« 「食」メモNo.19 南海一號 | トップページ | 乾物屋の猫@上環 »

某月某日のメニューNo.11@夜上海

131118a
前の日に南海一號に行ったので次の日は夜上海へ…と系列店でまとめるつもりはなかったのですが、結果的に二日続けて系列店へ出かけていました。
夜上海は上海料理のレストランの中では恐らく一番よく行っていると思います。
8月の香港滞在中も広東料理以外の料理を食べようという話になってChurch Ladyさんと出かけました、もちろん仲間内の申し合わせに従って昼に。

昼なので點心(点心)を中心に注文しました。
✣鮮茄餃子(トマトと豚肉のギョウザ)
✣金榜雪魚酥(タラのパイ包み揚げ)
✣生煎飽(焼き肉まん)
✣鮮肉小籠飽(ショウロンポウ)
✣桂花蜜汁火方(中国ハムのキンモクセイシロップ煮)
✣清炒莧菜(ヒユ菜の塩炒め)
✣海鮮冷麵(シーフード入り冷やし中華)
✣龍井茶(ロンジン茶)
✣栗子芝士蛋糕朱古力雪葩(栗のティラミスチョコレートシャーベット添え)
✣豆腐慕絲藍啤梨汁(豆腐のムースブルーベリーコンポート添え)
✣茉莉花雪糕(ジャスミン茶のアイスクリーム)
✣花雕雪糕(紹興酒のアイスクリーム)
✣凍蜜糖忌廉栗子露(蜂蜜とホイップクリーム入り冷たい栗のお汁粉)

131118b 131118c
131118d 131118e
131118f 131118g
131118h 131118i
131118j上海料理って点心を中心に選ぶと、どうしても肉を使った料理が多くなってしまいますが、たまのことなので割り切ります。
ここの小籠飽や生煎飽などオーソドックスな点心は抜群においしいと言わないまでも、いつも一定の水準を保っているので安心です。
季節限定の海鮮冷麵は日本の冷やし中華に似ていますが、タレを自分で調合するというハードルの高い(?)ものでした。
もう一つの季節限定は夏野菜の莧菜。
アッサリとした薄味で箸休めにピッタリでした。
食後に注文した龍井茶は一人前HK$55とちょっと高めでしたが、味も香りもよくて注文して正解でした。
続いてのデザートは一人一品に絞りきれず、食べたいものを注文して分けました。
ここのデザートは中洋折衷がうまくいっていてどれもハズレなしですが、今回は特にアイスクリームのおいしさに感動しました。
ちなみに合計HK$1221(チップ含まず)。

いままでは味と雰囲気はいいけれど、サービスは極めて普通という印象があったのですが、今回はサービスもよかった(個人差があるのかもしれません)。
担当してくれた若い男性のスタッフが、かわいいし感じはいいし気配りも行き届いてるし、で申し分なし。
尖沙咀の夜上海、やっぱり頼れるレストランであることを改めて実感したのでした。【Kei】

夜上海:http://www.elite-concepts.com/

|

« 「食」メモNo.19 南海一號 | トップページ | 乾物屋の猫@上環 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「食」メモNo.19 南海一號 | トップページ | 乾物屋の猫@上環 »