珠奶茶(タピオカ入りミルクティー)ではなくて、仙草奶凍(薬草入りミルクティー)だったと思うと檸檬愛玉(愛玉子入りレモンジュース)を注文してみました。
代金先払いでレシートに書かれた番号を呼ばれて受け取ります。
人混みの中で歩きながら飲んでもこぼれないように(?)蓋はシール状になっていて、太いストローを刺して飲みます。
値段が値段なので味もまぁそれなりですが、思った以上に身体が冷やされて一時の涼を取るにはなかなかいいもんです。
ただ、トッピングが結構お腹にたまるのがつらいところ。

今年は例年より早く梅雨明けして7月上旬からの猛暑続き。
熱中症予防に冷たい飲み物で身体を内側から冷やすのも意外に使える方法のような気がしています。【Kei】

貢茶:九龍旺角弼街67號

| | コメント (2)

港灣壹號の港灣點心花園

130716
港灣壹號(One Harbour Road)の點心精選(Dim Sum Specialities)のメニューから選んだのは、港灣點心花園。
アワビ・豚肉・エビ・野菜といった4種類の蒸した点心が入っています。
どれも「蒸」の調理なのは同じことなのですが、それぞれの具材がちがうので、4種類の味や食感を試せるところが楽しい。
メニューによれば「兩位用」ということなので、一応2人用。
少人数の時にはこういうメニューは助かります。
しかもハズレなし。

港灣壹號は10年近く足が遠のいていたのですが、味もサービスも雰囲気もここ数年は我が家の期待にしっかり応えてくれるので、好きなレストランの一つに「昇格」しています。【Kei】

港灣壹號:http://hongkong.grand.hyatt.com/en/hotel/dining/OneHarbourRoad.html

| | コメント (4)

照明も所変われば…@旺角

130711c
はるばるニューヨークから香港へ移動して、朗豪酒店(Langham Place Hotel Hong Kong)にチェックインしたのは夜のこと。
カウンターではロウソクの光が夜の雰囲気を演出…と思いきや、ロウソクだと思ってたのは実は電球。
「お灯明?」と言ったらば「バカだねぇ」とHamに軽くたしなめられました。
こういう形の明かりを見ると即座に仏壇のお灯明が思い浮かぶワタクシとしましては、何だか神妙な心持ちになってしまったのでした。
炎の部分だけはちがう種類の電球にしたら勘違いしないんだけど、恐らく香港の人たちはそんな勘違いしないんだろーなー。【Kei】

| | コメント (2)

屈臣氏の燕窩絲炫水潤面膜&燕窩絲炫細白面膜

130710
屈臣氏(Watson's)のフェイシャルマスク2種類。
以前Church Ladyさんからいただいたものの関連商品と思われます。
金色が燕窩絲炫水潤面膜(Bird's nest silk nourishing facial mask)で、銀色が燕窩絲炫細白面膜(Bird's nest silk whitening facial mask)。
マスクは両面から台紙に挟まれていてちょっと高級感があります。
薄くて密着性がいい。
匂いはほとんどありません。
1回で顔色が明るくなるとかシワが消えるとか、そういった劇的な効果はありませんが(逆にそうだったらちょっと怖い)、どちらも潤いにおいては期待以上のものがあります。
まさに「肌に水を与えている」という感じ。

1箱に5枚入りでHK$89.9。
手軽な値段で楽しめるという意味では韓国のフェイシャルマスクもいいのですが、香港好きの一人としてはやはりこちらを推したいところです。【Kei】

| | コメント (0)

満福樓の牛尾煲

130706
香港でレストラン選びに困った時に頼りにしているのが満福樓。
この日も数年ぶりに香港人の友人夫婦と夕食を一緒に食べることになり、どこへ行こうか考えた末、もとい、考えるのが面倒だったので、満福樓に決定。
くだんの香港人の友人はおおっぴらな「美食家で御座候」な感じではないのですが、味にはかなりうるさいタイプと密かに信頼しているので、メニュー選びは彼に全部おまかせです。

その彼が選んだメニューの中で、珍しくガツンときた感じの料理がコレ。
牛テールのポートワインソース煮込みみたいな味。
ボリュームもさることながら味も割合コッテリしていましたが、そこは満福樓のことなので、ほどよく洗練されていて、毎度のことながら満福樓って肉料理が本当に上手だと思います。

アッサリした感じの料理ばかりに目がいってしまう我が家なので、こういう料理は見落としていますが、メニューにメリハリができて新鮮な気がしました。
メニューの組み立てって本当に奥深いもんです。【Kei】

滿福樓:香港灣仔萬麗海景酒店

| | コメント (0)

CXラウンジの菠蘿包@HKG

130704
到着ロビーの美心西餅で菠蘿油を買った後は、キャセイパシフィック航空のラウンジで菠蘿包(パイナップルパン)を発見。
このまま食べようと思ったのですが、バターをもらってきて挟んで食べました。
味は以前食べた墨西哥包(メキシコパン)には負けるような気がしましたが、最後の最後に「これぞ香港」なパンに出会えて嬉しかったです。【Kei】

| | コメント (0)

機内食 HKG-NGO@CX('13年5月)

ゴールデンウィークのニューヨーク・デトロイト旅行の最後の区間、香港-名古屋は、さすがに夕方発のフライトに乗る元気もなくだって家に帰ったら10時半になっちゃうし、そんなんで翌日からフツーに社会復帰できる自信なんかありませんから午前発のキャセイパシフィック航空536便で帰国という大人の選択、じゃなくて高齢者の選択をした我が家でした。

130703a
で、香港-名古屋のビジネスクラスの機内食です。
前菜は「マグロのスモークと海老の青じそ梅ドレッシング」。
マグロの色がちょっとコワイよ。

130703b
メインディッシュは「カレイ・海老・帆立の焼きものマスタードソース添え」。
メニューを見た感じでは選択肢に入らなかったけど、実物を見たらこれが一番よさそうな気がしたので選択。
意外においしかった。
あと、根菜が入っていたのも嬉しい。

130703c
Hamが選んだのは、「オーストラリア産プライム・テンダーロインとポータベロマッシュルームの赤ワインソース焼き」。
名前こそちがえど既視感アリアリ。
しかし、普段は肉に全く興味を示さないHamがこんなに肉に執着するなんて、やっぱり3月の一件をまだ恨んでるのだろうか?

130703d
シメはチーズと果物。
これはHamの分。
私はマンゴーだけをテンコ盛りにしてもらいました。

担当の客室乗務員さんがとても面白い人だったのが印象的でした。
それから2月に我が家を担当しておられた客室乗務員さんがおられて偶然の再会。
相変わらず丁寧で心のこもった仕事ぶりでした。
満席にもかかわらず、素敵な客室乗務員さんたちのおかげで今回の旅行の最後の区間はとても気分よく過ごすことができて感謝。
外国人の客室乗務員さんたちのサービスに不満があるわけではありませんが、日本人の客室乗務員さんたちのサービスは行き届いていてホッとします。
今回は長い区間を乗ってきたので、余計にそう感じたのかもしれません。【Kei】

| | コメント (0)

Maxim's Deluxeの菠蘿油

130702
香港国際空港のMaxim's Deluxeで菠蘿油詳しい名前失念。わかったら修正します。を見かけたので、物は試しと買ってみたらば、意外とイケてビックリ。
作り置きのパンにしては表面がサックリしているし、挟んであるバターの味もまぁまぁ。
ただ、陳列してる時は形がきれいですが、店員さんに渡したら最後、無造作に袋に放り込まれてバターが袋の内側やパンの表面につきまくるわ、バターの形は跡形もなく崩れるわで悲しい思いをします。
なので、会計をする前に写真を撮っておきました。

ちなみに横のカワイイのは「復活兎包」というイースター限定と思しきパン。
Hamの趣味で買わされ…もとい、買いました。【Kei】

Maxim's Deluxe:大嶼山香港國際機場1號客運大樓5T060號舖

| | コメント (2)

批&撻專門店の芝士鮮奶撻

130701
ここの芝士鮮奶撻(チーズミルクタルト)はちゃんとチーズとミルクの味がします。
しかも郷愁を誘う安っぽい味でもなく、洗練された味でもなく、ちょうど中間の味というところがいい。
商品の回転がいいのか、たまたまタイミングがいいのか、私が買う時はいつも熱々です。

昔は旺角に店がありましたが、最近は中心部からちょっと離れたところに展開しているようです。
唯一我が家の行動範囲に近いのが尖東の店なので、たまにそちら方面へ行った時には立ち寄るのが楽しみになっています。【Kei】

批&撻專門店:九龍尖沙咀漆咸道南57-59號金馬倫中心1號地舖

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »