« リプトンの茗閒情シリーズNo.3 | トップページ | 満記甜品の草苺盛宴 »

機内食 HKG-NGO@CX('14年1月)

140308e
トマト味のパスタはこれで4回目。
初めて見た時から手抜き加減がエスカレートしています。

140308d
もう一方のメインディッシュの鶏肉は、ちょっぴり野菜も入っていて、意外とイケました(決しておいしいわけではありません)。

メインディッシュにグリーンサラダと、簡素ながらもバランスはよさそうではありました。【Kei】

|

« リプトンの茗閒情シリーズNo.3 | トップページ | 満記甜品の草苺盛宴 »

コメント

そうですね、機内食で箱の蓋を開けた途端にパスタものに出会ってしまうと、なぜかとってもガッカリします。麺ものは大好きな僕でもそうなのですから、よっぽど美味しいとは言えない麺にしか出会えていないのでしょうね。いや、そもそも美味しいパスタ類などは、機内食には存在しないのでしょうか。(笑)それはたとえビジネスクラスでも同じなのかなあ。。。

投稿: こえだ | 2014年3月 9日 18時23分

こえださん
こんばんは。
メインディッシュの蓋を開けて溜息をついた回数は数知れずです。
麺類の機内食といえば、先日乗ったロサンゼルス-成田で出たパッタイもどきはそれほどひどい代物ではありませんでしたよ。
キャセイパシフィック航空の機内食はやっつけ仕事な機内食が多くて残念ですね。
ビジネスクラスのパスタはもう少しマシなものが出たと記憶しています。

投稿: Kei | 2014年3月 9日 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リプトンの茗閒情シリーズNo.3 | トップページ | 満記甜品の草苺盛宴 »