« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

「佔領中環」@香港あちこち

1409292017年から導入される予定の行政長官の選挙制度を巡る抗議活動が昨日から始まりました。画像は"Yahoo Japan"のサイトからお借りしました。

デモ隊は最初は文字通り「佔中」こと「佔領中環(Occupy Central)」で、政府總部(Central Government Office)のある金鐘からアジア有数の金融センターである中環にかけて占拠していたそうですが、占拠は灣仔から銅鑼灣の一帯と旺角にも広がり、返還以来最大規模の抗議活動になっているそうです。

デモ隊の占拠のために封鎖している道路もあって、交通機関に影響が出ているそうです。
また、一部の銀行や商店も休業しているそうです。
10月1日に予定されていた國慶節の花火も中止になったとか。
今夜のNHKのニュースでは、「抗議活動が長引けば観光客が減って小売業などに影響が出るだろう」という専門家のコメントを紹介していました。

ニュースの映像や写真では繁華街のあちこちが人で埋め尽くされていて、どこがどこだかすぐにはわからないほど。
香港が今後どのようになっていくのか気になります。【Kei】

| | コメント (0)

"Sanrio Star Chef Institute"@旺角

今回の香港滞在中、朗豪坊(Langham Place)はサンリオのキャラクターを動員した"Sanrito Star Chef Institute"というイベントを開催していました。
去年に続いてキティちゃんがらみのイベント。
朗豪坊はキティちゃんが好き。

140927a   
140927b   
140927c
去年ほどの気合いは感じられませんでした。
もしかして、今年のクリスマスもキティちゃんかしら?去年はコチラ【Kei】

| | コメント (0)

聖安娜餅屋の冰皮月餅('14年)

140926
去年に続いて今年も聖安娜餅屋の冰皮月餅(スノースキン月餅)を買いました。
ここの冰皮月餅は、一つのパッケージに1個ずつ包装されているので、少し味見したい我が家にはありがたい。
買ったのは、
✣芝麻松子(松の実入り黒ゴマ)
✣芒果軟心(マンゴー)
✣紫薯椰子軟心(ココナッツと紫芋)
✣木瓜椰奶軟心(ココナッツミルクとパパイヤ)
「軟心」とはクリームのようなものでした。

黒ゴマはどのメーカーを食べてもハズレがなく、紫芋も今回が初めてですが、多分これもどこのを食べてもハズレがないと思われます。
逆に果物のフレーバーは当たり外れがあるような気がしました。

今年は毎年買っている美心集團の冰皮月餅を買い損ねてしまいましたが、他のメーカーの味を再発見することができたように思います。【Kei】

聖安娜餅店:http://www.sthonore.com/

| | コメント (0)

「『夢想起航』史諾比藝術及生活展覽」@尖沙咀

今回の香港滞在中にちょうど海港城(Harbour City)で「『夢想起航』史諾比藝術及生活展覽("Dare to Dream" Snoopy Art & Life Exhibition)」が開催中とのことでしたので、ちょっとだけ見に行きました。

140925h   
140925i
外には大きなオブジェ。
ちょっと感心したのは、たまたまだったのかもしれませんが、香港の人たちの写真撮影のマナー。
居合わせた人たちは皆ササッと撮って次の人に場所を譲っていました。

140925j
海港城の中は迷宮なので積極的に入りたくないのですが、他にも何かあるかもしれないので、思い切って中へ。

140925k
通路に沿って素敵な図柄の小屋とスヌーピーのオブジェが並んでいました。

140925l 140925m
140925n 140925o
このあたりに来ると、某国からの観光客と思しき人がいっぱい。
なかなか写真を撮れず、カメラを構えてしばらく待ち続け、ほんの数秒の隙を狙って撮ることの繰り返し。
もしかして別の意味で写真の腕が上がったような気がしてしまいました。

趣旨が何となくよくわからなかったけれど、久しぶりにスヌーピーを見ることができて、童心に戻ったような錯覚に陥りました。【Kei】

| | コメント (0)

東海堂の牛奶樽系列冰皮月餅

140921
立體兔仔系列の次は牛奶樽系列。
牛乳瓶の刻印がある冰皮月餅(スノースキン月餅)ですが、牛乳の味がするという感じではなくて、ただのデザインちがいと思われます。
フレーバーは芝麻(ゴマ)。
皮の食感がなかなかよくて、黒ゴマの風味が際立っていました。
量産品の冰皮月餅としてはいままで食べた中で一、二を争うと言ってもいいかもしれません。
香港で久しぶりにおいしいと思える冰皮月餅に出会えたような気がしました。【Kei】

| | コメント (0)

東海堂の立體兔仔系列冰皮月餅

140916
東海堂の冰皮月餅でも、ウサギの形をした「立體兔仔系列」という冰皮月餅(スノースキン月餅)。
フレーバーは白桃です。
桃の味のジャムが入った白い餡の月餅ですが、思ったほど悪くありませんでした(本当は他のフレーバーが欲しかったんですが、在庫がなくて仕方なしに在庫のある中から選んだという経緯アリ)。

中秋節は過ぎてしまいましたが、諸般の事情により月餅ネタはまだまだ続きます。【Kei】

| | コメント (0)

機内販売品購入記No.15@CX

140915
買い物では即決できない性格なので、このチャームのセットを機内販売誌で最初に見つけてから、しばらく悩んでいました。
結局、ゴールデンウィークのアムステルダム・パリ旅行の最後の最後で決断。
ちょうどUS$5相当のクーポンを持ってたので、少しだけ安くなりました。

普段は中国っぽい感じのものを極力身につけないようにしているのですが、今年は午年ということもあって例外扱い。
干支にちなんだいい記念になったと自己満足に浸っています。【Kei】

| | コメント (0)

キャセイパシフィック航空の特別塗装機@HKG

140914c
キャセイパシフィック航空の特別塗装機を見かけました。
"The Spirit of Hong Kong 香港精神號"と書かれていましたが、どういうつもりでこんな名前をつけたのか、言葉の裏側をいろいろと探ってしまった我が家でした。【Kei】

| | コメント (2)

Tasteのエコバッグ

140914
Tasteで見つけたエコバッグ。
多分、百佳(Parkn Shop)の系列のスーパーならどこでも売ってるのではないかと思います。
左側が保冷バッグで右側が不織布のバッグ。
もう少し色が素敵だったらいいのにね…ということで、もっぱらお土産として活用して、我が家には在庫はありません。【Kei】

| | コメント (0)

「泊」メモ 香港文華東方酒店('14年8月)

8月の香港旅行は、とあるつてにより香港文華東方酒店(Mandarin Oriental Hong Kong)に特別料金で泊まってきました。ありがとうございました。
我が家が予約したのは部屋指定なしのROHでしたが、チェックインの時にご厚意で部屋を"Harbour Room"へアップグレードしてもらえました。

140913h
8階と高層ではありませんでしたが、その分、眼下を行き交う車の流れをしっかり眺められて楽しかった。

140913i
レイアウトは、2年前の1月に泊まった部屋と同じ。

140913j
ベッド周りの質感は本当に好み。
シーツの生地が滑らかで寝心地がいい。

140913k
窓際の「旅館風」のスペース。
ベッド側とは遮光カーテンで仕切れるところが気に入っています。
片側はカウチ。

140913l
反対側は机。
机の中には文房具がいろいろ入ってました。

140913m
入口近くの戸棚にはネスプレッソ一式。

140913n
バスルーム。

140913o
アメニティの充実度も相変わらず。

140913p
バスタブが少し小さいのが難点と言えば難点かな?

140913q
ブラインドはボタン一つで開閉できます。

140913r
ホテルからの小さなプレゼントはリップバームなどの詰め合わせ。
遊びに来てくださったChurch Ladyさんに引き取っていただきました。

140913s
誕生日にはチョコレートの差し入れをいただきました。

140913t
窓からの景色。
維多利亞港(Victoria Harbour)の景色も随分と様変わりしました。

140913u
ターンダウン後に置いてあるスリッパは素敵なんですが、履き心地が好きでないので自前のを履いています。

サービスは相変わらず文句のつけようがありませんでした。
2日目の昼間にHamが体調を崩して休んでいたのですが、「居心地がよかったから全然退屈しなかった。マンダリンに泊まっててよかった~」と喜んでいました。
若い頃なら倹約旅行も学びの場になったものでしたが、最近はそうも言っていられず、気力や体力をお金で買うことも時には必要だと思うようになり、我が身の高齢化を改めて実感しています。
結果から見たら、今回ここを選んだのは本当に正解でした。
(体調を崩す予定はありませんが)また泊まれますように(願)。【Kei】

香港文華東方酒店:
http://www.mandarinoriental.com/hongkong/

| | コメント (6)

Italian Tomatoの法國尚品朱古力月餅

140913
日本のレストランチェーン、イタリアントマト(Italian Tomato)の月餅です。
なぜに香港で日系企業の、しかもカジュアルなチェーン店の月餅を買うのかと思わなくもなかったですが、割合おいしそうなので買ってしまいました。
Facebookの説明によれば、あのヴァローナ(Valrhona)のチョコレートを使った月餅らしい。
そんな能書きはともかく、食べてみるとチョコレートの味が濃厚で意外においしい。
皮の食感も柔らかくて、こういう食感で出すところは日系企業ゆえかと思わず深読み。
買ったフレーバーは、
✣皇家伯爵茶(アールグレイ)
✣草苺芝士(ストロベリーチーズ)
✣蜂蜜檸檬(蜂蜜レモン)
の3種類。
蜂蜜檸檬は、なぜチョコレートと合わせるのか理解に苦しみ、味もやっぱり珍妙で買うべきではなかったと後悔しましたが、残りの二つは割合イケました。
イタリアントマトの月餅なんていままで全く眼中になかったのですが、味と値段のバランスで言えばここの月餅は今年買った月餅の中でかなり上位に食い込むという健闘ぶり。
来年からはちょっと気にかけようと思います。【Kei】

Italian Tomato Hong Kong:http://italiantomato.com.hk/

| | コメント (0)

リプトンの港式鴛鴦奶茶

140912n
港式茶餐廳奶茶
に続いて、鴛鴦茶こと「港式鴛鴦奶茶」が発売されました。
コーヒーの味がちょっと強めですが、インスタントにしては上出来だと思います(上から目線ですみません)。
奶茶よりもお土産としては面白いと思いますが、面白がってくれる人にしか差し上げられないという制約があります。
パッケージが香港らしくはありますが、香港の人だったら恐らく選ばないであろう図柄がワタクシ的にちょっと不満。

ちょうど行ったスーパーでプロモーション中だったようで、2箱カゴに入れたらティーカップをくれました。
断ろうと思ったのですが、とりあえずブログのネタにしようと下手な考えを起こしたのが間違いでした。
またガラクタを増やしてしまって自己嫌悪に陥っています。誰かもらってくれー。【Kei】

| | コメント (2)

農圃飯店の精選特色月餅禮盒

140911e
農圃飯店で迷你腰果奶黄月餅(カシューナッツとカスタードのミニ月餅)と一緒に買ったのが、この精選特色月餅禮盒。
中身は、
✣迷你桂花豆沙蓉月餅(キンモクセイの香りの小豆の月餅)
✣迷你藍苺蓉月餅(ブルーベリー入り蓮の実あんの月餅)
✣迷你薑汁蓮蓉月餅(生姜の香りの蓮の実あんの月餅)
3種類のフレーバーが2個ずつ入っています。

スーパーで売っていそうなおまんじゅうの皮の中に餡が入ってるという感じ。
迷你薑汁蓮蓉月餅が一番好み。
どれもおいしくないとは言えないのですが、何だかイマイチでした。
買うなら迷你腰果奶黄月餅かな~?【Kei】

農圃飯店:http://www.farmhouse.com.hk/

| | コメント (0)

TWGのTea Snowskin Mooncakes

140911a
TWGの月餅は中秋節の1ヵ月前から売り出しになっていて、それよりちょっと早く香港旅行へ出かけた我が家はタイミングが合わず、買うことかなわず。
去年Hamに却下された冰皮月餅を買いたかった…と思っていたところに、ちょうど8月半ばにHさんが香港へ行くと知って、「お土産はTWGの冰皮月餅でいいですよ~」と、ほんの軽い冗談のつもりでメッセージを送ったら、Hさんってば真に受けて(?)本当に買ってきてくださったのでした。
しかし、Hさんは自分の労苦を自分で台無しにしちゃって、デリケートな冰皮月餅をスーツケースに入れて持ち帰り、しかもこの高温多湿の中、どうやら数時間から半日も室温に放置したらしく、いただいた時はかなり残念な姿になっていました。
幸い食べても平気だったのですが、ブログに載せるのはちょっと憚られる。
不本意ながら来年に持ち越しと思っていた矢先、なぜか私がシンガポールへ行ってしまい詳しい経緯はコチラ なぜかまたTWGのスノースキン月餅を買って帰ってきたので詳しい経緯はコチラ それを載せることにしました(ちょっと正道から外れますが)。

この冰皮月餅ことSnowskin Mooncake(スノースキン月餅)には、4種類のフレーバーがありました。
✣Aurora(黄)-Filled with salted caramel mousse infused with Napoleon Tea and surprising pear marmalate encased in a white chocolate heart.
✣Serenity(青)-Filled with a classi kaya mousse infused with Vanilla Bourbon Tea, delicately graced by coconut crisps sprinkled around a strawberry filled white chocolate heart.
✣Pure(白)-Encaseses a smooth mild chocolate mousse infused with the fruity and flowery notes of 1837 White Tea, revealing a heart of tangy blackcurrant marmalate and white chocolate.
✣Illumination(黒)-Reveals a brilliant composition of a light nutty praline infused with signature 1837 Black Tea and an oriental burst of glowing orange marmalade in a white chocolate heart.

140911b
お茶の香りはともかくとして、普通のスノースキン月餅として見ても、それぞれに趣向が凝らしてあって本当においしい。
中身は餡ではなくてムース。
満月に見立ててホワイトチョコレートで包んだマーマレードが入ってたのも楽しい驚き。
TWGのスノースキン月餅との出会いは、いままでの冰皮月餅の概念を180度転換させてくれたと言っても言い過ぎではありません。
本当にいいものに出会いました。

来年は必ず香港でTWGのスノースキン月餅を買おう!
…ということで、厳密に言えば液体物、しかもデリケートなTWGのスノースキン月餅をどうやって無傷で持ち帰るか、今から1年越しで考えなくては(シンガポールからの持ち帰りは「禁じ手」を使ったので次回からは当てにできません。詳しくは後日「別冊」に書く予定です)。【Kei】

TWG:http://www.twgtea.com/

| | コメント (6)

Tang Tang Tang Tangのポット

140910a
古い質屋さんのビルの1階を改装したインテリアのお店で見つけたポットです。
コテコテの中国っぽい感じと言うよりも、何となくPottery Barnにありそうな感じだと自分では思っています。
ポットの口と胴体の部分がネジ式で外れるようになっていて、本体も籐のカバーも外すことができて、手入れがしやすくなっています。
容量は約1ℓで魔法瓶のような構造。
主に来客用に使っています。

前衛的なのか悪趣味なのかわからない傘が魔除けのように入口に置いてあったので、入るのをためらったのですが、勇気を出して入ってみたら(?)こんな素敵な出会いがありました。
「虎穴に入らずんば…」とは意味が違うか?【Kei】

鄧鄧鄧鄧:https://www.tangtangtangtang.com/

| | コメント (0)

agnès b.の月餅のオマケ('14年)

今年のアニエスベー(agnès b.)の月餅のオマケはウサギのぬいぐるみ。
しかも香港の人たちが好きな紫色!

140910
…じゃなくて、ネックピロー。
紫色の生地の中にはアクリルビーズみたいなものが入っていて、ぬいぐるみの背中のジッパーを開けてネックピローの生地にビーズを移動させればネックピローになり、ネックピローの内側のジッパーを開けてぬいぐるみの生地にビーズを移動させればぬいぐるみになるという一つで二役のもの。写真はアニエスベーのFacebookからお借りしました。
去年の水筒といい今年のネックピローといい、アニエスベーは実用的なオマケを目指しているようです。【Kei】

| | コメント (2)

agnès b.のAdorable b. Lapin什錦月餅禮盒

140909e
去年、Jさんからいただいてすっかり気に入ったアニエスベー(agnès b.)の月餅。
今年の詰め合わせの中で一番大きいものは、クッキーが2種類にチョコレートが4種類の9個入り。
クッキーは、
✣64% Dark Chocolate Custard Mooncake
✣85% Extra Dark Chocolate Custard Mooncake
チョコレートは、
✣Almond Raspberry Milk Chocolate Mooncake
✣Hazelnut Biscuit Dark Chocolate Mooncake
✣Mixed Berries Dark Chocolate Mooncake
✣Mango Cheese Milk Chocolate Mooncake
これにウサギの形のチョコレートが中央に配置されています。

これは誰に差し上げても間違いなく喜んでもらえます。
月餅という中華圏独特の文化にブランドネームの知名度の高さと味の確かさが加わって、もしかしたらこの時期の香港のお土産として一番安心して渡せる月餅かもしれないと改めて思いました。【Kei】

agnès b. Délices:www.agnesb-delices.com

| | コメント (2)

農圃飯店の迷你腰果奶黄月餅

140908h
香港人の友人家族と久しぶりに農圃飯店で食事をした時、店頭にあったのを見かけて買ってみました。
桃山のような皮の中身は奶黄(カスタード)の中に細かく刻んだ腰果(カシューナッツ)。
奶黄は鹹蛋黄(アヒルの塩漬け卵の黄身)の風味が割合強めで、「卵の味が濃い」という感じですので、好みが分かれるかもしれませんが、私はなかなかおいしいと思いました。
値段も手頃でウンザリするような過剰包装でないところもいい。

今日は中秋節。
日中は曇っていますが、今夜少しでもお月様が見えますように(願)。【Kei】

農圃飯店:http://www.farmhouse.com.hk/

| | コメント (2)

「食」メモNo.25 新華茶餐廳

140907去年の3月の香港滞在中、例によって早起きして朝の時間を持て余していた時(毎朝5時には起きるので)香港政府観光局のサイトで見つけて行ってみたのが新華茶餐廳。詳細はコチラ
長沙灣駅から歩いて約10分、超ローカルな場所に目指す茶餐廳はありました。

場所だけでなく、雰囲気も超ローカル。
狭い店内をお客さんが入れ替わり立ち替わり、肩を寄せ合っての相席は当たり前。
注文したのは、菠蘿油(バターを挟んだパイナップルパン)と雞尾包(ココナッツフィリングのパン)と蛋撻(エッグタルト)。
奶茶(ミルクティー)が昔ながらのティーカップで出てきてちょっと嬉しい。

140907a
肝心の味は、「至ってフツー」という感じ。
たまたま我が家が行った時はそうだったのかもしれませんが、どれもわざわざ出かけてまで食べるほどの味ではないような気がしました。
ただ、この至ってフツーの味とオーソドックスなメニューが長い間地元のお客さんの人気を集めている秘訣かもしれません。

ここへ行くのにMTRに乗って歩いて…というのは、早朝はともかく昼間では時間がもったいない。
逆に我が家のように早起きな人には「朝活」向け。
毎朝6時から開いてるなんて、倫敦大酒樓や陸羽茶室には楽勝、蓮香樓と互角に渡り合えちゃう。
我が家の「朝活」茶餐廳としては、「香港の祥香、九龍の新華」といったところでしょうか?【Kei】

新華茶餐廳:九龍長沙灣青山道334號

| | コメント (2)

機内食 HKG-NGO@CX('14年8月)

今回の香港旅行は行きは羽田経由でしたが、帰りは直行便。
香港-名古屋のビジネスクラスの機内食です。

140906a
前菜は「茹で天使海老 海草 梅マヨネーズ」。
既視感アリアリだと思ってブログを見たら、ゴールデンウィークにも同じものが出てましたね。
キャセイパシフィック航空は最近これが好きなのかな?

140906b
メインディッシュ。
私が選んだのは、「鶏肉のカシューナッツ炒め ジャスミンライス 翡翠瓜」。
「CXのシグネチャー中華料理-我々の料理チーズが提供する伝統的な調理方法による本格的な中華料理」というお茶碗のアイコンのついたメニューでした。
味は、可もなく不可もなく。
ところで、この写真は置かれたままの状態で撮ったものですが、ご飯を右側に置かれると落ち着きません(写真を撮った後に置き直しました)。
日本人ではない人たちの生まれ育った場所ではご飯を右に置いてもいいのかもしれませんが、最近の日本でもブログだけでなく、雑誌などでもご飯を右側に置いている写真が載ってて面食らうことがあります。
そういうことが気になるのは私が年寄りだから?

140906c
Hamが選んだのは、「USDAプライム牛テンダーロインステーキのピノノワールソース長すぎるので以下省略
毎度毎度、ナントカの一つ覚えのようにステーキがある時はステーキを選んでる。
決して肉食男子じゃないのにさ。

140906d
チーズは大好きなフルムダンベール(Fourme d'Ambert)とルブロション(Reblochon)がありました。
果物も大好きなプラムがあって幸せ。

140906e
アイスクリームは断ろうかと思ったのに、新しいフレーバーを発見。
"Summer berries & cream"というこのアイスクリーム、4種類のベリーの酸味がきいてておいしかった。
チョコレートは断って終わり。
相変わらずキャセイパシフィック航空の機内食は味はともかく内容が濃いわ。【Kei】

| | コメント (0)

榮華の富貴日式南瓜蓉餅

140905
空港の榮華で見つけたのは、カボチャの餡が珍しい月餅。
「富貴日本スタイル カボチャあん月餅(一口大きさ)」ですって。
開けてみると、「榮」「華」「富」「貴」と刻印された月餅が2個ずつ計8個入っていました。
食べてみたら、カボチャらしさは色だけで、味は全くと言っていいほどしませんでした。
とりあえず軽く温めて食べてみましたが、やっぱりイマイチ。
う~ん、こういった工場で作った月餅はハズレが多いのかなぁ?奇華は結構イケるんですけどね。

実は自分が食べる前に4個ほど香港リピーターの方々に押し付けてしまいました。
イマイチな月餅を、あろうことかリピーターの方々に押し付けるとは…。
皆さん、ごめんなさーい。【Kei】

| | コメント (2)

スタバの月餅('14年)

140904
去年は一昨年とさほど代わり映えしない印象だった「星克巴月餅」ことスタバ(星巴克咖啡)の月餅ですが、今年はフレーバーが増えていました。
✣朱古力咖啡榛子月餅(Mocha Praline)
✣特濃咖啡杏仁月餅(Espresso & Almond)
✣日式焙茶桂花月餅(Hojicha Tea & Osmanthus)
✣緑茶紅豆月餅(Green Tea & Red Bean)
の4種類。
香港人の友人が食べてみて気に入ったとかで、我が家にプレゼントしてくれました。
ちょっと期待が高まります。

140904a缶の中身は4種類のフレーバーが2個ずつの計8個入り。
肝心の味は、残念ながら「まぁこんなもんね」という感じ。
コーヒーのフレーバーはスタバらしく結構イケるんですが、お茶の方が…もっとも、日本のお茶のフレーバーということでなおさら厳しくなっているのかもしれません。
サイズが変わっても食感は大きい時と変わらずボソボソした感じなので、もしかしたら軽く温めるとおいしいかもしれませんが、何となくその気になれなくて、まだ半分が残ったままです(Hamが留守だとやる気が起きん)。写真は香港スタバのFacebookからお借りしました。【Kei】
▶シンガポールのスタバの月餅はコチラ

星巴克咖啡:http://www.starbucks.com.hk/

| | コメント (4)

不在のご連絡

「別冊」でお知らせしましたが、海外出張中のHamの留守をいいことに、私も不在にしていました(しかも行き先はまたしても香港以外の場所)。

懸案事項の月餅ネタは未消化のままで中秋節までには到底消化できませんが(今年は中秋節が特に早い)、そこそこに頑張って更新していくつもりです。【Kei】

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »