« 月餅購入記('13年) | トップページ | agnès b.の月餅のオマケ('13年) »

香港麗思卡爾頓酒店の迷你紅豆栗子月餅

130824a
鍵つきの宝石箱のような立派な箱に恭しく8個の小さな月餅が収められている。
いつもながら、ここの過剰包装には驚かされる。

130824b
中身は小豆と蓮の実のあんに細かく砕いた栗が入っていて、断面を見ると栗羊羹に見えなくもない。
味の方は伝統的な蓮の実あんに小豆が混ぜてあるようで、伝統的な味に近いけれども少しだけ特色を出している。
万人受けする味だ。
個人的には大きなままの栗を入れて鹹蛋黄(アヒルの塩漬け卵の黄身)のイメージにしてほしかった。

伝統的な月餅からの発展型ということで、冰皮月餅(冷たい月餅)や奶黄月餅(カスタード月餅)といった新しい月餅とはちがった手法での新しい月餅を模索しているのは評価できると思う。【Ham】

香港麗思卡爾頓酒店:http://www.ritzcarlton.com/

|

« 月餅購入記('13年) | トップページ | agnès b.の月餅のオマケ('13年) »

コメント

こんにちは〜
こんな大袈裟な箱に入っていたんですね!!
今朝いただいてみましたが、蓮と小豆餡の味も美味しくて、栗が程よいアクセントになっていました。
大の栗好きな私としては、栗がごろって入っている方がもっと美味しいだろうなぁ〜せめて栗の量を増やしてくれたら、もっと嬉しかったなぁ〜

投稿: Church Lady | 2013年8月25日 13時27分

Church Ladyさん
こんにちは
一昨年の箱はやたら大きいというだけのものでしたから迷わず捨ててしまいましたが、今年のは捨てることができず日本に持ち帰ってしまいました。
栗の量はもっと多い方が美味しそうですね。
月餅の皮の下が栗きんとんでもいいなぁ。

投稿: Ham | 2013年8月25日 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月餅購入記('13年) | トップページ | agnès b.の月餅のオマケ('13年) »