« 再び 飛行機から見える富士山@CX | トップページ | 機内食 HKG-NGO@CX('14年12月) »

「泊」メモ 99號寶恒酒店

150122a
今回(12月)の香港旅行で泊まったのは、99號寶恒酒店(99 Bonham)。
10月に初めて上環のホテルに泊まって上環が気に入ってしまったことと、雨傘革命で中環から銅鑼灣までの幹線道路が封鎖されているだろうと思って探していたところ、"TripAdvisor"でなかなか評価がよかったこちらを選びました。

150122j外観は「ちょっとオシャレで高級な感じのサービスアパートメント」という感じ。
ホテル予約サイトで真ん中のカテゴリーの部屋を予約したら、
"26A"という部屋を割り当てられました。画像は99號寶恒酒店のサイトからお借りしました。

150122b
ドアを開けたところ。
右手前はクローゼット(写真撮り忘れ)。
中にはスリッパ・セーフティボックス・アイロンとアイロン台。

150122c
キチネット。
食器の種類は少なめ。

150122d
部屋に入ったところ。
リネンはフレッテ(Frette)!

150122e
奥はバスルームとお手洗い。

150122f
バスタブは広くて深さも十分。
アメニティはロクシタン(L'Occitane)。
使い切るまで補充はないようでした。

150122g
洗面台。
蛇口が長すぎて顔を洗う時に頭をぶつけるか水が飛び散るかのどちらかで、使いづらいことこの上ない。

150122h
引き出しの中。

150122i
窓からの景色。

全体的な印象としては、デザインが最優先で居住性が二の次になっているようでした。
無料のWi-Fiもつながりにくかった。
ですが、サービスアパートメントとしては質感はいい方だし、上環駅から徒歩2分という立地も魅力的。
これからもお世話になる可能性は半々といったところ。【Kei】

99號寶恒酒店:http://www.99bonham.com/

|

« 再び 飛行機から見える富士山@CX | トップページ | 機内食 HKG-NGO@CX('14年12月) »