« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年を振り返って

131231
2013年は猛暑だのフィリピンの台風だのと異常気象が騒がれた年でした。
そして中国のPM2.5問題。
これは幸か不幸か青島で実際にPM2.5の霧を見ています。
南アフリカのマンデラ元大統領やイギリスのサッチャー元首相といった、偉大な政治家の死もありました。
景気回復を背景に鼻息の荒い某総理大臣も彼らほどではないとしても、歴史に名を残すことができるのでしょうか?
「景気回復」と言いますが、実際に私の給料が増えたわけではありませんし、少なくとも確かなのは、円安のおかげで海外での買い物の旨味がなくなったことだけですね。
来年には消費税も上がるので、国内での買い物も考えてしまうことになりそうです。

今年は「デンして帰った」のやらストップオーバーで立ち寄ったのを含めれば、6回も香港へ出かけることができました。
延べ滞在日数は短かったのですが、買い物が減ったおかげで短い滞在でも楽しむことができているような気がします。

そして、香港以外ではデトロイト・ニューヨーク、バンコク、ハワイ2回と、4回も出かけることができました。
その分だけ出費の多い年でしたが、何となく「できる時にできる事をやろう」という気がしています。

細々と続けているブログですが、それでも1日に1000アクセスくらいあって、皆さんに興味を持っていただける記事もあるのだというのが励みになっていて「また来年も続けよう」という気持ちを新たにしています。

2014年がどんな年になるのかはわかりませんが、私たちにとって充実した1年になるようにしたいと考えています。
また2013年と同様に応援していただければ幸いです。【Ham&Kei】

| | コメント (4)

屈臣氏の110周年紀念版水樽

131230b
ペットボトル入りの屈臣氏(Watson's)の水にこんなデザインのものがありました。
「屈臣氏蒸餾水堅持信念110年、成就香港精神!」と書いてあって、香港らしいイラストも描かれています。

尖東の夜景の写真をHamと撮り歩いていたらヘトヘトになっちゃって、とりあえず1本買って一気飲み。
後からお土産用に数本買いました(イラストの種類は何種類かあるようです)。
安い上に重いし、下手をすれば割れるかもしれないし、持ち帰るには厄介な代物でしたが、こういうものを苦労して持ち帰ることに喜びを感じる自虐的な我が家です。【Kei】

| | コメント (2)

まどろむ猫@太子

太子にある「紅白藍330」という店の前の歩道に置かれた段ボール箱の上に猫が寝そべっていました。

131229b
通行人を気にするわけでもなく、そして通行人の方も気にするわけではない。

131229c
投げ出した左手の肉球がかわいい。

131229d
完全に寝ているわけではなく、時折薄目をあけるのですが、再び眠りに入ってしまう。
このまどろんでいる姿というのもいかにも猫らしくてかわいい。【Ham】

| | コメント (2)

CXの最新ラウンジ@HKG

先日の香港旅行ではキャセイパシフィック航空の最新のラウンジ、The Bridge(逸連堂)を利用しました。

131228
35番ゲートの近く(免税店を抜けた先の長い通路の突き当たり)にあります。

131228a
エスカレーターで降りると左右にラウンジが分かれています。
右側は、
✣The Bakery
✣The Long Bar
✣The TV Lounge
左側は、
✣The Bistro
✣Showers
✣The IT Zone
✣The Coffee Loft
といった具合。
どちらも利用可。

131228b
我が家は右側へ。

131228c
朝早いからか(と言っても8時半ぐらい)人が少ない。

131228d
食事のできる場所も広々としています。

131228e
軽く朝食。
香港っぽい感じのものを選びました。
XO醤が意外においしかった。

131228f
反対側のラウンジも見てきました。
インテリアは反対側も同じ。

131228g
奥はコーヒーロフト。

131228h
食べ物はどちらも同じ(だと思います)。

広くて人が少なかったのがよかった。
新しいからかスタッフが異常なくらい親切だったし。
物珍しさもあるので、次回の香港旅行の時も行ってみようと思います。【Kei】

| | コメント (4)

「彩色ビル」@土瓜灣

131227
きたきつねさんのブログで見て気になっていた建物をわざわざ見に行ってきました。
高さが同じなのは啓徳國際機場時代の名残りでしょうか?
ワタクシ的に「萌え~」ですが、場所が場所だけに再開発の波にのまれる日も遠くないような気がします(悲)。

この建物がきっかけで、きれいな色で塗られた「彩色ビル」が気になるようになりました。
2泊3日程度の短い滞在で見つけるのは難しいですが、ぼちぼち探すことができればと思っています。【Kei】

| | コメント (2)

ひなたぼっこ猫@上環

131226
乾物屋さんの店先でひなたぼっこしながらまどろむ猫。
どこが目なのかわかりません。【Kei】

| | コメント (0)

クリスマス電飾散歩@尖東('13年)

去年はクリスマスの電飾を見損ねてしまいましたが、今年は電光石火で無理やり見てきました。一昨年はコチラ
しかし、全体的にゆるさが減ってきたような気がして、少し物足りないというのが正直なところです。

✣帝苑酒店(Royal Garden Hotel)
131225a
サンタクロースが"MERRY X'MAS"と書かれた紙を見せているというデザイン。
このサンタクロースは喋るのがどうも苦手らしい。

✣富豪九龍酒店(Regal Kowloon Hotel)
131225b
壁をディスプレイに見立てて、文字や絵を表示させるというのが最近のやり方。
しかし、横方向の解像度が粗くて何を描いているのかわからない(斜めの角度から見たら割合よくわかるようです)。

✣東海商業中心(East Ocean Centre)
131225c
2013年で最も話題になったのはこの巨大アヒル。
サンタクロースの帽子をかぶったイルカがジャンプするという趣向。

✣南洋中心(South Seas Centre)
131225d
マンガ風のサンタクロースとそれを待つ家。
旧正月に向けてサンタクロースのリサイクル財神は想像できるとして、家の処理をどうするのか興味津々です。

✣華懋廣場(Chinachem Golden Plaza)
131225e
おもちゃみたいなサンタクロースとクマが汽車に乗っているという子供向けのようなデザイン。

✣尖沙咀中心(Tsim Sha Tsui Centre)と帝国中心(Empire Centre)
131225f   
131225g
今年は趣向を変えて、雪をデザイン化したようですが、少しガッカリ。

✣九龍香格里拉酒店(Kowloon Shangri-la Hotel)
131225h
遠くから見た感じでは、山と星のデザインでしょうか?

✣永安廣場(Wing On Plaza)
131225i
ピノキオらしき人形が機関車に乗って星空を走ってるというようなデザイン。
緻密さは相変わらず。

尖東以外の夜景。
✣海港城(Harbour City)
131225j
夜に到着したおかげで、このイルミネーションを見ることができました。
西九龍側からしか見えないというのは少しもったいないです。

香港島側のイルミネーションはこんな感じです。
✣上環方面
131225k

✣中環方面
131225l

✣金鐘方面
131225m

✣灣仔方面
131225n

少しずつ変わっていく香港のクリスマスの電飾ですが、来年はもう少しゆっくり見てみたいですね。【Ham】

| | コメント (2)

クリスマス百景@香港あちこち('13年)

よくよく考えたら、香港のクリスマスの風景を見るのは3年ぶり。2010年はコチラ
随分とごぶさたでした。

131224u
飛行機の中では往復ともリースがお出迎え。

131224c   
131224o   
131224x
香港島側。
香港旅行のたびに楽しみにしている文華餅店(Mandarin Cake Shop)の「作品」。
店内中央の大きな作品だけでなく、入口にいくつも置かれた小さな作品も楽しみ。

131224e
置地廣場(The Landmark)は大人な雰囲気。

131224g   
131224h
置地廣場と歴山大廈(Alexandra House)をつなぐ連絡通路から見た街の景色。
素敵な写真を撮るのは難しい。

131224f
國際金融中心(IFC)はパッとしなかったけど、こんなかわいいのを発見。

131224i
香港文華東方酒店(Mandarin Oriental Hong Kong)横の広場にあったオブジェ。
音楽に合わせて色が変わる仕掛けですが、何だか微妙。

131224d
太古廣場(Pacific Place)。

131224n   
131224v   
131224r
今回泊まった港麗香港酒店(Conrad Hong Kong)。

131224m
九龍半島側。
Smile Yorgurt & Dessert Barのクリスマス限定のフローズンヨーグルト。
約9時間飲まず食わずだったこともあって、感動的においしかった。

131224j
朗豪坊(Langham Place)はサンリオのキャラクター。
8月といい今回といい、こういうのが好きなんですね。

131224k
海港城(Harbour City)はディズニーのキャラクター。

131224l
Heritage1881。
オシャレっぽいんだけど垢抜けない気がして仕方ありません。

131224p
香港国際空港。
基本路線は去年と同じだけど、細かいところがちがう。

131224q
スワロフスキー(Swarovski)のクリスマスツリー。
豪華だなー。

131224s
搭乗ゲートへ向かう通路もクリスマス一色。

131224t   
131224w
10月末にオープンしたキャセイパシフィック航空のラウンジ、The Bridge(逸連堂)にはジンジャーブレッドハウスがありました。

131224z
おなじみのレモンティーもクリスマス仕様。

1泊2日の弾丸旅行のわりには健闘しました。自画自賛。【Kei】

| | コメント (0)

文華餅店のChristmas Gourmet

131224a 131224b
1泊2日の香港旅行を決めた後、すぐに予約したのが、文華餅店(Mandarin Cake Shop)のChristmas Gourmet。
贈り物用の他に自宅用に注文したのは、
✣Orange Walnut Stollen(S)
✣Assorted Christmas Sable Cookies(S)

1990年代の洋菓子の味から受けた衝撃が半ばトラウマになってしまったせいで、昔の癖で少し警戒気味に食べてしまうのですが、一口食べてみて猛反省。
香港におけるここ数年の洋菓子のレベルの上がり方は目を見張るものがありますが、さすが文華餅店はハズレなし。
シュトーレンはオレンジの香り高く、クルミの食感がアクセントになっていておいしい。
クッキーはサクサクとした食感が楽しく、味と香りもいい。特にピスタチオが美味。

飛び込みで行っても買えますが、お目当ての商品があるなら予約した方がいいと思います。
店の人によれば、「受け取り希望日の2日前までに予約をお願いします」とのことでした。【Kei】

文華餅店:http://www.mandarinoriental.com/hongkong/dining/

| | コメント (0)

ビルに描かれたクリスマスツリー@西九龍

131223a
尖沙咀の天星碼頭(Star Ferry Pier)近くから環球貿易廣場(ICC)を見上げたら、巨大なクリスマスツリーが描かれていました。

131223b
「そういえば私たちの住んでいる名古屋にも同じようなのがあったなぁ」と思い出したのですが、規模がちがいすぎました。

高さ484mの環球貿易廣場の半分しかないミッドランドスクエアでは比較にならないですね。【Ham】

| | コメント (0)

撮影歓迎@太子

131222
季節のデコレーション用品を売る店なんですが、「撮影歓迎」という店は珍しい。
撮影禁止がほぼ当たり前になってる香港で、こういう物を売る店は特に厳しいと思ってたんですが、「え?ホント?」と思わず戻って見直してしまいました。【Kei】

| | コメント (2)

「泊」メモ 香港港麗酒店

131220a今回の1泊旅行で選んだのは、香港港麗酒店(Conrad Hong Kong)。
このホテルの料金、大昔は1泊HK$1800でお釣りがきたものでしたが、ここ数年は本当に高嶺(高値)の花。
ところが、このところHK$2500前後で料金が出ていることもあり、1泊だけだし、遅ればせながら改装後の様子を見ておこうと思って予約を入れました。
実に8年ぶりです。

レセプションの対応は極めて事務的。
泊まり慣れた某ホテルの温かい雰囲気に慣れると、軽いカルチャーショックを感じます。
曲りなりにも一流ホテルを標榜してるわりにはいささかお粗末な印象です。

131220b   
131220c   
131220e
部屋に入ると意外に狭い印象。
昔は広いと思ってたんですけど…いつも泊まっているホテルより広いはずなのに、不思議と広さを感じられない…もしかして私たちが(横方向に)成長した??
でも、いささか古さを感じていた内装が、改装のおかげで全体的に明るくて質感がよくなっていました。
パソコンやタブレット端末などが使いやすい配線になっているところがさすがは高級ビジネスホテル。

131220d
チョコレートと果物と日本語の新聞は旅行会社経由の格安料金で予約してもありました。
ミニバーには無料のコーヒーやお茶もありました。

131220f   
131220g   
131220h
バスルームはあまり変わってないというか、相変わらずゆったりとした作り。
アメニティの充実度も相変わらず。
シャンプー・コンディショナー・シャワージェルはアロマテラピーアソシエイツ(Aromatherapy Associates)に変わってました。

131220i
最初に私だけがチェックインしたせいか、夜中に戻ってきた時にベッドメイキングが一人分しかされてなくて、クマのぬいぐるみも1個だけしか置いてなかった。
「やもめは縁起が悪い」とハウスキーピングに電話したら、2個持ってきてくれました(驚)。

久しぶりに泊まってみての感想は、「昔はとても素敵な殿方だと思っていたのに、何年も経って久しぶりに会ったら、実はえらいオッサンでガッカリした」って感じ(謎)。
とりあえず泊まっておいてよかったかな?【Kei】

| | コメント (0)

機内食 NGO-HKG@CX('13年12月)

Keiが乗ったのと同じ路線ですが、こちらは夕方発、キャセイパシフィック航空539便のビジネスクラスの機内食です。午前便の機内食はコチラ

131219a
前菜はテリーヌ。
テリーヌはどちらかと言えば苦手な食べ物です。
どうもこのテのものはおいしいのかおいしくないのかよくわからない。
サラダはおいしかった。
ドレッシングとパプリカがアクセントになっていました。
コシがなくフニャフニャの蕎麦は論外でした。

131219b
メインディッシュは牛肉。
内側が少し赤みがかっていて機内食としては上出来の焼き加減でした。
しかし、残念ながら旨味が物足りなくて、パンに塗るためのバターをつけたら幾分改善されました。

131219c
アイスクリームはパスして、チーズと果物。
プルーチーズがワゴンに載っていなかったのですが、尋ねてみると持ってきてくれました。
Keiとちがって諦めの悪い私はブルーチーズにありつくことができました。

実はメニューの写真を撮るのを忘れていました。
そういったことをいつもはKeiに頼っているのですが、今回は一人なのでウッカリしていました。
後でKeiにガッチリ怒られたのは言うまでもありません。【Ham】

| | コメント (0)

機内食 NGO-HKG@CX('13年12月)

Hamより一足早く香港へ。
午前発のキャセイパシフィック航空533便のビジネスクラスの機内食です。午後便の機内食はコチラ

131218a
前菜は「マグロのタタキとミックスベジタブルのライスペーパー巻き」。
見た目はイマイチだったけど、結構おいしかった。

131218b
メインディッシュは「鶏胸肉のリコッタチーズとピーマン詰め以下省略」と「スズキと浅葱 玉子炒飯以下省略」と「煮豚 御飯 季節の野菜」の3種類。
年齢層の高い乗客で満席だったのと後ろの方の座席に座っていたのが災いしてか(?)、魚が品切れ。
「両方とも結構で~す」と軽く断ったら客室乗務員さんが「牛肉をお持ちしますっ!」とこちらがビビるほどすごい勢いで用意してくれました。メニューに載ってなかったけど…?
正直言っておいしくなかったけど、ご好意に感謝です。

131218c
お目当てのブルーチーズがなかったので、果物だけ。

131218d
アイスクリームも「結構で~す」と断ったら、くだんの客室乗務員さんが「新しいフレーバーがありますので是非お試しください」と有無を言わさず置いていきました。
確かにバナナのフレーバーは初めて。
チョコレートは断って、あとはコーヒーをカップに半分だけもらって終わり。

結果としてはこの後約9時間飲まず食わずだったので、本当に「結構で~す」で終わらせなくてよかったわ。【Kei】

| | コメント (0)

眠る招き猫@尖沙咀

131216a
セール品が猫かと思いきや、酒屋さんでした。
penjieさんがブログで紹介されていた酒屋さんの猫です。

131216b
ひしゃげた顔が愛嬌を振りまいていますが、ずっと眠っているだけで自ら客引きはやらないようです。
それにしても気持ちよさそうですね。【Ham】

| | コメント (0)

滞在時間24時間以下の香港旅行

131214
以前、キャセイパシフィック航空が売り出した「0泊2日ウルトラ弾丸運賃」なるものをあれこれ言っておきながら、1泊2日、しかも初めて滞在時間24時間以下の弾丸旅行に出かけてきました。
目的は、
新しいカメラで尖東の夜景を撮ること
✣買い物いろいろ
✣香港国際空港に新しくオープンしたラウンジに潜入すること

午前便で出発した私が21時間、午後便で出発したHamが15時間という滞在時間で、やりたかったことの全てを無事完了。
めでたしめでたし。【Kei】

| | コメント (0)

機内持込用バッグだけを持って

131213
去年、Hamが「オトナの社会科見学in香港」に参加した時に、いただいたネームタグ。
かわいいんだけど、しっかりした金属製なのでかなり重い。
これをスーツケースにつけるのはあまりにも無謀。
機内持込用バッグにつけるに限るのですが、最近はこの機内持込用バッグの出番がなかなかなかった。

しかし、今日ようやく日の目を見ることができる運びとなったようです。【Kei】

| | コメント (0)

機内食 HKG-NGO@CX('13年10月)

131210a
香港発の一部フライトで8月から10月まで展開されている"A taste of Hong Kong(香港滋味)"なるプロモーション。
"CX Signature Chinese Dishes(國泰航空招牌中菜)"はエコノミークラスはともかくビジネスクラスだったらマシはものが出るかもしれないと思いつつ、ラウンジを素通りして搭乗。
監修シェフは唐閣の鄺偉強氏だそうな。この方、唐閣を一旦退職して再就職しているようです。
唐閣の料理はおいしいけれど、機内食だとどうなるでしょうか?

131210b
前菜は「鮭の西京焼き芥子マヨネーズ」。
焼いてから冷たくした(冷たくなった)のは個人的にはどうもねぇ…。

131210c
メインディッシュ。
私が選んだのは、鄺シェフ監修の「海老の中華風ブラックトリュフペースト炒め」。
単なるエビの料理だと思えば不満なし。

131210d
Hamが選んだのは「オーストラリア産牛テンダーロインのポメリーソースグリル」。
このテのメインディッシュは名前が変わっても似たり寄ったりな気がします。

131210e
果物。
これはHamの皿(私はパス)。

131210h
チーズ。
これもHamの皿。
私はブルーチーズだけをテンコ盛りにしてもらいました。

131210g
Hamはこの後のアイスクリームまで全部制覇(我がオットながらすごい食欲だ)。
最後のチョコレートは「新しい種類が入りました」と言われて、新しい種類のものを一つずついただきました。
あとはコーヒーでシメ。

毎回思うのですが、4時間足らずのフライトでこれだけのサービスをする客室乗務員さんたちってメチャクチャ忙しいんではないでしょうか?
JALのようにトレイにまとめて置かれるよりずっと嬉しい一方、ちょっと申し訳ないような気がします。【Kei】

| | コメント (0)

「食」メモNo.20 都爹利會館

131208a


上海灘(Shanghai Tang)本店の上に広東料理のレストランがオープンしたとか。
Church Ladyさんの提案で昼食に出かけてみました。
高級店に初めて出かける時は昼に出かけるに限ります。

入口は上海灘とは別なのですが、中でつながっているので、上海灘の店内の階段から行き来することができます。

131208b
店内のインテリアはシンプルな中に暖かさが感じられ、ほどよく中国っぽい雰囲気も感じられてセンスがいい。
テーブルセッティングの色合いも素敵です。

注文したのは、
✣例湯(日替わりスープ)
✣芝士蝦春巻(チーズとエビの春巻)
✣XO醤煎腸粉(腸粉のXO醤炒め)
✣珊瑚帯子黒豚肉燒賣(黒豚と貝柱のシュウマイ)
✣三彩帯子餃(野菜と貝柱のギョウザ)
✣香草天椒煎中蝦(エビの辛味炒めコリアンダー風味)
✣清炒時蔬(季節野菜の塩炒め)
✣金瑤蛋白龍蝦炒飯(干し貝柱・卵白・ロブスターのチャーハン)
✣香芒布甸(マンゴープリン)
✣朱古力牛油果西米露(タピオカ入りアボカドミルク)
✣蜜糖迷你薩其瑪(蜜がけエッグフリッター)
✣都爹利甜品碟(デザート盛り合わせ)
これにサンペレグリノ(Sanpellegrino)とお茶を注文して4人でHK$2094(チップ含まず)。
このテのレストランにしてはちょっと高めかな?

131208g 131208c131208d 131208e
131208f 131208i
131208h 131208j
131208k 131208l
131208n 131208m
少し捻りを加えた料理もありますが、どの料理も丁寧に作られていてきれいにまとまっているという感じ。
逆に味の厚みとか深さとか勢いはいまひとつ感じにくかったように思います。
サービスは高級店のレベルとしては可もなく不可もないという印象でした。ちなみに私たちのテーブルを担当してくれた男性スタッフは仕草から推測するに多分ソチラ系と思われますが、惚れ惚れするような素晴らしいサービスぶりでした。
新しいレストランということを考えると、全体的にはまぁ満足。
ちょうど先日発表になった『米芝蓮指南香港澳門2014(Michelin Guide Hong Kong & Macau)』で一つ星を獲得しました。
今後、味もサービスも成熟していくことに期待したいです。【Kei】

都爹利會館:http://www.duddells.co/

| | コメント (6)

『米芝蓮指南香港澳門2014』偏見的速報

131205
香港とマカオのミシュランガイドの2014年版『米芝蓮指南香港澳門2014(Michelin Guide Hong Kong & Macau)』で星を獲得したレストランが今日"OpenRice"で紹介されました。
例年どおり我が家の偏見で、香港で星を獲得した中国料理のレストランだけを書き並べます(⋆は初登場)。

✤三つ星
✣龍景軒
✣Bo Innovation

✤二つ星
✣阿一海景飯店
✣名人坊高級粤菜
✣香宮
✣夏宮
✣新同樂魚翅酒家
✣天龍軒
✣唐閣

✤一つ星
✣鼎泰豐(尖沙咀)
✣福臨門(尖沙咀・灣仔)
✣富豪酒家(尖沙咀)
✣駿景軒
✣杭州酒家
✣阿鴻小吃(北角)
✣利苑酒家(九龍灣・旺角・中環・灣仔・北角・沙田)
✣六福菜館
✣翠玉軒
✣添好運點心專門店(北角⋆・深水埗)
✣桃花軒小廚
✣欣圖軒
✣粤
✣浙江軒
✣玉蕾
✣彭慶記
✣蘇浙匯
✣國福樓
✣明閣
✣夜上海(尖沙咀)
✣金葉庭
✣文華廳
✣都爹利會館⋆
✣勝記海鮮酒家⋆
✣波士廳⋆

中国料理が他のジャンルの料理に押され気味という印象は否めませんが、そこそこ健闘しているようです。
Bo Innovationが星を一つ増やして三つ星へ。
出版以来、三つ星を獲り続けていた龍景軒の独壇場が終わりました。
それにしても、初登場が(支店を除いて)3軒はちょっと寂しい気がします。
返り咲き(?)は、文華廳と金葉庭。
選外は、麻辣燙・國金軒・東來順・富臨飯店・何洪記・海景軒・新斗記。
個人的には「米芝蓮車胎人美食」の方が共感できますね。

来月ぐらいに恐らく発売されると思う『飲食男女』の「我們的星星星餐廳2014」の内容が今から気になっています。【Kei】

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »