« 黑白淡奶のティーカップNo.3 | トップページ | カルビーの粟一焼&蝦條 »

喜記の蟹油蒜蓉王

130813
避風塘の料理で有名な辣蟹(蟹のチリ・ガーリック炒め)のガーリックを瓶詰めしたという感じ。
ですが、料理で出てきた時のガーリックフレークはそこそこイケるのに、これはそのまま食べられないわけじゃありませんが、生臭さが少し気になります。
蟹の油が入っていますが、蟹らしい香りは微妙。
でも、パッケージに「中辣」とあるように唐辛子の辛さに加えて塩味もはっきりしています。
これは熱を通した料理に調味料として使うのがいいかもしれません。

そういえば肝心なことを思い出しました!
我が家は喜記へは一度も行ったことがなかったのでした。【Kei】

|

« 黑白淡奶のティーカップNo.3 | トップページ | カルビーの粟一焼&蝦條 »

コメント

おはようございます。

>我が家は喜記へは、一度も行ったことがなかったのでした。
えっー、そうなんですか。意外だわ…
私は、大分前に1回だけ行ったことがあります。
その後は、こちらが聞かなくても、事前に値段をきちんと教えてくれるという点で、もっぱら橋底ですけど。

投稿: Church Lady | 2013年8月14日 08時00分

Church Ladyさん
おはようございます。
>えっー、そうなんですか。意外だわ…
観光客丸出しな我が家は時価モノの多いこのテの店は敷居が高いのです。
そんな時にChurch Ladyさんが橋底は明朗会計だと教えてくださったので、もっぱら橋底に通って現在に至っておりますの。

深夜のオヤツのスパイシークラブはやめられませんね(^^ゞ

投稿: Kei | 2013年8月14日 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黑白淡奶のティーカップNo.3 | トップページ | カルビーの粟一焼&蝦條 »