« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

文華餅店の「作品」('14年8月)

140828f
香港旅行のたびに楽しみにしている文華餅店(Mandarin Cake Shop)の「作品」。
今回の大物は中秋節がテーマでした。
今年はとてもかわいい(去年の作品はちょっとね…)。

140828g
いくつかあった小さな作品の一つ。
子供用かな?

140828h
大昔に大流行したパズルを模したもの。
いつ大流行したかを書くと年がバレる(汗)。

開店直後で他にお客さんがいなくて、今回はまぁまぁうまく撮れました(自画自賛)。【Kei】

| | コメント (0)

香港愛護動物協會の「賣旗日」

香港旅行の2日目は土曜日。
朝、外出する時、「今日の団体はどこだろうね~?」なんてHamと喋りながら歩いていたら、ほどなくして期待どおり(?)ボランティアの女の子に呼び止められられました。

140827b
募金の袋を見たら、今回は我が家が香港で唯一知っている団体でした。
以前ぶさんからいただいた月餅でおなじみ、香港愛護動物協會(SPCA)です。
嬉しい♪

140827a
ワンコと一緒に活動している人もいました。

140827c
シールがとてもかわいかったので、また呼び止めてもらいたくてシールを隠して歩き出す我が家。バカだねぇ。
もくろみどおり、ボランティアの女の子にすぐに呼び止めてもらえました。
「かわいいシールだね」と言ったら、「1枚100ドルで売ってるんですよ」ということで、HK$100を募金して1枚手に入れました。
別れ際に「アリガトウ」と日本語で言われて思いっきり鼻の下を伸ばしつつ、年に1回しかない香港愛護動物協會の「賣旗日」に巡り合えたことに感謝したのでした。【Kei】

SPCA Hong Kong:http://www.spca.org.hk/

| | コメント (2)

「盆菜」のケーキ@灣仔

140826
とあるパン屋さんの店先にあったケーキが面白くて、思わず激写してしまいました。
「盆滿缽滿」という名前だけど、エビとアワビ(本物ではありません)が入ってるし、盆菜詳しい説明はコチラ をイメージしたケーキでしょう。

ちょうど次の日にお誕生日を迎えるある方へ一足早いプレゼントとしてお贈りしようかと思いましたが、嫌われたら悲しすぎるのでやめておきました。【Kei】

| | コメント (2)

機内食 HND-HKG@JL('14年8月)

今回の香港旅行はよんどころない理由で行きは羽田経由のJAL。
しかもフンパツしてビジネスクラス(Hamは特典航空券ね)。
羽田-香港の機内食です。

140825a
水平飛行に入ってすぐにおつまみと飲み物のサービス。
いつもおつまみをもらわないのですが、ウッカリもらっちゃった~。
飲み物は「からだ巡茶」。

140825b
私が選んだのは洋食。
メインディッシュは「ハンバーグステーキ 林檎と大根の和風ソース」と「パーチの白ワイン蒸し トマトと赤ピーマンのソース」の2種類あって、魚の方を選びました。

140825c
Hamが選んだのは和食。
「北海道御膳」というもので、メインディッシュは「キングサーモンと帆立酒蒸しの海鮮汁仕立て」。
こっちの方が断然いい。

140825d
食後のアイスクリームもウッカリもらっちゃった~。

香港に着いたら食べるので機内食は節制しなければならないのに、ウッカリもらっちゃったものが二つも…あ~あ、ダメじゃん。【Kei】

| | コメント (0)

Smile Yogurt & Dessert Barの精選脆脆棒

140824
「ポッキー」でおなじみのあのお菓子がSmile Yogurt & Dessert Barでも売っていました。
ポッキーは外国では"Mikado"という名前で売られていますが、こちらで売っていたのは、オリジナルのコーティングを施したミカド。
精選脆脆棒(Mixed Flavor Mikado)は、パッションフルーツ、イチゴ、ヨーグルト、チョコレートなどのフレーバーの5本組。
フレーバーによってはフローズンヨーグルトに添えられています。

過剰包装は敬遠したいところですが、プラスチック容器と箱の二重包装のおかげでスーツケースに入れて持ち帰っても壊れにくいのはありがたい。
ちょっと気のきいたお土産にもよさそうです。【Kei】

Smile Yogurt & Dessert Bar:http://www.smile-yogurt.com/

| | コメント (0)

CXラウンジの葡國式蛋撻@HKG

140818
久しぶりに寄ったキャセイパシフィック航空のラウンジ、The Bridge(逸連堂)で葡撻(ポルトガル風エッグタルト)を見つけました。
試しに食べてみたら、日本では「アンドリューのエッグタルト」で知られる安德魯餅店の葡撻には及ばないまでも、かなりおいしい。
親指と人差し指を丸めたぐらいの一口サイズというところもいい。

最近の香港旅行ではラウンジを素通りして飛行機に乗ることも多いのですが、葡撻のためにラウンジに寄ってもいいような気がしました。【Kei】

| | コメント (2)

機内食 HKG-NGO@CX('14年5月)

ゴールデンウィークのアムステルダム・パリ旅行での最後の区間、香港-名古屋のビジネスクラスの機内食です。
香港麗思卡爾頓酒店(The Ritz-Carlton Hong Kong)にあるイタリア料理のレストランのシェフが監修しているメニューがあって、レストラン名のアイコンがついてました。

140818a
前菜は、アイコンつきメニューの「ビーフカルパッチョ リコッタチーズ ライスクラッカー」。
ちょっとイタリアの風が吹いてました。

140818b
メインディッシュ。
私が選んだのは、「和風シーフードカレー長すぎるので以下省略」。
既視感アリアリだと思ったら、行きの機内食で似たようなのがありましたね。
「和風」を意識してるのかもしれませんが、カレーライスのご飯にシソのふりかけは合いません(きっぱり)。

140818c
Hamが選んだのは、アイコンつきメニューの「ローストラムのコンフィ以下省略」。
結構おいしかったらしい。

140818d
その後、チーズ・果物・アイスクリーム・チョコレートと続くのですが、私は果物だけいただきましたが、満腹を通り越して超満腹。
乗り換え、もとい、体力の都合で午前発のキャセイパシフィック航空536便に乗ったので夕方には帰宅していたのですが、さすがにこの日の夕食は入りませんでした。【Kei】

| | コメント (0)

香港弾起系列『車仔檔』

昔々、街角でよく見かけた小販(屋台)について詳しく解説されている立体的な絵本です。
penjieさんからいただきました。
絵本と言っても、内容が濃くて説明もかなり詳しいので読みごたえがあります(英文ということもあるし)。
しかも、どのページにもかわいいイラストが満載。
ページに挟まれた立体も工夫が凝らされていて、読んでいてワクワクします。
140817a   
140817b   
140817c

こういう屋台をよく見かけたのは、香港へ行くようになって最初の数年ぐらい。
通菜街でも「女人街」と呼ばれる一帯の南の突き当たりに伸びる登打士街には、このテの屋台がたくさんあった記憶があります。

最近のことのように思えるけれど、つらつら考えるに、もう四半世紀も前のことということに気づいて、改めて呆れる、じゃなくて、驚くのでした。【Kei】

| | コメント (0)

安全地帯のサイン@九龍城

140815f
日本では見かけないけれど、香港ではよく見かける安全地帯のサイン。
こういった黄色と白の組み合わせが大多数なのですが…

140815g
九龍城では標識の描かれたものを見かけて、ついビールを連想してしまいました。
昔々、こんな感じの瓶ビールを父が飲んでいた記憶があります。【Kei】

| | コメント (4)

MO BarのSweet Tea

今回の香港旅行の2日目の午後、Church Ladyさんが救世主のごとくご来臨あそばされ、「何か食べにいきましょう」と私を連れ出してくださいました。
これで夫婦の危機はめでたく回避です。

最初は翠華餐廳ぐらいしか思いつかなかったんですが、去年のこともあり、「オサレにお茶しましょう」と、とりあえず近い所から攻めるつもりで、Café CausetteとかSevvaとかへ行ってみたけれど、どちらも満席。
ダメ元で香港地文華東方酒店(The Landmark Mandarin Oriental)のMO Barへ行ってみたら、満席のような感じだったんですが、宿泊客かどうかを確認したらすぐに案内してもらえました。

140812a
店の中央にある大きなカウンターの上にずらりと並ぶスイーツ。
生クリームで飾ったケーキ他に焼菓子やマカロン、果物、アイスクリームなどがありました。
ここの"Afternoon Tea"は、三段重ねのセットの他にカウンターの上のスイーツをビュッフェ形式で楽しめるという一人HK$288(週末料金)のメニュー。
しかしそれでは多すぎるので、私たちが選んだのは、週末限定の"Sweet Tea"というビュッフェ形式の一人HK$200のメニュー。
翠華餐廳には4回ぐらい行けちゃいそうな値段ですが、何しろMO Barで待ち時間なしでお茶できるなんて滅多にないこと。

140812b 140812c
ちょっとビックリしたのは、スイーツのレベルの高さ。
どれも手抜きしてるという感じが全くなくて、一つ一つ単体のケーキとしても立派に通用しそうなレベル。
クリームやチョコレートといった素材もいいものを使っていることがバカ舌の私でもわかるほど。
ビュッフェ形式のスイーツとしては、いままで食べた中でトップレベルでした。

サービスも申し分ありません。
テーブルでのサービス以外にも、品切れになってしまったものは「ありません」の一点張りでなく、代わりのものを持ってきてくれるなど、とても行き届いていました。

あえて難を言えば、温度管理がいまひとつだったこと。
冷たい物をもっと冷たくしてくれたら、もっとおいしさを感じられたはず。
あと、「スコーンとか塩味の食べ物があったら言うことなしね~」と言ってみたものの、そんなものがあったら無限に食べられそうでそれはそれでよろしくないという結論に落ち着きました。

ここは知る人ぞ知る穴場という感じ。
ですが、アフタヌーンティーの時間帯は予約は必須と思われます。【Kei】

香港地文華東方酒店:http://www.mandarinoriental.com/landmark/

| | コメント (2)

香港旅行('14年8月)メモ

140809
今回の香港旅行は月餅を買うのが目的でした。
しかし、少し時期が早いのでまだ販売の始まっていないところも多いようです。
銅鑼灣の崇光百貨公司(そごう)でも、月餅のシーズンになると設けられる特設会場もまだでした。
「まぁそんなに買う必要もないからいいか…」と思っていたのに、結果的に予定外のものをいくつも買ってしまいました。
それらは追々紹介させていただきます。
今回は私が2日目に体調を崩して昼食を食べられなくなり、再び何度目かの夫婦の危機を迎えました。
しかし、幸いなことに救世主のように現れたChurch Ladyさんのおかげで、危機を回避することができました。
しかも、復活した後の夕食をご一緒させていただき、まさに渡りに船。
感謝感激、まさにChurch Lady大明神サマサマでした。

「食」では久しぶりに出かけた店、実力を見直した店、初めて行った店など。
✣1日目
華姐清湯腩
大利清湯腩
農圃飯店
許留山

✣2日目
太興
MO Bar(Keiのみ)
太湖海鮮城
發記甜品

✣3日目
順景茶餐廳
卅二公館
空港ラウンジ@CX

それらも追々紹介させていただきます。 【Ham】

| | コメント (12)

「香港美食探訪」サポーター1号様の引退

140808p
2001年10月に「香港美食探訪」を立ち上げた直後から長年我が家を支えてくださったサポーター1号様が、諸般の事情によりサポーターを引退されました。
サイトを立ち上げて間もない頃から、胃袋貸し出しボランティアとして食事に付き合っていただいたり、『飲食男女』を送っていただいたり、他にも数えきれないほどいろいろと支えていただきました。
おかげさまで、香港での滞在が楽しくなっただけでなく、拙いサイトではありますが曲がりなりにも多くの方々に見ていただけるものに成長することができたと思っています。

サポーター1号様、長い間支えていただき本当にありがとうございました。
これからは現サポーターの方々(と勝手に任命)に支えていただいて、さらに成長を続けていきたいと思っています。R.I.P.

写真は2008年7月にサポーター1号様のご自宅へHさんと3人で押しかけた時に撮ったものです。
美しい夜景がとても印象的でした。【Ham&Kei】

| | コメント (4)

香港で無料Wi-Fiサービス開始

140807
香港の主な公共施設でWi-Fiが無料で使えるサービスが始まったそうです。画像は"Wi-Fi HK"のサイトからお借りしました。
以下、『香港ナビ』からの抜粋です。
「香港政府と、香港電訊有限公司、和記環球電訊有限公司、香港寬頻網絡有限公司、Y5Zone Limited、香港數碼港管理有限公司、香港科技園公司による共同プロジェクト、『Wi-Fi.HK』が8月5日、正式に稼動しました。
空港、主な観光地、公衆電話ボックス、ショッピングセンター、コーヒーショップ、レストラン、コンビニ、などホットスポットは現在約5000。ほとんどの場所でWi-Fiが無料で使用できます。
接続時間はその地点の管轄会社によって異なりますが、いちばん短い場合でも1日30分、場所によっては無制限(略)。
利用方法は簡単。専用のアプリをダウンロードしてホットスポットに行くだけ。また事前にアプリをダウンロードしなくてもホットスポットでダウンロードすることも可能。このアプリには、最寄のホットスポットの場所が地図と一緒に表示されるので、街に不慣れな人でも大丈夫。今後は観光の幅が広がりそうです」。

実際使ってみないことには何とも言えませんが、こういうサービスは観光客にとって嬉しいもの。
これからも観光客にとって嬉しいサービスを提供していただきたいですね。【Kei】

Wi-Fi.HK:http://wi-fi.hk/en

| | コメント (0)

機内食 CDG-HKG@CX('14年5月) 後編

ゴールデンウィークのアムステルダム・パリ旅行でのパリ(CDG)-香港のビジネスクラスの機内食です。
2回目は朝食。
飛行時間が11時間半と意外に短くて、いきおい機内食と機内食の間隔も約6時間と短くなるせいか、朝食を食べずに寝続けている人もチラホラ。

140807a
スターターは"Fresh seasonal fruit"。
見た目が華やか。
同じ名前でも路線によって内容が全然ちがうもんですね。過去にはコレとかアレとか。
クロワッサンは期待外れ。
他に温かい飲み物やら冷たい飲み物やらヨーグルトやらシリアルやらのワゴンが入れ替わり立ち替わり来て、客室乗務員の皆さんは大変だ。

140807b
メインディッシュは3種類用意されてました。
私が選んだのは、"Potato, sun-dried tomato, onion and herb frittata長すぎるので以下省略"。
「おふらんす」っぽい感じ。
卵が固かったけど、付け合わせも含めておいしかった。

140807c
Hamが選んだのは、"Seafood congee"。
いつぞやのお世辞にもおいしいと言えないお粥より10倍ぐらいマシでした。

動かないのでそんなにお腹が空かないはずなのに、こんなに立派な機内食を用意してくれるなんてある意味スゴイわ、キャセイパシフィック航空。【Kei】

| | コメント (4)

機内食 CDG-HKG@CX('14年5月) 前編

ゴールデンウィークのアムステルダム・パリ旅行でのパリ(CDG)-香港のビジネスクラスの機内食です。
13時15分発のフライトなので、食事の時間と体内時計が合っていて楽でした。

140806a
前菜は、"Maine lobster with pineapple fennel and tomato salsa, lemon mayonnaise"。
パリでアメリカのロブスターを食べる不思議さよ。

140806c
メインディッシュは4種類用意されてました。
私が選んだメインディッシュは、"Kung po chicken with steamed jasmine rice長すぎるので以下省略"。
いかにも欧米人好みの中国料理ですが、フランス製のわりに味は意外にイケました。

140806b
Hamが選んだのは、"Pan-fried monkfish on spinach with red pepper coulis長すぎるので以下省略"。
アンコウというところがシブい。
何気ないのに、「おふらんす」を感じてしまう。
付け合わせもおいしかった。

140806d
チーズはやはりパリ線、全部の種類がメニューに書いてありました。
種類は、
✣Comte
✣Camambert
✣Saint Maure
本格的すぎてバカ舌の我が家はいささかついていけず。
果物は丸ごとのリンゴとかバナナとかがワゴンにドドンと載ってて、選んだら剥いてくれるということなので遠慮しました。

140806e
ケーキは"Red fruit tiramisu with raspberry coulis"。
機内食のケーキとしてはおいしいと思う。

チョコレートは断ってゴチソーサマ。
帰れる嬉しさで、たいそうおいしくいただきました。【Kei】

| | コメント (0)

スタバの「中秋系列」マグ&タンブラー('14年)

140803a
スタバ(星巴克咖啡)が今年も「中秋系列(Mid-autumn Series)」のタンブラーを売り出しました。写真は香港スタバのFacebookからお借りしました。
今年は全体的にカラフルでかわいい感じ。去年はコチラ
タイミングよく香港旅行の出発日の前日に知ったので、着いてすぐに全種類のタンブラーを購入しました。

140803b
底にウサギの家族のフィギュアがついているものはちょうど香港にいらしていたChurch Ladyさんに押しつけ、青のアルミ製はHamの会社用として、残りのタンブラーをどうするかは追々考えよう。

売り出して3日目なのでまだ置いてあるお店は多いですが、一部は売り切れている模様。
香港は何事も早急です。【Kei】

| | コメント (4)

贖罪(?)旅行へ

140801
私にとって7月中旬以来、半月ぶりに見る富士山です。
こんな頻度で富士山を見るのは初めて。

諸般の事情により富士山を見るルートを経て香港へ。
半月前に留守番をさせたHamへの罪滅ぼし(?)のつもり(本人は全く気にしてないけど)。

月餅商戦がそろそろ始まろうかという時期で成果はあまり期待できませんが、とりあえずちょっと集まればいいかな?【Kei】

| | コメント (4)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »