« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

ヒトデの使い道@上環

141130
上環の乾物屋街で干した海星(ヒトデ)を見かけました。
「何に使うのかね?」
「クリスマスが近いから金色とか銀色に塗ってオーナメントにするの」本当はスープじゃろ?
はい、バカップル認定です。【Kei】

| | コメント (0)

迷い雀@中環

141126a   
141126b   
141126c
中環の大會堂で久しぶりに飲茶を楽しんでいた時のこと、1羽の雀が迷い込んでいることに気づきました。
どうやって入り込んでしまったのかはわかりませんが、あちらへこちらへと飛び回っていて、やがては窓に辿り着くのですが、当然のことながらガラスがあって出ることができない。

店の人もこの雀に気づいたので、あとで逃がしてくれたのではないかと思うのですが、無事にねぐらへ戻ってくれたでしょうか?【Ham】

| | コメント (0)

C'est la B のLollipop Cake

141125
Hamより1日早く出発した今回の香港旅行。
8月にSevvaにフラれたことを思い出して出かけたのは、太古廣場(Pacific Place)にある姉妹店のC'est la B。
いかにも香港のファッションリーダーという方の経営するお店らしく、雰囲気といい食器といい、全てがちょっとedgyな印象。
注文したのは、何だか香港っぽさを感じて選んだ"Lollipop Cake"とアイスレモンティー。
およそ自然素材とは対極にあるような人工的そのものといった感じのケーキでしたが、最近の香港のケーキの御多分にもれず、なかなかおいしかった。
レモンティーは香港らしく、大きなグラスにタップリ。
太古廣場のお店は一人で入りやすい雰囲気で、「おひとりさま」でお茶をするには格好の場所だと思いました。【Kei】

C'est la B:http://www.msbscakery.hk/cestlaB.html

| | コメント (0)

乾物屋の猫@上環

141105
初めて上環のホテルに泊まっていたので、猫に会えるチャンスが増えるかと期待していたのに、意外と「不作」でした。
最近なかなか猫に会えなくて、猫はたしなむ程度の私でさえちょっと欲求不満気味です。
「香港猫探訪ツアー」とかやってくれたら喜んで参加するのにニャ~。【Kei】

| | コメント (2)

金物屋の猫@上環

141104c
安記海味でKeiが買い物をしている時の楽しみと言えば、向かいの金物屋の猫。
いつもいるわけではありませんが、時々表に出ています。

141104d
その日は運良く店先に陣取っていて、通行する人間たちを観察しているようでした。
なかなか精悍な顔つきです。
店の人が嫌がる(と思う)ので、近寄って手を出すということは控えています。

141104a
試しにGoogleMapのストリートビューで見てみたら、ちゃんとこの猫が写っていました。

141104b
後ろ姿ということで、ぼかしが入らなかったのかどうかは知りませんが、ストリートビューのかなり鮮明な画像には改めて驚いてしまいました。【Ham】

| | コメント (0)

『米芝蓮指南香港澳門2015』偏見的速報

141103
香港とマカオのミシュランガイドの2015年版『米芝蓮指南香港澳門2015(Michelin Guide Hong Kong & Macau)』で星を獲得したレストランが『香港ウンチク話』というFacebookで紹介されました。
例年どおり我が家の偏見で、香港で星を獲得した中国料理のレストランだけを書き並べます(⋆は初登場)。

✤三つ星
✣龍景軒
✣Bo Innovation

✤二つ星:
✣名人坊高級粤菜 
✣香宮
✣夏宮
✣新同樂魚翅酒家   
✣天龍軒
✣唐閣
✣都爹利會館
✣欣圖軒

✤一つ星
✣福臨門 (灣仔)
✣富豪酒家 (尖沙咀)
✣駿景軒  
✣利苑酒家(九龍灣・旺角・中環・灣仔・北角・沙田)
✣六福菜館
✣翠玉軒
✣添好運點心專門店(北角・深水埗・大角咀⋆)
✣粤
✣浙江軒
✣玉蕾
✣彭慶記
✣蘇浙匯
✣國福樓   
✣明閣
✣夜上海(尖沙咀)
✣金葉庭
✣文華廳
✣勝記海鮮酒家
✣波士廳   
✣阿一海景飯店
✣何洪記
✣富臨飯店⋆
✣甘牌燒鵝⋆
✣一樂燒鵝⋆

失礼ながら、相変わらず代わり映えしない顔ぶれ。
その中で、都爹利會館と欣圖軒が星を一つ増やして二つ星へ昇格、阿一海景飯店が星を一つ減らして一つ星へ降格。
返り咲き(?)は、何洪記。
初登場のうち2軒が燒鵝(ローストグース)を売り物にしている店。
カジュアル路線に拍車がかかったという印象です。
もっとも甘牌燒鵝は鏞記酒家の経営者の家族が独立して始めたとかで、開店後ものの数ヵ月で星を獲ったという尋常ではない快進撃ぶりで、何かあったのか逆に疑ってしまいます。
ちなみに選外は福臨門(尖沙咀)・鼎泰豐(尖沙咀)・杭州酒家・桃花軒小廚。
まともなレストランが軒並み選外になってしまいました。

とにかくも、年々歳々評価基準を勘ぐる気持ちが強くなる一方。
再び失礼ながら、我が家にとっては、「香港の食べ歩きガイドブックの中では最も信用度の低いガイドブック」という位置づけが確かになりつつあります。我が家だったら写真のレストランを推しますが…。【Kei】

| | コメント (2)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »