« 冬の日本のイメージ@香港のどこか | トップページ | 機内食 HKG-NGO@CX('13年12月) »

香港出前一丁事情

140109
最近香港では出前一丁が品薄になっているそうな。
昨日、"Asahi.com"に「香港製『出前一丁』、中国で人気上昇 日清、工場新設へ」という記事が載っていました。
以下抜粋です。
「即席麺『出前一丁』が香港で品薄状態に陥っている。『高品質で安心』のイメージがある香港製の人気が中国本土で高まっているからだ。日清食品ホールディングスは、新工場を香港に建設し、本土への『出前』を強化する。
出前一丁の香港での人気はすさまじい。『出前一丁という商品名が、香港では即席麺の代名詞のようになっている』(広報担当)ほどだという。
出前一丁が日本国内で発売されたのは1968年。香港では直後に日本からの輸入品が売り出され、85年からは現地生産を始めた。日本と共通のキャラクター『出前坊や』の人気もあり、香港の即席袋麺の市場ではシェア4割を誇るトップブランドに成長した。茶餐庁(チャーチャンテン)と呼ばれる香港に約4000ある軽食店の9割でメニューに並び、ハムやザーサイを加えた出前一丁を食べて出勤する人も多いという。
中国本土では、安い袋麺も多く売っている。出前一丁の値段はその約3倍の高さだが、食の安全意識の高まりや香港への憧れを背景に人気が高まっている。中国本土から来て、箱ごと買い占める例も相次ぎ、『香港では品薄状態で、生産が追いつかない』(広報担当)という。(略)同社は今後、香港に新たな工場を建設し、16年7月に稼働させる(略)」。

Hamは「茶餐廳で出前一丁が食えなくなったら悲しい」とか「香港から持ち出せる出前一丁の数を規制してほしい」などと言っています。
ちなみにカプセルトイはpenjieさんからのいただきもの。
中身までちゃんと作ってある芸の細かさに脱帽です。【Kei】

|

« 冬の日本のイメージ@香港のどこか | トップページ | 機内食 HKG-NGO@CX('13年12月) »

コメント

文末に記しておられるHam様のお気持ち・・・いやあ~同感です。(笑)ほんと、そういう部分って、心配になりますもん。
出前一丁の種類の豊富さは、相変わらずですね。先回の訪港でも、おまけに付いていた日清のタオル欲しさにカップ麺を買ってしまい、ホテルの部屋での夜食にしました。(笑)
このフィギュア、いいですねえ~。ウチはよく5$のガチャガチャをやってきますが、このシリーズ、ぜひガチャガチャでの景品にして欲しいです。(笑)

投稿: こえだ | 2014年1月10日 17時40分

こえださん
こんばんは。
茶餐廳の出前一丁愛好家ならではの嘆きですね。
私は思いつきませんでした。

出前一丁は海を渡った香港で絶大な人気を誇っているのが、日本人として不思議でもあり嬉しくもあり…ですね。
時々プロモーションをやっているようで、日本より愛されているのではないかと思います。

このカプセルトイがこの記事のおかげで日の目を見ることができました。
我が家にはまだまだカプセルトイがありますよ。

投稿: Kei | 2014年1月10日 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の日本のイメージ@香港のどこか | トップページ | 機内食 HKG-NGO@CX('13年12月) »