« 猫たちの朝食会@灣仔 | トップページ | 別ブログ集中更新中 »

海安咖啡室の鍋仔公司麵

131120
「公司麵」というのは、どの茶餐廳でもおいてあるわけではないと思いますが、簡単に言えば全部のせの公仔麵(インスタントラーメン)です。
五香肉丁(辛く味付けした豚肉)、腸仔(ソーセージ)、餐肉(ランチョンミート)、鮮牛肉(牛肉)、煙鴨胸(アヒルの胸肉の燻製)、太陽蛋(目玉焼き)という具が所狭しと器の中に並べられ、麺があまり見えないという豪華版。
野菜なんてネギすら入っていないという、いかにも不健康さを隠そうとしない潔さが感じられます。
そして器が鍋という公仔麵は他の店では見たことがありません。
しかも、手間がかかるためか、混み合う時間帯では注文を受けてくれません。

値段も他の公仔麵よりずっと高いのは言うまでもありません。
と、ここまですごいところを強調してみましたが、残念ながら味の方は期待しない方がいいようです。
しっかり味のついた具が多いので、全体のバランスが濃いめになってしまっているのです。

ちなみにこの日は公仔麵を3回も食べてしまいました。
もちろんいままでの最多記録。
さすがに当分はインスタントラーメンを控えようと思いましたが、これが山神様の怒りを買ってしまい、帰国してからしばらくの間は病人食のような食事攻めに遭いました。

ちなみにこれも香葱碎牛炒蛋厚多士と同じく、11時から12時、14時から16時半の時間限定で注文できます。【Ham】

海安咖啡室:香港上環干諾道西17號地下

|

« 猫たちの朝食会@灣仔 | トップページ | 別ブログ集中更新中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫たちの朝食会@灣仔 | トップページ | 別ブログ集中更新中 »