« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

許留山の楊枝金露&多芒西米露

130929o
「許留山ではマンゴーのメニューが『鉄板』である」というのが我が家の考え方です。
変な気を起こして目先の変わったメニューを選んだりしないでフツーのメニューを選べば、ちゃんと満足感を得られると思います。なので昨日の記事は例外です。

我が家がいつも注文するのが、楊枝金露(いわゆる「楊枝甘露」)や多芒西米露(マンゴー大盛りのタピオカ入りマンゴージュース)。時々注文するのが金粉撈晶晶
楊枝金露は満記と比べてどちらがおいしいかという話はさておき、許留山らしくマンゴーが一定の品質を保っているおかげで、まずハズレがありません。
多芒西米露もしかり。
それに「多芒」の文字通りマンゴーがいっぱい入ってて、マンゴー好きにはたまりません。
全体的な味のバランスもいい。

我が家の結論。
許留山ではマンゴーの入ったジュース系のデザートを選ぶべし。【Kei】

許留山:http://www.hkhls.com/

| | コメント (4)

許留山の芒果班戟

130928c久々に目が覚めるほどおいしくない食べ物に出会ってしまいました。
許留山の芒果班戟(マンゴークレープ)。
満記のと食べ比べてみようという変な好奇心を持ってしまったのが間違いでした。
外側のクレープ生地は梱包材のスポンジみたい、中のクリームはマンゴーの味をこっぱみじんにする破壊力、下のチョコレートソースはメチャクチャ安っぽくて絶対に無駄、といいところなし。

香港も何十回と通えばたいていのことには驚かなくなるし、元々食べ物は残すのはポリシーに反するので、自分の注文した物には責任を取るのですが、これだけは降参でした。
だいたいこれのせいで虫の居所が悪くなったところに、Hamが「変だ、変だ」と言いながら腐りかけのババロアをバクバク食べたりするもんだから余計にアタマくるし。
ソッコーで河岸を変えました。

我が家の教訓。
芒果班戟はやっぱり満記に限る。【Kei】

許留山:http://www.hkhls.com/

| | コメント (4)

許留山の呂宋・芒心暗許

130928a
許留山の新製品の「呂宋・芒心暗許」なるデザートです。
後にして思えば「ルソンのマンゴーが暗くて心許ない」という読み方をしてしまったあたりから、すでに歯車が狂っていたのかもしれません。
これは、
✣芒果奶凍または芒果糯米飯(マンゴーババロアまたはもち米マンゴーのせ)
✣芒果冰心(バジルシードと白玉入りマンゴージュース)
✣芒撈熱香餅(マンゴーアイスクリーム添えパンケーキ)
という3種類から構成されていて、選択肢だった芒果奶凍の方を選びました。

芒果冰心と芒撈熱香餅は想像したとおりでした。
まずいわけではないが、あえて香港で食べる必要はないという感じ。
一方、Keiは「パンケーキがおいしくない」と。

130928b
問題は芒果奶凍でした。
一口食べてみると、酸っぱい…?
二口食べてみると、舌が痺れる…?
横で見てたKeiが「変だと思ったらすぐに食べるのやめなよ!二口もバクバク食べてバッカじゃないの!」と怒ったかと思うと、早速店員さんを呼んで「コレ、味が変!」と言っている。
取り替えてもらったら、今度は酸っぱさも痺れもありませんでした。
どうやら、腐りかけのを出したようです(呆)。

ちなみに取り替えてもらったものの味は全くおいしくなくて、結局この新製品の評価は惨憺たるものでした。
結局、口直しに他の店に出かける羽目になりました。【Ham】

許留山:http://www.hkhls.com/

| | コメント (0)

マッサージ店の集合ビル@中環

130927a 130927b
香港旅行の楽しみの一つがマッサージ。
以前は朗豪坊(Langham Place)のほとんど向かいにあった水云荘が気に入ってよく通っていたのですが、移転してからはわざわざ彌敦道の向こう側へ出かけるのが億劫で、すっかり足が遠のいてしまいました。
旺角はマッサージ店が彌敦道の東側に固まっているので不便なことこの上ない(西側にあるのは主にアッチ系)。

その代わり、最近は中環のマッサージ店へ行くことが多くなりました。
置地廣場(The Landmark)から程近い世紀廣場にはマッサージ店が何軒か入っていて、たとえば足マッサージならば、どこも50分HK$200前後と、場所のわりに意外にリーズナブル。
どの店も雰囲気や値段やサービスは似たり寄ったりなので、適当に見当をつけて入ってもハズレということはありません。
飛び込みで行って満員だったら他の店に行けばいいし、場所柄欧米系のお客さんが多いので英語が通じるし、いい意味で観光客慣れしているのがありがたい。
マッサージ師さんの技術も一定の水準を保ってるし、真面目に施術してくれるので安心です。
いままで3回適当に見当をつけて飛び込みで行きましたが、3回とも問題なく満足でした。2回ご一緒したChurch Ladyさん、いかがでしたか?

理想は中環のホテルに泊まって世紀廣場に日参することですね。【Kei】

| | コメント (2)

眠る招き猫@上環

130926a
科記の店先に1匹の猫が寝ていました。

130926b
気持ちよさそうに寝ていたので、撫でたい気持ちを必死で抑え、そのまま店の中に入りました。

「眠り猫 寝てるだけでも 招き猫」…失礼しました。【Ham】

| | コメント (2)

鳥の名前?@尖沙咀

130925
今度はアマサギ
またまた鳥の名前(?)。
カッコウだけじゃなかった。
次はスズメとかペリカンとかだろうか?【Kei】

| | コメント (0)

無料の新聞@中環

130924
朝の通勤時間帯にはMTRの出口など人通りの多い場所で、無料の新聞を配っています。
中国語の新聞はもちろん、中環のように外国人の多い場所では英字新聞も。
無料でも意外に読み応えがあって侮れません。
複数の新聞社が一ヵ所に集まって配っているので、一度に数種類もらって読み比べ(眺め比べ)も楽しい。

楽しく読んだ(眺めた)後は梱包材もしくは緩衝材として活躍してもらい、最後は地元の廃品回収へ。
無料でも海を渡って立派に活躍していただきます。【Kei】

| | コメント (0)

テーブル犬@深水埗

130923a
深水埗を散策していた時のこと、店番の女性に向うに隠れていたのはチビ犬でした。

130923b
テーブルの上にいるなんて、まるで猫みたい。
でも、猫のようにテーブルに乗ったり降りたりなんて芸当はできないのでしょうね。
ご主人様の女性と一緒にいられるのはよいとして、退屈しないのかなぁ?【Ham】

| | コメント (2)

港島香格里拉酒店の迷你奶黄月餅

130922b
「迷你(ミニ)」と言いながらも、他の「迷你月餅」より一回りは大きい。
そういえば、同じホテル内の夏宮の料理も一品あたりの量が多かったような気がします。

切ってみると、奶黄(カスタード)のあんに部分的な空洞があります。
食べてみると、奶黄の部分が固めのカスタードクリームのようなねっとりした食感で、これなら100%充填するのは難しいということで納得。
ホロリとした食感が多い他の奶黄月餅とは一線を画する味わいでした。
ちなみに英語では"Milk Custard Mini Mooncake"で、鹹蛋黄(アヒルの塩漬け卵の黄身)は入っていませんでした(嘉麟樓の月餅でも鹹蛋黄は使われていますが、月餅の象徴的な材料と言うべき鹹蛋黄を使わない月餅というのは興味深い)。

外箱は刺繍の施された布張りの立派なもの。
まさに立派な贈答用の風情です。

実はKeiがChurch Ladyさんとアフタヌーンティーをした時にこの月餅を買おうかどうか迷った挙句に諦めたものだったとか。
それが例の幻の月餅と一緒に我が家に届いたというものです。

Cさん、Tさん、Church Ladyさん、貴重な品を本当にありがとうございました。
中秋節は終わりましたが、思いがけずおいしい月餅で余韻を楽しむことができました。【Ham】

| | コメント (2)

嘉麟樓の奶黄酥皮月餅('13年)

130922a
今年はこの月餅を見ることはないだろうと思っていたのですが、貰い物の貰い物の貰い物の貰い物という運命を辿って我が家へ。
去年の騒動に続いて今年の大幅な値上げに「馬鹿げている!」と、最初から買う気など全然なかったのですが、実際に見るとやはり嬉しい。
この幻の月餅を送ってくださったのは、Church Ladyさん。
Church Ladyさんの手元に届いた時は上段の月餅は全滅だったそうで、原形を留めている下段のものを送ってくださったのでした(なので、実際の数は4個です)。

おなじみの姿におなじみの味。
今年も運良く食べる機会に恵まれましたが、異常な人気が続く限り、今後恐らく口に入ることはないでしょう。
貴重な品を本当にありがとうございました。【Ham】

嘉麟樓:九龍尖沙咀半島酒店

| | コメント (2)

中秋節の供え物@尖東

130921
これもHamがスキャナで取り込んだ昔の写真の1枚。
2002年9月の写真です。
香港日航酒店(Hotel Nikko Hong Kong)に飾ってあった中秋節のお供えかな?

昔は狙わずして中秋節間近に香港へ出かけたことが何回かあったようでしたが、中秋節の風情にも月餅にも興味がなかったとみえて、ほとんど写真が残っていません。
知らなかったとはいえ、もったいないことをしたものです。【Kei】

| | コメント (0)

中秋節の家族団欒@銅鑼灣

130920
Hamが1996年から2005年までフィルムで撮った写真をスキャナで取り込んでいる中で、中秋節の夜に維園(Victoria Park)で家族でお月見を楽しんでいる人たちの様子を撮った写真が出てきました。
ザボンの皮を燭台代わりにしてロウソクを立ててます(^ᴗ^)
当時はまだロウソクを使ってもよかったんですね。

130920a
公園は団欒を楽しむ人たちで明け方まで賑やかでした。
この時は某大手旅行社の激安ツアーでたまたま柏寧酒店(Park Lane Hotel)に泊まってました。よく考えたら激安なのにいいホテルだし景色もいいじゃん。
おかげであまり眠れなかったけれど、香港の人たちの家族の結びつきの強さみたいなものを感じました。【Kei】

| | コメント (0)

龍島のLantern Chocolate Box

130919
龍島(Lucullus)は中秋節にランタンの形をした小さな箱に入ったチョコレートが売り出されます。
今年は提灯の形の箱の中にウサギが描かれたチョコレートが入ってます。一昨年はウサギ
フレーバーは、白が黒ゴマで緑がマンゴー。
味は日本で量産されるちょっと高めのチョコレートと同じレベルですが、見た目がかわいいし、値段もそんなに高くないし、小さなプレゼントとして渡すには我が家としてはここのが一番おすすめだと思います。こんなのもありました。【Kei】

龍島:http://www.lucullus.com.hk/

| | コメント (0)

香港W酒店の月餅

130919h
香港マダムのぶさんからのいただきものです。
蓮の実あんと鹹蛋黄(アヒルの塩漬け卵の黄身)の組み合わせという伝統的な月餅です。
蓮の実あんは油分が抑え気味なのか、比較的アッサリしています。

洋菓子風のカスタードの月餅が好みではありますが、やはりこの伝統的な月餅を食べないと中秋節を迎えた気にならないですね。
ぶさん、ありがとうございました。【Ham】

| | コメント (0)

中秋節百景@香港あちこち('13年)

先月の香港旅行は中秋節まで1ヵ月以上も前でしたが、中秋節の準備が少しずつ始まっていました。

130919a
行きの機内で見た新聞の広告。
福臨門の月餅の広告を見たのは初めて。

130919b
…なんて思ってたら、香港でも大々的に広告を出してました。
経営方針を変えたのかな?新しいレストランもできたらしいし。

130919c
香港旅行のたびに楽しみにしている文華餅店(Mandarin Cake Shop)の「作品」。
相変わらず立派。

130919d
バスに乗ってたら見かけた奇華餅家(Kee Wah Bakery)の広告。
エリック・ツァン(曽志偉)は健在だけど大口は控えめでつまらない。

130919e
花墟道の一角。
この店は季節ごとのデコレーションで彩られていつも賑やか。

130919f
崇光百貨公司(そごう)は壁一面が中秋節の贈答品の広告。
中秋節に対する香港の人たちの気迫を感じます。

130919g
機内持込用バッグは壊れやすい月餅専用。
この時はまだ半分ぐらいしか埋まってないけど、後から満杯になりました。どんだけ買ったんじゃ。

外ではお月様が輝いています。
皆様、中秋節快樂!前回の様子はコチラ 【Kei】

| | コメント (0)

Godivaの中秋節限定チョコレート('13年)

130918b
ゴディバ(Godiva)では贈答用の立派な詰め合わせも売っていましたが、少々手に余るので、バラ売りの月餅型のチョコレートを2種類買いました。

紅櫻桃柑橘香脆牛奶巧克力月餅(Mooncake Duo Lait: Red Cherry-Mandarin Crunch)は、 サクランボとミカンのフレーバーのミルクチョコレートです。
ミルクチョコレートの甘さが果物の甘さと重なってしまい、いまひとつピンとこない。

紅加侖香橙香脆黑巧克力月餅(Mooncake Duo Noir: Redcurrant-Orange Crunch)は、スグリとオレンジのフレーバーのブラックチョコレートです。
チョコレートの苦味と果物の甘味と酸味のコントラストがあって、こちらの方が好みでした。
店員さんによれば、ブラックチョコレートの方が人気とのことでした。【Ham】

GODIVA Chocolatier:http://www.godiva.com.hk/

| | コメント (0)

望月の迷你酥皮奶黃月餅

130918a
長沙灣という意外な場所にある望月(Patisserie La Lune)が出している月餅です。
penjieさんからのいただきものです。

洋菓子風のカスタードの月餅ですが、中心に鹹蛋黄(アヒルの塩漬け卵の黄身)が控えめに入っています。
伝統と現代が共存していて、それでいて違和感がない。
欣圖軒の月餅がこれと似たような感じでした。
これもとてもおいしい。
サイトによると、ここのシェフは「迷你酥皮奶黃月餅的始創人」とありました。
経歴も、有名レストランを渡り歩いた人らしい。

手に入れにくい月餅を送っていただき、ありがとうございました。【Ham】

望月:http://www.wangyue.com.hk/

| | コメント (0)

鴻福堂の迷你尊貴奶皇月餅

130917c
MTRの駅構内でもおなじみの涼茶(漢方茶)などを扱っている鴻福堂ですが、ここにも月餅があり、念のために買ってみました。
1個でも買うことができるのは助かります。

「おいしいけど、アニエスベー(agnès b.)の月餅と似ているなぁ」と思いながら、原材料を比較すると、完全に一致していました。
ちがいは、「鹽(塩)」と「食鹽(食塩)」という無視できるちがいで、その他の成分は表現も順序も全く同じ。
当然、アニエスベーの月餅の製造元である奇華餅家(Kee Wah Bakery)の月餅とも一致しています。
それに、月餅の個別包装に印刷している番号や商品名のフォントや形式も同じ。

ということで、表記こそありませんが、奇華が製造しているということは疑う余地がありません。
これで鴻福堂の月餅も、味は間違いない(?)ことがわかりました。

奇華は本当にすごいですね。【Ham】

鴻福堂集團:http://www.hungfooktong.com/tc/

| | コメント (2)

奇華餅家の迷你朱古力奶皇月

130917b前回の香港旅行ではおなじみの四星奶皇月を買いましたが、フレーバーはいつもと同じで、奶皇(カスタード)・綠茶(緑茶)・黒芝麻(黒ゴマ)・芒果味(マンゴー)…つまんなーい。
そうしたら、先日の月餅試食会でJさんからご提供いただいたのが、迷你朱古力奶皇月。
チョコレート味の月餅の詰め合わせです。
四星奶皇月に入ってるマンゴー味の代わりにチョコレート味が入ればいいのに、と思っていたので、これは嬉しい。

130917a
チョコレートとカスタードと中華菓子らしい要素が融合しているという感じ。
さすがは「鉄板」の奇華、万人受けする味だと思います。。
毎年熱望している黒芝麻だけの月餅の詰め合わせを売り出してくれないなら、これからは奶皇以外だったら朱古力かなー?
余談ですが、少し温めるといっそうおいしくなります。

ともあれ、Jさん、貴重な品をありがとうございました。【Kei】

奇華餅家:http://www.keewah.com/

| | コメント (2)

聖安娜餅店の冰皮月餅('13年)

聖安娜餅店で初めて冰皮月餅を買ってみました。

130916d
菠蘿椰子乳酪軟心冰皮月餅は、パイナップルとココナッツのあんの中にヨーグルトが入ったもの。
ヨーグルトは目立たないが、パイナップルとココナッツの存在感がいい。
開心果紅豆冰皮月餅は、見た目には緑茶と小豆ではないかと思ってしまいますが、緑色はピスタチオらしい。
「らしい」というくらいピスタチオの風味は控えめ。
この珍しい取り合わせは小豆の主張の方が勝っていました。

美心集團の冰皮月餅のように一つのパッケージに2個入っているのとちがって、1個ずつ包装され、バラ売りされていました。
我が家のように、少し味見したいという人に向いています。【Ham】

聖安娜餅店:http://www.sthonore.com/

| | コメント (0)

美心の冰皮月餅('13年)

毎年のように美心集團(Maxim's Group)の冰皮月餅を買い続けてきて、もういい加減ネタは尽きたと思っていましたが、まだ続いています。去年はコチラ

130916b
夏威夷果仁班蘭は、「パンダンはどこ?」という状態ですが、マカダミアナッツの存在感を楽しむことができます。
雜苺は、ミックスベリージャムを使ったというもの。
期待以上でも期待以下でもない。
Jさんからいただいた皇牌緑豆は、何も入っていない緑豆のペーストのみというシンプルなもの。
冰皮月餅の基本中の基本である緑豆の味を楽しむことができます。
これが一番おいしかった。

今回の試食は、太太さん、Jさん、Keiの元同級生のMさんの3人が協力してくださいました。
ありがとうございました。【Ham】

美心集團:http://www.maxims.com.hk/

| | コメント (0)

誕生日の花束@太子

130916
香港滞在中に誕生日を迎える友人と食事に行く約束をしていたので、プレゼントに花束を買うことにしました。
その日の午後にウロウロしていたのは尖沙咀、食事の場所は紅磡。
香港島側だと中環から蘇豪にかけて何軒かの花屋さんに心当たりがあるのですが、九龍半島側はサッパリ見当もつかない。
超ベタですが、花墟道で探すという賭けに出ました。

最初は花束を誂えてもらおうと思ったのですが、ざっと見た感じでは焦っているせいかピンとくる品揃えの店が見当たらない。
作戦を変更して出来合いの花束を探しましたが、「なぜ赤のバラと紫のスターチスの組み合わせ?しかも包装はピンクだし!」と叫びたくなるような色合いの店多し。
それでも店を1軒ずつ覗く勢いで探し回って、やっと1軒の花屋さんで見つけたのがこの花束。
オシャレと言えないけど、これならギリギリで許容範囲。本当はこういうのがよかったのよ。

無事に手に入れた花束を抱えて、待ち合わせ場所へ。
後ろからそっと近づいて目の前に花束を差し出して驚かせるという超ベタな演出も大成功。

今回、花墟道へ行ってみて学習したこと。
店はだいたい夕方6時には閉まる。
「繽紛」というチェーン店は分野ごとに何軒かあって見応えがある。
園芸用品で掘り出し物がある。
…というわけで、また行ってみよう。【Kei】

| | コメント (0)

国外最大級のガンダム@銅鑼灣

130915b
銅鑼灣の時代廣場の前にガンダムが展示してありました。
お台場の18mもあるガンダムに比べたら3分の1ぐらいの大きさですが、それでも十分に大きい。
聞けば、国外では最大級のガンダムだそうです。

130915c
ライバルであるシャアのザクと相対していて、今にも戦闘を始めるという感じ。

130915d
近くには人間と同じくらいの大きさの量産型ザクが何体もあって、こちらは手に触れることができるようです。
ザクの下の床に敷き詰められていたのは、プラモデルの組み立て説明書らしきもの。
どうやらおもちゃメーカーが提供しているようですね。

130915e
エスカレーターで上がっていくと、その先には宙吊りになったホワイトベースとその下にガンダム関連商品の売り場がありました。

130915f   
130915g
コスプレのおにいさんやおねえさんと一緒に記念写真を撮るというサービスもあり、家族連れで賑わっていました。

130915h
やはり"KT(キティちゃん)"だけでは、香港の男の子は満足できないでしょうね。
いずれにしても日本のアニメが香港で人気なのは、少し嬉しいことです。【Ham】

| | コメント (0)

クリネックスのポケットティッシュ

130915a
香港でポケットティッシュと言えばテンポ(Tempo)ですが、日本で有名なクリネックス(健力氏/Kleeenex)でもポケットティッシュを出しています。
これは"Soft 'n' Strong"と書いてあったのですごく期待して買ってみたんですが、実際にテンポのティッシュと比べてみたら、柔らかさも手触りもほぼ同じ。
あ~あ、ポケットティッシュの不良在庫がまた増えちゃったよ。

どうやったら効率よく消費できるか考えてみたのですが、やっぱりハンカチ代わりに使うのが一番よさそう。
特に汗を拭く時に使えば衛生的じゃない?
今年の夏は猛暑で1枚のハンカチを使い回すのに何となく抵抗があって、2枚持って出かけてたし。
ということを、秋口になって思いついてしまう間の悪い(頭の悪い)ワタクシでした。
効率よい消費の方法を模索する日々はまだまだ続く。【Kei】

| | コメント (2)

九龍酒店の迷你酥皮奶黄月餅

130914
5年前に買った九龍酒店の月餅で変な匂いがしてからというもの、この月餅を敬遠してきましたが、嘉麟樓の月餅の狂乱ぶりについていけなくなったことから、やむなく再び買うことにしました。
「二度と買わない」と宣言してから5年で撤回するという意志の弱い我が家です。

味の方は、もちろん変な匂いはしませんでしたし、恐らく嘉麟樓のものに最も近い味も変わりません。
こちらの方がほぼ半額ですから、ブランドを気にしなければこれで十分でしょう。

しかし、これを手に入れるに当たっては一悶着あって、予約が入っているいないで係の女性とやりとりが延々と続く。
こちらが持参した予約受付のメールが彼女の考えている予約確認書の書式でなかったのが問題だったらしいのですが、どこかに問い合わせるなりコンピューターで照合するなりすれば簡単に解決できるのに全く融通がきかない(そもそも予約確認書が送られてこなかった)。
まるでお役所仕事。
おかげで受け取るだけなのに15分もかかるという始末。Kei激怒。
昔とちがってサービスの向上してきた香港にあって、いまだにこういったサービスを、しかもホテルで提供されるというのは、ある意味驚きでした。【Ham】

九龍酒店:http://www.harbour-plaza.com/kowloon/Index-en.htm

| | コメント (4)

「Hello Kitty走過獅子山下」@旺角

130914a
我が家の香港滞在中、朗豪坊(Langham Place)では「Hello Kitty走過獅子山下」というイベントをやってました。

130914b   
130914c   
130914d   
130914e   
130914f   
130914g   
130914h   
130914i   
130914j
1960年代の香港の様子を再現しているようです。
60年代生まれの我が家は昔懐かしい部類に入っちゃうのね~。
否応なく年齢の重みを突きつけられた気分。

130914k
小道具もとても細かく作られていました。
トンネルの上の部分の鹹魚(塩漬け発酵魚)や調味料の甕。
お米の樽にはキティちゃんの絵。

130914l
點心(点心)もキティちゃん。   

130914m
写真館の壁の写真もキティちゃん。   

130914n
瓶を入れる箱にもキティちゃん。   

130914o
洗濯物のくたびれ加減が素敵。   

130914p
屋根の上のゴチャゴチャしたアンテナも雰囲気が出てます。   

130914q
壁に貼ってあったのは月餅のポスター。
本当に売ってたら買ってたと思います。

130914r
後ろの涼茶舗(漢方茶スタンド)のメニューには"KT"とかキティちゃんのリボンとか。
人力車夫のおじさんの首にかけたタオルは「祝君早安」。
シブイわー。 

130914s
クマのおじさんの足元のアレもキティちゃんのリボンの柄。
おじさんの手には鳥籠。
窓際にも鳥籠が吊るしてありました。

あまりにも細かく作られていて驚き。
明日で終わりなんてもったいない気がします。
それにしても朗豪坊はキティちゃんが好きねぇ。過去のイベントはコチラ 【Kei】

| | コメント (0)

TWGのTea Traditional Mooncakes

130913a
TWGの月餅は"TWG Tea Traditional Mooncakes"と"TWG Tea Snowskin Mooncakes"の2種類で、今回買ったのは、"Traditional Mooncakes"の方("Snowskin Mooncakes"はHamに却下されましたとさ)。
"Traditional Mooncakes"はさらに4種類あります。
✣Constellation-This iconic signature of the mid-autumn festival holds within a golden crust a smooth and elegant Longevity Tea infused brown lotus filling with a hint of ginger, a scattering of roasted melon seeds and an embedded salted egg yolk heart.
✣Pagoda-Wrapped in a perfectly baked chocolate brown crust, bursts of juicy cranberries dazzle in smooth lotus paste infused with malty notes of Chocolate Tea, encasing a luscious raspberry marmalade heart.
✣Dragon-A celestial moment of indulgence, this sumptuous red crust is filled with a vervety smooth lotus paste infused with the nutty overtones of Brothers Club Tea and scattered with roasted peanuts, enclosing a heart of buttery peanut paste.
✣Moonlight-Encased in a lavish, brown crust, his exquisite TWG Tea mooncakes is filled with smooth white lotus paste infused wit Pu-Erh 1993 and sprinkled with black and white sesame seeds, enveloping an aromatic sesame paste heart.

我が家は鹹蛋黄(アヒルの塩漬け卵の黄身)の入っていない月餅を買いました。
どの月餅も伝統的な蓮の実のあんをベースに、TWGらしくお茶を混ぜて風味づけをしています。
お茶の味はそれほど主張していなくて、バカ舌の我が家は下手すると気づかない程度ですが、どれも工夫が凝らしてあって、イメージだけが突っ走ってるという印象はありません。
意外においしくてちょっと驚きました。
1個HK$118と思ったより安かったのもポイント高し。
買って正解でした。

ちなみに"Snowskin Mooncakes"とは、いわゆる「冰皮月餅」だそうな。
来年もし機会があったら買おうと思っています。【Kei】

TWG:http://www.twgtea.com/

| | コメント (2)

富記粥品の粥&腸粉

130912b 130912c
たま~に朝食にお粥を食べたくなる時がありますが、おいしいお粥のお店って昼からの営業ってところが少なくない。
ガイドブックで見るような「香港の朝食イコールお粥」ではないことを実感させられます。
で、"OpenRice"を調べてみたらホテルから歩いてすぐのところによさそうなお店を発見したので行ってみました。

最近は皮蛋痩肉粥(ピータンと豚赤身肉のお粥)もHK$30もすることにビックリ。
随分と物価が上がったものです。
でもお粥はちゃんとおいしかった。
細く割いた豚肉と適度に大きく切ったピータンがたくさん入ってました。
油条も普通においしかった。

腸粉は種類が多くて、一番高い鮮蝦腸がHK$20。
エビはケチってなかったし臭味もなくて、この値段でこの味なら及第点です。

旺角でお粥と言ったら妹記が有名ですが、ここもいい勝負だと思いました。
再訪アリです。【Kei】

富記粥品:九龍旺角花園街104-106號

| | コメント (0)

スタバの夾層林明頓

130912
相変わらずラミントン(Lamington)好きですが、スタバ(星巴克咖啡)でラミントンを買うのは初めてでした。
ラミントンが層になってて、文字通りの夾層林明頓。
1個でオレンジ・イチゴ・レモン・チョコレート(だったっけ?)の4種類の味を楽しめるようになってます。
まぁまぁおいしいけどちょっと高いなぁ(HK$16)。
でも、スタバのラミントンはマックカフェ(McCafé)のラミントンよりはおいしいような気がしました。【Kei】

星巴克咖啡:http://www.starbucks.com.hk/

| | コメント (0)

機内販売品購入記No.13@CX

130911a
香港の友人からもらったイクリプス(eclipse)のミントタブレットのセット。
出張に出かけた時の機内販売で買ってきてくれました。
実は行きの機内でカタログで見て心が動いたのですが、どーしても欲しかったら帰りの機内で買うことにして見送ったんです。
結果的には見送ってよかった。
以下、キャセイパシフィック航空のサイトからの抜粋です。
'This summer, Eclipse Mints×Asia Miles presents you with the "World Travel Limited Edition Gift Box". The five tins feature designs highlighting scenic spots in places including Paris, London and Hong Kong, connecting you with the world. Open the box and it's a 3D decoration too. Available on designated flights only.'

柄は香港、日本、フランス(パリ)、インド、イギリス(ロンドン)の5種類ですが、本命はもちろん香港の柄。
1個しかないのにHamが欲しそうだったので困っていたのですが、ちょうどpenjieさんが香港の柄のをくださって円満解決しました。【Kei】

| | コメント (0)

1番の消火栓@中環

130910a
「1」の番号のついた赤の消火栓。
もちろん自力で見つけたわけではありません。
こういう面白い情報をくださったのは、毎度おなじみpenjieさん

赤で「1」があるなら黄色で「1」の番号のついた消火栓もあるんだろうか?
ちなみに、赤は淡水、黄色は海水、なんだそうです。【Kei】

| | コメント (4)

Thannの中秋節限定石鹸

130909b
7月のバンコク旅行の時にターン(Thann)で買い物をしたワタクシ、その後1ヵ月もしないうちにpenjieさんから月餅のデザインの石鹸をいただいた時はちょっと驚きました。
中秋節には石鹸も月餅に変身!
しかもターン!
石鹸は、
✣Jasmine & Ylang Ylang
✣Rose flower
✣Eden Breeze
の3種類。
以前バンコクで買ったものとはちょっと種類がちがうようですが、よい香りであることに変わりなし。

130909a
「バラ売りしてたらいいな~」と思ってターンのお店に行ってみたら、この石鹸は「米糠皂月餅禮盒」というものの一部で、バラ売りはしていないそうな。写真はターンのFacebookからお借りしました。
あ~あ、残念。
売ってたらお土産用に大人買いしたのにさ。【Kei】

Thann Hong Kong:https://www.Facebook.com/ThannHK

| | コメント (0)

聖安娜餅店の菠蘿果肉王

130908a 130908b
菠蘿包(パイナップルパン)は香港を代表するパンと言ってよいでしょう。
香港のどこのパン屋や茶餐廳へ出かけても見かけます。
しかし、意外にバリエーションが少なくて、店ごとのちがいはごくわずかです。
小豆入りや叉燒(チャーシュー)入りというのを見かけることはありますが、たいていはせいぜい菠蘿油(バターを挟んだパイナップルパン)くらいでしょう。

しかし、聖安娜餅店(Saint Honore Cake Shop)では伝統的な脆皮菠蘿包、チーズ入りの紐西蘭芝士菠蘿包、生地がチョコレートの比利時朱古力菠蘿包といろいろな菠蘿包を売っていました。
そんな中で目を引いたのが菠蘿果肉王。
菠蘿包の中にパイナップルの果肉入りのクリームが入っているというもの。
皮のサクサク感を楽しむ菠蘿包とは全く別物ですが、なかなかおいしい。
これからも楽しいいろいろなパンを販売してほしいですね。【Ham】

聖安娜餅店:http://www.sthonore.com/

| | コメント (2)

スタバの「中秋系列」マグ&タンブラー('13年)

130907b
スタバ(星巴克咖啡)が今年も「中秋系列(Mid-autumn Series)」のタンブラーを売り出しました。写真は香港スタバのFacebookからお借りしました。
今年は青と補色の組み合わせといった感じ。去年はコチラ

130907a
9月4日に売り出して、手元にきたのがその翌日。
ちょうど香港で飛行機の乗り換えをしたJさんがお土産にくださって、まるで香港にいるかのような早業で我が家に仲間入りです。
タンブラーの底にはウサギの家族のフィギュアが、横に星の模様のかわいいウサギが描かれています。
「買うならコレだな」と密かに思ってたのがどうしてバレたのかわかりませんが、ともあれJさん、ありがとうございました。
早速今夜のオーケストラの練習に持って行くことにします。【Kei】

星巴克咖啡:http://www.starbucks.com.hk/

| | コメント (2)

OK便利店の雨傘

130906
例の時
に買った傘。
ちゃんと傘を持って出たら無駄な出費をせずにすんだものを、我が身が腹立たしくて仕方ない。
一方、このテの傘が大好きなHamはアレとかコレとか新しい傘が買えるので大喜び。
しかも、「折り畳み傘にはロゴが入ってないからイヤだ!普通の傘がいい!」と主張しやがる。
まぁね、大雨だし香港だったらこの傘も許容範囲内ではあるけれど…。

これを日本でさすのはやめたまえ!以上。【Kei】

| | コメント (2)

雷雨注意@西九龍

130905j
昨日の名古屋は1時間に100mmを超える大雨が降ってNHKの全国ニュースでも報道されるほど大変なことになっていました。
このところ自然災害があちこちで起こっております。
皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたか?

 
さて、先月の香港旅行で、空港から九龍駅に着いていきなり目にしたのがこの看板。
一気に気分が下がりましたが、この日は雨が降らなくて一安心。
2日目も3日目も雨は夜中から朝方にかけて降って日中は曇り。
4日目は朝から晴れ。
ちょうど使わない傘を持ち歩くのに嫌気がさしていたところだったので、初めて傘を持たずに外出。
そしたら、油断した気持ちを見透かすかのように見事に降られました。
しかもこの時に限ってバケツを引っくり返したような激しい雨。
しかもこの時に限ってゴムゾウリを履いていなかった(履いていたサンダルは見事に水没して帰国後即修理)。
しかもこの時に限って不便な場所にいた(雨宿りで1時間ほど無駄にした)。
とりあえずコンビニで傘を買ったものの、ひどい降りの前にほとんど役に立たず。
メチャクチャ自己嫌悪に陥ってる横で、新しい傘にご満悦なヒト約1名。

「傘は持たずに後悔するより持って後悔するべし」を肝に銘じた今回の香港旅行でした。
まだまだ修行が足りません。【Kei】

| | コメント (2)

日本線プレミアムエコノミークラス導入@CX

1309059月16日から大阪・名古屋・札幌=香港の直行便にプレミアムエコノミークラスが導入されることになったそうです(成田・羽田=香港では一足早く8月3日から導入されていました)。
ほ~。
興味はあるんですが、我が家はまだ若いので名古屋=香港はエコノミークラスでも苦にならないし、だいたいプレミアムエコノミークラスって中途半端に高い印象があるので、乗る機会があるかわかりません。
それよりも、もしかしたら機体とか座席が新しくなって、オンボロの座席から解放されるんじゃないかと淡い期待を抱いているところです。

先月の香港旅行でも飛行機は見事にボロかった。
Hamは口パクの映画を楽しみ、私は身体を斜めにして機内食を食べました。

次回の香港旅行が楽しみでもあり怖くもあり…です。【Kei】

| | コメント (0)

Café Causetteの紅豆椰汁布甸

130904m
カフェコゼット(Café Causette)は洋モノだけでなく、こんな中国風のデザートもおいしい。
ココナツプリンの上に小豆がのったもの。
街中のデザート店にもありそうなのですが、さすがはホテルのカフェだけのことはあると思わせる味。
値段はもちろん高いのですが、余裕で二人分ぐらいありそうなので、結果的には安いのかもしれません(私はタラフク夕食を食べた後に一人で完食しちゃいましたが…)。大昔の記事はコチラ

カフェコゼット、やっぱり外せないなぁ。

香港文華東方酒店:http://www.mandarinoriental.com

| | コメント (2)

文華餅店のCroissant-Donut

130902a
香港文華東方酒店(Mandarin Oriental Hong Kong)のFacebookで見てとてもおいしそうだったクロワッサンドーナツ(Croissant-Donut)
文字通りクロワッサン生地のドーナツです。

実は今回の滞在中、2回もクロワッサンドーナツを食べる機会に恵まれました。
1回目は、住職さんのご好意で最終日に受け取れるように予約してくださっていたところを物は試しとChurch Ladyさんと初日に出かけて予約して買ったもの。
買った翌日に食べたので、おいしいことはおいしいんですが、一晩おいてしまった味の低下は否めず。
こういう店のものなので、なおさらです。
この時おいしいと思ったのはチョコレートの方。
こんな小さな物でも質のいいチョコレートを使っているのがわかるところが、さすが文華餅店(Mandarin Cake Shop)。

130902b
2回目は、最終日に予約して買ったものとは別に住職さんが出来立てを試食させてくださったもの。
さすがにフレッシュ感があります。
ザックリとしたクロワッサンの食感とドーナツ独特の重さがあいまって、不思議な食感。
一瞬、「揚げパンに似てる?」と思ったけど、天下の文華酒店様に向かって庶民の味を引き合いに出すのはあまりにも失礼でしょうね。
この時おいしいと思ったのはプレーンの方。
グラニュー糖のザラッとした食感と生地の食感との対比が楽しい。
ちなみにチョコレートはパウダーシュガーで、生地の間から滑らかなチョコレートが溶け出てきて、これはこれでおいしい。

ところで、ニューヨークでは"Cronut"というクロワッサン生地のドーナツが大人気だそうで、買うために朝5時から並ぶとか(開店は8時)、場所取りの手間賃がUS$100とか、1個US$5のドーナツがUS$40とかで転売されているとか、大変な話題になっているようです。
こちら文華餅店では「本家」とちがって前日に予約もできるし、値段も安いので、我が家はこれで十分だと思っています。今日からニューヨークに出かけている某友人、まさか並んだりしないよね【Kei】

文華餅店:
http://www.mandarinoriental.com/hongkong/dining/

| | コメント (6)

夜上海の迷你核桃棗蓉月餅

130901
尖沙咀の夜上海でChurch Ladyさんと昼食を食べている時、売り込みにあって買いました。
8個入りでChurch Ladyさんと4個ずつ分けました。
ナツメのあんにクルミが入っているという変わり種。
甘酸っぱい味です。
上海というよりは、遠くシルクロードの西域を思わせる味の月餅でした。【Ham】

夜上海:http://www.elite-concepts.com/

| | コメント (2)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »