« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

Smile Yogurt & Dessert BarのフローズンヨーグルトNo.2

141031
行こう行こうと思いつつ、前回も前々回も行きそびれたSmile Yogurt & Dessert Barへ今回やっと行くことができました。
行ったのは希慎廣場(Hysan Place)の支店。
中妹家族と一つずつ注文したのは、
✣Golden Smile
✣Happy 2014

Golden Smileはイチゴにも金色のコーティングがしてあって手が込んでいます。
Happy 2014に飾ってあるのはリンゴの細切りをキャラメリゼしたもの。
甘酸っぱくておいしい。
花もお菓子でできていて食べられます。
相変わらず期待を裏切らない味でした。

ここの難点は閉店時間が割合早いこと。
夜遅く(と言っても9時過ぎ頃)行くと売り切れもチラホラ。
せめて0時まで開いててくれればいいんですけど…と旅行先だけは宵っ張りの独り言。【Kei】

Smile Yogurt & Dessert Bar:http://www.smile-yogurt.com/

| | コメント (0)

香港らしいSNSのスタンプ

141029b141029a今日、peuさんがLINEでかわいいスタンプをつけてメッセージを送ってくださいました。
「何だか香港っぽいな~」と思って早速見てみたら、広東語を喋るニャンコのスタンプでした。
私は猫はたしなむ程度ですが、あまりにもかわいいのでソッコーでダウンロードしてしまいました。
peuさんからの情報によれば、この方は本を書いていらっしゃるようです(最近香港の情報に疎すぎな我が家、いろいろ教えてくださる方がいて本当にありがたいです)。

以前、Facebookのメッセンジャー(Messenger)でも「1600熊猫遊香港 創意×保育(1600 Pandas World Tour in Hong Kong: Creativity Meets Conservation)」が開催された頃にパンダのスタンプが出て、ソッコーでダウンロードしました。

送る人が限られそうな気がしますが、わかる人にはわかる。
こういうスタンプが出てくれることは香港好きの一人としてはとても嬉しいです。【Kei】

| | コメント (0)

「泊」メモ 宜必思香港中上環酒店

141028a今回(10月)の香港旅行で泊まったのは、宜必思香港中上環酒店(ibis Hong Kong Central and Sheung Wan Hotel)。
先にマカオへ行った後に香港へ来る予定だった中妹家族がフェリーのターミナルから近いホテルということで選んだので、我が家も同じホテルを選びました。
そうしたら、同じ時期に香港に滞在されるpeuさんみんみんさんも偶然にも同じホテルということがわかりました。
初めての上環のホテル、しかもお友達も同じホテル。
何だか楽しそう。

香港駅から免費穿梭巴士(Free Airport Express Shuttle Bus)に乗って10分ほどで到着。
1階にはスタバ(星巴克咖啡)が入っているだけ。
レセプションは上階にありますので、エレベーターに乗ります。

141028b  
141028c
レセプションはカジュアルな雰囲気。
スタッフのユニフォームもオレンジ色のポロシャツとこれまたカジュアルですが、応対はきちんとしていました。
翌日にチェックインする予定の中妹家族と同じフロアに泊まりたいことを事前にメールで伝えておいたのですが、チェックインの時に追加料金で中妹家族と同じ部屋のカテゴリーにしたらコネクティングルームにしてくれるというので、ソッコーでお願いしました(どうやらハーバービューの部屋を予約していたらしい。一方我が家は部屋指定なし)。

141028d
ルームキーをもらって部屋へ。
31階のハーバービュールームです。
狭いけれど、天井が高くて窓が大きくとってあるので閉塞感はありません。
フロアの見取図を見ると、二部屋ごとにコネクティングルームにできるようになっていました。
なので、どの部屋にも隣室に通じるドアがあることになって、気になる人は気になるかも?

141028e  
141028f  
141028i
冷蔵庫がメチャクチャ小さくて驚きましたが、あるだけマシ。
収納部分が狭いのは部屋が狭いので仕方ありません。
部屋全体の質感はこのテのホテルでは平均的かもしれませんが、極端に安っぽい感じがなくて好感がもてました。

141028g  
141028h
窓からの景色。
左手は西環、右手は海を挟んで西九龍を眺められます。

141028j  
141028k  
141028l
バスルーム全体は広いとは言えないけれど、洗面台の周りが広いのは嬉しい。
もちろんバスタブはなくて、シャワーブースだけ。
シャワーブースがもう少し広かったらもっと快適だったと思います。
アメニティは必要最低限。

9月中旬から11月中旬にかけての香港のホテルの料金は本当に高くて、このホテルも最初に調べた時は1泊20000円前後で3泊すると60000円超。
でも、10月に入ってからはちょっと下がって1泊17000円ぐらいになったので予約しました。
ハーバービューの部屋へのアップグレードは1泊HK$165でした。
この時期でこの金額なら妥当ではないかと思います。

上環駅からはゆっくり歩いて10分足らず。
目の前に電車(トラム)の停留所があります。
周りは古き良き香港の雰囲気が残っている地域で、香港が好きな人には魅力的な立地ではないかと思います。【Kei】

宜必思香港中上環酒店:http://www.accorhotels.com/

| | コメント (6)

タクシーに乗れる人数@九龍城

141026
香港でタクシーに乗ることはそれほど多くないし、まして大人数で乗ることなんてめったにないので、"4 Seats"とか"5 Seats"の意味が運転手さんを含めるのか含めないのか実は知らなかったのでしたが、やっとわかりました。
「運転手さんを除いて4人または5人が乗れる」ということでした。
知らないまま25年も放置してきたワタクシ、ある意味スゴイ。【Kei】

| | コメント (0)

古い座席のテーブルを直す方法@CX

今回の名古屋-香港の座席は、キャセイパシフィック航空の座席としては一番古くてとりあえずパーソナルテレビがあるというものでした。
映画などのソフトが限られていて、しかも好きなタイミングで開始できないという最もつまらない代物です。
そして以前にも紹介したように腹が立つのは、テーブルが水平になっていないものが多いということです。
今回も水平にならないテーブルだったのですが、ふとテーブルを観察していて、水平にする方法を見つけることができました。

141024a
テーブルを出した状態でヒンジの左右のところに小さなネジがあります。
どうやら、このネジで調整ができるような仕組みになっているようです。
しかし、残念ながら工具はないのでネジを回すことはできません。

141024b
そこで、ヒンジのところに細く短冊状にした紙を折り畳んで押し込み、そのネジに当たるようにしたのです。

141024c
すると丸い空き缶が転がらないくらい見事に水平にすることができたのです。
これでめでたく安心して食事をすることができました。

キャセイパシフィック航空さん、座席の数が多いので大変だとは思いますが、ネジで簡単に調整できるのですから、是非とも改善してほしいところです。

ちなみに新しい座席ではこういったネジが見当たりませんでした。
しかし、新しい座席で斜めになっているテーブルはないみたいですから、私の見つけた調整方法も座席が新しくなるとともに不要になるのでしょうね。
こんな簡単なことなら、もっと早く気づけばよかったと後悔しています。【Ham】

| | コメント (0)

機内食 NGO-HKG@CX('14年10月)

141023
Keiより一日遅れで出発した私はキャセイパシフィック航空533便で香港へ。
Keiのようにアップグレードはなくてフツーにエコノミークラスです。

メインディッシュは牛肉の卵とじ。
肉質はともかくとして、味付けは薄味で好ましい。
この内容にパンは余分だと思うのですが、某中国系航空会社とは異なり、ちゃんとパンに塗るためのバターがあるだけ上等でしょう。

ちなみに例によってご飯は右側です。
蓋があると左右がわからないのか?単に気にしていないのか?
もちろん入れ替えてからいただきました。【Ham】

| | コメント (2)

機内食 HKG-NGO@CX('14年10月)

141021a
形はちがえど、パスタは多分これで6回目。
不動の定番メニューの仲間入り?

141021b
もう一方のメインディッシュは鶏肉。
醤油味が意外にイケましたが、見た目が悪すぎ。
ちゃんと「食べ物を作っている」という意識で作ってるのかしら?【Kei】

| | コメント (0)

好ましからざるサイト?

141018
出張先の青島のホテルに泊まっていて我が家のブログを見ようとしたら、接続できませんでした。
いろいろ試した結果、ぶさんのブログの他、香港関係の日本語ブログの多くはダメ。
ただし、全てダメというわけではなくて、太太さんのブログなどは見ることができました。

もしかしたら香港の抗議活動について触れたブログなどは好ましからざるサイトとして当局が中国国内から締め出しているのかもしれません。
こんな日本語のサイトを見ている中国人なんてほとんどいないと思うのですが、当局にしてみたら「蟻の一穴」なのでしょうか?
ヤレヤレです。【Ham】

| | コメント (0)

ガス灯@中環

141017a都爹利街には香港で現存する煤氣路燈(ガス灯)があるそうで、長年行ってみたいと思いつつも夜に中環にいることが滅多にないので、ついぞ行けずじまい。
ある日の夕方に珍しく中環にいて、少し時間が空いたので行ってみました。

以下、『香港ナビ』からの抜粋です。
「4つのガス灯は、今でも夕方6時から朝6時まで優しい光を灯しています。それぞれのガス灯が設置された正式な年は不明ですが、もっとも古いもので100年近い歴史があるそうです(略)。1979年8月には香港政府により香港法定古跡に指定されました」。

パッと見た感じだけでは電気と見間違えるほど。
ちょっと控えめな明るさの街灯という感じですが、御影石の階段との雰囲気ともあいまってイギリスの香りが伝わってくるかのような佇まいにしばし見とれてしまいました。

141017b
香港が中国に返還されて17年。
徐々にイギリスの香りが失われていく中で、こういった古い建築物が美しい姿で残っているのを見ると、ちょっとホッとします。【Kei】

| | コメント (0)

機内食 HND-HKG@JL('14年10月)

今回の香港旅行はよんどころない理由で行きは羽田経由のJAL。
中部空港でチェックインした時、「本日はエコノミークラスが満席ですので…」と渡されたのはビジネスクラスの搭乗券でした。
私が買った航空券は燃油サーチャージ他込みで約75000円という一番安い価格帯だったのに、アップグレードとは恐れ入ります。
その羽田-香港の機内食。

141016
洋食は「街の洋食屋さん」。
メインディッシュは「ロールキャベツのグラタンとスパゲッティーナポリタン チキンのピカタ添え」と「牛フィレステーキ ポルチーニソース」の2種類。
盛りだくさんで何が何だかよくわかりませんでした。

食後のアイスクリームは先月の成田-シンガポールで出たのと同じようだったので断り、お手洗いが混み合う前にサッサと歯磨きをして昼寝に入りました。【Kei】

| | コメント (0)

香港旅行('14年10月)メモ

141015
毎日ニュースで流れる香港の様子に不安がなかったわけではありませんでしたが、とにかく行ってみました。
滞在2日目にHamに続いて中妹家族が合流し、香港が初めてという義弟2号と香港は12年ぶりという中妹のリクエストに応える形で食べる物や行く店を決めました。
ちなみに1歳半の姪2号はビックリするほどの食欲旺盛ぶりで一安心。
ところが我が家ときたら、2日目は昼から夜まで何も食べず、3日目は朝から夕方まで何も食べず、身体的には「お腹が空かない」と文字通りの消化不良、そんなていたらくに「あれが食べたかった、これが食べたかった」と気分的に消化不良となりました。
頑張って若ぶっても身体は本当に正直ね…トホホ。
そんな今回の「食」メモ(*はKeiのみ)。
✣1日目
C'est la B*
尚興潮州飯店*
翠華餐廳*

✣2日目
瑞記*
満記*
許留山*
大熱高湯面
太湖海鮮城
Smile Yogurt & Dessert Bar

✣3日目
大會堂美心皇宮大酒樓
甜甜地
高流灣海鮮火鍋酒家
利強記北角雞蛋仔
麥文記麵家
許留山

✣4日目
蓮香居
空港ラウンジ@CX

さて、今回の香港旅行はいろいろな意味で思い出深いものになりました。

一つめは、旅行回数が一つの節目を迎えました。
でも、回数だけ多くて滞在日数が少ないこともあって、中身が全く伴っていません。
タクシーに乗る時はいまだに緊張するし、広東語はやっとメニューを読める程度だし、道に迷うことなんか日常茶飯事。
達人とは無縁の、「永遠の初心者」状態です。

二つめは、「佔中」とか「雨傘革命」と言われる抗議活動に当たったこと。
中環から銅鑼灣までの幹線道路が封鎖されていたので、香港島の移動がいつもより勝手が違いましたが、知恵を絞って何とか切り抜けました。

三つめは、多くの香港の人たちが子連れの中妹家族に親切にしてくれて、香港の人たちの子供に対する寛容さを改めて実感しました。
いったい何人の人が姪2号に声をかけてくれたことでしょうか?

それから、Hamより一足早く出発したおかげで、1日目の夜はぶさんと「おっさん女子会in香港」を夜中まで開催し、2日目の午前中はpeuさんと買い物に出かけ、3日目の夜は偶然同じホテルに泊まっていたみんみんさんとpeuさんのお部屋にお邪魔して再び「おっさん女子会in香港」を開催し、久しぶりに思いっきり喋りまくっていい気分転換になりました(Hamは部屋に放置)。
香港に限ってはHamと離れるのも悪くないと思った鬼妻でございます。

次の目標はHamの香港旅行の回数が同じ節目を迎えることですが、その時も相変わらず香港の魅力を感じていられたらと思っています。【Kei】

| | コメント (4)

「雨傘革命」の街へ

141010「雨傘革命」を狙ったつもりは全くなかったのですが、今日から香港へ行ってきます。
滞在中は歴史的な出来事(?)に遭遇することになるでしょう。
忘れたくても忘れられないワタクシ的節目の香港旅行になりそうです。

しかも今回は私が先発、Hamが後発と、またしても一日ちがいの出発です。
香港の状況は、新聞やニュース、ネットでの情報の他、在住の方々のブログやFacebookで知らされていますが、いまひとつピンときません。
臨機応変に楽しんでくるつもりです。

今日予定されていた香港政府と民主派学生団体との対話が見送られることになってしまいました。
香港の抗議活動が今後どうなっていくのか全く予測がつきません。

我が家は一介の観光客にすぎませんので、とやかく言える立場ではありませんが、香港が香港に住む人にとって笑顔で生活していける場であってほしいと思っています。【Kei】

| | コメント (0)

「『港鐵心繫生活35年』展覽」@中環

8月の香港旅行の時、MTRの開業35周年を記念した「『港鐵心繫生活35年』展覧」というイベントにちょうど行き当たりました。
MTRの歴史を立体的に説明してあって大人も子供も楽しめるようになっていました。

141006d   
141006e   
141006f   
141006g   
141006h   
141006i   
141006j
懐かしい物もいくつかあって、つい昔を懐かしんでしまいました。
10年以上前、香港は初めてという友達の一人が、MTRの吊り革ならぬ吊り玉を見て、「これ握るの、照れるわ~」と言ったのに大爆笑したっけね。

先日、香港政府は2026年までに6路線を開通させると発表しました。
狭いのにますます便利になっていって、香港はどこへ向かっていくのでしょうね?【Kei】

| | コメント (0)

維他奶の港式奶茶

141004
「維他奶」と言えば豆乳飲料という気がしますが、満を持して(?)港式奶茶(香港式ミルクティー)を売り出しました。
8月初めは売り出して間もない頃だったのか、ポスターはデカデカと貼ってあるのに肝心の商品がないスーパーが何軒も。
やっとコンビニで2個だけ売れ残っているのを見つけて買いましたが、人気の高さがわかるというものです。

味は、苦味とか甘味とかの一つの味が突出しているという感じではなく、極めてニュートラルな味。
さすがに日本で売っているミルクティーのような物足りなさはありませんが、やはり茶餐廳で飲む凍奶茶(アイスミルクティー)にはかないません。
それでも、維他奶というメジャーな会社が香港の人々の誇る庶民の味を手軽に楽しめるようにしてくれたのは、我が家にとってはちょっとした「事件」でした(その気になればお土産にもできるし)。【Kei】

| | コメント (2)

トイレに描かれた女性@中環

141001a   
141001b
オシャレなレストラン、卅二公館(Mott 32)のトイレの壁に、少しおぼろげな女性の絵が描かれていました。

141001c
そして、もう一人。

何のために描かれているのかわかりませんが、少し落ち着かない。
もちろん私は最も離れたところで用を足しました。【Ham】

| | コメント (0)

携帯端末好きな香港人@尖沙咀


141001
海港城(Harbour City)で見かけたシーンです。

視野にある全ての人がスマートフォンかタブレットといった携帯端末を手にしています。
日本でも多くの人が携帯端末を手にしていますが、香港もすごいですね。【Ham】

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »