« 花束の色彩感覚@太子 | トップページ | 某月某日のメニューNo.11@夜上海 »

「食」メモNo.19 南海一號

131116a
以前から気になりつつも行く機会を逃していた(そんな店ばかりです)南海一號ですが、いつもより長い滞在になった8月に満を持して行ってきました。
國際廣場(iSquare)の30階にあって大きく窓がとってあるので、自然光がたっぷり入って明るい雰囲気になっています。
窓際のテーブルからは香港島が眺められます。

5人で行って注文したのは、
✣麥糖脆芋絲(芋の細切り揚げの麦芽糖がけ)
✣話梅石榴(干し梅風味のグァバ)
✣老火湯(両位用)×3(日替わりスープ)
✣茶燻雞(半隻)(鶏の茶葉スモーク)
✣秘製XO醤鳳爪(鶏爪先のXO醤蒸し)
✣松露蟹餃(黒トリュフと蟹の蒸しギョウザ)
✣鮑汁叉燒包(チャーシュウまんじゅう)
✣金柱泡時蔬(季節野菜のスープ蒸し干し貝柱のせ)
✣芝士蝦仁煎飯(チーズ風味のご飯の煎り焼きエビ添え)
✣茗茶(お茶)

131116b 131116c
131116d 131116e
131116f 131116g
131116h 131116i
最初に出てくる蝦片(エビせんべい)は注文してなくても有料。
まぁ香港のレストランでは往々にしてあることです。
これで合計HK$1229(チップ含まず)。

去年の『米芝蓮指南香港澳門2013(Michelin Guide Hong Kong & Macau)』で一つ星を獲得しましたが、今年は選外になりました。
元々我が家の感性はこのガイドブックと合わないこともあって期待しない部分が半分、我が家が割合気に入っている夜上海の系列だからということで期待する部分が半分、で行ってみたらば、意外とおいしくてビックリ。
オシャレな雰囲気に割合レベルの高い食事と比べるとスタッフのサービスはいまひとつという感じですが、それを差し引いても再訪してもいいかな?
ただし、再訪するとしても昼限定だと思います。【Kei】

南海一號:http://www.elite-concepts.com/

|

« 花束の色彩感覚@太子 | トップページ | 某月某日のメニューNo.11@夜上海 »

コメント

明るい店内で、美味しく気持ちよくいただけたのですね。
よかったですねー。自分にとって新しいお店って、やっぱり発掘・新規開拓しないと、マンネリで終わっちゃいますね。
こちらのお店の品々は、彩りがきれいですね。1品1品に色合いが考えられているみたいに見受けられます。ウチがいつも香港で食べているものって、ついつい茶色系か白系ばっかりになっちゃっています。(笑)

投稿: こえだ | 2013年11月19日 16時54分

こえださん
こんばんは。
「美食」の「探訪」を目指すあまり、発掘や開拓に熱中したこともありましたが、最近は方針を変えて自分の好きな店へ行くようにしたら一気にマンネリ化しました。
たまには開拓しようと思って、あまり期待しないで行ったのですが、ここは当たりでした。

茶色や白系の食べ物も魅力的ですが、こういう店にはこういう店の良さがありますね。

投稿: Kei | 2013年11月19日 20時40分

お陰様で!!!
旧正月に日本から来る友人と食事をするレストランを探していました。街のレストランは正月休みの店も多く幾つかの店は予約で一杯でしたし。。。
こちらで南海一號を知って予約をして無事に2月1日に新年を花火を見ながら食事することが出来ました。但しお料理は新年スペシャルメニューで中華+フレンチみたいな感じでした。加えて席代が一人HK$500+にはビックリしましたが、あの素晴しい花火代ということで納得して払いました。
但し、オフィシャルHPからネットで予約して店に行ったのですが店側は電話予約した受け付けていない、ということでネット予約を受け付けてくれず、満席で入れないと言われパニクリました。それでも交渉の末、マネージャーが臨時に席を用意してくれ、何とか食事にありつけました。花火が見れたこともあり友人は大満足。本当に良かったです。有難うございます(^.^)♪

投稿: ポンタリン | 2014年2月10日 16時43分

追伸:
お料理は薄味、さっぱり、かつ洗練されていて
とても美味しかったです!!

投稿: ポンタリン | 2014年2月10日 16時46分

ポンタリンさん
おはようございます。
旧正月に外食をするのは大変そうですね。
しかも席料が一人HK$500とはビックリです。
でも肝心の料理がこういう時でもちゃんとおいしかったのはよかったです。
日本人の感覚だと、こういう時のお料理は高くておいしくないことがお決まりみたいなところがありますからね。

投稿: Kei | 2014年2月11日 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花束の色彩感覚@太子 | トップページ | 某月某日のメニューNo.11@夜上海 »