« 満福樓の粉絲中蝦煲 | トップページ | ほぼトンボ返りの香港旅行 »

茶餐廳のティーカップ事情

131017
最近、茶餐廳で熱咖啡(ホットコーヒー)とか熱奶茶(ホットミルクティー)を注文すると、たいてい黒白淡奶の販促品で出されます。
黒白淡奶のティーカップは好きですが、あまりにあちこちで見かけるのは面白くない。
特に古色蒼然とした茶餐廳で、新しい黒白淡奶のティーカップが出てきたりすると、ガッカリを通り越して落胆すらしてしまいます。

たまに黒白淡奶の販促品ではないティーカップを見ると無性に嬉しくて、おいしさも2割増という気になるから不思議なものです。
個人的にはこのデザインのティーカップが一番好き。
しかも、ところどころ色がはげているところがツボ。
この素敵なティーカップも今後は黒白淡奶の販促品の勢いに負けて姿を消してしまうのではないかと思うと、気が気ではありません。
黒白淡奶の販促品ではないティーカップ探しは続きます。【Kei】

|

« 満福樓の粉絲中蝦煲 | トップページ | ほぼトンボ返りの香港旅行 »

コメント

自分も、この朱線2本のカップ&ソーサーが好みで、
何年か前に家品舗で2客ほど買って来ました。
その頃でさえ、茶餐廳などでは、もっぱら黒白淡奶が主流になってきていて、
家品舗の在庫もほぼなくなって来ている状態でしたから、
そのうち街中が黒白淡奶かリプトンになっちゃいますよね。いや、リプトンももはや少ないですか。。。
郊外や堅尼地城あたりの家品舗だと、まだ在庫が残っているかもしれません。

投稿: こえだ | 2013年10月19日 09時22分

こえださん
おはようございます。
こえださんはこのデザインのカップ&ソーサーをお持ちなんですね~すごいです~。
リプトンやTW(でしたか?)のも時々見かけますが、今後は黒白淡奶がますます増えると思います。
黒白淡奶は香港中の茶餐廳の「制覇」を目指しているのでしょうか?
新界や街の外れのあたりだと、まだまだ古いデザインのものが見つかるかもしれませんね。
我が家はもっぱら観察だけですが、これからも古いデザインのカップを探していきます。

投稿: Kei | 2013年10月21日 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満福樓の粉絲中蝦煲 | トップページ | ほぼトンボ返りの香港旅行 »