« 糖朝の変貌 | トップページ | 一足遅い夏休み »

オノマトペの日本語文化@中環

130815
例によって変なものがないかと日本城をウロウロ。
スプレー式のエアコンのクリーナーが置いてある。
効果のほどはどうかと思いながら手に取ると、英文と中文で使い方が書かれている。
さすがは香港の商品と思いきや、説明の挿絵に「パキン」と日本語の擬音の表記。
どうやら日本製または日本向け商品のコピー品らしい。

擬音語と擬態語を総称して「オノマトペ」と呼ぶらしいのだが、この日本語独特の文化が英語や中国語に翻訳できるようになったら日本の文化そのものが世界に知れ渡るような気がするのですが、ちょっと難しいでしょうかね?【Ham】

|

« 糖朝の変貌 | トップページ | 一足遅い夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糖朝の変貌 | トップページ | 一足遅い夏休み »